単語記事: とっとこハム太郎

編集

ハム太郎

とっとこハム太郎』とは、河合リツ子による漫画および同名のアニメ作品である。

概要

小学館の各雑誌にて掲載されている。

ハムスターの「ハム太郎」と、その飼いなどの様々な人々を描いた作品と
なっている。

一般的にはテレビアニメ版『とっとこハム太郎』のイメージが強く、間宮くるみを担当している「ハム太郎」のイメージが強いが、原作では、ハム太郎という名前のハムスターは複数存在している。

原作

1997年、小学館の小学二年生でモノクロ7ページで連載開始されたのが最初である。テレビアニメ化以前のタイトルは、「とってもハム太郎」だった。

ハム太郎」という名前の複数のハムスターが登場する。いずれのハムスターテレビアニメハム太郎との関係はい。「7」のハム太郎を除き、「2」~「6」のハム太郎は「1」のハム太郎とは血縁関係がある。(ちなみにテレビアニメ版のハム太郎母親は「ゆきちゃん」というハムスターだが、原作ハムスターとの関係は不明。また父親ハムスターについては登場しておらず、作中でられたこともいので一切不明である。)なお、テレビアニメ版とは違い、テレビアニメ版にいるロコちゃんなどの人間キャラは登場しない。色鉛筆を使った優しいタッチが特徴である。

1 「ゆかりちゃん」に飼われている「ハム太郎」。通称元祖ハム太郎とも呼ばれるハムスターであり、父親の「小太郎」と母親の「花子」の間に生まれた8匹のうちの1匹。小学館ワンダランドブックス・ぴっかぴコミックスとっとこハム太郎」「とっとこハム太郎 その2でちゅ」、ハンディとっとこハム太郎 はじめまして♪」の主人公

2 この「ハム太郎」は、1のハム太郎父親で、母親は「もも」というハムスターであり、その間に生まれた。

3 1と2のハム太郎の子孫で、西暦2086年に生息する「ハム太郎」。小学館ワンダランドブックス「とっとこハム太郎 大ぼうけんでちゅ」、ハンディ版「とっとこハム太郎 大ぼうけんでちゅ!」の主人公

4 1の子供の「ハム助」を父親に持ち、「だんご」を母親に持つ「ハム太郎」。「あっくん」(楠本あつし)のおじいさんが経営するペットショップにて12匹の「ハムちゃんず」と暮らしている。小学館ワンダランドブックス「とっとこハム太郎 ハムちゃんずでございまちゅ」(1 - 3)、ぴっかぴコミックスとっとこハム太郎 ハムちゃんず」(1 - 3)の主人公

おこれがテレビアニメ版のハム太郎の元になっている。

5 1の子供の「ハム吉」が父親で、「ハム菜」が母親の「ハム太郎」。1匹だけ迷子になり、「あいちゃん」(安藤あい)に助けられた。小学館ワンダランドブックス「とっとこハム太郎 あいしてるでちゅ」の主人公

6 1.の子供の「さくら」が母親、「菊正宗」が父親で、その間に生まれた「ハム太郎」。「あんなちゃん」ので生まれた。絵本の「ハム太郎のとっとこえほんでちゅ」(1 - 2)の主人公

7 の中で暮らす「ハム太郎」。1~6のハム太郎との血縁関係はい。12匹のハムスターの子供を持つ父親。このハムスターの話は単行本未収録。

原作の単行本について

ハム太郎原作オリジナルの単行本は、小学館ワンダランドブックスとして1997年2002年にかけて発売された。その後、2004年2005年にかけて一部が小学館ぴっかぴコミックスとして発売された。

それ以降は発売されていなかったが、2016年4月20日よりハンディ版として発売された。

テレビアニメからのファンにも是非読んでほしい一冊と言える。

テレビアニメ

第1期 とっとこハム太郎

2000年7月7日2004年3月26日までテレビ東京系金曜18:30で放送された、ハム太郎初のテレビアニメである。通称「無印」。「ロコちゃん」(春名ヒロ子)に飼われている「ハム太郎」が「地下ハウス」やその周辺を舞台に「ハムちゃんず」と共に遊んだり、冒険したりする。全193話。

ソフト化はVHS版は全話出ている。しかし、DVD版は第13巻~第28巻(第129話~第193話)が出ていない。

第2期 とっとこハム太郎 はむはむぱらだいちゅ!

無印と同じ2004年4月2日2006年3月31日まで放送された。無印とは話数は通算とされ、ストーリーも繋がっている。無印最終回で少しだけ登場した「ラピスちゃん」「ラズリーちゃん」が新たにレギュラーキャラとなる。2004年度は「すい~ちゅぱらだいす」、2005年度は「ハムハーの木」を中心とした世界観となった。全103話で無印との通算は296話。

VHSDVD版ともに全話ソフト化されている。

第3期 とっとこハム太郎 は~い!

「のりスタは~い!」という番組内において5分アニメワンコーナーとして2006年4月5日から2008年3月26日まで放送、2012年3月まで再放送された。ハム太郎初のフルCGアニメである。話数はリセットされている。毎回放送されたわけではないので話数は全77話と少ない。スペシャルなどを含むと102話となる。

なお第3期は全くソフト化されていない。

第4期 とっとこハム太郎 でちゅ

2011年4月2日から2012年3月31日までテレビ東京系土曜9:00で放送された。内容は第1期のストーリーデジタルマスターで再構成したものである。話数はリセットされ、全52話となっている。

全話DVDソフト化されている。

第5期 とっとこハム太郎(2012年版)

第4期からでちゅが取れ、なぜか第1期と同じタイトルとなった。は第4期と同じであり、2012年4月7日から2013年3月30日まで放送された。4月放送分のみ久々全新作となっている。その後は第4期同様第1期の再放送となっている。話数はリセットされ、全51話となっている。

このシリーズソフト化が行われていない。

劇場版

全てテレビアニメ版をベースとしている。

第1作から第3作までは、「ゴジラシリーズ」との同時上映。第4作は「映画 犬夜叉 蓬莱」との同時上映。

第1作 劇場版 とっとこハム太郎 ハムハムランド大冒険

2001年12月15日開。

ハム太郎初の映画ロコちゃんと話をしたいハム太郎が人間と会話ができるようになるという「魔法のタネ」を探しめてハムちゃんずと共に「ハムハムランド」を冒険する。

VHSDVDともに発売。

第2作 劇場版 とっとこハム太郎 ハムハムハムージャ! 幻のプリンセス

2002年12月14日開。

ハム太郎が寝ていると、夢に女の子ハムが出てきた。そのハムスターが気になったハム太郎ハムちゃんずと共にハムスターの故郷といわれる砂漠の王ハムージャ王」へと立つが、そこではハム太郎の夢に出てきた女の子ハム「シェラー」がうっかり封印を解いてしまった邪悪な砂漠サバクーニャ」が暴虐の限りをつくしていた。シェラーサバクーニャによって捕らえられてしまい、ハムちゃんずはその救出に向かった。

VHSDVDともに発売。

第3作 劇場版 とっとこハム太郎 ハムハムグランプリン オーロラ谷の奇跡 リボンちゃん危機一髪!

2003年12月13日開。

に包まれたハムスターの異オーロラ」。しかし長らくが降らなくなり、それを救うべく伝説の「スノープリンセス」にリボンちゃんが選ばれ、突然連れ去られた。さらにが嫌いな海賊ハムに妨され、リボンちゃんが連れ去られてしまった。ハム太郎リボンちゃん奪還をかけて海賊船長の「ハムクック」とグランリレース「ハムハムグランプリン」で対決する。

VHSDVDともに発売。

第4作 劇場版 とっとこハム太郎 はむはむぱらだいちゅ! ハム太郎とふしぎのオニの絵本塔

2004年12月23日開。

ハム太郎が昔話「ひまわり太郎」のお芝居をやりたいと言い出したことから、絵本作家の「あややム」によってハムちゃんずが理やり絵本に連れ去られ、彼女の執筆活動のお手伝いをさせられることになり・・・

VHSDVDともに発売。

OVA

全てテレビアニメ版をベースとしている。

第1作 ハム太郎のおたんじょうび ママをたずねて三千てちてち

2001年8月6日に限定発売。2002年11月通常発売。

8月6日誕生日を迎えたハム太郎が、まだ見ぬ母親を探すに出る物語

VHSDVDともに発売。

第2作 ハムちゃんずの宝さがし大作戦 はむはー! すてきな海のなつやすみ

2003年発売。

池のほとりで出会った不思議な女の子「ビスカスちゃん」と共にハムちゃんずがを渡り宝探しをする。

VHSDVDともに発売。

第3作 ハムちゃんずと虹の国の王子さま せかいでいちばんのたからもの

2004年発売。

「この世で一番大切なもの」を探すように命じられ、からやってきたハムスター「にじハムくん」に出会ったハム太郎。2人はで「一番大切なもの」の正体を探るべくに出る。

VHSDVDともに発売。

第4作 ハムちゃんずのめざせ! ハムハム金メダル  はしれ! はしれ! だいさくせん!

2004年発売。

ハム8686年に一度ひらかれる「ハムハムスポーツ大会」の火ランナーとなったハムちゃんずが火のトーチを「ハムシア」へ届ける冒険に出る。

VHSDVDともに発売。

その他

ビデオ作品 とっとこハム太郎 アニメでちゅ!

1999年テレビアニメ開始を前に小学館から小学館学年誌連合企画の応募者全員サービスとして発売され、1200円で購入することができたといわれるビデオVHS)。ハム太郎初のアニメーション作品である。ハム太郎声優テレビアニメ版と違い、永澤菜教が担当している。原作ベースとしている。ハム太郎の飼いは「なつみちゃん」という女の子である。

ビデオの内容

ゲームソフト

今までに7作発売されている。なお基本的にストーリーの繋がりはいが、「2」と「3」のみはストーリーに繋がりがある。

また、牧場物語ハム太郎ゲスト出演している。

第1作 とっとこハム太郎  ともだち大作戦でちゅ

2000年9月8日任天堂から発売。機種はゲームボーイカラー(専用)。

簡単な内容

ハム太郎初のゲーム化作品。テレビアニメ化前に発売が決まっていたためか、内容は原作ベースとなっている。ストーリー性やエンディングなどはいが、占いハム太郎との会話などが楽しめる。本作の特徴として、赤外線による通信機があげられる。この機ゲームボーイカラーのみで使用でき、赤外線を持たないゲームボーイアドバンスゲームボーイアドバンスSPゲームボーイプレーヤーでは使用できない。また時計を内蔵しており、電バッテリーバックアップ電池を使用している。そのためこのソフト中古で買った場合は発売から歳が経過し、高確率で電池が消耗し、セーブができなくなっている場合が多い。なお任天堂では現在も電池交換を受け付けている。ちなみに、このゲームが非常に良くできていたため、ハム太郎のファン以外にも遊んでほしいという思いを込めて作られたのがDSゲームの「トモダチコレクション」であるが、そのことはあまり知られていない。攻略本も発売。

第2作 とっとこハム太郎2 ハムちゃんず大集合でちゅ

2001年4月21日任天堂から発売。機種はゲームボーイカラー(専用)。

あらすじ

タイショーくんからハムちゃんずを全員集めてくるよう言われたハム太郎は、ハムスターの間でおおはやりの言葉「ハム語」をノートに記録しながら探すことに。

簡単な内容

 このゲーム的は、ハム太郎を操作し、「ハム語」という言葉(このゲームではコマンドとして使用)を覚えながらハムちゃんずを全員地下ハウスに集め、ハム語完成させることである。ハム語にはそれぞれポーズがある。なお斜め移動はできない。このゲームにはエンディングが2つあり、ハムちゃんずを集めることで最初のエンディングが見れ、ハム語を全て覚える(86)ことでエンディングを見ることができる。ハム語コンプリートするとハム語ハム語辞書になる。また、先にまいどくんに話しかけるか、めがねくんに話しかけるかで途中の展開が変わる。更にゲームボーイカラーとアドバンス(ゲームボーイアドバンスSPを含む)を自動で識別する機がついており、ゲームボーイカラープレイするかゲームボーイアドバンスプレイするかで写真を撮る際の「ゲームボーイ」の小物が変わる。(ちなみに、ゲームボーイプレーヤーではゲームボーイアドバンスと同じ扱いになる。)攻略本も発売。

第3作 とっとこハム太郎3 ラブラブ大冒険でちゅ

2002年5月31日任天堂から発売。機種はゲームボーイアドバンス

ニコニコ大百科に個別記事が存在する。→とっとこハム太郎3 ラブラブ大冒険でちゅ

あらすじ

 ハム太郎が寝ていると、夢に悪魔の格好をしたハムスターが出てきた。そのハムスターカップルの仲を裂いて回っていた。そのハムスターが近づいてきたとき、タイショーくんがリボンちゃんを呼んできてもらおうと夢にうなされていたハム太郎を起こした。ハム太郎は階段から降りるとき、寝ているねてるくんにつまずいてしまい、前作(2)で集めたハム語辞書を濡らしてしまい、ほとんどのハム語を消してしまった。そこでハム語を集めなおすことにしたが、地面を掘っていると「ラブポット」というものを発見した。地下ハウスを出ると、なんと夢が正夢だった。「デビハム」と名乗るそのハムスターは、なにか企んでいるらしい。なんでもハムスターラブぶっこわしてやるのだという。そのころ、デビハムくんの悪さを止めようとするなぞのハムスターエンジェルちゃん」が地下ハウスにやってくる。そのハムスターは、「ラブポットに溜まるエナジーデビハムくんをやっつけられるかも」という。そこでハム太郎は、岩の向こう側にいたリボンちゃんと共にハム語集めとデビハムくんを倒すに出かけた。

簡単な内容

このゲーム的は、前作同様ハム語を集めながらデビハムくんに壊された「ラブ」を修復し、デビハムくんを倒し、消えてしまったハム語辞書を埋めることである。基本的に前作と操作方法は変わらない。本作のハム語ハム太郎リボンちゃんで一緒にポーズをする「デュエットハム語」である。このゲームハム太郎以外のキャラを操作キャラに使用できるようになった最初のゲームであり、リボンちゃんと共に冒険する。さらに途中、リボンちゃん単独で行動することになる場面があり、プレイヤーはここで初めてハム太郎以外のキャラを操作することになる。このときはハム太郎がいないので一部のハム語が使えない。エンディングは2つあり、デビハムを倒すと最初のエンディングが、ハム語全回収(86)でエンディングを見ることができる。ちなみにゲーム中にゼルダドラクエ、ゴルゴなどのネタがあったりする。攻略本も発売。

第4作 とっとこハム太郎4 にじいろ大行進でちゅ

2003年5月23日任天堂から発売。機種はゲームボーイアドバンス

あらすじ

ハム太郎たちがを眺めていると、からにじハムくんが落ちてきた。しかも、の色がくなってしまい、に帰れなくなってしまった。そこで、ハムちゃんずはの色の材料を集める冒険に出かけた。

簡単な内容

このゲーム的は、の色の材料を集めてにじハムくんのの色を修復し、その後、にじハムくんからもらえる招待券を全て渡し、ハムスターたちをに招待することである。「2」や「3」ではできなかった斜め移動も可になった。本作は操作キャラに初めてハム太郎リボンちゃん以外のキャラを使用できるようになったゲームであり、スタートして最初の操作キャラハム太郎ではなくリボンちゃんで始まる。このゲームにもエンディングが2つあり、の色の材料を全て集めることで最初のエンディングが、その後、にじハムくんからもらえる招待券を全て集めることでエンディングが見れる。さらに、特定の場所でコマンドを入することにより、普通の方法では手に入らない塗り絵を入手できる裏技もある。攻略本も発売。

第5作 とっとこハム太郎 ハムハムスポーツ

2004年7月15日任天堂から発売。機種はゲームボーイアドバンス

簡単な内容

7日間行われるハムハムスポーツ大会。全15競技で優勝をす。優勝してもしなくても、全ての競技が終わると通常のエンディングとなる。エンディングは2つあり、全ての競技クリアで通常エンディングが、ハミーゴカードコンプリートエンディングを見れる。攻略本も発売。

第6作 とっとこハム太郎 ナゾナゾQ 雲の上の?(ハテナ)城

2005年12月1日任天堂から発売。機種はニンテンドーDS

あらすじ

に浮かぶ幻のハテナ」。このハテナ」が女王になる式典の日、突然「ナゾQ団」があらわれた。ナゾQ団の団長は、ハテナの王になることが的だった。しかも、ハテナは部屋に閉じ込められてしまう。追い詰められたハテナは、の下に「ナゾナゾだいQてん」を落とした。それを受け取ったハム太郎たちは、気球に乗ってハテナの救出に向かった。

簡単な内容

このゲーム的は気球を飛ばしてハテナを救い、最後にハテナから出される令をクリアすることである。ナゾナゾを解き、集めた「ハテナルギー」で気球を飛ばす。本作は全ての操作をタッチ操作で行い、ボタンは一切使用しない。エンディングは2つあり、ハテナ救出で最初のエンディングが、ハテナ救出後、ハテナから出される令をクリアするとエンディングが見れる。攻略本は発売されていない。なお本作よりボイスがついている。

第7作 とっとこハム太郎は〜い! ハムちゃんずのハムハムチャレンジ! あつまれは〜い!

2007年3月15日マーベラスエンターテイメント(後のマーベラスAQL、現在のマーベラス)から発売。機種はニンテンドーDS

簡単な内容

いわゆる知育ゲームであり、ミニゲームをこなすか、ハムちゃんずの仲間プレゼントを渡すと貰える「かじかじシート」を集め、「かじかじシートホルダー」を完成させるのがこのゲーム的である。前作同様、操作は全てタッチ操作であり、ボタンは一切使用しない。エンディングいが、切りの上で寝続けているとスタッフロールを見ることができる。攻略本は発売されていない。

ゲスト出演 牧場物語 3つの里の大切な友だち

2016年6月23日マーベラスより発売のニンテンドー3DS牧場物語 3つの里の大切な友だち」にペットとしてハム太郎ゲスト出演している。ゲスト出演ではあるが、ハム太郎ニンテンドー3DSに登場したのはこれが最初で、ちゃんとボイスもついている。(しかも声優間宮くるみによる新規録り下ろし)また従来のハム太郎ゲームでは、全てドット絵による表現だったが、本作では時代に合わせてCGによる表現となっている。

詳細はこちら→牧場物語 3つの里の大切な友だち 公式ホームページ

関連商品

DVD

CD

ゲーム

外部リンク

公式ホームページ・公式Twitterなど

ゲームソフトの公式ホームページ

関連項目

とっとこハム太郎ゲームソフト一覧


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%81%A8%E3%81%A3%E3%81%A8%E3%81%93%E3%83%8F%E3%83%A0%E5%A4%AA%E9%83%8E
ページ番号: 4766154 リビジョン番号: 2364778
読み:トットコハムタロウ
初版作成日: 11/11/17 12:53 ◆ 最終更新日: 16/05/22 17:15
編集内容についての説明/コメント: 修正。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ハム太郎(3)修正

ハム太郎(2)

ハム太郎(3)

ハム太郎(4)

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

とっとこハム太郎について語るスレ

153 : ななしのよっしん :2016/05/03(火) 00:05:26 ID: XfHviFvgBy
懐かしいなぁ
当時はハムスター楽部とかもあってハムスター流行ってたなぁ
フィクションに考えるのもどうかと思うけど、もうハム太郎たちは寿命迎えてるよなぁ…
154 : ななしのよっしん :2016/05/08(日) 18:50:48 ID: JUb4La1f1v
とっとこハム太郎3 ラブラブ大冒険でちゅ」の記事ができたわけだけど、なんかこの記事と情報が分裂して見にくいんだよね。ゲームソフトはここの情報コピーして個別記事を作ってここにリンクさせればいいんじゃかな?テンプレートもあるし。
155 : ななしのよっしん :2016/05/10(火) 21:30:25 ID: 22GYMcN+pV
4やったけすごいやりこみ要素あるよなこのシリーズ
156 : ななしのよっしん :2016/05/12(木) 10:39:24 ID: pxeHAeNbTf
まだ詳しい詳細は不明だが6月に発売されるニンテンドー3DSゲーム牧場物語の新作がハム太郎コラボするらしいよ。
http://www.famitsu.com/news/201605/10104750.html
157 : ななしのよっしん :2016/05/13(金) 00:00:06 ID: yLmHJi0+AL
フラワー牧場物語
158 : ななしのよっしん :2016/05/14(土) 22:39:09 ID: JUb4La1f1v
コラボとはいえ3DSハム太郎に会えるのか・・・
最近のハム太郎躍進を遂げててすごいね。またゲーム出してくれないかな。できればまた任天堂から・・・
159 : ななしのよっしん :2016/05/21(土) 03:25:28 ID: P0F15ov11c
人生初のゲームハム太郎2だったなぁ、今やっても結構面
最近までスターの場所分からなかったけど…

…ということで2や3路線の新作ゲームお願いします。
160 : ななしのよっしん :2016/05/21(土) 19:03:25 ID: JUb4La1f1v
>>159 1~3と4以降は開発が違うからな・・・
1~3までは、任天堂が開発・発売していたけど、4以降はアルファドリーム開発の任天堂発売(ハムハムチャレンジマーベラス発売)になったから、2や3路線のゲームは作れるのかな・・・
あと、開発スタッフが「ハムごのシリーズは今回で終わりでしょうね」って言ってる。 詳細:https://www.nintendo.co.jp/nom/0206/hamint2/index.html
ちなみに、ハム太郎4はアルファドリームにとって初めてのキャラゲーだったので、アニメを見ながらハム太郎のことを研究しながら作ったんだって。
詳細:https://www.nintendo.co.jp/nom/0305/32/
161 : ななしのよっしん :2016/05/23(月) 20:27:38 ID: pxeHAeNbTf
全新作のゲームは難しいだろうからハム太郎4をアニメ声優によるフルボイス化&ポケモンポケパルレのようなメインハムスター15匹をお触りできるようなミニゲームを追加してニンテンドー3DS移植してほしいわ・・・。
162 : ななしのよっしん :2016/05/24(火) 16:37:10 ID: yLmHJi0+AL
売上的にも知名度的にもニコ動での人気的にも
3作が一番有名なんだろうけど、
は4作が初めてのハム太郎ゲーだったので
ハムアクションとかシール集めとかかなり楽しかったです。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015