大久保利通単語

オオクボトシミチ

大久保利通とは幕末武士明治時代初期の政治家である。

西郷隆盛木戸孝允と共に「維新三傑」と称される。通称は正助、一蔵。号は甲東。

概要

ookubo1-1ookubo1-2
ookubo1-3ookubo1-4
ookubo1-5ookubo1-6

保元年(1830年)、薩摩鹿児島下の高麗(これ)町にて、御小姓与(おこしょうぐみ)と呼ばれる下級武士集団に属する大久保長男として生まれる。幼少期は薩摩特有の師教育である郷中(ごじゅう)教育を受けて育つ。

化3年(1846年)、16歳の頃、の記録所書役助に就任するが、嘉永3年(1850年)、島津と、その世子島津斉彬との間に起きた、後継者争いに端を発する高崎崩れ(お由羅騒動)と呼ばれる事件に連座して、利世が流しにされ、大久保自身も職を解かれ謹慎処分を受けたため、安定した生活を送っていた大久保一家は一転、収入の貧困生活にまで落ち込む。

謹慎中は勉学に励みながら、友人の西郷隆盛同志と『近思録』の研究会を開くなど交流の日々を送る。この時に集まった面々は後に精忠組と呼ばれ、薩摩内部の有の一として台頭していく。

高崎崩れ後の巻き返しに成功した斉彬がに就任して2年経った嘉永6年(1853年)5月、ようやく謹慎を解かれて復職する。

幕末

順聖公崩れ

に就任した斉彬は、幕政への積極的な介入や集成館事業など新な政策を打ち出していく一方、見込みのある下級士族からの人材登用を行い、安政4年(1857年)には西郷と共に大久保も御徒付に取り立てられている。

安政5年(1858年)、違勅調印による通商条約の締結と、安政の大に反発した斉彬は、5000人の兵を引き連れ上し、朝廷に攘夷論を放棄させたうえで幕政革の勅許を引き出す計画を立てるが、7月に急病により死去する。

斉彬の死により、その実で斉彬の政策に否定的だった斉政に復帰し、集成館事業をはじめとする斉彬の政策がことごとく中止、あるいは縮小されていった。

この事件は斉彬の諡号にちなんで「順崩れ」と呼ばれている。

島津久光への接近

全体に閉塞感の漂う中、大久保の属する精忠組の人々は、脱して大老・井伊直弼ら幕閣を襲撃する突出計画を立て始める。その一方で大久保は、斉彬の遺言によりとなった島津茂久ので、斉彬の異島津光への接近を試みる。

まず久趣味とする囲碁の相手であった寺の住職と親しくなり、そこから久がどのような人物なのか、何を欲しているのかを探り始めた。

ある時、住職から久読みたがっている本について聞き出した大久保はその本を用意し、住職を介して久に提出した。その本の中に自らの時勢に関する意見や精忠組について書いた片を挟み込み、自分たちの存在を示した。

安政6年(1859年)、斉が死去するといよいよ脱計画が本格的に企図され始めたが、11月5日大久保達の動きを察知した久は、茂久の名義で慰留するための論告書を出した。

方今世上一統同様、容易ならざる時節にて、万一時変当来の節は順院様御深志を貫き、国家を以って忠勤を抽(ぬき)んずべき心得に。 各有志の面々深く相心得、国家の柱石に相立ち、(たす)け、名を汚さず忠を尽くし様偏に頼み存じ

から存在を認知された事に感動した大久保ら精忠組一同は突出計画を思いとどまる。

この後、久と初めて面会するまで合わせて都合3回ほど突出計画があり、その度に久自重論を唱えたが、そのやり取りの中で、精忠組という有志を擁する大久保の才覚や、斉彬の遺志を継ぎたいという自らの思いとの一致を見、後見人とはいえ、内権握する足がかりを持っていなかった久はむしろこれを利用するべきと考えるようになった。

ここに両者共に事を成すための利が一致した。

万延元年(1860年)3月大久保は初めて久と面会し、3月には勘定方小頭格に任命された。

率兵上洛計画

桜田門外の変後、中に攘夷の雰囲気が蔓延する中、久は尊敬していた斉彬の意向を受け継ぐ形で率兵上計画を立て始める。

文久元年(1861年)11月、久内の上反対を更迭すると大久保を御小納戸役に任命。小松帯刀らと共に大久保政の中枢に躍り出る。

翌文久2年(1862年)1月、久から朝廷工作を任じられた大久保は、島津と縁戚関係のあった近衛忠房と面会して協めるも拒絶される。

内においても上反対論が根強いところに、更に別の問題が持ち上がってきた。精忠組の過激派達が率兵上を利用して討幕運動の端緒にしようと画策し始めたのである。当時の大久保や久の考えは合体論であり、討幕は考えていなかったが、このまま計画を実行に移すと過激派の暴発が起きる可性が生じていた。

