単語記事: 鬱

編集

“鬱”

どうせこの字が見たくて来たんだろ?

  1. 草木が茂っている様
  2. 気分が滅入ってるさま。憂鬱。また鬱病のこと。後述
  3. 鬱P - VOCALOIDのプロデューサーの一人。当該記事参照

概要

鬱病(うつ病)は精神疾患の一つであり、症状としては不安感、焦燥感、精神活動の低下、食欲の低下、体重の低下、不眠症などが挙げられる。ストレスや自律神経失調症などによって引き起こされることが多い。詳しくはWikipedia記事 - うつ病 を参照。

インターネット上では以上のような深刻な意味ではほとんど使われず、「気分が落ち込む」「嫌な気分になる」「惨めな気持ちになる」「死にたくなる」「手首を切りたくなる」「樹海に走りたくなる」程度の意味で使われることが多い。

余談

嘉門達夫がこの漢字の書き方を歌にしている。曲名はそのまま『鬱』で、アルバム『バルセロナ』に収録されている。

漢字として

Unicode
U+9B31
JIS X 0213
1-61-21
部首
鬯部
画数
29画
音読み(常用)
ウツ
訓読み(常用)
-
Unicode
U+6B1D
JIS X 0213
1-17-21
部首
木部
画数
25画

甲骨文
意味
木がこんもりしげる、蒸す、こもる、気分がふさがる、香草(たとえば鬱)、ニワウメ。
字形
諸説ある。
〔説文解字・巻六〕には「木、叢生する者なり。林に從い、𩰪の省声」と𩰪声の形声とある。𩰪は〔説文〕には芳草とある字。ただ文で使われているのは鬱のほうが先であり、𩰪は後に鬱から分かれて作られた字。
白川静は、の会意としている。鬯は酒を醸す意味、は酒気であるとし、酒に芳草を入れて密閉し、熟成を待つという会意であるとする。
音訓
音読みはウツ(漢音)、ウチ(呉音)。訓読みは、しげる、ふさがる。
規格・区分
常用漢字である。JIS X 0213第二水準。画数が多く長い間常用漢字ではなかったが、2010年に常用漢字表に追加された。
声符
鬱を声符とする漢字には、灪、𪓊などがある。
語彙
鬱鬱勃勃・鬱結・鬱・鬱積・鬱蒼・鬱陶・鬱茂・鬱抑

異体字

  • 欝は、〔玉篇〕や〔広韻〕に「俗」、〔字彙〕に「鬱と同じ。今文、多く此の字を用ふ」とある異体字。JIS X 0213第一水準。
  • 鬰は、〔正字通〕に「別に鬰と作す」とある異体字。
  • 𦉚は、〔集韻〕に「鬱、――古は、𦉚と作す」とある古文。
  • 欎は、〔増広字学挙隅〕にある異体字。
  • 𣡇は、〔漢語大字典・異体字表〕にある異体字。
  • 𣡸は、〔集韻〕に「鬱、――或ひは、𣡸と作す」とある異体字。
  • 𦉠は、〔字彙補〕に〔集韻〕を引いて「古鬱字」とある異体字。
  • 簡体字は郁。
Unicode
U+9B30
部首
鬯部
画数
27画
𦉚
Unicode
U+2625A
部首
缶部
画数
19画
Unicode
U+6B0E
部首
木部
画数
22画
𣡇
Unicode
U+23847
部首
木部
画数
23画
𣡸
Unicode
U+23878
部首
木部
画数
28画
𦉠
Unicode
U+26260
部首
缶部
画数
21画

𩰪

𩰪
Unicode
U+29C2A
部首
鬯部
画数
28画
Unicode
U+4587
部首
艹部
画数
32
𩏴
Unicode
U+293F4
部首
韋部
画数
25画

𩰪は、とくに香草の名を表すのに使われる鬱の異体字。

〔説文・巻五〕に「芳艸なり。十葉を貫と爲す。百廾貫、築きて以って之れを煑(に)るを𩰪と爲す。𦥑、冂、缶、鬯に從ふ。彡は其の飾りなり。一に曰く𩰪鬯、百艸の華なり。遠方の𩰪人の貢ずる所の芳艸なり。合わせて之れを釀し以って神を降す。𩰪は、今の𩰪林郡なり」とある。鬱林郡から献じられた香草で、これで酒に香りをつけ、神を降すのに用いるとある。

  • 䖇は、〔集韻〕に「𩰪、――或ひは、䖇と作す」にある異体字。〔玉篇〕に「香草なり」とある。
  • 𩏴は、〔集韻〕に「𩰪、――或ひは、𩏴と作す」、〔康煕字典〕に「本は𩰪に作る。芳草なり。或ひは䖇に作る」とある異体字。

書として

「鬱」が書かれた歴史を見ると、「鬱」の字体よりも、「欝」の字体に近い形で書かれていることが多い。

JIS第二水準の「鬱」よりも、JIS第一水準の「欝」 を常用漢字に採用する話があってもよかったのではないか、と思う。

野崎邦臣『漢字字形の問題点 ―併『平22、常用漢字表』追字批判―』(天来書院、2013)では「『鬱』よりも『欝(「爻」の部分が「夕」)』の方が『爵』と関連付けて覚えやすい。」と常用漢字の「鬱」採用を批判している。

筆順
鬱の筆順鬱の筆順2
書体など
鬱の篆書 唐、欧陽詢「九成宮醴泉銘」の「鬱」 唐、敬客「王居士塼塔銘」の鬱 唐、顔真卿「李玄靖碑」の「鬱」
篆書 楷書
(欧陽詢「九成宮醴泉銘」)
楷書
(敬客「王居士塼」)
楷書
(顔真卿「李玄靖碑」) 
唐、懐素「草書千字文」の「鬱」
草書
(懐素「草書千字文」)

