単語記事: 総合格闘技

編集

総合格闘技(そうごうかくとうぎ)とは、打撃・投げ技・寝技を用いた格闘競技の総称である。
英語では混合格闘技を意味する「Mixed Martial Arts」。それぞれの頭文字をとって通称「MMA」と呼ばれる。

概要

リング・ケージ内で、打撃やレスリング・寝技などあらゆる手段を使い相手を倒すことを的とした格闘技
近代総合格闘技流はブラジルにあり、ヴァーリ・トゥードポルトガル語で「何でもあり」の意)という素手の総合格闘技の試合が始まりである。

その後、1993年グレイシー柔術アメリカ合衆国で「UFC」という総合格闘技イベントを開催し、一気に総合格闘技という概念が定着した。
日本では、1997年に「PRIDE」が開催され、完成された競技をした「修斗」などはUFC開催以前から活動しており、日本における総合格闘技の知名度や技術の向上を促した。

PRIDEが開催される前の初期の総合格闘技では「素人同士の喧」「異種格闘技戦」というような試合が多かったが、競技人口の増加や爆発的な人気の高まりとともに、より安全性の確保されたルールに整備され、現在は競技として非常に成熟し、「高い技術を持ったアスリート同士の試合」「完成された競技」となっている。 

見所

格闘技を見る者ならしも最強”という言葉に魅せられる。

そういった意味では総合格闘技は数ある格闘技の中でも最低限のルールを敷いた上で“が本当に一番強いのか”を決めることに最も相応しい競技であるといえる。
一つの種に秀でていればよい他の競技とは違い、この競技は『ボクシング』『キックボクシング』『柔術』『レスリング』『柔道』などあらゆる格闘技をより高いレベルですべてマスターした者のぎ合いであり、その中でもそれぞれの競技で非常に高い技術レベルを身に付けた才に満ち溢れた一握りの選ばれし人間のみがトップファイターとなれる。そういった理由などから、体操における個人総合や陸上競技における陸上十種などのように世界的に権威があり、競争率が高く、より実戦に近い格闘技でもある。
そのため、この競技で結果を出すということは、まさに『世界最強』という言葉に近い人間であることの明となるため、本当に強い人間を知ることが出来る。 

やかさをルール規制する他の格闘技べ、本当にリアルでシビアであるため、格闘技初心者には、「寝技の展開になると分からない・面くない」「(実の拮抗した選手同士のレスリングや寝技の結果により)着しやすい」などと狭い見解でられたり理不尽なことを言われがちだが、その様式に慣れ、世界をとりまく趨勢を俯瞰することができれば、そのの深さに引き込まれるだろう。
総合格闘技という性質上、複数の競技体系やそれぞれの競技技術がMMAという世界に深く入り交じっているため、その自由度の高さゆえに本当にが深い。このスポーツの頂点の一人でもあるジョルジュ・サンピエールの言葉を借りるなら、「役に立たない格闘技は存在しない」。
その言葉を立するかのように、一時期辛めていた空手も三蹴り、三日月蹴り、関節蹴り、後ろ回し蹴りなどが最先端の総合格闘技において有効に使われている。他の格闘技も例外ではなく、レスリング柔術と巧みに融合を果たし、ボクシングの新しい技術がMMAで生み出され、2012年には世界最高峰の舞台でカポエラキックが相手に有効な一撃を見舞うというシーンもあった。

テイクダウン、パスガードチョークなど個々の技術だけで本が一冊書けそうな複雑な体系を持ち、ファンはおろか、選手ですらその全てを把握できない。そのの深さ及び敷居の高さが長所であり短所である。
ただ、競技化されつつも新しい技術が生まれ続け、止まることなく進化を続けるこの競技の魅を少しでも把握できればもう離れることは出来なくなるだろう。

最初はただ普通に有名な選手の試合や人気の高い動画を見るだけでも構わない。
例えば、打撃が強く分かりやすい試合をするミルコ・クロコップヴァンダレイ・シウバマーク・ハントのような選手の試合を見れば良いかもしれない。その後はアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラのような関節技の強い選手の試合を見て寝技の有効性や面さを理解すると良いだろう。そして今度は打撃も寝技も両方を高いレベルミックスさせるエメリヤーエンコ・ヒョードルなどの試合を見ると良いだろう。そうしてMMAの面さを理解していき、最後にはやや玄人向けすぎるかもしれないがジョルジュ・サンピエールような選手を見てレスリングの重要性を理解するのもありかもしれない。

