単語記事: 総合格闘技

編集

総合格闘技(そうごうかくとうぎ)とは、打撃・投げ技・寝技を用いた格闘競技の総称である。
英語では混合格闘技を意味する「Mixed Martial Arts」。それぞれの頭文字をとって通称「MMA」と呼ばれる。

概要

リング・ケージ内で、打撃やレスリング・寝技などあらゆる手段を使い相手を倒すことを目的とした格闘技。
近代総合格闘技の源流はブラジルにあり、ヴァーリ・トゥード(ポルトガル語で「何でもあり」の意)という素手の総合格闘技の試合が始まりである。

その後、1993年にグレイシー柔術がアメリカ合衆国で「UFC」という総合格闘技イベントを開催し、一気に総合格闘技という概念が定着した。
日本では、1997年に「PRIDE」が開催され、完成された競技を目指した「修斗」などはUFC開催以前から活動しており、日本における総合格闘技の知名度や技術の向上を促した。

PRIDEが開催される前の初期の総合格闘技では「素人同士の喧嘩」「異種格闘技戦」というような試合が多かったが、競技人口の増加や爆発的な人気の高まりとともに、より安全性の確保されたルールに整備され、現在は競技として非常に成熟し、「高い技術を持ったアスリート同士の試合」「完成された競技」となっている。 

見所

格闘技を見る者なら誰しも“最強”という言葉に魅せられる。

そういった意味では総合格闘技は数ある格闘技の中でも最低限のルールを敷いた上で“誰が本当に一番強いのか”を決めることに最も相応しい競技であるといえる。
一つの種目に秀でていればよい他の競技とは違い、この競技は『ボクシング』『キックボクシング』『柔術』『レスリング』『柔道』などあらゆる格闘技をより高いレベルですべてマスターした者の凌ぎ合いであり、その中でもそれぞれの競技で非常に高い技術レベルを身に付けた才能に満ち溢れた一握りの選ばれし人間のみがトップファイターとなれる。そういった理由などから、体操における個人総合や陸上競技における陸上十種などのように世界的に権威があり、競争率が高く、より実戦に近い格闘技でもある。
そのため、この競技で結果を出すということは、まさに『世界最強』という言葉に近い人間であることの証明となるため、本当に強い人間を知ることが出来る。 

華やかさを求めルールを規制する他の格闘技と比べ、本当にリアルでシビアであるため、格闘技初心者には、「寝技の展開になると分からない・面白くない」「(実力の拮抗した選手同士のレスリングや寝技の結果により)膠着しやすい」などと狭い見解で語られたり理不尽なことを言われがちだが、その様式に慣れ、世界をとりまく趨勢を俯瞰することができれば、その奥の深さに引き込まれるだろう。
総合格闘技という性質上、複数の競技体系やそれぞれの競技技術がMMAという世界に深く入り交じっているため、その自由度の高さゆえに本当に奥が深い。このスポーツの頂点の一人でもあるジョルジュ・サンピエールの言葉を借りるなら、「役に立たない格闘技は存在しない」。
その言葉を立証するかのように、一時期辛酸を舐めていた空手も三角蹴り、三日月蹴り、関節蹴り、後ろ回し蹴りなどが最先端の総合格闘技において有効に使われている。他の格闘技も例外ではなく、レスリングは柔術と巧みに融合を果たし、ボクシングの新しい技術がMMAで生み出され、2012年には世界最高峰の舞台でカポエラキックが相手に有効な一撃を見舞うというシーンもあった。

テイクダウン、パスガード、チョークなど個々の技術だけで本が一冊書けそうな複雑な体系を持ち、ファンはおろか、選手ですらその全てを把握できない。その奥の深さ及び敷居の高さが長所であり短所である。
ただ、競技化されつつも新しい技術が生まれ続け、止まることなく進化を続けるこの競技の魅力を少しでも把握できればもう離れることは出来なくなるだろう。

最初はただ普通に有名な選手の試合や人気の高い動画を見るだけでも構わない。
例えば、打撃が強く分かりやすい試合をするミルコ・クロコップやヴァンダレイ・シウバ、マーク・ハントのような選手の試合を見れば良いかもしれない。その後はアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラのような関節技の強い選手の試合を見て寝技の有効性や面白さを理解すると良いだろう。そして今度は打撃も寝技も両方を高いレベルでミックスさせるエメリヤーエンコ・ヒョードルなどの試合を見ると良いだろう。そうしてMMAの面白さを理解していき、最後にはやや玄人向けすぎるかもしれないがジョルジュ・サンピエールような選手を見てレスリングの重要性を理解するのもありかもしれない。

いずれは選手同士の距離を考えながら見て、その距離から何を仕掛けるのかを見たり、タックルの動作から放たれる打撃や打撃を有効に使うためのタックルのかけ方を見てファイターの狙いを探り唸るのも良し。パンチを出したあとの足の位置を見るのも良し、テイクダウンの後の攻防両方の選手の対応を楽しむのも良し。
そうやって見る目が肥えてくることにより、ファイターたちが何を考え、何をしようとしているのか理解できるようになり、より深い楽しみ方もできるようになってくる。

地味と言われがちな寝技も実際に体感すると選手たちがいかに凄いことをしていたのかがよく分かる。
見ていて分からないことは総合格闘技のマニアックな部分を分かりやすく解説する元総合格闘技の選手でもある、高阪剛氏の解説に耳を傾けるのもよいだろう。

この競技には他の競技以上に可能性が無限にあり果てしなく進化し続け、
完成形も終わりもない。
これほどの魅力があるだろうか。 

 

問題点

ルールに縛られないという点から、「野蛮」というレッテルが貼られてしまうことがある。特に初期の総合格闘技のイベント(UFC等)では、総合格闘技用のグローブが存在しておらず、素手で殴り合うという暴力的な側面が押し出されていた。
その後、安全性の確保がされて今日に至るが、PRIDEなどのメジャー団体では倒れた相手にも蹴りを入れられるため、やるかやられるかという一瞬の気も抜けないエキサイティングさがあると同時に、「流血」・「暴力的」・「残酷」という負のイメージを持つ人もいる。

なお、現在PRIDEを買収した業界最大のメジャー団体であるUFCでは、PRIDEのようなサッカーボールキックやグラウンド状態からの頭部への膝蹴りは禁止されているが、PRIDEと違い、今度は肘打ちが解禁されているため、選手たちが肘打ちを受けて皮膚をカットしやすく流血を起こしやすいという問題点もある。

また、総合格闘技は、ボクシングやキックボクシングと同じように団体が乱立しており、階級やルールがバラバラであることも多い。しかし現在はメジャーであり基準とされるUFCがあるため、他競技ほど深刻ではなくなっている。また体重別階級に関しては、現在ネバダ州のアスレチックミッションの定める階級に合わせようとする動きがあり、WWCNのように、網の中で試合を行う団体は、UFCにルールを合わせる動きも出てきている。

現状

上記の通り、世界のトップであったPRIDEなき今、UFCが知名度・選手層という面で業界の頂点に君臨している。
UFCと同じ傘下に腰を据えていた業界No.2のストライクフォースはUFCに吸収されて2013年に消滅したが、Spike TVなどのテレビ局と契約をして1大会で100万人近い視聴者を集めるBellator FCなどの大きな団体も存在する。他にもPRIDEのルールなどを踏襲したシンガポールのONE FCなど、アジア、アメリカ、イギリス、カナダなどでじわじわと新しい団体が誕生して世界の国に広まりつつある。根気強く検索すると、中東や南アフリカにもMMA団体は存在する。