「※」の部分を「米」と書くかについて

財前謙『新常用漢字196 ホントの書きかた』(芸術新聞社、2010)や、財前謙『字体の話 ―超「漢字論」―』(明治書院、2010)には、

「米」+「凵」(器)+「匕」(中味をすくいとる)による会意。したがって、「※」は米印ともよぶように、楷書では「米」である。

「※」は「米印」というように、元来は「米」のはずなのです。「鬱」を通用の字体としていくなら、教科書体は右下の手書き文字のように「※」ではなく、「米」でデザインされることが、今後の課題となるでしょう。

 ―財前謙『新常用漢字196 ホントの書きかた』

〈凵〉(器)の中に〈※〉(米)を入れたものを〈匕〉(すくいとる)という意味です。つまり、〈※〉は、「米印」ともいうように〈米〉なのです。したがって〈※〉なら筆順も確定できず、書き方がわからないままなのですが、これまた篆書の造形をデザインしたものであって、楷書として書くなら現代人の文字感覚としては〈米〉が適切な書き方であることは納得されるでしょう。

財前謙『字体の話 ―超「漢字論」―』

のようにある。しかし「※」の部分が「米」を表しているか定かではない……。「鬯」の甲骨文と「米」の甲骨文を見比べてみたが、中に入っているのが「米」ではなさそうだ。

ニコニコ大百科「」の記事にもこうある。

字形について〔説文〕には「𠙴に從ふ。𠙴は器なり。中はに象る。れを扱(すく)ふの所以なり」とあり、小篆体はまさにそんな感じだが、甲骨文・文は形が違う。

また、歴史的に「※」の部分が「米」と書かれたものはない。『楷書では「米」である』と断言されているが、いやそれは……という感じである。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

  • 鬱曲
  • 鬱ゲー
  • 鬱アニメ
  • 鬱展開
  • 鬱回
  • 鬱エンド / バッドエンド
  • 出鬱
  • 自殺
  • 絶望 / 希望
  • 漢字:部首別
  • 1文字の記事一覧

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%AC%B1
ページ番号: 3120966 リビジョン番号: 2451206
読み:ウツ
初版作成日: 09/05/12 02:46 ◆ 最終更新日: 17/01/22 03:02
編集内容についての説明/コメント: 関連項目をいくつか追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


懐素、草書千字文「鬱」

顔真卿の李玄靖碑「鬱」

王居士塼塔銘「鬱」

九成宮醴泉銘「鬱」

「鬱」の篆書

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

鬱について語るスレ

157 : ななしのよっしん :2015/09/22(火) 17:48:41 ID: JNX/jSNPWz
>>156
まぁ、現実逃避しても問題解決しないしね。
逃避した後打つ手がある状況なら有効かな?
俺はあんまりなかったようで医者通いになってもう5年以上になるよ。
確かに現実逃避するようになって精神状態はよくなったけど、でもそれって根本的解決になってないですよね?状態。
158 : 774 :2016/01/17(日) 22:29:47 ID: AUNSuRD/yl
もはやみんなのトラウマ
159 : ななしのよっしん :2016/03/13(日) 07:43:19 ID: K9KVFSnPsH
鬱の人が薬飲みながらででも働いてる(働かなきゃいけない)社会ははっきし言って異常だ
160 : ななしのよっしん :2016/04/03(日) 19:55:51 ID: P6Dvmqnrsn
鬱でなんのやる気も起きないから片付け出来なかったのに親に片付けしないと飯抜きって言われて、でもやる気なんて出ないから食べられなくて余計鬱になるという負のスパイラル
無理矢理泣きながらクローゼットに物を放り込んでも人の顔を見ると涙出てきて食べるどころではないから部屋で食べたいって言っても行儀が悪いからって許してくれなくてやっぱり食べられない

ちなみに私の鬱は2~3日で治るからうつ病ではないと思います
161 : ななしのよっしん :2016/04/03(日) 20:00:32 ID: jrRY6Xhy2X
>>154
自営業ならともかくサラリーマンなら余程の零細ブラックでもない限り
病気したら休めるよ
162 : ななしのよっしん :2016/07/29(金) 14:42:48 ID: 3C/WKBmuH4
体が大丈夫でも心が駄目になったら動けない
そういう意味で心の病気は全く軽視できない重いものなのに
性格がどうとかやる気がどうとか無神経な事を言われる
やる気を出さないのが悪いと言われてもそもそも出ない状態になってるのが問題なわけで
163 : ななしのよっしん :2016/09/19(月) 09:04:45 ID: IJkEnh77En
関連項目に、憂鬱くんとサキュバスさん、追加お願いします。
164 : ななしのよっしん :2016/09/25(日) 21:41:48 ID: l2w0cc8OsY
鬱から来る焦燥感に振り回されて八つ当たりして人に迷惑かけて叩かれて疎まれて
死ぬまでこれを繰り返すんだろうけど最近脳梗塞の初期症状が出てるしあと5年もしたら死ぬだろうから周りの人には我慢してもらうしかない
165 : ななしのよっしん :2016/12/25(日) 20:58:52 ID: ZYI6vommiR
ローマ字からかな打ちに切り替えた前後は異様に頭が重かったな。夜勤続きのせいもあったんだろうが脳からの出力に指が付いてかないのが何より辛く塞がれた感が篭ってた。
166 : ななしのよっしん :2016/12/26(月) 00:26:15 ID: 0NT1yFDDg9
書き順が未だに分からない漢字
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015