いずれは選手同士の距離を考えながら見て、その距離から何を仕掛けるのかを見たり、タックルの動作から放たれる打撃や打撃を有効に使うためのタックルのかけ方を見てファイターの狙いを探り唸るのも良し。パンチを出したあとの足の位置を見るのも良し、テイクダウンの後の攻防両方の選手の対応を楽しむのも良し。
そうやって見るが肥えてくることにより、ファイターたちが何を考え、何をしようとしているのか理解できるようになり、より深い楽しみ方もできるようになってくる。

地味と言われがちな寝技も実際に体感すると選手たちがいかに凄いことをしていたのかがよく分かる。
見ていて分からないことは総合格闘技マニアックな部分を分かりやすく解説する元総合格闘技の選手でもある、高阪剛氏の解説にを傾けるのもよいだろう。

この競技には他の競技以上に可性が限にあり果てしなく進化し続け、
完成形も終わりもない。
これほどの魅があるだろうか。 

 

問題点

ルールに縛られないという点から、「野蛮」というレッテルが貼られてしまうことがある。特に初期の総合格闘技イベントUFC等)では、総合格闘技用のグローブが存在しておらず、素手で殴り合うという暴力的な側面が押し出されていた。
その後、安全性の確保がされて今日に至るが、PRIDEなどのメジャー団体では倒れた相手にも蹴りを入れられるため、やるかやられるかという一の気も抜けないエキサイティングさがあると同時に、「流血」・「暴力的」・「残酷」という負のイメージを持つ人もいる。

なお、現在PRIDEを買収した業界最大のメジャー団体であるUFCでは、PRIDEのようなサッカーボールキックやグラウンド状態からの頭部への膝蹴りは禁止されているが、PRIDEと違い、今度は肘打ちが解禁されているため、選手たちが肘打ちを受けて皮膚をカットしやすく流血を起こしやすいという問題点もある。

また、総合格闘技は、ボクシングキックボクシングと同じように団体が乱立しており、階級やルールバラバラであることも多い。しかし現在メジャーであり基準とされるUFCがあるため、他競技ほど深刻ではなくなっている。また体重別階級に関しては、現在ネバダ州のアスレチックミッションの定める階級に合わせようとする動きがあり、WWCNのように、網の中で試合を行う団体は、UFCルールを合わせる動きも出てきている。

現状

上記の通り、世界トップであったPRIDEなき今、UFCが知名度・選手層という面で業界の頂点に君臨している。
UFCと同じ下にを据えていた業界No.2ストライクフォースはUFCに吸収されて2013年に消滅したが、Spike TVなどのテレビ局契約をして1大会で100万人近い視聴者を集めるBellator FCなどの大きな団体も存在する。他にもPRIDEルールなどを踏襲したシンガポールONE FCなど、アジアアメリカイギリスカナダなどでじわじわと新しい団体が誕生して世界に広まりつつある。根気強く検索すると、中東南アフリカにもMMA団体は存在する。

また、ブラジルなどのようにMMAに熱狂するもあれば、オランダのように「この競技は野蛮」というレッテルを貼る偏見者達からの票を集めるために政治家総合格闘技を禁止したり、タイなどのように自の競技(ムエタイなど)を守るという理由から禁止されたりと、政治に利用され総合格闘技自体が禁止されているもある。
今や総合格闘技となったアメリカでも州によって温度差の違いがあり、ニューヨーク州ではMMA嫌いの議員が幅をきかせているため総合格闘技の大会が理不尽な理由で禁止されている。

技術的な側面でみれば、空手vs柔術のようないわゆるスタイルvsスタイル異種格闘技戦が行われるような時代は終わりを告げ、今はノウハウがある程度成熟し、寝技も立ち技も出来るのはもはや当たり前となってきている。その上でさらに一芸ないしは二芸に秀でていることも重要である。その流れに着いて行けないファイター達はいくら一芸に秀でていてもかに頭打ちを迎えることが多い。
常識PRIDE時代とは少し変わり、バランスが悪いマウントポジションを取ることが必ずしも有利とはいえなくなったり、一見打撃一辺倒にしか見えない選手から一本をとるのが難しかったりと、事情も変わってきている。
なお、噛ませ犬になることを徹底し、厳しい総合格闘技世界に別の意味で適応したボブ・サッ(ryという選手もいる。

