原市之進単語

ハライチノシン

原市之進とは幕末武士であり、徳川慶喜の股肱の臣の一人である。

概要

保9年(1838年)水戸士・原十左衛門の次男に生まれる。諱は忠敬、後に忠成。

水戸校・館で従兄藤田や『新論』で知られる会沢正志斎に学ぶ。

嘉永5年(1852年)、江戸に赴き翌嘉永6年(1853年)に黌に入学。同年7月長崎ロシア使節プチャーチンが来航した際、藤田示により交渉役の川路聖謨らに随行して長崎に赴く。表向きは見聞を広める為ということだったが、交渉の監視役も担っていたと言われる。

安政2年(1855年)、水戸に戻り館で勤める。翌安政3年(1856年)、私塾を開設し、水戸天狗党の藤田小四郎や桜田門外の変に参加した広岡子之次郎等を教育した。

安政5年(1858年)8月朝廷から水戸に降下された午の密勅を巡って内で幕府へ返納するか否かで意見が分かれると原は諸への回覧をして活動。内尊攘の有者として台頭する。

万延元年(1860年)から文久元年(1861年)にかけて取り交わされた水戸長州の密約(長の盟約)や、老中・安藤信正襲撃の謀議に加わる。

文久2年(1862年)、将軍後見職に就任した徳川慶喜に随従して上。慶喜や平岡円四郎に影を受け尊攘から開へ転向し、元治元年(1864年)4月には水戸臣から一臣となる。

同年6月平岡が暗殺されると代わって慶喜の側近となり、諸朝廷との交渉を担う。

慶応2年(1866年)、付に任じられる。同年薩摩小松帯刀らとの交渉で一時薩摩と融和関係を構築しかけたため、坂本龍馬中岡慎太郎木戸準一郎などから脅威の存在として警される。

慶応3年(1867年)、兵庫開港問題で開港に向けた工作活動を行っていたが、幕府内部の攘夷から乱臣賊子と看做され、8月14日に身内であるはずの幕臣によって暗殺される。享年38歳。

平岡や原を失った慶喜は政治工作を任せる人材を欠くようになり、やがて羽・伏見の戦いの敗北に至る。

なお、暗殺実行犯の素性や行動については『昔夢会筆記』の第十に詳細が記述されており、それによると暗殺を示唆したのは山岡舟や高橋泥舟であったという。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8E%9F%E5%B8%82%E4%B9%8B%E9%80%B2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

原市之進

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 原市之進についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!