アーサー・ボーグマン単語

アーサーボーグマン

アーサー・ボーグマンとは、トミー(現タカラトミー)より販売されていた玩具シリーズZOIDS』に登場した架の人物である。ゲームゾイドタクティクス』にも登場し、大林隆介を担当している。

概要

ヘリック共和国少佐
数々の戦いで活躍してきた歴戦の将であり、7人しかいないライガーゾイドスペシャリストレオマスター”の1人。
本来ならば将官クラスの地位にいてもおかしくない人物だが、昇進話が持ち上がると決まって問題を起こすため、今なお少佐の地位に留まっている。
「死ぬまでゾイド乗りさ」が口癖で、仲間内からは「クレイジー・アーサー」の異名で呼ばれている。

惑星Zi歴2100年、新ゾイドブレードライガーに乗り、西方大陸ガリル遺跡へと赴く。
そこでガイロス帝国リッツ・ルンシュテッド中尉ジェノザウラーと遭遇、交戦した後撃退に成功。
しかしガリル遺跡に眠っていた“オーガノイド”はリッツが奪い去ってしまった。

その後ロブ基地で部隊再編成のために駆り出されていた所をPK師団が強襲。
後に第二次全面会戦と呼ばれる戦いに発展する。
そこで彼は傭兵アーバインゴジュラス・ジ・オーガ邂逅撃。
ゾイドパイロットについて考え直す事に。

そしてその年の10月アーサーデストロイヤー兵団の護衛のため強化されたブレードライガーと共に出撃。
西方大陸レッドラストにて因縁の敵であるリッツジェノブレイカーと再度突する。
しかしその途中で2ヶ以上前に行方不明となっていた、暴走状態のデススティンガー乱入
自ら他のゾイドコアを栄養とし、爆発的な勢いで増えていくこの怪物の恐ろしさをの当たりにして、2人は一時休戦、協してデススティンガーに挑む事を決意した。

戦の結果、アーサーは戦死。
しかしその死のおかげでリッツデススティンガーを撃破する事に成功する。
その後リッツの手により名もき墓が作られ、そこには

「私の知りうる限り”最高のゾイド乗り”ここに眠る。

 その勇気、その決断、その魂は、帝国、共和を越え、

  全てのゾイド乗りの針となるべきものである」

という言葉が刻み込まれるのだった。


小学館より販売されたゾイド公式ファンブック第2巻における主人公の1人。
老兵という主人公にしてはしい設定、性格、その散り様からバトルストーリーにおいて特に人気の高い人物。
当時ゾイドファンだったちびっこ達に、オヤジのかっこ良さというものをこれでもかと見せ付けてくれた。

ゲームでの活躍

PS2ゲームゾイドタクティクス』にも登場。
バトルストーリー編で活躍し、バン・フライハイト父親とは戦友だったという設定もつけられた。
基本的にはファンブックと同様に話は進んでいくが、こちらではアーサーは最後まで生存している。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%9E%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アーサー・ボーグマン

1 ななしのよっしん
2012/03/16(金) 03:23:03 ID: kdxLqH016V
最高のレオマスターだと思う。

後任でレオマスターになったレイ・グレッグからは
自分とは格が違うって思われてたし
レオマスターの中では飛びぬけてたんだろうな。
2 ななしのよっしん
2012/03/23(金) 14:27:49 ID: EFp8Gsk2qX
アーサーの後任ってピーター・アイソップじゃなかった?同じの紋章だったし、レイの紋章はだった希ガス。間違ってたらスマソ
3 ななしのよっしん
2012/03/29(木) 00:19:50 ID: kdxLqH016V
>>2
間違えた
後任は確かにミラージュのピーターで
レイアーサーに才を見込まれ育てられたレオマスターだっ。
4 ななしのよっしん
2012/04/13(金) 00:57:02 ID: O+BVu9q8Xr
レオマスターアーサー・ボーグマン別名クレイジアーサー
は死んでもゾイダーさ!
タイトル:アーサー・ボーグマン
画像をクリックして再生!!
 
Twitterで紹介する

5 ななしのよっしん
2013/01/02(水) 00:10:31 ID: exNYFUjInt
いいオッサンキャラだよなぁ