また、ブラジルなどのようにMMAに熱狂する国もあれば、オランダのように「この競技は野蛮」というレッテルを貼る偏見者達からの票を集めるために政治家が総合格闘技を禁止したり、タイなどのように自国の競技(ムエタイなど)を守るという理由から禁止されたりと、政治に利用され総合格闘技自体が禁止されている国もある。
今や総合格闘技大国となったアメリカでも州によって温度差の違いがあり、ニューヨーク州ではMMA嫌いの議員が幅をきかせているため総合格闘技の大会が理不尽な理由で禁止されている。

技術的な側面でみれば、空手vs柔術のようないわゆるスタイルvsスタイルの異種格闘技戦が行われるような時代は終わりを告げ、今はノウハウがある程度成熟し、寝技も立ち技も出来るのはもはや当たり前となってきている。その上でさらに一芸ないしは二芸に秀でていることも重要である。その流れに着いて行けないファイター達はいくら一芸に秀でていても俄かに頭打ちを迎えることが多い。
常識もPRIDE時代とは少し変わり、バランスが悪いマウントポジションを取ることが必ずしも有利とはいえなくなったり、一見打撃一辺倒にしか見えない選手から一本をとるのが難しかったりと、事情も変わってきている。
なお、噛ませ犬になることを徹底し、厳しい総合格闘技の世界に別の意味で適応したボブ・サッ(ryという選手もいる。

日本の現状

総合格闘技界において世界最高であった日本の団体「PRIDE」が崩壊して以来、明るい話題はあまり多くない。
PRIDEを失った格闘技ファンは、本当に格闘技の好きなファンを除いて次第に格闘技を追うことから離れてしまい、K-1などを含めたメジャーな日本の格闘技団体が窮地に立たされ、ついには地上波からK-1や総合格闘技の文字が姿を消した。

一方で日本で活躍していた海外選手やPRIDEファイター達は世界中に散らばり、他団体でPRIDEファイターが元UFCの強豪選手や元UFC王者に勝利したり、UFCに移籍して各階級の強豪やUFC王者に勝利してUFC王者になるなど、日本にとって明るい話題も度々ある。しかし、PRIDEで輝かしい実績を誇った選手達も月日の流れにより高齢化したり、激闘による蓄積したダメージや度重なる怪我・大きな手術などにより今までほどの結果が出なくなった選手もおり、日本人選手が世界の舞台で結果を出せない事も多く、格闘ファンにとっては残念な場面にも時々遭遇する。

日本は総合格闘技界の最先端であり世界の中心であったという栄光が、今の現状をなおさら侘しくさせるのか、ファンは現状を打破出来るのではないかと思われる選手に期待を寄せ続ける。一方で期待が大きい分、そういった選手が負けた際には格闘技ファンとして神経を疑うような理不尽なコメントをする恥ずべきファンも未だに僅かながらいる。
また同じアジア圏で中国やインド、シンガポールなどでMMA文化が根付き始め着実に地盤を固める一方で、今の日本の変わらない現状に日々鬱憤を溜めるファンもいることだろう。 

ただ、今までと変わらず、日本のファンの総合格闘技を見る目や姿勢などは世界的に見てレベルが高く洗練されたままであるため、世界をよく知る外国人ファイターの間では日本のファンの質の高さや日本の格闘技雑誌記者の見識の高さは世界的に評判が良い。
関連書籍の数もここ数年で莫大に増え、技術書や力学的な角度から考察した書籍、コンディションに関する書籍などの市場もそれなりの賑わいを見せている。
さらにメジャー団体の地上波放送はなくなったものの、今なお続くDREAMやDEEPなどの団体達はファンを唸らせる名勝負を発信し続けており、日本の団体で活躍した選手達は今も変わらず素晴らしい試合を見せ、世界最高峰の舞台・UFCでの日本人選手の実績もアジア圏で見れば最上位であるため、ファンが諦めない限りは決して希望がないわけではない

上記で述べたように、日本という国が格闘技を世界規模で牽引してきた事実があるからこそ今の現状が寂しく見えるだけかもしれないが、それを贅沢と捉えるか、本格的な危機と捉えるかは個々で認識は異なるだろう。