ここで過激派達に顔の利く人物である西郷隆盛待望論が浮上する。大久保流しになっていた西郷の帰還を久に進言し、受け入れられる。

2月、帰還した西郷に対して小松幹部と共に計画への協めるが、逆に西郷から事前準備の不備の摘を受け反対される。更に久に面会した際にもっ向から反対論を唱えた為、久の勘気を被るが、大久保の執念の説得で何とか西郷の協を取り付けることに成功した。

寺田屋事件

文久2年(1862年)3月13日、久はまず先発隊として西郷を下関に向かわせた後、3日後に兵1000人余を率いて上を開始した。大久保小松もこれに随伴している。

各地の攘夷志士がこれに呼応して大阪京都に集まり、精忠組の過激派もこれを機に討幕挙兵にまで持ち込もうと久の到着を待ち構えていた。

過激派の動きを察知した西郷は、待機命視して大阪に赴き鎮撫していたが、命視に加えて過激派を扇動しているのではないかと疑惑を持った久に対し、大久保西郷の様子を探りに行く許可を得て大阪に向かう。

過激派の鎮静に努めていた西郷を確認し、戻り久に報告したものの怒りの収まらない久は厳罰を科す事に決めてしまった。

西郷が処罰を受け入れず、過激派と共に暴走する事を恐れて切羽詰った大久保は、命懸けの芝居を打つ。西郷辺に連れて行き、罪するつもりがなければ今ここで共に死のうと申し出た。

かつて僧照と心中を図って生した事を命と考えていた西郷は、ここで自分たちが死ぬのは死にだと言い、甘んじて処罰を受けると答えたという。

「篤と申含めところ、従容として許諾、拙子もすでに決断を申入れに、何分右の通りにて安心にてこの上なし」 (『大久保利通日記』上巻 P118)

西郷鹿児島に連れ戻され、過激派を抑えられる人物が居なくなると、有馬新七らが京都伏見館・寺田屋に集結し、和宮降に協的だった関白九条尚忠や京都代の屋敷への襲撃を画策する。

京都に到着した4月16日から4日後の20日、大久保は鎮撫のために寺田屋に遣わされて説得を試みるが効果く、その後も士による説得は続けられたが、23日に計画実行が決定されると上意討ちしとなり、同日文字通りの同士討ちが起こった。

この事件によって計9名が死亡、生き残った薩摩士は元へ送還、他の関係者は引渡しとなり、薩摩内部の尊攘は壊滅した。

なお、この事件で薩摩に護送される途中に上で殺された田中河内子の件について、殺示したのは大久保と断定される事があるが、拠は特にい。

三事策

寺田屋での過激派鎮圧により朝廷から信任を得た久は、朝廷への建で幕政革と称し、越前福井嶽を大老に、徳川慶喜将軍後見職へ就任させる為の勅命を要した。

一方大久保は、朝廷の有卿である岩倉具視と初めて面会して協めている。

5月21日、久大久保の周旋が実を結び、念願の勅許が下る。この勅許は「三事策」と呼ばれている。内容は以下の通り。

  1. 幕府は速やかに将軍・徳茂を上させ、朝廷と攘夷について協議する。
  2. 豊臣氏の例に倣い、薩摩長州・土佐・仙台加賀の沿五大五大老とし、防・攘夷に当らせる。
  3. 徳川慶喜将軍後見職に、嶽を大老とする。

三事策のうち、薩摩の要望は3のみであり、1は尊攘とその背後にいる長州、2は岩倉具視による発案である。

1については、徳茂を京都に呼びつけて攘夷決行の勅命を下そうという尊攘の、2は薩摩の独走を牽制する岩倉の思惑に基づいている。

22日、卿の大原重徳が勅使に任命され、これを護衛する形で久率いる薩摩軍が江戸下向を開始した。

なお、この間5月20日大久保は御小納戸頭取に就任している。これまでの活動が評価されての昇進だった。

文久の幕政改革

6月7日、久一行は江戸に到着した。

勅使の大原茂に対して勅命を下し、久大久保は幕閣への勅命受け入れをめるが、外様の、しかもですらない久朝廷を動かして手に入れた勅命を幕府が容易に受け入れるはずもく、交渉は難航した。

薩摩としての要望であった徳川慶喜将軍後見職登用と、嶽の大老登用は特に強く要されたが、嶽の登用はともかく、慶喜の登用については、かつての将軍継嗣問題のように火種になりかねないと、老中板倉勝静をはじめ幕閣一同が強く反対した。

  大
       // ̄> ´  ̄  ̄  `ヽ  Y  ,)    え
  恩 一    L_ /              / ヽ  一 |
  赦 が    / '              '    i  !? マ
  ま 許    /               /    く    ジ
  で さ    i   ,.lrH‐|'|   /‐!-Lハ_  l    /-!'|/l   /`'メ、
  だ れ   l  | |_|_|_|/|  / /__!__ |/!トi   i/-- 、 レ!/ / ,-- レ
  よ る    _ゝ|/'/⌒ヽ ヽ/ '/ ̄`ヾ 、ヽト、N'/⌒ヾ    ,イ ̄`ヾ
  ね の  「  l ′ 「1     /てヽ′| | |  「L!    ' i'ひ}
   l は   ヽ  | ヽ__U,     ヽ シノ ノ! ! |ヽ_、ソ,     ヾシ _ノ
⌒レ'⌒ヽ ̄  |   〈     _人__人ノ_  i  く
人_,、ノL_,iノ!  /!ヽ   r─‐-  「  キ   L_ヽ   r─‐- 、   u
ハ キ  /  / lト、 \ ヽ, -‐ ノ  モ    了\  ヽ, -‐┤
ハ ャ  {  /   ヽ,ト、ヽ/!`h)   |     |/! 「ヽ, `ー /)
ハ ハ   ヽ/   r-、‐' // / |く  イ     > / / `'//

老中との交渉にイラッときた大久保は埒が開かないと判断、一計を案じる。

6月26日大久保大原に対して老中殺を示唆し、大原板倉坂安宅の2老中に、勅命に応じねば「変に及ぶとの事」と伝えると板倉らは顔面し、29日、ついに勅命受け入れを決定。嶽は大老の代わりに新設された役職である政事総裁職に、慶喜は将軍後見職へそれぞれ就任が決まった。

「数十年苦心焦思せし事今更夢之様な心持、皇之大慶は言に尽きし難き次第なり」
(『大久保利通日記』上巻 P164)

斉彬以来の薩摩の方針であった幕政革が成功し、久大久保らは歓喜のうちに8月21日江戸を後にした。

だがこの時の大久保達は、その行動が自分達の意思とは裏に、幕府の脆弱化と尊攘の付け入るスキを露呈してしまったことにまだ気づいていなかった。

長州との確執

ここで少し時間をさかのぼる。

5月、久一行が勅命を得た時、朝廷から長州と連携するようにと命じられていた。当時江戸には長州のそうせいが滞在しており、久江戸に着いたらそうせいと一緒に活動しようと意気込んでいた。

ところがこのそうせい、久と会うのを嫌がるかのように江戸から京都に向かってしまった。これに大原と久は強い不信感を持ち、後の8月18日の政変や禁門の変に至る長対立の発端となる。

が感情をしたことを気にしていた長州重臣の周布政之助は、6月12日、接待の場を設けて融和を図ろうとした。この接待に大久保と、精忠組の同志である小太郎が招かれていたが、この席で一着が起きる。以下は意訳。

周布「いやー悪かったねェうちの殿様のアレ。でもうちも別に私心でやってるわけじゃないから許してチョンマゲ♪だったら切腹しちゃう(^Д^)ギャハ!」
「へーじゃ今すぐ切腹しろや、検分してやるから。つーか何がチョンマゲだよこの薄らハゲ(^^)ゲラゲラ
周布「・・・(l% &д・ )あ”ぁ”?」

大久保がたしなめた為その場は収まったものの、の挑発的な態度に怒った周布は酔っ払うと抜き身のを振り回して踊り始めた。長州側で同席していたヒゲモジャ老兵来島又兵衛を寄せて薩摩側を睨み付けた。

いつり合いが始まってもおかしくない、そんな殺伐とした状況に策士・大久保が立ち上がった。

大久保「いかん!このままでは殺し合いになりかねん…」

       |
   \  __  /
   _ (m) _ピコーン
      |ミ|
   /  .`´  \
     ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (・・∩<そうだ、あれをやろう!
    (つ  丿 \_________
    ⊂_ ノ
      (_)

大久保「不肖大久保、芸を御覧に入れる!」
周布・来!?

おおくぼはおもむろにたたみをひっぺがし、なんとてのひらでまわしだした!



○○○○○○○○○ ○○○○○○○○○
○○○○○○○○ ○○○○○○○○○○○
○○○○○○○○○○○○○○○ ○○○
        / ̄フ::::::::::-==ヽ フ          ミ
       |  /<:L:iλ::i::」 ノ
       ヽ |::|i ´Д`) / 秘技、畳み回し!
        \  |ノiヽ| ノ
         i::|    { ノ´
        .,:::|  l>o〈
       /::::::|    {                    ポカーン
                               (^Д^;)(`Д´;)
                                周布 来

大久保の意外な行動に一同気を抜かれ、何とか事に宴会を終わらせることが出来た。

この事件は幕末の鴻門の会(笑)と呼ばれている。

東先生何やってんすか。

生麦事件

閑話休題。 8月21日的を達して意気揚々と京都に戻る途上、幕府・薩摩両者にとってやっかいな事件が起こる。いわゆる生麦事件である。

行列武蔵国生麦村を通過した際、イギリス観光客4名が通りすがった。大名行列に通りすがったら下してどかなければならないという当時の日本の習慣を知らなかったイギリス人たちは行列に割り込んでしまった為、昂した薩摩士がイギリス人たちをり付け、1名が現場で討ち取られた。

事態に憤したイギリス代理使ニールは、幕府と薩摩に対して謝罪と賠償を要した。幕府は外交当事者として受け入れたが薩摩は拒否。幕府からも制止をめられるが視してそのまま入した。

この事件に関して、薩摩公式見解として大久保が報告書を残している。以下がその要約である。

大名行列は作法が厳しく、日本人であっても礼を働けば切捨てにする習慣である。外国人であれば尚更である。こういう事態に備え、前もって外国人は当日外出を控えるよう通達しておいたはずである。それを視して外出したのだから非は外国人側にある。大名行列に対してに乗って割り込むとは失礼な話ではないか。

当然イギリス側は承知せず、約1年後に起こる戦争引き金となった[1]

尊攘激派猖獗

8月7日、久らは再び入するが、以前とは京都の雰囲気が一変していた。尊攘放火や暗殺といったテロ行為によって朝廷を意のままに動かしていたのである。協的だった岩倉具視8月20日に罷免されて出、隠居に追い込まれていた。

この事態に業を煮やした久は、朝廷に対して尊攘の過論を採用しないよう意見書を提出したが、全く受け入れられず、失望して23日に薩摩へ発ってしまった。

尊攘はますます勢いづき、9月21日三条実美と姉小路公知が攘夷督促の勅使として江戸派遣された。10月27日江戸に着いた三条姉小路茂に対して攘夷実行を要茂がこれを受け入れてしまい、更に具体的な話は上してから話すと約束してしまった。

幕府が謀な攘夷論に巻き込まれることに危機感を募らせた久大久保は、将軍阻止する為の活動を始めた。

12月9日、入した大久保は、有卿を歴訪して将軍の上反対を説いて回ったがさしたる効果がいと、今度は江戸に下向して嶽と山内容堂に同意をめる。同意した嶽と容堂は幕府に対し将軍反対をめ、一旦中止となったもののすぐさま撤回され、将軍が決定してしまった。

大久保は更に次善の策として、将軍が出発する前に慶喜、嶽、容堂、久ら諸侯が入して是を決めるべしと献策。幕府、嶽、容堂らの賛同を得る。

最善の策が駄なら次善の策を、それでも駄なら更に次善の策を実行に移し続けていくこの姿勢は、後の大政治家としての片鱗を覗かせている。

薩摩に帰る途中に京都に寄ったものの、尊攘による暗殺犠牲者の腕や卿の屋敷に投げ込まれる事件が頻発しており、朝廷工作に全く効果が期待できない状況の為、そのまま帰。途中の上でに遭い九死に一生を得て薩摩に帰還した。