日本の現状

総合格闘技界において世界最高であった日本の団体「PRIDE」が崩壊して以来、明るい話題はあまり多くない。
PRIDEを失った格闘技ファンは、本当に格闘技の好きなファンを除いて次第に格闘技を追うことから離れてしまい、K-1などを含めたメジャー日本格闘技団体が窮地に立たされ、ついには地上波からK-1総合格闘技文字が姿を消した。

一方で日本で活躍していた海外選手やPRIDEファイター達は世界中に散らばり、他団体でPRIDEファイターが元UFCの強選手や元UFC王者に勝利したり、UFCに移籍して各階級の強UFC王者に勝利してUFC王者になるなど、日本にとって明るい話題も度々ある。しかし、PRIDEかしい実績を誇った選手達も日の流れにより高齢化したり、闘による蓄積したダメージや度重なる怪・大きな手術などにより今までほどの結果が出なくなった選手もおり、日本人選手が世界の舞台で結果を出せない事も多く、格闘ファンにとっては残念な場面にも時々遭遇する。

日本総合格闘技界の最先端であり世界の中心であったという栄が、今の現状をなおさら侘しくさせるのか、ファンは現状を打破出来るのではないかと思われる選手に期待を寄せ続ける。一方で期待が大きい分、そういった選手が負けた際には格闘技ファンとして経を疑うような理不尽なコメントをする恥ずべきファンも未だに僅かながらいる。
また同じアジア中国インドシンガポールなどでMMA文化が根付き始め着実に地盤を固める一方で、今の日本の変わらない現状に日々憤を溜めるファンもいることだろう。 

ただ、今までと変わらず、日本ファン総合格闘技を見るや姿勢などは世界的に見てレベルが高く洗練されたままであるため、世界をよく知る外国人ファイターの間では日本ファンの質の高さや日本格闘技雑誌記者の見識の高さは世界的に評判が良い。
関連書籍の数もここ数年で大に増え、技術書や力学的な度から考察した書籍、コンディションに関する書籍などの市場もそれなりの賑わいを見せている。
さらにメジャー団体の地上波放送はなくなったものの、今なお続くDREAMやDEEPなどの団体達はファンを唸らせる名勝負を発信し続けており、日本の団体で活躍した選手達は今も変わらず素晴らしい試合を見せ、世界最高峰の舞台・UFCでの日本人選手の実績もアジアで見れば最上位であるため、ファンが諦めない限りは決して希望がないわけではない

上記で述べたように、日本という格闘技世界規模で牽引してきた事実があるからこそ今の現状が寂しく見えるだけかもしれないが、それを贅沢と捉えるか、本格的な危機と捉えるかは個々で認識は異なるだろう。

総合格闘技 名勝負 (主にPRIDE)





 

解説動画

リングで行われる総合格闘技では、選手がリングから落下しないように、ロープの数がボクシングべて一本多い。総合格闘技では左側の動画のように、グラウンド状態でのスキルに差があると一方的に殴られ続ける試合展開もある。また、右側の動画のように、立った状態から綺麗に一発の打撃で仕留めるケースもある。
 


総合格闘技では、寝技の攻防も見ものである。左の動画のような美しい寝技の展開・技術は見るものを唸らせ、右の動画のように劣勢な場面になろうとも腕や脚を関節技で極めることによって、試合の流れを一気にひっくり返すことが出来る。

大百科に記事のある総合格闘家一覧

五十音

 過去総合格闘技ルールで戦った事がある(これから参戦する)選手

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%B7%8F%E5%90%88%E6%A0%BC%E9%97%98%E6%8A%80
ページ番号: 1470235 リビジョン番号: 2151462
読み:ソウゴウカクトウギ
初版作成日: 09/02/18 03:28 ◆ 最終更新日: 15/01/26 09:19
編集内容についての説明/コメント: 記事のある選手にドン・フライを追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

総合格闘技について語るスレ

88 : ななしのよっしん :2016/04/26(火) 21:30:05 ID: eKOVnyWGZG
予防線はらせてもらうけど>>86の意見はじゃなくて「喧屋商売」って漫画石橋の意見だからなw

この話での石橋の戦いの前提は町中や室内での突発的な喧の様なものであり、今現代UFC等で行われてるリングの上でのルーとレフェリーがいる試合ではないという事が大事だ。