総合格闘技 名勝負 (主にPRIDE)


解説動画

◆リングで行われる総合格闘技では、選手がリングから落下しないように、ロープの数がボクシングに比べて一本多い。総合格闘技では左側の動画のように、グラウンド状態でのスキルに差があると一方的に殴られ続ける試合展開もある。また、右側の動画のように、立った状態から綺麗に一発の打撃で仕留めるケースもある。
 


◆総合格闘技では、寝技の攻防も見ものである。左の動画のような美しい寝技の展開・技術は見るものを唸らせ、右の動画のように劣勢な場面になろうとも腕や脚を関節技で極めることによって、試合の流れを一気にひっくり返すことが出来る。

大百科に記事のある総合格闘家一覧

※五十音順

  • 青木真也
  • 秋山成勲
  • 五味隆典
  • 須藤元気
  • 桜庭和志
  • 藤田和之
  • ミノワマン(美濃輪育久)
  • DJ.taiki
     
  • アリスター・オーフレイム
  • アントニオ・シウバ
  • アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ
  • ヴァンダレイ・シウバ
  • エメリヤーエンコ・ヒョードル
  • キム・ミンス
  • ジミー・アンブリッツ
  • ドン・フライ
  • マーク・ハント 
  • ミルコ・クロコップ
  • ラシャド・エヴァンス

     

 過去に総合格闘技ルールで戦った事がある(これから参戦する)選手

  • 長島☆自演乙☆雄一郎(元々総合格闘家である。今後総合の試合を行うかは不明)
  • 永田裕志(ヒョードル&ミルコと戦った。現在は本業のプロレスラーとして活躍)
  • 古木克明(元プロ野球選手。現在は野球に戻り、総合格闘技から引退)
  • セーム・シュルト(元総合格闘家。PRIDEからK-1へ移籍。現在はGLORYが主戦場)
  • バダ・ハリ(一試合だけ経験し秒殺負け。総合格闘家に転身予定無し。2012年放火や殺人未遂で逮捕)
  • ピーター・アーツ(二試合のみ参戦。)

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

  • スポーツ
  • 格闘技/ボクシング/キックボクシング/レスリング
  • 異種格闘技戦
  • 武道/武術/柔道/空手
  • PRIDE
  • DREAM
  • 戦極
  • UFC
  • RIZIN
  • KO/一本/アームロック

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%B7%8F%E5%90%88%E6%A0%BC%E9%97%98%E6%8A%80
ページ番号: 1470235 リビジョン番号: 2448974
読み:ソウゴウカクトウギ
初版作成日: 09/02/18 03:28 ◆ 最終更新日: 17/01/15 17:27
編集内容についての説明/コメント: 視聴不能の動画7つやその説明文を除去。「関連項目」と「関連リンク」に「RIZIN」とその公式サイトを追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

総合格闘技について語るスレ

98 : ななしのよっしん :2016/12/22(木) 23:49:13 ID: gsWOFKVZIq
>>95
しゃあない。格闘技はDQNホイホイな上に脳内達人も集まってくるからな。ただでさえそうした漫画と現実の区別がついてないような連中が多いのに、各ジャンルで派閥争いまでしだすからコメントは荒れやすい
99 : ななしのよっしん :2016/12/23(金) 00:03:08 ID: eKOVnyWGZG
俺、昔2ちゃんの武術、格闘技スレ見ていてストレスでおかしくなりそうだった。本当にき○ちがいみたいなのが多くて影響されそうだった。
100 : ななしのよっしん :2017/01/19(木) 22:37:37 ID: yCmx3CIGQF
とあるマンガで刃物相手に前蹴りしてたけど、現実は秋葉原殺傷事件の加藤容疑者の写真の通り、
パーの手を前に出して刃を後ろに引いてつかみ刺しを狙ってくるわけで、
そういうの相手は格闘技はどう対処すんのだろうか?

