単語記事: キックボクシング

編集

キックボクシング(Kickboxing)とは、タイ王国の国技「ムエタイ」を基にしてつくられた日本発祥の格闘技である。しかし、現在ではボクシングのリングの上で、パンチやキックを用いて闘う格闘競技全般を指す言葉としても使用されている。

概要

ボクシングのリングの上で、パンチやキックを用いて闘う格闘競技と考えてよい。世界中に様々なスタイルの競技があるので、ここでは代表的なスタイルを紹介している。

歴史

キックボクシングの歴史は第2次世界大戦直後まで遡ることが出来るが、ここでは1966年4月11日に開催された初のキックボクシング興行を起点とする。

初期は、沢村忠が一世を風靡し、日本でキックボクシングブームが沸き起こった。しかし、沢村の引退後、キックボクシングの人気は下火になり、アマチュア競技としての普及を怠ったことや団体の分裂が拍車をかけ、キックボクシングは完全に世間から忘れ去られていった。

その後、1993年にK-1が発足され、徐々に認知され始め、一般に知られるようになった。

定義

日本でキックボクシングといえば、通常、「肘・膝・首相撲・ローキック有り、でもムエタイとは違う採点方式を採用している日本独自の格闘技」という認識がなされている。しかし一方では、キックボクシングという言葉は「リングの上でパンチとキックが使える格闘技」という意味で使用され、かなり広い概念を持っている。

熱心な日本のキックボクシングファンは、「キックボクシングはK-1やムエタイとは別物」と言う。しかし、後者の定義に沿えば、「K-1はキックボクサーの世界一決定戦」、「ムエタイはタイ式のキックボクシング」と表現しても差し支えない(タイ人は嫌がるだろうが)。

スタイル

「リングの上でパンチとキックが使える格闘技」という定義に沿えば、キックボクシングには様々なスタイルがある。

日本式キックボクシング(Kickboxing, Kick Boxing)

ムエタイの技術を学んだ日本人が創始した格闘技。

初期は、ムエタイとの差別化を図る為、投げ技や頭突きも認められていた。キックボクシングにはボクシングのようなメジャーなタイトルが存在しない為、軽量級・中量級において世界最高峰の実力を持つタイ人のムエタイ選手(特にラジャダムナンスタジアムとルンピニースタジアムの王者)に勝つことが目標とされるようになった。その為、今の日本の軽量級キックボクサーやキック関係者には、打倒ムエタイを目指すものも多い(というか、他に頂点が無い)。現在のルールは、ほぼムエタイと同じで、肘打ち・膝蹴り・首相撲を認めている。違いは、ラウンド間のインターバルがボクシングと同じ1分で、採点基準がムエタイとは違う。ただし、近年はK-1の影響もあり、K-1ルールの試合を組む団体も増えつつある。

熱心なキックボクシングファンは、日本式キックボクシングとムエタイとK-1を全て区別して考えている。もし、K-1とキックボクシングを混同するような発言をすると、怒られるので気をつけよう。

K-1

パンチ、キック、膝蹴り有り。バック・ハンド・ブロー(裏拳)も有り。ただし、肘打ちは禁止。

首相撲や、相手を掴んでからの膝蹴りはかなり制限される(試合がつまらなくなるから)。K-1が開催される国によっては、顔面への膝蹴りも禁止される場合もある。例えば、フランスでは膝蹴り自体が禁止、アメリカでは顔面への膝蹴りが禁止されている。

詳しくは→K-1で

フルコンタクト(Full Contact)

日本の極真空手のような直接打撃制とは違うスタイルで、アメリカで伝統派空手とテコンドーを基に作られたスタイル。

最大の特徴は、「ローキック(下段蹴り)がない」ことが挙げられる。他には、膝蹴りもない。
ローキックが無い故に足を蹴られる事に対する耐性が無く、他競技との試合では脚を蹴られまくってKO負けを喫する選手が続出した。昔に比べれば人気はかなり下火だが、一応存続しており、一定の競技人口がいる。こうしたフルコンタクトの選手は総じてフットワークが軽く、ボクシング技術が高い。また、サイドキックやハイキック、後ろ回し蹴りなど派手な技を得意とする選手が多い。これらの技術が発達した理由には、ローキックは使えないが故に、他のスタイルとは違い、「パンチの強い選手は、ローキックで足を潰して動きを止める」というセオリーが使えない為と思われる。日本では「ローキックの使えない格闘技なんて格闘技ではない」と考える人が多いことや、打倒ムエタイを目指す選手が多いことから、全く普及していない。