確かに試合や喧でテイクダウンを取る事はとても重要だが、組み付く前には必ず打撃フェーズがあり上位10位のヘビー級ボクサー達相手に組み付くのは相当の度胸と体が必要だと思う。
初期のまだ異種格闘技と呼ばれてた時代にボクサー等のストライカーが簡単に組み付かれて倒されていたじゃないかと思うが、あれもロープや室内でなら柱等を掴むなどすれば容易には倒せない(ヒクソン対山本ゴルドー中井タックルにしても相手が等を背にして堪えた場合、防備に後頭部等をす事に成り危険だ。

倒して押さえ込んでも、押さえ込んでる側は必ずしも100%安全とはいえない。例えばマウントを取ったとしても下に成った者は上に成った者の胴体に組み付き噛み付きや組み付きながら相手の
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
89 : ななしのよっしん :2016/06/14(火) 11:54:02 ID: F+7GJ6Gbn2
この掲示板では同じような議論がずっと繰り返されてるけど、
総合格闘技は「なんでもありの戦い」のことではなく、ボクシング柔道などと同じく格闘技の種類の一つということがわかってない人が多すぎるのがいつまでたっても行線な理由の一つだと思う。
「なんでもありの戦い」についてりたいなら「バーリ・トゥード」の記事でも作るべき。
90 : ななしのよっしん :2016/06/21(火) 03:19:16 ID: ilmvoWcaNq
https://youtu.be/PLV30m7gVOk?t=6m22s
91 : ななしのよっしん :2016/09/03(土) 22:29:09 ID: guEfOrvrKW
>>89
こういう言い方すると怒る人もいるけど、総合格闘技スポーツの一種よな。 マジで素手での殺し合い的なのを望んでるならそらもう軍隊にでも行くしかいわ。
92 : ななしのよっしん :2016/10/23(日) 18:12:55 ID: U8THqtNFlF
>>91
嫌な言い方になるけど、そもそも命を懸けるか否かは関係なく“1対1で自分も相手も素手”って決まっている時点でスポーツだと思うよ
だから個人の実が重要になる

でも軍隊なんかの場合、素手である必要も1対1である必要もないから個人の実にはそんなに意味がない
素手で勝てないなら武器を使うなり、複数人で襲い掛かるなりすればいいんだから
93 : ななしのよっしん :2016/11/03(木) 12:02:31 ID: gsWOFKVZIq
軍隊格闘技って逃げれるなら逃げろっていうスタンスだしな。92も言ってるように個人の強さよりも習得のしやすさが重要視されてる

何故か格闘技だと実戦よりもスポーツが下に見られることがあるけど、スポーツって競技人口何万の中から頭を現さなきゃいけないから、めちゃくちゃシビアな世界だよな
一度試合すれば相手に徹底的に研究されるし、体調管理やトレーニングまで細部に渡って綿密に計画を立てなきゃいけないし、それを維持するだっている
94 : ななしのよっしん :2016/11/13(日) 09:32:53 ID: UgSiAi7lfT
UFCなんかでも素手の殺し合いを眺める見世物小屋感覚でより過ルールめるファンが多くてゾッとするわ。
スポーツとして摯に取り組んでいる選手をちゃんとリスペクトして欲しい。
ただでさえ乗りパンチバスターで安易にダメージを与えられる競技なんだから・・・
95 : ななしのよっしん :2016/11/13(日) 13:04:44 ID: yVRrlNazV9
再生数多いのだけしかみたことないからかもだがコメント民度アレだな
荒れてる動画でも技術的なコメとかあるもんだがど喧に終始してる
96 : ななしのよっしん :2016/11/29(火) 03:40:52 ID: o4ucRiEBGw
安全性の高いルールだからこそ怪も減って練習に時間を割いて技術の向上に専念できるという利点もあるしスポーツ化は悪いことじゃないんだよな。
実戦性が下がるとか最強幻想ロマンがなくなるとか言われればその通りかもしれんが心理的障の低さから参加者が増えて結果的に全体のレベルが高まることに期待してもいいと思う。
97 : ななしのよっしん :2016/12/04(日) 22:00:52 ID: XD6PucdMNV
>>94
ボクシングが厚いグローブを採用したのだって、安全性どうこうじゃなく「より手で密度のある殴り合い」を観衆がめた結果だからな……
MMAパンチ自慢同士がカチ合った試合とボクシングの乱打戦を見べるとわかるけど、アッサリ決着つくのは前者で、(年間試合数や歴史の長さを考慮しても)死亡者や後遺症が残る確率後者のほうが高い
だからといって今更ベアナックルに戻せとは言わないけど

そう考えると現状のMMAルール較的いい感じにスポーツ化が出来てる気はする
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015