T-54/55単語

ティーゴジュウヨンスラッシュゴジュウゴ

  • 4
  • 0
掲示板をみる(40)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

T-54/55とは、東西冷戦時の東側営の戦後第一世代戦車である。

概要

大祖国戦争におけるソ連傑作戦車T-34を下敷きにしつつ、戦訓を踏まえた良をいちから反映させた新戦車T-44。しかしT-44のに選定された85ミリを強引にT-34に乗っけてしまったもんだから「性に大差ない」とでも思われたか、実戦投入はされずに終わってしまう。そのリベンジとしてT-44に100ミリのっけてみたのがT-54、T-54にNBC防御の付与やエンジン強化等の良を加えたのがT-55である。外見的にほとんど変わらないので、T-54/55とひとまとまりにされてしまうことも多い(本記事もそれに倣う)。

特徴

被弾を極回避するための低い姿勢、避弾経始を突き詰めて生まれたドーム、西側中戦車を大きく100ミリといった西側の戦車技術準をはるかに越えた設計と、何より圧倒的なその生産量(詳細は後述)で東西冷戦初期の西側営を恐怖のどん底に陥れた画期的戦車である。ソ連軍のみならず東側や第三世界で供与・ライセンス生産が行われ、東西代理戦争の前線でも頻繁に姿を見かける兵器となった。

戦史

というわけで登場当初は西側の防衛関係者を恐慌に陥れたT-54/55だったのだが、中東に供与された車両中東戦争イスラエル軍に苦戦するいっぽうだったことで「?」になり、イスラエル鹵獲車両を譲渡されたアメリカ底的に調べ尽くしたことで弱点が解明されてしまった。

低い姿勢は俯をとりづらく複雑な地形での死が広くなり、人間工学視した理な小化は乗員の動きを阻して戦闘行動に支障が出かねない域。100ミリも口径こそ大きいものの、実は当時の西側戦車90ミリと同等レベルおまけに照準の立ち遅れで長距離はほとんどないという有様。まあ現実はこんなもんだよね。

但しソ連陸軍当局も中東での苦戦、それを知らぬわけではなく、1980年代からT-72の技術を援用した近代化が施されている。具体的には電子化されたFCSの搭載、増加装甲の貼り付け、APFSDSへの対応などである。これでも同様に良を受けた西側第二世代には辛いが、互には近くなり、数量とドクトリン次第では侮れない存在であった。

特ににおいては、74式戦車APFSDSが支給され、FCSが対応したのは1983年以降である。
それまではHEATしかない61式、あるいはAPDS限界の74式で対抗せねばならず、相当な脅威だったといわれる。
(増加装甲を施されたT-55をAPDSで貫通は困難で、逆に粗悪品とはいえAPFSDSは74式を容易に貫通できる) 

東側営の戦車・供与戦車となったことで、WW2後の戦車が投入された戦争ではT-54/55系の戦車が参加してない戦争のほうが少数だったりする。高度な電子機器が使われていないことから発展途上国の技術でも運用が可なため、21世紀に入った現代でもバリバリの現役車両として火を交えている。またある程度豊かになった々においては、先進国からの技術援助や自で培った技術をつぎこんで第二世戦車なみかそれ以上のレベルにまでT-54/55を強化するパターンも多い。特にルーマニア陸軍の場合、T-54/55を修してTR-580を開発、
更にTR-85と言う戦車が配備されたが、これに至っては原形を留めないレベル魔改造が施されている。

生産

生産数が多い、多いといいつつ実数を出してこなかったのはこの数字を見てほしかったからである。

T-54/55シリーズ総生産数、10万両以上。

M4シャーマンシリーズの5万両弱、T-34シリーズの4万両弱といった国家総力戦のさなかに記録された数字をぶちぬいた、文句なく人類史上最多量産された戦車である。戦後第一世代とかいうけど数的基準で言えば西側戦車M47:9,000両、M48:12,000両、センチュリオン:5,000両、61式戦車お察しください)なんかじゃなくT-54/55世代って言えよコノヤロウと言ってもいいかもしんない。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 38T34

    2019/11/10(日) 09:05:40 ID: 8zXmyUTsEv

    安い!シンプル!そこそこ強い!

  • 39ななしのよっしん

    2020/03/24(火) 00:39:40 ID: A5dR5z4w1B

    センチュリオンにすらボコられたと言ってもそのセンチュリオン105mmに換装した代物だから火力は第2世代なんだよな、つまりT-55は撃破出来なきゃ困る
    思ったけどT-55って第1世代でも最初の方の戦車なのに相手が第2~第3世代だったり、運用側の練度・戦術がアレだったりそもそも差が有り過ぎとかばっかな気がする
    これならM48だろうがセンチュリオンだろうが61式だろうが辿る運命はT-55と変わるまい

  • 40ななしのよっしん

    2020/06/21(日) 00:31:33 ID: OqntZjPgW6

    センチュリオンにしろM48にしろT-55よりも重たい訳で同程度の技術で作ればどこかに理が生じるのは当然だと思うがな。仮に西側も同じ重量で同じぐらいの性にならこんなものでは?
    それに戦中戦車といっても第1世代の戦車は基本的には戦中の技術の延長線だろう、だから戦中戦車にやられてはそんな大きな差でもないとは思うが。

    そもそもT-54/55に限らず戦後ソ連戦車の使い方は大雑把にいえば圧倒的な砲兵火力の下、圧倒的な数で突っ込みインファイトに持ち込むがドクトリンなんだから、その使い方通り使えてたかを考えるべきだろう。
    ソ連戦車が安いのはそのドクトリンの実現の為で別に性で劣るから数でというのは違う(そういう意図もあったかもしれんがそこまで眼でない)
    逆に言えば西側戦車はそれに対抗するのが的なんだから本職のソ連と違う使い方や、練度に劣る兵が乗るものぐらい圧倒するぐらいじゃないとむしろ失敗だろう。遠距離なんて優越してないと話にならない。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/20(水) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/20(水) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP