ゼネバス・ムーロア単語

ゼネバスムーロア

ゼネバス・ムーロアとは、トミー(現タカラトミー)より販売されていた玩具シリーズZOIDS』に登場する架の人物である。

シリーズが開始された1980年代当時のゾイドバトルストーリーシリーズに登場するキャラクターとなっている。

概要

ゼネバス帝国初代皇帝

中央大陸を統一してヘリック王立したヘリック・ムーロアとかつて敵対していた異民族女性との間に生まれた人間で、ヘリック・ムーロア2世とは異兄弟の関係になる。

ヘリックに負けず劣らず勇猛果敢で戦士としても指揮官としても優れた才覚を持っていたが、その気位も異様に高く、穏健志向だったヘリックに対して「軍人に戦うなと言うのはを飛ぶなと言うのと同じだ」と理屈抜きで言いるほど好戦的すぎるきらいがあり、これが後にヘリックとの埋めがたい溝へと発展していく原因となる。
一方でプライベートでは割りと気さくで部下思いという面もあり、それが彼のカリスマ性につながっていたようである。

ヘリック共和国後は同軍の官に任命されるものの、上記の性格から次第に外征論をし始め、それが通らないと見るや勝手に軍を動かそうとしてヘリックに止められるという事件を起こし、これが元でヘリックとゼネバス全に対立する事になった。

その後、ゼネバス中央大陸統一記念日に大規模なクーデターを起こして中央大西部の一部を制圧、これを受けて共和議会はゼネバスの軍官解任と共和からの全追放を決定した。
(これについては異民族の血を引くゼネバスを快く思わなかった共和議会の策略だったという説や、二人が行う予定だった決闘儀礼を利用してゼネバス殺を論む同議会の陰謀に気づいたヘリックがを殺す事を避けるための措置だったという説もある)

そしてゼネバス西部地方全域をがものとしてゼネバス帝国を建ヘリック共和国境線を巡り中央大戦争を引き起こす事となる。

最初はで勝る共和軍に圧されがちであったが惑星Ziにやってきた地球からの冒険商人の技術提供を受けて軍備を増強して行き、技術面においてはほぼ互以上まで上り詰めるが、共和軍のウルトラザウルスの登場により均衡は崩れ、とうとう帝国首都まで共和軍に落とされた結果ゼネバス叔父であったガイロスが建したという暗黒大陸ガイロス帝国へと亡命を余儀なくされる。

それから一年後、ガイロス帝国の援助を受けて軍備を再編した後に中央大陸へ再侵攻、帝国首都を取り戻すと同時にあのデスザウラーをロールアウトさせ、一気に形勢を逆転する事に成功。今度は帝国軍が共和首都を落とし、後はヘリックを倒すだけとなったが、その前に共和軍はマッドサンダーを作り上げ、デスザウラーの優位性は失われて帝国軍はまたしても都を奪われて追い詰められてしまった。
(この時、自ら改造デスザウラーに乗って応戦したとも言われている)

それでもゼネバスはあきらめずガイロス軍に救援を要請、中央大陸北西部のニカイドスに立て篭もってそれを待っていたが、しかしガイロス帝国は土壇場でゼネバス帝国を裏切り、ゼネバスエレナ、そして自軍の兵士ゾイドを全て奪われてしまい、ゼネバス帝国事実上滅亡した。

それ以降は暗黒大陸において監禁生活を強いられ、ガイロス軍が取り込んだゼネバス兵を働かせるための具にされてしまったが、この頃にはとの和解を考えるようにもなっており、かつて兄弟で作ったHZ暗号文で密かに共和と交信したりしていた。

しかし、大陸戦争末期にて発生した惑星Zi大異変の最中に病気事故か原因は不明だが死去、その波乱の生涯を静かに終える事となった。

幼少期はゾイド絡みの事故を起こして動けなくなっていたヘリックを助けたり、その時の責任を自分が負ってあげたりと思いの人物であったとされ、戦中においてもその子供が生まれた際には特使を派遣して素直な祝福の言葉をかつてからもらった宝の腕輪と共に贈るなど複雑な兄弟関係を見せている。


エレナは共和軍に救出されて後に現共和大統領ルイーズ・エレナ・キャムフォードとなり、そして暗黒大陸で作ったと思われるもう一人の子供のギュンターはガイロス帝国に留まって後に帝国摂政ギュンター・プロイツェンとなるのは周知の通りであり、さらにこのプロイツェン息子にしてゼネバスの孫に当たるヴォルフ・ムーロアによってゼネバス帝国ネオゼネバス帝国として復活を遂げる事となる。

あとGBAゲームZOIDS SAGA2』にもこのゼネバスの血を引くとされるキャラクターが出て来たりするが、ゼネバス自身をはじめプロイツェンやヴォルフとはどういう関係だったのかは不明。
(まぁ、立場上側室やが複数居たとしてもおかしくはないが)

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%BC%E3%83%8D%E3%83%90%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%82%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ゼネバス・ムーロア

1 ななしのよっしん
2012/03/29(木) 00:14:17 ID: ndq8LZnDbF
ええと・・・確か共和議会の連中が
リック2世とゼネバス決闘を利用して
暗殺しようとしたんじゃなかったけ?
それを察したへリック2世はゼネバス追放という形をとったんだったかな・・・

そんな記載がコアボックスであったような・・・
2 ななしのよっしん
2012/05/26(土) 19:27:20 ID: cwpOs3xsq1
>>1
コアボックスの付録ZOIDS HISTORY FILEを見たが、追放々の記述はなかった。だが、グラフィックスならばそういう記述はあったとかはあるかもしれない(同じ事件を扱った内容がある、シーパンツァーの冊子にはそういう記述はなかったが・・・)。
例えばアルダンヌ会戦の記述は、概要は同じだが戦争のむなしさや悲哀から外れた、ZOIDS進化していくだろうといった事や、昔よりも性が上がったといったことがカットされている。

そもそもZOIDS記述は、コロコロコミック公式ファンブックとかでも大きく違うところがあるし(新バトストでの大統領生存とか)、そんなに気にするほどでもないと思う。

なんだかガンダムがうらやましいなぁ・・・
3 ななしのよっしん
2012/07/03(火) 13:38:12 ID: GpNmS0ZKnf
>>2
ここを見るまで、記述が変わってることに気づかなかったよ…。よく見たらあちこち違うのな。
グラフィックス版と較してみたけど、ゼネバス帝国のくだりはあまり違いはなかった。パレード中に決起したって話のまま。

ファンブック一巻の年表では「議会の陰謀により追放」ってなってるけど、決闘々の話はい。その辺詳しく知ってる人がいたら教えて。
ゾイドは媒体によって話や設定が違うのもまた魅だと思うんだけど(ゼネバス陛下の性格も本によって微妙に違うしまたそこも魅)、旧時代の資料は入手困難極まりないのがなぁ…。
各種ムックの再販とか、昔の学年誌を学年ごとにまとめたものとか出してくれないものか…。
4 ななしのよっしん
2015/01/17(土) 02:07:01 ID: 8n7gq9GlQe
ヘリック大統領はゼネバス皇帝ただ一人
だけどゼネバス皇帝には100人のヘリックお兄さん
5 ななしのよっしん
2016/01/05(火) 21:06:31 ID: ++fBINny0s
そのかわりヘリックお兄さんにはたくさんの甥っ子達が

急上昇ワード