アーチャー対戦車自走砲単語

アーチャータイセンシャジソウホウ

アーチャー対戦車自走砲とは、第二次世界大戦中にイギリスのヴィッカース・アームストロング社が開発・生産した対戦車自走砲である。
正式名称は「Valentine 17-Pounder, Self-Propelled」で、アーチャーは運用していた兵士達が付けた称。
自走17ポンド砲アーチャー、17ポン自走砲アーチャーなどとも呼ばれる。

概要

17ポンド(76.2 mm)に機動性を持たせるため、バレンタイン歩兵戦車体上部にオープントップ戦闘室を設け、を搭載した対戦車自走砲。対戦車戦闘だけでなく榴弾による火力支援も実施可

最大の特徴は体の後ろ向きに搭載したことで、全高と全長を短縮でき、射撃後に向きを変えることなく速な地転換が可となっている。このレイアウトにはバレンタイン体設計をなるべく変更せずに流用することで設計を速に済ませるという意図があったとみられるが、少々新すぎたのと一部の仕様が要通りになっていなかったことから軍が難色を示し、結局戦化には時間がかかった。試作1号完成19433月で、量産1944年5月から1945年9月5月?)までに総計665輌が完成した。

1944年10月ごろから前線に配備され、第二次世界大戦中はヨーロッパ西部戦線やイタリア戦線に投入された。特異なレイアウトにも関わらず前線での評判は悪くなかったようで、戦後も運用が続けられている。戦後は一部車両がBAOR(イギリス陸軍ライン軍団)に配備され、また、エジプト軍に引き継がれた車両は、第二次中東戦争などでも使用されている。

「発時にの駐退機が操縦席まで後退するため操縦手は事前に席を離れておく(あるいは左右に身をかわしておく)必要がある」と言われることがあるがこれは誤りであり、実際には操縦席までが後座してくることはない。とはいえかなりぎりぎりの設計であったことは確かで、架の後方(体基準で言うと前方)に事故防止のための保護が取り付けられているが、この保護操縦席の背もたれとの間にはほとんど間隔がない。

性能

最高速 32km/h
行動距離 230km
QF 17ポン39発搭載 ※後期生産52発)
副武装 ブレン軽機関銃720発搭載)
装甲 14mm~60mm
エンジン GMC 6-71ディーゼルエンジン 192
乗員 4名(長、手、装填手、操縦士)

関連動画

アーチャー対戦車自走砲に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E5%AF%BE%E6%88%A6%E8%BB%8A%E8%87%AA%E8%B5%B0%E7%A0%B2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アーチャー対戦車自走砲

1 ななしのよっしん
2017/03/05(日) 10:08:24 ID: H8PS9TJoBA
操縦士撲殺マシーン
2 ななしのよっしん
2017/04/26(水) 14:02:11 ID: deWLi/GHKc
これフロントエンジンにしたら前向きに置けたんじゃないかと素人思考
まあこれはこれで離脱がしやすくなったからいいんだけどね。
3 ななしのよっしん
2017/04/26(水) 15:19:59 ID: cRA1rfYPyg
VS戦車自走砲とはなんぞや
と、5くらい考えて読み間違いに気付いた
4 ななしのよっしん
2017/05/02(火) 04:18:35 ID: JVO5IoG/jq
>の駐退機が操縦席まで後退するため、発時に操縦手は席を離れる必要があり

グランドパワー2017年6月号」のバレンタイン歩兵戦車特集で否定されていたみたいだよ
https://twitter.com/seizonsya/status/858684619897556994exit
5 ななしのよっしん
2017/05/19(金) 19:34:55 ID: plswkVZ3UX
 また一部の資料では、アーチャーの操縦手は射撃に際して左右いずれかに逃れる必要があるとしているが、装備する17ポンは強な油圧式の駐退機構と2本の駐退スプリングにより、その後座量は36.8cmに限定されるので、着座したままで逃れる必要はない。
操縦手が着座位置を離れるのは、線操作の際と脱出時だけだ。
グランドパワー 2017年6月号 P.60より)
6 ななしのよっしん
2018/03/06(火) 22:27:04 ID: lnXMr4Am3v
英国面から来たけどそこまで英国面か?
初めて知ったときは対戦車自走砲としてありだなって思ってたし英語圏でも評判悪くなかったと思うんだけどなぁ
7 ななしのよっしん
2018/03/09(金) 18:43:57 ID: 7ZONzwE4sp
>>6
英国面って言葉自体、過剰に大喜利ネタにされてる感あるからな

的なコミュニティの一生みたいな流れを追っている言葉で、一昔前のイタリア軍ネタみたいなもんだと思って方がいいぞ
例示されてるようなレベルの物は探せば他でも恐らくある
8 ななしのよっしん
2018/03/25(日) 08:46:34 ID: hE8zL5nPmh
操縦手逃げなきゃいけない問題について記事訂。
個人的に気になるのは「※後期生産52発」のところ。
13発もの弾を追加できるスペースがこの輛にあるようには見えないんで、事実だとしたらどこにどう追加したのか興味がある。
グランドパワー2017年6月号には52発という情報はなかった。)
9 ななしのよっしん
2018/08/16(木) 15:48:46 ID: n2c1NB/Y9x
弾薬を置くための外して工夫して置いたのを公式スペックにしたとかかな?
10 ななしのよっしん
2018/08/16(木) 16:06:29 ID: YssVcHxdep
兵と現代戦車の戦いを描いたB級映画タイトルかと思った普通兵器名なのね

急上昇ワード

2019/10/17(木)09時更新