今注目のニュース
車にひかれてしまった母の横にいた赤ちゃんアライグマ 懸命なサポートで成長していく姿がいとおしい
小籔千豊、公開した毛根の写真に騒然 「結構エグい」「TVじゃ分からない」
20代女性がバスルームで不慮の事故死 原因は誰もが日常的に使うアイテムだった

シコルスキー単語

シコルスキー

掲示板をみる(179)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

シコルスキー、あるいはポーランドシコルスキ、あるいはロシアコールスキイ、あるいはな連想をしないよう難に英語シコースキーポーランド語Sikorski 、ウクライナ語: Сікорський 、露:Сикорский 、英語Sikorsky 、なおアクセントはいずれも o )は東スラブ系の姓(男性形。形容詞姓のため、女性の場合はシコルスカSikorska)、シコルスカ(Сикорская)等になる)。

  1. シコルスキー - 板垣恵介の格闘漫画バキ』の登場人物。読者からは「シコちゃん」とも呼ばれる。本項で説明。
  2. シコルスキー - イラストレーター。商業ではライトノベル(一般向け、成人向け)やマンガ雑誌の挿絵等で活躍中。
  3. ゴール・シコルスキー - ロシア出身の航空技術者。シコルスキー・エアクラフトの創設者。本項で説明。
  4. みつもと・C・シコルスキー - PIXIVで活動するもこみす師にして和服みすちー推進委員。 → みつもと
  5. ブライアン・シコルスキー ‐ アメリカ出身のプロ野球選手。→ブライアン・シコースキーを参照。

概要

ポーランド語のシコーラsikora コガラ類の小鳥)あるいは古ポーランド語シーコル(sikor 路の堰)に由来し、かつて東欧広大な領土を誇ったポーランドリトアニア共和国1569~1795ポーランド王国リトアニア大公の制度的同君連合国家)時代からの有者(貴族・軍人)も名乗っている由緒ある姓である(-ski は形容詞語尾)。決してしこるのが好きだからではない。まあ嫌いではないかもしれないが。

1. シコルスキー(バキ)

 CV.津田健次郎
バキ』の最死刑囚編に登場した、ロシア死刑囚。異的な手先の握を持ち、ロッククライミングの達人にも脱出不可能な、弾道ミサイル基地(刑務所は元ミサイル基地)のサイロから何の具もなしに、100kgをえる体格にもかかわらず、僅かなの傷や錆などを使い登攀で脱走した。その際に前作『グラップラー刃牙』で登場したロシア出身の巨で、バキジャックと戦ったガーレンを瀕死の重傷に追い込み読者へのインパクトも植えつけた。

 その身体は「犯罪に手を染めなければロシアにいくつの金メダルをもたらしたことか・・・」といわれるほど。得意技は岩のように硬く握られた拳による打撃で、中の第二関節を突き出したその握り拳(カーヴィング・ナックル)は物のように敵を切り裂く。

 その後は敗北を知るために日本に渡り、アントニオ猪狩徳川光成の前に現れる。猪狩に重傷を負わせ、徳川光成ことみっちゃんに案内され地下闘技場に行く。そこでバキたち地下トーナメント戦士たちと、自身と同じ死刑囚と顔合わせをし、その際には「を食ってもうまそうだ・・・」と強そうな感じのせりふを残した。

 さらには逆襲に来た猪狩を、部下ともども膚なきまでに倒し、小便をかけるという屈辱的な行為までした。

 が、彼の栄はここまで。

 そこからは転げ落ちるかのように、勇次郎にで使われ江(バキ彼女)を拉致する、バキに殺されかける、フルチン姿でボコボコにされる、オリバさんに挑むも切り裂き拳も一切通用せずにラリアット一発で倒される(フルチン姿で)という無様な姿を見せ付けた。そしてオリバさんに倒されたあとは、警察に引き渡される(もちろんフルチンで)。この際刃牙金玉を破壊されている。もうシコレない

 その後脱走し、バキ復讐をしかけるも、同じ死刑囚・コンビで挑むが、セックスパワー色を知ったことでパワーアップしたバキに手も足も出ずにボコボコにされる。

 さらにはその後はジャックと遭遇し、めてその異常の握などを見せ付けるが、パンチ3発で気絶。その後近闘技場に運び込まれ再びジャック噛み直されると戦うことになるが、ジャックにもほとんど手も足も出ないまま、選手交代したガイアという懐かしいキャラによって一方的に追い詰められ、結局自ら情けない

の負けだ~~~ッ!!!
許してくれェ~~~ッ!!!」

命乞いをし、敗北した。

 

 そのヘタレ具合はバキ世界の中でも秀でたものであり、同じ死刑囚たちでも

といった面々とべるとよくわかる。やはりバキ世界噛ませとして名をはせているロシア伊達ではなかった。

3. シコルスキー(航空エンジニア)

ゴール・シコルスキー(1889-1972)はロシア帝国領キエフ(現ウクライナ)生まれの航空技術者・飛行
近代ヘリコプターパイオニアである。

海上保安庁シコルスキーS-76C(ニコニ・コモンズ)軍兵学校に学んだ後、フランスに留学。帰後は四発大機や初期のヘリコプターなどの研究に携わるが、ボリシェビキ革命の勃発に伴って外に脱出。アメリカ亡命後は航空技術者として活躍。

飛行艇などを手がけるが、並行してヘリコプターの研究を継続世界初の実用的なシングルローター・ヘリコプターVS-300として結実させる。シコルスキーのヘリコプターはぎりぎりでアメリカ第二次世界大戦参戦に間に合ったが、第二次世界大戦後は、様々なヘリコプターを世に送り出し、世界的なヘリコプター普及の立役者となった。

彼の設立したシコルスキー・エアクラフト現在も民用・軍用のヘリコプターを生産しており、米軍自衛隊で運用しているUH-60/SH-60海上保安庁の運用しているS-76Cなどもシコルスキー製品である。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/16(日) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/16(日) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP