今注目のニュース
広瀬すず、“1人カラオケ”をする理由
サイゼの休止メニュー再現できるかも? カルディで買える「調味料」が話題!
映画「童貞。をプロデュース」“性行為強要”問題に監督がコメント 「『司法』で裁かれたい」

ミザエル単語

チョットイケテナイミザチュワーン

  • 1
  • 0
掲示板をみる(330)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ミザエルとは、アニメ遊戯王ZEXAL」の登場人物である。

概要

ギラグアリトと同様、異世界バリアン界」の住人の1人で、黄色フードを被った男。CV大河元気
上述の2人とは異なり、当初はバリアン勢の中ではリーダー格・ドルベに次いでと権威が高いと思われていた。初登場の第74話ではドルベナンバーズを集めるべく人間界へ侵攻することを考えたときは、その困難さを説く場面もあり、ドルベにもかなり信頼されている参謀的存在。
その後、続く第82話「孤高のバリアン騎士 銀河眼使いミザエル現る」にて本格的に登場。ギラグたちの人間界でのナンバーズ回収が失敗続きで一向に進まない事に業を煮やし、ドルベの意思もあって第3のバリアンの刺客となり、人間界へ赴くのだった。

ミザエル

人間界の姿はルチアーノを彷彿させるに加え高に整った顔立ちや、羽根を彷彿させる手な装など、貴族的な装いをした少年青年?)という容姿をしている。そのため、ギラグアリト較しても漂う格はまるで違う。
しかし一方で、性格は尊大そのものであり、人間界へ降臨する際も駄にデカいクレーターを作った事といいやたらと他者を見下しては、を誇示したがる面が見える。また、遊馬とのデュエルの際も、決闘に一緒に来ていただけで部外者であるはずの小鳥に対しても容赦なくエネルギー弾を放ち吹き飛ばす、攻撃的な一面も持つ。
おい、デュエルしろよ
アリトを「単細胞」と呼んだ一件といい、口も悪いようである。

人間界への侵攻にあたり、ドルベに託された携帯スフィアフィールド発生装置「バリアンズ・スフィアキューブ」を持ち、バリアン界でしか使用できないとされるカード人間界でのデュエルでも使用可にできるようにした。
そんな便利アイテムドルベも最初から出してやれよ。
 これによってギラグアリトも本気のデュエルができるようになったが、その彼らに先駆けて遊馬の持つナンバーズを奪うべく颯爽と行動を起こす。
そして決闘へ訪れていた遊馬を発見すると、上述のバリアンズ・スフィアキューブスフィアフィールドを展開、遊馬デュエルを挑んだのだった。「初登場→デュエル」の流れはアリトと一緒のはずなのに、この差は・・・

デュエルではなど、銀河体)をテーマとしたドラゴンデッキを使用。
エースモンスターは『No.107 銀河眼の時空竜』。アストラルさえも存在を知らなかったとされる「オーバーハンドレッドナンバーズ」が作中で最初にお披露となった。
(もっとも、遊戯王ZEXALのOPアニメNo.107の刻印と共にシルエットのみ出演していたため、視聴者達には「3桁のナンバーを持つナンバーズが存在する」という事だけは知られていたのだが。)
そしてNo.107 銀河眼の時空竜の攻撃で希望皇ホープ戦闘破壊すると共に、遊馬にもダメージを与え心身共に戦闘不能の状態にしてしまう。(WDC編の時とは異なりZEXAL状態ではないため、生身の体にはダメージが大きいのかもしれない。)
また、「銀河眼」という名前からカイトと彼のエースモンスター銀河眼の光子竜』とはただならぬ因縁がある事を匂わせており、デュエル続行不能となった遊馬の元へ割って入ってきたもう1人の銀河眼使い・カイトと「銀河眼使い」の座をかけて銀河眼同士で壮絶なデュエルを展開する。
そして、カイトが「超銀河眼の光子龍」を召喚すると一時は冷汗をかかされる場面もあったが、それに対抗するようにミザエルも当初のカイトみたいなフォームチェンジを行いさらなるを発揮。そしてギラグが人々を洗脳する際に使用していたカードRUM-バリアンズ・フォース」を発動することでNo.107 銀河眼の時空竜を「CNo.107 超銀河眼の時空龍」へと進化させるが、その強大すぎるデュエル舞台たるスフィアフィールドを自壊させてしまいミザエルのモンスターが存在できなくなったため、やむなくデュエルは中断される事になる。

ミザちゅわーん「ざっ・せぶんす・わんだ!」

先に人間界へやってきたギラグアリトとは異なり、わずか2話にして圧倒的な存在感を見せつけていったが、「デュエル中に変身」という要素がくも話題を呼びはじめている。上述の2人とは違いキャラキャラなだけに、シリアスイメージを崩さないでもらいたいとする意見と、変身と共に色々と弾けることを期待した意見などが挙がっているらしい。 (もっとも、カイトフォトンチェンジシステムDr.フェイカーが「異世界科学技術を基に作り上げた」らしいため、ミザエル達の変身機構こそがフォトンチェンジオリジナルである可性も考えられるが。)

銀河眼』のカードを持つ者同士ということか出てくる度にカイトと対決したがるミザエルだが、銀河眼使い王座決定戦は、ミザエルにとってナンバーズ回収の使命よりも優先すべき要素なのか。そもそもNo.回収が的で戦いを挑み、そのまま戦っていれば遊馬におそらく勝っていたのに銀河眼使い対決を優先させるのは使者としてどうだろうか・・・
尚、使命よりも私情を優先してはならないという何者かからのメッセージなのか、ミザエルのデュエルは現状3度に渡って中断させられている。

 

そして彼の素性については、遊馬たちが伝説ナンバーズを回収するために赴いた山上の遺跡にての老人・ジンロンの口からられ、か昔にこの地をドラゴンと共に守護していた勇者であったことが判明する。伝説によれば、ミザエルがドラゴンと共にこの地を治めて平和に暮らしていたある時、多くの人々を失う大きな災が発生し、それと同時期に災害発生に付け込んだ隣からの策略によって「災いを祓うためにを退治するべき」という祈祷師(に成りすました隣の軍師)の甘言に騙され民衆がドラゴンを討伐しに押し寄せる中、ミザエルはただ1人必死に、民衆を説得してまわったが聞き入れられなかった。その後、隣が攻め込んできたことでミザエルは戦死、この地も民衆と共に滅ぼされてしまった。

・・・これらの伝説が、かつてミザエルと共にこの地を守っていたドラゴンの化身たるジンロンの口からられたのと時期を同じくして、カイト達の元へ当のミザエル本人が登場すると、ジンロンは彼を見て「見たも雰囲気もミザエル本人だ」と驚愕するが、ミザエルは自らが『見下していたはずの人間と同じ存在』であった事を最後まで認めなかった。

やがてナッシュメラグの帰還によってバリアン世界による人間世界への侵攻が本格的に開始されると、他の七皇達と共に遊馬達の前に現れ、カイトが気絶しているのをいいことに自らを「銀河眼使い」と宣言する。その後、新たなバリアンズ・カオス・ドロー(RUM -七皇の剣-)」が覚醒したお陰でこれまで散々邪魔されてきたCNo.107 超銀河眼の時空龍」がようやくお披露となったことで神月アンナエスパー・ロビン奥平風也)のタッグを破る。続いて遊馬バリアン世界へ飛び立つ時間稼ぎのために立ちはだかったⅤとタッグを、一時はNo.107のカードを奪われながらも取り返した末にこちらも銀河眼の時で辛くも勝利を収める。ミザちゅわぁ~ん
そして時を同じくして、カイトが「銀河眼」にまつわる遺跡の伝説を解読し、そのを解明するためにへと飛び立った事実を知ると、ミザエルも伝説の全貌をつかむために飛び立った。

決戦の地でしい闘を行う中、カイトで作り上げた新たなナンバーズNo.62 銀河眼の光子竜皇」をあっさり撃破するものの、カイトが出した「No.46 神影龍ドラッグルーオン」が「CNo.107 超銀河眼の時空龍」を破壊する事に成功し、呪われた記憶から解放された。やはりというか記憶の竄はドン・サウザンドの仕業であった。しかし、自身が信じてやまないカードの裏切りを受け入れらずにデュエルを続行する。しい闘いの末、再び現れた「No.62 銀河眼の光子竜皇」の攻撃で敗北した。
しかし、酸素宇宙では生きる事が出来ないカイトから死に際に「No.100 ヌメロン・ドラゴン」を託され、ドン・サウザンドを倒す決意をする。

その後、ベクターを吸収して全復活に一歩近づいたドン・サウザンドを前にした遊馬達の前に到着。
カイトから託された「No.100 ヌメロン・ドラゴン」を遊馬に渡し、自分達が願う未来の為にドン・サウザンドデュエルをする。
(この展開は前作ではZ-ONEと闘うアポリアを彷彿とさせている。)
ドン・サウザンドライフポイントを一撃で0にするのを狙うものの、発動したはずのカードの効果が効化される。
この時、ドン・サウザンドから発動したカードが別のカードに変化している事を告げられ、そのカードデメリット敗北する。
最期に、遊馬からした事に対して「私も信じてみたくなったんだ。人の信じるを…」と告げ、ドン・サウザンドに吸収された。

 

余談だが、CVを担当する大河元気俳優として活動しており、遊戯王と同じくジャンプ漫画聖闘士星矢」「テニスの王子様」のミュージカルなどで出演したが、アニメ声優として活動するのは今作が初。他にも舞台裏切りは僕の名前を知っている」では遊戯王5D'sプラシドアポリアの役を演じた俳優根本正勝と宿敵同士の役で共演を果たしたという奇妙な縁もある。(大河:夕月役、根本王泠呀役)

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/01/22(水) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/22(水) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP