スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン単語

スターヴヴェノムフュージョンドラゴン

魅惑の香りでを誘う、二輪の美しき
今一つとなりて、その弁の地獄から、新たな脅威を生み出せ!
融合召喚
現れろ、飢えた牙持つ
レベル8、スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン!

スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴンとは、アニメ遊☆戯☆王アーク・ファイブ」に登場するカードである。

概要

ユーリの使用するエースモンスター

融合・効果モンスター
8/闇属性/ドラゴン族/攻2800/守2000
属性モンスター×2
(1):このカードフィールドモンスターのみを素材として
融合召喚に成功したターンに発動できる。
このカードの攻撃ターン終了時まで、
相手フィールドの特殊召喚されたモンスターの攻撃の合計分アップする。
(2):1ターンに1度、相手フィールドレベル5以上のモンスター1体を対として発動できる。
ターン終了時まで、その相手モンスターの効果は効化され、
このカードはその対の相手モンスターの効果を得る。
(3):このカードが破壊された場合に発動できる。
相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て破壊し、
その攻撃の合計分のダメージを相手に与える。

シンクロ次元ユーゴ邂逅した際に初めて名称が明らかになり、すぐ後のデュエルで全体像もお披露となったが、この時は柊柚子のブレスレットユーリ達が別の場所へ飛ばされたために、融合召喚して々にデュエルが中断してしまった。その後、融合次元アカミアを抜け出した生徒とのデュエルで、ついに全容が明らかとなった(デュエル中に全ての効果が使われたわけではないが)。

ユーリが初登場したのは1年の終盤だが、このカードは2年の終盤で姿が披露され、効果等の全容が判明したのは3年に入ってからである。また、舞網チャンピオンシップユーリ柚子を襲っていた時に従えていたドラゴンシルエットとはかなり異なっており、これらが同一のものなのかは不明。

オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」「ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン」「クリアウィング・シンクロ・ドラゴン」に続く、召喚方法を名前に冠したモンスター。だが、攻撃2500かつ(レベルを持たないダークリベリオンを除き)レベル7のそれらとは異なり、レベル8で攻撃2800、と少々異質ではある。この特異性が何かをし示しているのかは現状不明。

OCG版

インヴェイジョンオブヴェノム」(2016年7月9日発売)でOCGに登場。

融合・効果モンスター
8/闇属性/ドラゴン族/攻2800/守2000
トークン以外のフィールドの闇属性モンスター×2
(1):このカード融合召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドの特殊召喚されたモンスター1体を選び、
その攻撃分だけこのカードの攻撃ターン終了時までアップする。
(2):1ターンに1度、相手フィールドレベル5以上のモンスター1体を対として発動できる。
ターン終了時まで、このカードはそのモンスターと同名カードとして扱い、同じ効果を得る。
(3):融合召喚したこのカードが破壊された場合に発動できる。
相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。

アニメ版と較して、融合素材の条件が厳しくなっただけでなく、(1)の効果で攻撃を参照するのは1体のみ、(2)と(3)の効果からそれぞれ効化とダメージがなくなる、といった具合に弱体化している。もっとも、ただでさえ闇属性には強モンスターデッキが多いのに、アニメ版は融合素材の緩さの割に効果があまりにも快なので、弱体化は必至というべきか。

融合召喚シンクロエクシーズ召喚に勝る点の一つである「手札のモンスター素材にできる」という優位点を活かせないので、闇属性中心のデッキにただ融合召喚カードを入れればいいというものではない。だが、根幹となるモンスターに闇属性がいる融合系のデッキであれば、十分採用を検討できる。特に、要な融合手段が融合召喚先を定せず(もしくは定にこのカードも含まれる)、フィールドモンスターを並べやすい「ムーンライト」や「オッドアイズ」なら較的投入しやすいだろう。ドラネクロとの使い分けを検討できるアンデットデッキへ投入するのも一か。

特殊召喚もレベル5以上のモンスターしいものではなく、いずれの効果も発動自体は狙える場面がかなり多い。だが、攻撃モンスター効果の吸収は選ぶモンスターの質に依存するので、どこで出すべきかの見極めがめられる。

新テキスト

融合・効果モンスター
8/闇属性/ドラゴン族/攻2800/守2000
トークン以外のフィールドの闇属性モンスター×2
(1):このカード融合召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドの特殊召喚されたモンスター1体を選び、
その攻撃分だけこのカードの攻撃ターン終了時までアップする。
(2):1ターンに1度、相手フィールド
レベル5以上のモンスター1体を対として発動できる。
エンドフェイズまで、このカードはそのモンスターと同名カードとして扱い、同じ効果を得る。
(3):融合召喚したこのカードが破壊された場合に発動できる。
相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。

2019年6月8日発売の『デュエリストパックーレジェンドデュエリスト編5』にて再録された時に、(2)の相手フィールドの効果をコピーする効果の適用タイミングが変更された。

エンドフェイズ時とターン終了時では扱いが異なっており、エンドフェイズの処理を行った後にターンを終了するという流れである。そのため、デメリット効果がエンドフェイズ時にあった場合、旧テキストでは必ず適用しなければならなかったが、新テキストでは回避できるようになった。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%8E%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン

125 ななしのよっしん
2018/03/11(日) 16:06:53 ID: J2jvUvE6SK
他のドラゴンは強ながらも個性がしっかり分けられてるのになんでコイツだけ強そうな効果を詰め込みました的なテキストなんかね
使い手といい出番が異常に遅かったあたりイラストは決まってたけど詳細な内容までは考えられてなかったんかな?
126 ななしのよっしん
2018/03/24(土) 01:23:58 ID: j3IeI88M1j
デザイングロかっこいいからゼアルアシッドゴーレム並みの作画で見たかった
127 ななしのよっしん
2018/06/11(月) 19:54:37 ID: hmTdfOD/HJ
>>125
ユーリは強キャラなんだからエースも強いカードにしたろ」位に監督シリーズ構成が考えたんじゃない?尚結果ユーリデュエルはこいつぶっぱばかりになって「使い手ではなくカードが強い」になったという。
128 ななしのよっしん
2018/06/11(月) 19:57:21 ID: ksBl+01omv
シャドールあったけど融合そのものは残念な環境だったし…
129 ななしのよっしん
2018/07/28(土) 06:06:25 ID: 2SaEL2WA9X
OCGで調整食らったらテーマと絶妙にアンチシナジーになったのがひどい
130 ななしのよっしん
2019/01/01(火) 17:48:48 ID: DBWRXpgLsz
捕食植物魔王セットを入れてみたが、シャドウディストピアのおかげでかなり出しやすいな
出しにくかったグリーディーもディアボロスのおかげで普通に出せるようになったし
ありがとうトラクR
131 ななしのよっしん
2019/04/26(金) 23:03:21 ID: TmkoJMrZTv
>>127
OCG側の介護のおかげで捕食植物まりはしたけど融合体もメインのリソースも足りてない問題がな…
捕食植物としても別にこのスターヴ必須じゃないし相性いい訳でもないのがちぐはぐ
132 ななしのよっしん
2019/04/28(日) 00:27:47 ID: C2kl5wdraq
OCGで強化された面もあるけど優良な未OCGはまだ結構残ってるし
スターヴェノムは手札融合不可能とか捕食カウンターレベル1化はOCG側が勝手に付け足したものだし
捕食植物に関しては言う程OCG側が有能だったとは思えん
133 ななしのよっしん
2019/04/29(月) 02:18:38 ID: SLXlGO4Wl0
召喚条件はアニメのままでよかった気がする。ダベリオンやオッPべてキツイ。
あと技名くれ
134 ななしのよっしん
2019/07/28(日) 12:37:44 ID: YFgI3Wniqd
ヴァレルロード・F・ドラゴン入りのヴァレットデッキを使う時なんかは融合先の選択肢として結構便利だと思う
向こうの共通リクルート効果のおかげでフィールドに闇属性モンスターいやすいし

急上昇ワード

2019/08/18(日)10時更新