ムエタイ(Muay Thai)

いわずと知れた数百年の歴史を持つタイ王国の国技。日本式キックボクシングの原型。

通常のパンチやキックに加え、肘打ち・膝蹴り・首相撲が認められ、洗練された技術がある。しかし、相手を足を引っ掛けて投げる行為(上半身で組み合って、相手のバランスを崩すのはOK)や、頭突きは認められていない。

ラウンド間のインターバルは2分、国際ルールで1分30秒。これは、ムエタイの試合が賭けが行われ、ラウンド間に調整が行われるからである。

近年は試合内容(芸術性)よりもギャンブルの要素が勝ってしまっている為、我々非タイ人には分かりにくい、つまらない試合内容になってしまっている。
特に、延々首相撲で膝蹴りを見舞う状態が続くと欠伸が出そうになる。ただ、十数年前までは派手な技が次々繰り出され、KOが続出する面白い試合がたくさんあったという。こうしたムエタイは、「シンラパ」(タイ語で芸術の意)と呼ばれた。現在では、タイ国政府主導で、ムエタイの国際的普及が進められており、アマチュアムエタイの世界大会が開催されている。WMF主催の大会はプロも参加できるので、ぜひ挑戦してみよう。なお、ムエタイ戦士が腕に付けているのは「パープラチアット」というお守りである。試合前に頭に着けているのは「モンコン」で、勝手に脱いではいけない。取っていいのは師匠だけである。

詳しくは→ムエタイで

シュートボクシング(Shoot Boxing)

キックボクサーだったシーザー武士が創始した格闘技。

通常のパンチやキックに加えて、投げ技や立った状態での関節技が使える。UWFというプロレス団体とも繋がりがあったため、ロングスパッツにレガースを着用するという独特のコスチュームが採用されている。K-1で活躍するアンディ・サワーは、当初、キックボクサーとして来日したが、後にシュートボクシングに転向した。
打撃と投技というコンセプトは他の国にもあるようで、ルールの似ている中国の散打(散手)やロシアのドラッカと対抗戦を行ったこともある。

散手/散打(San Shou)

中国式キックボクシング。散打ともいう。散手と書いて「サンショウ」と読む。

散打の場合は「サンダ」で読み方が同じ。打撃系の競技でありながら、投げ技を許可しており、シュートボクシングと似ている。対抗戦を行ったこともある。アマチュアの場合は、ボディプロテクターを着用する。人によっては、K-1に出場する中国人散打選手は、サイドキックを使ったり、組み付くので試合がつまらないという人もがいる。これは、投げ技を重視する散打の技術を身につけているので仕方がないことである。

ラウェイ(Lethwey)

ミャンマー(旧ビルマ)式キックボクシング。グローブ無し、バンテージのみ

パンチ、蹴り、投げ、立ち関節、頭突き、脊髄への攻撃など、全ての攻撃が許される。日本でも何度か興行を行っている。
極めて過激なルールで試合後に顔が腫れあがるの常である。

ミャンマー政府は、2001年に初めて公式に外国人を招待し、正式な対抗戦を行った。その後、2004年7月にミャンマー政府はヤンゴンで10・11日の2日間に渡って「ミャンマー VS 日本」の対抗戦を開催。日本代表としてミャンマーに渡った総合格闘家(プロ修斗)の田村彰敏が、地元の選手エーボ・セインと対戦。顎に左膝蹴りを命中させ、4R2分52秒KO勝ちをおさめた。これは、ミャンマーの歴史に残る大事件で、翌日の試合には観客の暴動を警戒して100人近い武装警官が会場に配備されたほどだった。
なお、ミャンマーの興行自体は、ミャンマー各地で行われている。しかし、これらはあくまで村の祭りの余興程度のものであり、トップファイターが参加することはない。また、タイとの国境付近では、毎年ムエタイ選手との対抗戦を行うが、技術の差がありすぎるため、大抵ミャンマー側がボロ負けする。

サバット(Savat)

フランス式キックボクシング。

カラフルなタイツが特徴的。スネでガードするとポイントをとられてしまう。これは、当時のフランスの悪漢には、ブーツにナイフを仕込む輩が多く、スネでローキックをガードできなかったことが影響を与えているからである。よって、ローキックをスネでガードするのは実戦的ではないという哲学がそこにはある。日本人では原万里子が世界選手権で優勝した。

問題点

乱立する団体

キックボクシングが抱える最大の問題点は団体の乱立である。日本では、1960年代から80年代前半にかけてキックボクシングが発達。しかし、初期の頃から野口プロモーション、ワールドキックボクシング、全日本キック、協同プロモーション、岡村プロモーションと分裂していた。こうしたプロの興行ありきの経営を続けたことや、それに伴う競技として根付かせることに無関心だったことにより、ブームが過ぎ去った後に殆ど何も残らなかった。加えて、アマチュア部門に関心を示さなかったことが祟り、アマチュアスポーツとしての国際化の主導権までもが外国に握られてしまった。その後、1993年にK-1が登場するまでキックボクシング界は分裂・独立を繰り返し、日本におけるキックボクシングはどん底をさまようことになった。

現在、存在する日本の国内団体は判明しているだけでも13もあり、その中には日本タイトルは9つある。これは、ランキングや王座を統一しているところや、王座を設けていないところもあるので多少王座の数は減っているとはいえ、ボクシングのように日本王座が一つしかない現状を考えれば、いかに異常な状況かお分かりいただけるだろうか。

権威の無い世界王座

世界王座についても、ボクシングのような主要団体やリング誌のような権威のある雑誌が存在しない。
日本人が創設したWKBA、アメリカで設立されたWKAやISKA、国際スポーツ連盟(GAISF)公認となったイタリアに本部を構えるWAKO、タイ王国政府公認のWMCなどがあるが、いずれも知名度や影響力という点で見ると主要団体足りえない。

日本では、タイの強豪ムエタイ戦士を倒すことや、ラジャダムナンスタジアムやルンピニースタジアムの王座を奪取することが世界王座代わりになると考える人間も多い。しかし、それではミドル級以上の選手はどうすればよいのかという問題が残る。
ルンピニーはスーパーウェルター級まで、ラジャはミドル級までしか王座を制定していない。結局、K-1で活躍するという道しか残されないのである。K-1という目標があるだけ、以前よりマシといえるかもしれない。

2011年に入ると、日本でK-1 WORLD MAXを放送していたTBSが格闘技班を解散し、元K-1ファイターからファイトマネーの未払いを暴露されるなど問題が続いている。そのかわり欧州発のIT'S SHOWTIMEがヘビー級のワールドグランプリを開催するなど進出している。

暴力団との関係

日本のキックボクシング界は、芸能界などと同様、暴力団との繋がりが指摘されている。

近年では、2009年6月23日に、当時全日本キックボクシング連盟の代表だった田敏男(59)と、指定暴力団住吉会系組幹部の井上潔(50)ら7人が、電磁的公正証書原本不実記録・同供用などの容疑で逮捕されている。田らは、2004年11月に、韓国人ホステス(33)と虚偽の婚姻届を東京都港区役所に提出したという。この後、同団体は解散した。

団体

赤い字で書いてあるのが王座認定団体。括弧内は略称。 

2010年8月の時点で存在しない団体は除外した(全日本キックボクシング連盟等)。たTOUITSUも日本トーナメント開催以後、音沙汰がないので除外した。

  • マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟(MAキック)
  • ニュージャパンキックボクシング連盟(NJKF)
  • ジャパン・プロフェッショナル・ムエタイ・コミッティ(JPMC)

※MAキックとNJKFは、2009年よりWBCムエタイルールによる統一ランキングとWBCムエタイ日本王座の制定を開始している(JPMC認定)。ただし、とはいっても、それぞれ独自の王者をまだ認定している。

  • 日本キックボクシング協会(新日本キック)
  • 日本キックボクシング連盟(JKF)
  • アジア太平洋キックボクシング連盟(APKF)
  • キック・ユニオン(K-U)

※JKF、APKF、K-UはNKBという統一ランキングと王座を制定しており、独自の王者はいない。NJKFも元はメンバーだったが、今は脱退している。

  • UKFジャパン

日本王座と東洋王座を認定。ただし日本王者として認定された人物はいない。

  • R.I.S.E.

※トーナメント制から常設王座に変更

  • J-NETWORK(J-NET)
  • シュートボクシング協会(SBA)

日本王座、東洋王座、世界王座を認定

  • 日本プロキックボクシング連盟
  • M-1
  • ジャパン・マーシャルアーツ・ディレクターズ(JMD)

※WPMF日本王座を認定

  • IT'S SHOWTIME JAPAN

日本王座創設予定

etc...

団体数:15

王座数:12

果たしてこれが1になる日は来るのだろうか・・・

関連動画

それぞれのスタイルごとに、違った良さや特徴があることが伺える。

日本式キックボクシング

K-1

フルコンタクト

ムエタイ

シュートボクシング

散手/散打

サバット

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

  • スポーツ
  • ムエタイ
  • ボクシング
  • K-1
  • KO
  • 格闘技
  • 総合格闘技
  • タイ王国
  • 格闘技・武道・武術の一覧

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9C%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0
ページ番号: 1383473 リビジョン番号: 2300448
読み:キックボクシング
初版作成日: 09/02/12 04:52 ◆ 最終更新日: 15/12/14 17:39
編集内容についての説明/コメント: 視聴できない動画削除して動画1つ追加、関連項目1つ追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

キックボクシングについて語るスレ

18 : ななしのよっしん :2014/10/06(月) 00:46:11 ID: L+70n1iy6R
せめてK-1とBLADEが合流すればK-1ルールでの日本一と見れるのにな
19 : ななしのよっしん :2015/01/15(木) 00:34:06 ID: Yre3UMTGuD
格闘技習うなら、ボクシングの方が良いのかな?キックボクシングと、どっちが良いかは解らないが。
20 : ななしのよっしん :2015/01/15(木) 00:40:40 ID: OGHnifJcbO
スポーツしたいならどっちでもいいし
護身術やら武術としての格闘技なら別のやりゃいいと思うYO
21 : ななしのよっしん :2015/01/15(木) 00:51:48 ID: 2C19cooe3H
キックしか使わない格闘技はないのか
22 : ななしのよっしん :2015/01/19(月) 14:37:55 ID: jdIMhpsuu/
↑テコンドー
23 : ななしのよっしん :2015/02/09(月) 12:41:15 ID: mjfTMhUD6S
テコンダー出身者といえば最近NJKFの高橋誠治見ないね。
24 : ななしのよっしん :2015/03/24(火) 23:17:57 ID: SeofKsKSrb
ていうか暴力団との繋がりとか怖すぎる・・・
25 : ななしのよっしん :2015/03/30(月) 11:57:25 ID: mjfTMhUD6S
あるところとないところがある。ただし興行の世界だからおそらくどの業界も大差はない。
某老舗団体はあまりに割に合わないんで893から見限られたりしていた。
暴力団排除して資難に苦しむ団体も珍しくない。というかそれがほとんど。それほどヤーさんから見てもお金にならない。
26 : ななしのよっしん :2015/12/12(土) 11:11:03 ID: erofKkOkLM
>>21
カポエイラ
27 : ななしのよっしん :2015/12/19(土) 03:20:40 ID: mjfTMhUD6S
現行の団体・日本王座を列挙してみる

肘あり
・新日本キックボクシング協会・ニュージャパンキックボクシング連盟
・NKB統一ランキング(日本キックボクシング連盟・K-U)・J-NETWORK
・MA日本キックボクシング連盟・INNOVATION・REBELS・WBCムエタイ日本王座
・WPMF日本王座・APKF・ムエタイオープン・蹴拳・UKF日本

肘なし
・K-1・Krush
・RISE・Bigbang・BLADE

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015