あと、軍隊における格闘技ってのもどれだけ意義があるのか不明。
一軒家と等価のミサイルを飛ばし合うのが現代の戦いなわけで、
ガチに迫害されると人間がどのように進化するのかはユダヤ人を見ればわかること。
101 : ななしのよっしん :2017/02/07(火) 03:28:17 ID: guEfOrvrKW
>>100
CQCという概念をググれ
軍隊における格闘技能の要求は第二次世界大戦以降高まり続けてる。アメリカ海兵隊だとMCMAPは今でも進化し続けてるし。
後、格闘技って基本はスポーツなので、実戦がどうこうな話はナンセンスって上の方で出てるんだけど見てない?
102 : ななしのよっしん :2017/02/09(木) 18:29:45 ID: U8THqtNFlF
>>100
なんか蹴りに対して「足掴まれてたら的喰らうけどどうすんの?」って言ってるみたいなもんだな
結論を言うと刃物に素手で立ち向かうという発想自体が間違いで、「本当にどうしようもないときにやんないよりはマシ」くらいなもん
実際に将軍家剣術指南役をしていた柳生宗矩は「無刀取りは自分からやるもんじゃないし、道具があるんなら何でも使え」って説いてる

で、軍隊の格闘技だけど、そもそも近隣の一般市民を含めて皆殺しにしていいのならともかく、ミサイルでなんでも解決できるってわけじゃない
地下に籠られたら効果は薄いし、実際にISILのせん滅には地上部隊の派遣が必要じゃね?って意見もある

さらに言えば真正面からドンパチやるだけが戦場の戦いじゃなくて、屋内戦や市街戦、人質救出作戦なんかもあるわけで、そういう時のために近接戦闘の技術はあった方がいい
不意を突かれた時に武器を相手に向けるには、隙を作らないといけないだろうしな
逆に、こういう戦闘に対して「ミサイルの方が強いんだから、ミサイル
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
103 : ななしのよっしん :2017/02/11(土) 18:22:27 ID: guEfOrvrKW
凄い個人的な話なんだけど、格闘技の経験無いのに技がどうとか議論するのってバカジャネーノって感じ。格闘技ファンがあの選手のあの技は凄いと話題にするのは兎も角、やってすらいないのに有効性を語るのは卓上の空論以前の問題じゃないか
104 : ななしのよっしん :2017/02/11(土) 21:30:27 ID: eKOVnyWGZG
>>103
それは仕方ない事さ。興味があるって事はいい事だ。
ただ、脳内格闘家の使えねーだとか弱いだとかの誹謗中傷はどの格闘技の事でもムカつくよな。
105 : ななしのよっしん :2017/02/12(日) 19:23:10 ID: guEfOrvrKW
>>104
実際そんな敷居の高いモンでも無いから、試しにジムや道場に行けば良いのにな。運動になるのは勿論、精神的にかなりスッキリする。
106 : ななしのよっしん :2017/02/14(火) 18:38:14 ID: XD6PucdMNV
>>100
ホーリーランドかな?
あの漫画でも言及されてたけど、人が刃物を振り回すにしたって色んなケースがあるわけで。
一概に前蹴りがダメとはいえないし、逆に「前蹴りを極めればナイフなんかラクショーw」ってのも違う。
場合によっては拳銃を持った警官が刃物持った暴漢に殺されるケースもあったりするし、何が有効な行動かはその場で判断するしかない。

ただ、はっきりと殺意がなく、脅しやケガさせる目的で出してるような相手のナイフを蹴りあげたりするのは(ベストではないにせよ)有効なケースだと思うよ。
107 : ななしのよっしん :2017/02/17(金) 00:19:50 ID: guEfOrvrKW
こういう書き方は失礼かもだが格闘技や喧嘩に幻想持ってる人多すぎ。 スポーツの一種でしか無いのにやれ実戦がどうとか、スポーツ化して弱くなっただの、漫画の世界に生きてるんですかねぇ…
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015