今注目のニュース
全国で人口減少も...福岡市は「毎年1万人増」 一極集中に拍車、税収も大幅アップ
「ツンデレ」風味のビールって何なの... 設定が難解すぎる群馬の地ビールが話題に
西日本は蒸し暑く 熱中症に注意

The Forest単語

ザフォレスト

掲示板をみる(277)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
未成年の閲覧注意 R-18G
このゲームには大人向けな表現があります。
子供がよく分からないままプレイすると大変なことになる可性があります。

The Forestとは、カナダEndnight Gamesが開発・販売するPCゲームである。

Steamにて発売中。対応プラットフォームはPC(Windows)、PS4

をつなげた「TheForest」のタグで登録している動画もある。

概要

ゲーム情報
ジャンル アクション
アドベンチャー
シミュレーション
開発元 Endnight Games Ltd
販売元 Endnight Games Ltd
機種 Win
PS4
発売日
配信日
2014年5月30日 (アーリー)
2018年5月1日 (正式)
価格 ¥2,050

飛行機事故から間一で助かった主人公プレイヤー)がで孤軍奮闘のサバイバルを行うという、オープンワールド系のサバイバルホラーゲームFPS形式のプレイスタイルをとる。公式の説明でもサバイバルホラー・シミュレーター (survival horror simulator)と記述されている。

アーリーアクセス版として開され、2016年時点では50,000件以上のレビューのうち90%以上の好評を得ている(STEAMページを参照)。

バージョンが進むごとに様々な要素の追加やバグ修正、マップの開放などが行われている(v0.60の頃よりいつのまにか公式日本語にも対応)。しかしまだ全容は明かされておらず、アーリーアクセス版の段階ではクリア条件が全く存在せず、ひたすらミュータントと戦いながら自身の生存活動を行うサバイバルモードとなっていた。

ニコニコ実況プレイヤーがあげる実況動画では、ミュータントたちをひたすら殺して食うミュータント狩りになったり、勢範囲の拡エフィジー設置競争をして戦国時代さながらの勢争いに発展したりと、何がホラーなのか分からない状態になりつつある。

2018年5月1日をもって、正式版(Ver1.0)となる。それにともない価格が$14.99(\1,480)から$19.99(\2,050)に変更された。5月22日にはVR版もリリースされる。

動作環境

最低環境 推奨環境
OS Windows 7 Windows 7
プロセッサー Intel 2コア 2.4 GHz 4コア
メモリー 4GB RAM 4GB RAM
グラフィック NVIDIA GeForce 8800GT NVIDIA GeForce GTX560
ストレージ 5GB 利用可 5GB 利用可
DirectX Version 9.0 Version 9.0
サウンド DirectX 対応 DirectX 対応
その他 32bitWindowsユーザーは、システム上で最低4GBのメモリが使用可である必要がある。
(32bit windows users need to ensure they have at least 4gb of ram usable on their system.)

世界観

The Forestではが変化していく。観は美しいが、プレイヤーはその世界で生き抜く必要がある。ヘルス、スタミナ、空腹度、体温などが設定され、サバイバルを行うにはいずれのパラメータにも配慮しなければならない。で木を切り倒しシェルターを作り、辺でを獲ったり焚き火で体温を保つなど自由度の高さが特徴。

クラフトシステムも存在し、火炎瓶や石を複数のオブジェクトアイテムから作成可シェルターや防を作るのには、素材が必要なので素材集めにを探索する必要があるのだが、ヘルスなどのパラメータは論、ミュータントの襲撃にも警しなければゲームオーバーになりかねない。時には敵をやり過ごす必要もある。

プレイヤー以外のキャラクターど存在しないほか、ナレーションなどの演出も存在せず純サバイバルを味わえるゲームプレイヤー息子と思われる少年事故直後にミュータントにさらわれるシーンがあるので、この息子行方が気になるところである。

ミュータント (原住民)

プレイヤーを襲うのは自然の脅威だけではない。には人喰いミュータント(原住民)が生息しプレイヤーに襲いかかろうとしている。彼らは木に飛び登ったり、集団で狩りを行ったりプレイヤーを窮地に追い込む。プレイヤーは知恵を武器にトラップを設置し防を築きミュータントの襲撃を迎え撃つ。中には武器を扱うミュータントや強大なを持った特殊ミュータントなども存在するので一筋縄ではいかない。

ミュータント作為に周囲を歩きまわっているのではなく、巡回ルートなど何らかの行動パターンに基いて動いている様子。ミュータント達はグロテスクな彫像(Effigies)を建てて、それにより異なった行動を取る。詳細は不明だが、ミュータントの彫像で相手の動きをうかがい知れるかもしれない。

  • 巡回用の彫像
  • 儀式用の彫像
  • 偵察用の彫像 など

プレイヤーミュータントの死骸などから彫像を作ることが可ミュータントを恐れさせる事が出来るが、この効果の程は不明で小集団を威嚇させるが後に仲間を呼ばれてしまい、かえって大集団に襲われ危機に陥る可性もあるとのこと。

つまり、現時点でプレイヤーにとって絶対的な安全というのは存在せず、このゲームの緊感を高める一因となっている。

システム

初期版はゲームセーブ不可能であったが、現在ゲームセーブ及びロードが可になっている。以前にあったゲームロードの不具合も解消された模様。また、複数のセーブデータの保持にも対応している。

ゲームセーブフィールド上に存在するテントやプレイヤーが設置した拠点でのみ行える。シングルプレイではセーブな場所で睡眠とセーブを個別に行うことができるが睡眠中にミュータントに囲まれ起きてしまう可性もある。マルチプレイでは睡眠は行えずセーブのみが可である。

シングルプレイではオプション画面操作時やインベントリ操作時にはポーズが働くが、マルチプレイではポーズく、オプション画面操作時もゲーム中ならばリアルタイムゲームは進行を続ける。グラフィックを弄っていたらプレイヤーミュータントの猛攻を受けていたということも起こりえる。武器のクラフトなどはインベントリを開いて行う必要があるので前もって準備しておかないと、インベントリ操作中に敵の攻撃で死亡することも...

当初はシングルプレイヤーのみだったが、後にマルチプレイヤー用のモードCo-op)が設置され、オンラインを通して複数のプレイヤーによるサバイバルができるようになった。

アーリーアクセス版

The Forestは2014年5月31日より発売されているが、これは現在開発中の製品を期に発売しプレイヤーからのフィードバックを得つつ完成に近づけるアーリーアクセス(早期アクセス)というスタンスのもので、かなりバグが多い。

大規模アップデートまでの時間はタイトル画面に表示されており、その告知に伴ってアップデートがなされる。また、小規模のホットフィックスを行う場合もある。

v0.03アップデートで『敵が居ないモード(ピースフルモード)』が実装タイトル画面で veganmode と入すればよい。サバイバル要素だけを楽しみたい方、操作方法やゲーム世界観に少し触れたい方におすすめ。後に『敵がのみ出現するモード』や『建築物が破壊できない(されない)モード』も追加されている。他の細かいアップデートなどはSteamにて確認可

未開放エリアや未実装の装備も多くPVの様に思い描いたシチュエーションゲームでも味わうことは難しいものの、ダイナミック森林で極限のサバイバルを体験可である。今後はゲームシステム自体の善や相当数のアイテム実装などを行っていくほか、マルチプレイ対応も視野に入れているとのこと。

関連動画

トレイラー(PV)

プレイ動画

関連静画

3Dモデル

関連項目

関連リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/16(火) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/16(火) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP