今注目のニュース
「PR入れないでと指示受けた」 ステマ問題、漫画家側は知らずに関与か、PR漫画家に実情聞いた
エスカレーター「両側立ち」はなぜ普及しない? 「横並びで乗ったら舌打ちされた」という声
社畜!ホワイト企業に転職したのに嘆く人「楽で苦痛」「"やりがい"はなくなる。仕事を通して成長できない」

the tyrant neptune単語

ザタイラントネプチューン

  • 1
  • 0
掲示板をみる(22)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

The tyrant NEPTUNEとは、漫画遊☆戯☆王GX」に登場するカードである。2017年4月禁止カード化。

概要

クロコダイルが使用する「プラネットシリーズ」の1枚。
その名の通り海王星に対応している。

生け贄召喚アドバンス召喚)に使用したモンスターの攻撃・守備を合計した数値を得ることができる最上モンスター
また、生け贄(リリース)にしたモンスターが持つ効果も得る事ができる。

OCG版

OCGには「LIMITED EDITION 17」で登場した。

効果モンスター
10/属性/爬虫類族/攻 0/守 0
このカードは特殊召喚できない。
このカードモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚する事ができる。
このカードの攻撃・守備は、アドバンス召喚時にリリースしたモンスターの元々の攻撃・守備をそれぞれ合計した数値分アップする。
このカードアドバンス召喚に成功した時、墓地に存在するリリースした効果モンスター1体を選択し、そのモンスターと同名カードとして扱い、同じ効果を得る。

特殊召喚が出来なくなった代わりに、召喚に必要となるモンスターを1体にすることも可となり、リリースしたモンスターの効果に加えて名前も得ることが出来るようになった。

リリースするモンスターの効果を再利用する、強モンスター効果を引き継ぎつつ高い打点を手に入れる、コントロールを奪った相手モンスターリリースしその効果を奪う、など様々な用法が可カード
サーチ・墓地落とし・サルベージ手段が豊富な属性爬虫類族ということもあり、様々な用法が可だった。

リリース要員のモンスター展開手段の増加や、帝王シリーズの「帝王旋」、アニメ版GX発祥の「神縛りの塚」など、第八期以降から静かに強化されてきたカードで、リリース軽減効果を持つため、元々本カード自体は事故率の高くないモンスター
ただし、リリース一体の状態を活かせる局面は後述のカードを用いたコンボ以外では少ない。

サーチしつつ、リリース素材にも使える「キングレムリン」との相性も悪くなく、攻撃2300のセミバニラと割り切れば、脳筋ながら侮れない戦になる。アドバンス召喚の補佐になり得る効果を持ち、「キングレムリン」でサーチ可な「ジェントルーパー」との併用も可

このカードが登場する漫画版GXから相性がいいカードを挙げるとすれば、今なお強メタ効果を持つ「ライオウ」など。ただし、こちらは前述の「キングレムリン」との相性が悪いので、構築や運用の際は注意。また、効果の都合上、「マクロコスモス」などを用いた次元のような差別除外デッキとはかみあわず、リリースしたモンスター墓地に送られないペンデュラムモンスターとの相性も微妙

簡易融合とは、下記のモンスター以外にも一部の召喚獣モンスターや「サウザンド・アイズ・サクリファイス」など、それなりに相性のいいモンスターを調達してリリースできるので、組み合わせれば柔軟な動きができる。

禁止化の原因

登場してから、環境的には日のを見ることがかったこのカードも、ある時をにわかに注されることとなる。

LLリリカル・ルスキニアインディペンデントナイチンゲール
融合・効果モンスター
1/属性/族/攻1000/守 0
「LL-アセンブリー・ナイチンゲール」+「LL」モンスター
(1):元々のカード名に「LL」を含むXモンスター素材としてこのカード融合召喚に成功した場合に発動できる。そのモンスターが持っていたX素材の数だけ、このカードレベルを上げる。
(2):このカードの攻撃はこのカードレベル×500アップし、このカードは他のカードの効果を受けない。
(3):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。 このカードレベル×500ダメージを相手に与える。

アニメ遊☆戯☆王アーク・ファイブ」にて登場したこの《LL-インディペンデントナイチンゲール》がこの効果でOCG化を果たしてしまったことで騒ぎは発生する。

具体的な手順としては、
簡易融合》などでナイチンゲール融合召喚し、それをリリースして《The tyrant NEPTUNE》をアドバンス召喚する。
これだけである。

その結果出てくるのが、

というなんだかおかしい性をしたモンスターである。下手なモンスターよりよっぽど強である

インディペンデントナイチンゲール情報が出てまもなく発見されたこのコンボにより、
「これで環境取れるんじゃね?」
「高速化した今の環境だとそこまででもないだろう」
パーツになるカードはサーチできるし意外と出てくるぞ」
コナミは相変わらずテストをしていないんだな」
といった具合に決闘者たちの間で話題となった。

そもそもテストプレイの段階で本カードを見落としている可性が高く、インディペンデントナイチンゲールの(2)の効果に「融合召喚に成功したこのカードの攻撃は~」など僅かな文章変更を加えるだけで、この暴力的なコンボは成立しなかったである。

実際のところ、召喚時にチェーンを組む形このカードの効果・打点コピー効果が発動するため、召喚時効果にチェーンして効果を効にしたり除去をすれば、このカード満足に働くことはなくなる。
既にフリーチェーンの除去や効果効が蔓延している環境ではその隙が命取りになり、結果として「成功すれば強い」=「成功は至難」のコンボとなっていた。
にも関わらず、このカード2017年4月から禁止カードになることとなった。

見方を変えれば、ナイチンゲールを《禁止》などで封殺しても《簡易融合》とこのカードさえ健在であれば、次善の手が打てる点も禁止カード化の要因になったとも考えられる。
しかし、最大の要因はやはり、今後カードを作る上でこのカードまたテストプレイの甘さから思わぬコンボを生み出してしまいかねないからだろう。ナイチンゲールの方が全く規制も修正もされず、本カードが禁止されたことからそれが伺える。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/12/16(月) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/16(月) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP