編集  

はぐたん単語

ハグタン

「はーぎゅ、はーぎゅ、はーぎゅ」
あれ?はぐたんどうしたんだろ?さあやのパソコン見てる」
はぐたんの説明が大百科にないのが気になってるのかな」
「じゃあ、はぐたんの記事作ってあげようか」
「はぎゅ~ぅ」
「それじゃあまずは……」


はぐたんとは、アニメHUGっと!プリキュア』に登場する、歴代シリーズでは妖精に相当する赤ちゃんである。CV多田このみ

概要

主人公である野乃はなの元に舞い降りてきた不思議な赤ちゃん。どうやらプリティストアTwitterによれば10月21日誕生日らしい。
登場時時点では「はぎゅ~」としか話すことはできない(これが元となってはなが「はぐたん」と名付けた)が、玩具の「お世話たっぷり おしゃべりはぐたん」を見るかぎりではだんだんと成長しちゃんと喋ることができるようになるようで、回を追うごとに色々話すようになり、ハリーの影もあって関西弁ツッコミも行うことも。
ただ名前呼び出したのはいいが「ほまえ」「しゃあや」「はりー」「るー」「えみゆ」とは言っても、なかなか「はな」って言わないのはご敬なのか主人公オチ担当なのを分かっているのか、それとも刷り込みではなのことをお母さんと思っている(事実彼女には「まま」と言っている)のかはてさて。

元々はクライアス社によって明日が奪われ未来がなくなってしまった、時代的にははなたちのいる現代よりも未来世界から、ハリハム・ハリーと共に逃げてきた。かろうじてミライクリスタルホワイトによってはな達の世界に来ることができ、そしてプリキュアとして覚醒したはな達にはぐたんを守り育てるようにと託されることになる。というのも、はぐたん明日アスパワワを感じることができ、それが少なくなると弱ってしまう。一方未来を守るを得てミライクリスタルを生み出したプリキュア達は、クリスタルにあるアスパワワはぐたんに与えることができる。そうした事もありはぐたんを守り育てるのがプリキュア達の第一使命となる。

しかしはぐたんにはがあり、はぐたん母親なのか、ミライクリスタルが8個うとミライクリスタルホワイトが復活し、止まった時間が動き出し明日も取り戻せるというが、ではクリスタルはどのような経緯で生み出されるのか、さらには一時的に変身できなくなり窮地に陥ったはなを救うために自らのアスパワワを使い切ってまで秘められたを発揮したことや、本来の姿があるらしき事などなど。はぐたんに秘められた秘密も今後の物語の核となっていく。

というか、いくら不思議ながあるからって、まさかレジェンドなぎほの先輩召喚するのははぐたんぶっちゃけありえなさすぎです……

また、これまでの妖精で異例なのが今作のスーパープリキュア「チアフルスタイル」である。というのも、メモリアルキュアクロックの発動には5人のプリキュアだけでなくはぐたんも必要になり(ミライクリスタルにもクロックの額にも各プリキュアイメージカラーに加え、はぐたん徴するハートが入っている)、さらにフォームチェンジもプリキュアだけでなくはぐたんもおそろいのドレス姿に。チアフルアタックの発射にもはぐたんが加わっている。はぐたんの正体ってもしかして……

その正体

ネタバレ注意 「おっと、こっから先は『HUGっと!プリキュア』の核心に迫る重大なネタバレが書かれとるでぇ!
「先に読んでしまうと物語の楽しみを損ないますので、見てない人は読むのをストーップなのです!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

物語の随所にうかがわせる描写があったが、はぐたんの正体は、未来世界において、未来を守るためクライアス社と戦っていた4人のプリキュアの内の一人、キュアトゥモローだった。彼女未来を育む色の女神マザーを受け継いでおり、そのによって仲間たちとクライアス社に立ち向かう。しかし未来を止めようとするクライ社長はそのを疎んじ、彼女の、ひいてはマザーを奪いさえすれば時間を止めることができることから、トゥモローを最大の標的としていた。

仲間の3人が倒され、ただ一人残されたトゥモローはクライアス社に捕らえられてしまう。囚われの身となったその時、彼女をかけたのはハリーだった。彼は以前、住んでいたハリハリ族の集落が災厄に見舞われ、自身も改造手術を受けた関係で絶望の果てに巨大化して暴走し、拘束を受けていたのだが、を訪れたトゥモローによってそのを抑えられた上でその拘束を解いてくれたという経緯があった。彼は彼女に「それでもなお未来くと信じるのか」と問うと、トゥモローはっ直ぐなで「プリキュアは決して諦めない。仲間たちとの約束だから」と言い切った。

助けてくれた恩義だけでなく、彼女っ直ぐな姿勢に感化されたハリーはトゥモローをから出しクライアス社から脱出しようとするが、ビシンがそれを阻む。トゥモローは最後に残されたマザーを使い、他のプリキュアがいるであろう過去世界へとハリーとともに立っていった。そしてたどり着いたのが物語舞台となる現代のはぐくみ。しかしトゥモローはを使い果たしたのかあるいは時間遡行の影を受けたのか、赤ちゃんへと姿を変えてしまっていた。そしてはなの元にたどり着きはぐたんと名付けられ育てられることになる。
(ちなみに、未来過去が一時的に繋がった影で、物語開始時点で描写された時間停止が起きたのだが、この時既に描写されているはな・さあや・ほまれだけでなく、えみるもこの現を体験したことが分かっている。つまりこの4人は元からプリキュアになる資格があったという事になり、本来のプリハートの数とも合致する事になる)

さて、こうなると今後の標ははぐたんハリー未来に返すこと。しかし、ただでさえ2人もクライアス社未来から現代にやってきて時代に干渉している上に、プリキュアメロディソードになったり、マザーによってプリハートが増え、えみるだけでなくルーループリキュアとなるなど、タイムパラドックスとなり得る事も起きている。これらを含めてうまく解決できるのだろうか。それとともに、はぐたんは元のトゥモローの姿へと戻ることができるのだろうか。

なお、エンドクレジット上ではトゥモローの配役は兼ね役であるためノンクレジット。ただ、『アニメージュ』はぐプリ特別増刊号で本人がっているように、多田このみがそのまま演じている(はぐたんオーディションの段階でトゥモローの台詞もあったそうな)。その一方で仲間たちの声優は分かっている(川井木野日菜長縄まりあサブキャラモブキャラを演じた声優達)ものの、各自の名前は分かっていない(もちろんトゥモロー含めて変身前の名前も)。こうした事柄はいずれ雑誌記事やコンプリートブックなどで明らかになるのかも?

関連動画

東映アニメーションさんに怒られないはぐたんに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連静画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%AF%E3%81%90%E3%81%9F%E3%82%93
ページ番号: 5521295 リビジョン番号: 2644960
読み:ハグタン
初版作成日: 18/03/14 15:05 ◆ 最終更新日: 18/11/25 09:12
編集内容についての説明/コメント: トゥモロー役明確化
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

はぐたんについて語るスレ

91 : ななしのよっしん :2018/11/18(日) 12:31:37 ID: zH0tIRhzC3
元の姿に戻るのか戻らないのか、未来に帰るのか帰らないのか、色々と気になるところだ。まあドキプリアン王女も結局元には戻らず、亜久里、レジーナアイちゃんという3つの新しい命として生きていくという結末だったし、はぐたんもそのままという可性も十分ありうるな。
92 : ななしのよっしん :2018/11/22(木) 14:43:12 ID: OSfCkgcD70
そのまんまでも育って最強プリキュアになりえるからな。はな達が歳を取った時も最強の後任が居て安心だ
93 : ななしのよっしん :2018/11/23(金) 07:11:43 ID: q4CtkmApvb
はぐたん突然赤子になったのに、何故1話時点で既にミルクとか持ち合わせてんだ。
ビューティハリーショップミライパッドなんかは脱走計画した際ハリートランクに詰め込んだと考えれば問題ないけど。

仲間かが変身前は赤子orがいて育児用品は形見……とか?
94 : ななしのよっしん :2018/11/24(土) 11:49:46 ID: W0z9FApTMl
>>93
ハリハリ地区で子供の面倒見てたんだし
その中に赤ん坊もいたとか・・・かな

ミルクおむつ等々はたとえ親が忘れてても
いつも持ち歩いてる手荷物に紛れ込んでるってくらい
下準備しとかないと間に合わないからねぇ

ハムスター集落が出自なのにヒト用を持ち歩いていた
理由となるとこれじゃ足りないけども
95 : ななしのよっしん :2018/11/25(日) 08:25:57 ID: OSfCkgcD70
やはり彼女戦闘スタイルディケイドみたいな感じだったんだろうか。単独で戦況を変える程の実があるから仲間達はトゥモローを逃したが、一人ではを発揮出来なかった……という感じかな
96 : ななしのよっしん :2018/11/25(日) 12:01:27 ID: zH0tIRhzC3
ごきげんよう、はぐたんさん。
えみる・・・さぁん。

ウニョラー化したはぐたん可愛いもんだ。
97 : ななしのよっしん :2018/11/27(火) 13:36:23 ID: qAk3/TAUIG
を使って戦ったプリキュアキュアトゥモローとゆかいな仲間達の事だとして、
はなの取った行動は彼女達の行為を否定する物にもなるんだよな。

もっとも、それはあくまでもはな個人の考え方であって「プリキュアシリーズ全体の総意」では
だろうけどね。例えば前作キラキラ☆プリキュアアラモード肉弾戦すら否定していたけど
あくまでも彼女達個人がそう言う行動方針で動いていたと言うだけで「プリキュアシリーズ全体の総意」
とする事はく、次回作に当たる本作HUGっと!プリキュアでは肉弾戦を解禁させていたんだから。
そしてキラキラの面々が肉弾戦で戦う他のプリキュアを否定すると言う言動も特にかった。
98 : ななしのよっしん :2018/11/28(水) 13:50:50 ID: Z94Tn/QnQ0
キュアトゥモロー関西弁じゃなさそうだ

赤子からやり直してるせいで元の姿と違う口調を覚えてきてるな。やっぱり、元の姿にならなさそう

マリー・アンジュみたいに残留思念が出てくるかもしれないけど
99 : ななしのよっしん :2018/12/09(日) 17:33:02 ID: zH0tIRhzC3
はぐたんが本命であるが故にまれの気持ちに応えられなかったハリー。しかしはぐたん事に元の姿に戻ってハリーとくっつくとも考えにくい。うーん、やるせないですねぇ。
100 : ななしのよっしん :2018/12/11(火) 08:54:05 ID: Z94Tn/QnQ0
>>99
ハリーにも望みがわないという展開はありそうなんだよな
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス