コス(m:tg)単語

コス
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

「READY?」

コス(m:tg)とは、マジック:ザ・ギャザリングの登場人物である。

キャラクター、背景

彼は魔道士で、地操術を専門とします。山を動かし、岩を砕き、を溶かす呪文です。彼の大地の魔法金属を浄化することもできます。これは部族の平和と調和を願う、コスの強い気持ちの表れです。

ヴァルショクのコスは、ミラディン次元オキシダ連峰に住む槌族の1人です。長らく平和に暮らしてきた彼の部族が戦争を始めた時、彼のプレインズウォーカーとしての才覚めました。

彼の部族がオキシダの山々から掘り出した金属は奇妙な腐食を始め、鍛えた金属塊は脆くむらのあるものになってしまいました。各部族はこれを互いのせいにし合い、昔の憎しみが再び頭をもたげ始めました。
彼の鉱石を浄化できるのではと考えたコスは、金属再生して部族の結束を取り戻すという務めを果たすべく全で取り組みました。

年に似合わずしっかり者で情熱的なこの導者は、慌てて行動に出る前にまず協議することが大切だと考えます。しかし行動が必要ならば、コスは言葉ではなく行動で示します。彼の故郷を脅かす者には、その頭上に山を一つ落とすことさえもできるのです。

実際コスは、彼の次元を乗っ取ったファイレクシア人たちと戦い、今では対抗勢導者を務めています。

MTG公式サイトexitより引用

大地のあらゆる場所が金属で覆われ、植物動物人間金属融合している次元ミラディン」出身のプレインズウォーカー
公式の紹介文に書いてある「金属腐食問題」を自らのを用いて解決した後は「ヴァルショク」のリーダーに就任した。この役職は伝統的に「金床族」から出されることになっているが、コスが達成した業績が大きかったので「槌族」であるにもかかわらず任命されたのだ。

ミラディンファイレクシアから侵攻を受けた後は、プレインズウォーカーを生かして次元を渡り、エルズペス・ティレルヴェンセール強引に仲間に加えミラディン中でファイレクシアと戦った。(「ミラディン傷跡ブロックストーリー

この時点では最終的に生死不明になっていたが、その後に出た短編「失われし告白exit」では死亡宣告を食らってしまった。
と思ったら、さらにその後のコラム「プレインズウォーカー達の現状exit」でまさかの生存確定。死亡フラグをへし折った。

READY?

ミラディンの傷跡ストーリーのコミック内exitで《堕落した収穫者/Corrupted Harvester》[1]に攻撃を仕掛ける際にヴェンセールにかけた言葉。ヴェンセールも「READY.」とかっこ良く返して襲いかかるものの次のページ返り討ちにあってしまう。
プレインズウォーカー二人がアンコモンのクリーチャーに攻撃を仕掛けて返り討ちにされる」
という衝撃の展開読者に大きな衝撃を与え暫くの間コスヴェンセールはこれをネタにいじられていた。

カードとしてのコス

コスとしてデザインされているカードは、2014年10月現在で1枚存在する。
ルールテキストMTG Wikiより引用した。

Koth of the Hammer / 槌のコス (2)()()

プレインズウォーカーコス(Koth)

[+1]:山(Mountain)1つを対とし、それをアンタップする。それはターン終了時までの4/4のエレメンタル(Elemental)・クリーチャーになる。それは土地でもある。
[-2]:あなたがコントロールする山1つにつき、あなたのマナプールに()を加える。
[-5]:あなたは「あなたがコントロールする山は『(T):クリーチャー1体かプレイヤー1人を対とする。この土地はそれに1点のダメージを与える。』を持つ。」を持つ紋章を得る。

3

ミラディン傷跡」で登場したプレインズウォーカー

プラスは土地のクリーチャー化。対は山に限定され、ターン終了時までしかクリーチャー化しないためブロックには使えないが、4/4という大きなサイズを作ることができる。
また、アンタップ効果もあるため、《槌のコス》を出すためにすべての土地をタップさせてしまっていてもプラスの使用には支障が生じない。

マイナスマナ生成。単色のデッキなら生産されるマナは約2倍になる。忠度消費はやや多いが、1ターンに8マナ、10マナも出てくれば必殺技レベルカードを使うには十分すぎるほどである。

マイナスは《山》に付加をつける紋章獲得。この紋章を獲得した時点で対戦相手のクリーチャーは速やかに壊滅、追ってライフ消失することだろう。しかもずっとプラスを使っていれば場に出した2ターン後にこのを使える。

プラス、大マイナス共にコントロールに対して強いため登場当初のスタンダード単でよく使われていた。だが新たなるファイレクシアにて《戦争平和[2]《殴打頭蓋》[3]が登場したことにより単が低調に。それにつられて使用率も下がっていった。

現在ではレガシーデッキで採用されている。
レガシークリーチャーパワー/タフネスが「1/1...2/2..3/2....7/7! 15/15!」といったに小さいほう、大きいほうの両極端に分かれている。「小さいほう」を軸にしたデッキに対してこのカードはすべてのが効果的に作用するのだ。
また、数年ほど前までには「1ターン限りでたくさんマナが出る(いわゆる《暗黒の儀式[4]系)」カードちょこちょこ印刷されていた。このカードは(2)()()であるが、それらのカードや「ペナルティを受ける代わりに2マナ出る土地」などと合わせると2ターンには割と簡単に登場できたりする。

関連項目

脚注

  1. *(4)()()のクリーチャー。P/Tは6/3で()とクリーチャー一体を生贄にげることで再生することが出来る。リミテッドではそこそこだが構築ではまず見ないクリーチャー
  2. *+2/+2修正とプロテクションを得る装備品。装備したクリーチャープレイヤー戦闘ダメージを与えると自分の手札分ライフ回復し相手の手札分相手プレイヤーダメージを与える。
  3. *+4/+4修正と魂・警を与えさらに戦場に出た時0/0のクリーチャートークンに装備された状態で出てくる装備品。マナコストは5マナだが基本的に2マナでかつインスタントタイミングで出てくる。
  4. *()をコストとして、あなたのマナプールに()()()を加えるというカード。差し引きで()()だけ使用可マナが増えるため、手札を犠牲にすばやく強カードが出せるようになる。昔のの伝統カードであり、多数の惨劇を生み出してきた。

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B3%E3%82%B9%28m%3Atg%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

コス(m:tg)

1 ななしのよっしん
2014/10/30(木) 21:11:41 ID: H0CFCXxlnT
《ウォジェクの古参兵、アグルス・コス》「ワシの記事が出来たと聞いて……あれ?
2 ななしのよっしん
2014/11/20(木) 21:34:12 ID: c4ykKdFLO4
コスお爺ちゃんは幽霊/Ghost Quarterでザデックと追いかけっこしてなさい。
ミラディン帰還の単を支えてくれたカード。放置すると出てきた2ターン後には紋章ゲットできるというのが強かった。
3 ななしのよっしん
2015/08/17(月) 17:30:14 ID: s6H7Yo9QqW
ファイレクシアの収穫者って誰だ
4 ななしのよっしん
2016/09/26(月) 10:47:30 ID: uGaHivNZ7M
コンスピラシー2でまさかの生存確認される

急上昇ワード改

2021/04/11(日)20時00分 現在