バルテュス単語

バルテュス
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

バルテュス(Balthus, 1908年2月29日 - 2001年2月18日とは、フランスの画である。バルチュスとも表記される。

ピカソによって「20世紀最後の巨匠」と称えられている。

概要

本名はバルタザール・ミシェル・クロソウスキー・ド・ローラ (Balthasar Michel Klossowski de Rola)

プロイセンシュラフタ(ポーランド貴族階級)のロシアユダヤ人の間に生まれる。
ピエール・クロソウスキーはマルキ・ド・サドフリードリヒニーチェの研究者・作家

裕福な柄であり、また両親ともに芸術であった為、充実した少年時代を過ごす。自宅には画ピエール・ボナールアンリ・マティらが夕食に来たり、伝説バレエダンサーニジンスキー作曲ストラヴィンスキーとも知遇を得ていた。
1914年、第一次世界大戦の影で、一家フランスを退去してベルリンに移住。更に4年後に両親が別居すると、子供達はについてスイスのジュネーヴに疎開した。

1921年、11歳で素描画集『ミツ』を出版した。日本名「ミツ()」という名のと自身がモデル少年の交流を題材とした、素な作品である。当時不倫関係にあった詩人リルがこの作品を絶賛し、序文を寄せている。この時のペンネーム「バルテュス」を、彼は生涯自分の名として使い続けた。
この頃から東洋に対する憧れを抱き、中国日本の文化に強い関心を示していた。心の『の本』ドイツ語版を読み、感銘を受けたと述懐している。

両親からは画業を反対された為、バルテュスは独学で絵のを志した。ルーヴル美術館で様々な古典絵画の模写を行い、技術を身に着けた。当初は作品の売り込みや話題集めに苦労したという。
1930年、滞在先のモロッコで2年間軍役を経験。1933年にパリに戻り、本格的に画業にを入れ始める。当時盛を極めつつあったシュルレアリスムメンバーアトリエを訪問するようになるが、バルテュス本人は前衛芸術興味を抱く事はなかった。

1937年にベルンの貴族であるアントワネット・ド・ワットヴィルと最初の結婚をし、二人の子供をもうけるが後に離婚(後述)。しかしアントワネットとは生涯の友人であり続けた。
1940年、ナチス・ドイツフランス侵攻に伴い、一家フランス南東の農場に疎開。有名な作品『シャンプロヴァン風景』『リビングルーム』を製作する。

1941年、パブロ・ピカソが彼の作品『ブランシャール子どもたち』を購入。これがきっかけで親交が始まり、3年後にバルテュスはピカソの住まうパリを訪問している。その他にもアンナンアルトジャコメティアルベールカミュなど、錚々たる文化人と交友関係を結んだ。

第二次世界大戦では兵士として前線に立ったが負傷により後方に送られ、以後はパリスイスで暮らした。
1961年には当時フランスの文化大臣を務めた友人のアンドレ・マルローにより、アカデミー・ド・フランス館長に任命された。この時バルテュスはアカデミーの建物「ヴィッラ・メディチ」の修復に没頭し、後に「生涯で最も幸福な時期だった」と述べている。

1962年、バルテュスは東京を訪問。パリでの日本美術展の作品選定が的だったが、ここで彼は運命的な出会いを果たす。当時20歳の出田節子に一惚れしたのだ。
当時バルテュスはまだ離婚しておらず、離婚成立後の1967年にようやく二人は結婚節子夫人はセツコ・クロソフスカ・ド・ローラとなった。歳の差34歳の夫婦の間には、1973年が誕生している。

バルテュスは節子夫人に和服で過ごす事を希望し、彼女もそれを承諾した。彼もまた和装をこよなく愛しており、着物姿の写真が多数残されている。
少年時代同様、自宅には当代の文化人を招き、親しく過ごした。女優オードリー・ヘプバーン映画監督フェデリコフェリーなどが自宅を訪れていたという。
1977年以降はスイスグラン・シャレに住み、そこを終の住処として製作を続けた。2002年に死去。

その他

が好きで、自身のことを「たちの王」と称していた。

作品を制作する時は一切の照明をつけて制作せず、日中自然の下で行っていた。

勝新太郎と交流があった事は有名。1964年にバルテュスが来日した際、映画『兵隊やくざ』のポスターを見て、オノレ・バルザックを彷彿とさせる容貌に感銘を覚えた。
仲介者によってグラン・シャレを訪問した勝はバルテュスと意気投合、殺居合、女形、三味線を披露したという。その後も勝が1997年に亡くなるまで親交は続いた。

Guitar lesson』(1934)など、成熟前、あるいは成熟途上の少女の裸体画をよく描いた。画少女の裸体画を描くのはしいことではなく、オットー・ディクスの『Little girl』、ジナイーダセレブリャコワの『Study of a sleeping girl』などの作品がある。

ともすればではないかと物議を醸す作品が多い。2017年12月には、ニューヨークメトロポリタン美術館所蔵の『夢見るテレーズ』がであるとしてネット上で撤去を呼び掛ける運動が起こり、話題となった。
良く言われるのが「バルテュスの描いた『美』は『全なる存在』ではなく『過渡期にある存在』である」というもの。この「移行の美」を彼はこよなく愛していた。

技術的には新古典義とされるが、様々な芸術から影を受けており、一概にこれとは言い切れない。様々な影を独自に昇させた点において「20世紀で最も重要な画」として認識されている。

バルテュスのは「絵画は見るべきものであって読むべきものではない」というものだった。
これを示す例として、回顧展では自分の伝記を作る事を拒否。展示会場のギャラリー

伝記の詳細なし。バルテュスは何も知られていない画だ。さあ、絵を見よう。よろしく

電報を打っている。

トマスハリスの小説ハンニバルシリーズハンニバル・レクターは、バルテュスの従兄弟に当たるという設定が存在する。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%A5%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バルテュス

1 ななしのよっしん
2018/06/08(金) 11:23:33 ID: pxLsL9HW2i
ラピュタ
2 ななしのよっしん
2018/09/11(火) 19:59:20 ID: q0/8vhNQvq
ルイスキャロルウラジーミル・ナボコフに並ぶ人物

急上昇ワード