帰還後間もない文久3年(1863年)2月10日の重役である御側役、御小納戸頭取を兼務し、薩摩最高幹部となる。

将軍・徳茂が3月4日に上、遅れて久が14日に上する。尊攘が大勢を占める京都において劣勢にあった薩摩の勢いを盛り返す為、在野、諸士、卿を問わず尊攘朝廷から排除するよう説いて回るが採用されず、18日には帰してしまった。

更に薩摩にとって悪いことが重なる。5月20日、尊攘卿の姉小路公知が暗殺され、下手人として薩摩士の田中新兵衛が捕縛されたのである。尋問中に田中自殺した為、この事件の犯人や動機については不明点があるものの、責任を問われた薩摩は御所への出入りを禁止されてしまった。

政治の中枢から外された観の薩摩だったが、意外な人物から救援をめる連絡が入る。

5月30日孝明天皇親王を通じて久に対し、京都に来て三条実美ら尊攘を排除してほしいという内容の密勅を出した。久から意見をめられた大久保は、準備が整っておらず時期尚と具申した。実際2ヵ半ほど後にこのめに応じるのだが、その前に潜り抜けなければならない試練が待ち構えていた。

薩英戦争

6月27日、7隻のイギリス軍艦隊が鹿児島湾に現れた。先年の生麦事件で、謝罪と賠償に応じない薩摩に対する威圧と報復措置のためであった。

大久保作戦揮に当たっており、28日から交渉を続ける傍ら開戦の準備に努めていた。7月2日イギリス側が近くに停泊していた薩摩の蒸気船3隻を拿捕するとそれを宣戦布告と見なし、大久保戦闘開始を伝達。撃が開始された。

折からの暴風雨に加え、準備不足と油断が重なったイギリス軍は予想以上の苦戦を強いられ、旗艦の艦長と副艦長が撃を受けて即死。戦死、負傷者は合わせて60人以上に上った。

薩摩側は死傷者10~20数名と、イギリス軍と較べて少なかったものの、沿部の民家500戸、工場、蒸気船数隻、台などが破壊されるなど、施設の被害が甚大であった。

元々謀な攘夷を是としていなかった薩摩だったが、この戦闘によって攘夷の非が全に自覚されることとなった。

話が前後するが、10月20日横浜で行われていたイギリスとの講和交渉のため江戸に赴いた大久保は、賠償支払いに関して幕府からを借りて解決しようとした。幕府側は財政難を理由に貸付を拒否するが、ここで大久保は前年と同じ手を使う。老中・板倉勝静の屋敷に使者を出し、貸付に応じなければイギリス人をって自分たちも切腹すると言わせたのである。この脅しに屈する形で幕府は7万両を薩摩に貸付けた。

薩摩の行動や交渉を認めたイギリスはこれ以降、幕府から距離を置き薩摩寄りの姿勢を見せ始める。

ちなみに、交戦前イギリス艦隊を視察するため屋根に上った大久保が滑って転んだという笑い話を後年本人がっているのでおまけで添えておく。

あ、あれはただ雨上がりで瓦で滑って転んだだけで、別にイギリス軍艦を見てを抜かしたとか、そんなんじゃないんだからね!勘違いしないでよね!!

八月十八日の政変

京都で猖獗を極めていた尊攘だったが、面下では合体による巻き返しが画策されていた。

親王を通じて孝明天皇から尊攘排除の密命を受けた薩摩は、会津と提携して尊攘京都から追放する計画を立て、8月18日未明実行に移した。薩摩会津などの兵が突然御所を封鎖し、長州関係者や三条実美ら尊攘卿7人が京都から追放された。この政変により、京都の尊王攘夷は大幅に勢を弱めた。

この政変に大久保がどの程度関わっていたのか明確でいが、嶽から久宛てに送られた決起を促す手紙や、それに対する久の返信などから、会津ではなく越前福井と提携する考えを持っていたのではないかとされる。

参預会議と公武合体論の頓挫

長州をはじめとする尊王攘夷京都から締め出されると、徳川慶喜嶽・山内容堂・伊達合体の諸侯が続々と入する。久大久保10月3日に1万5千の大兵を擁して入

大久保は、朝廷・幕府・有3者を交えた会議により是を決定するという針をもって、朝廷に対し有諸侯を議に参加させることを要12月30日、慶喜・嶽・容堂・宗の4人と容保が議への参加を認められ、久も翌文久4年1月13日に従四位下左近衛少将に任命されると同時に議参加を認められた。この議は参預会議と呼ばれている。

大久保はこの参預会議に大きな期待を寄せていたが、日本公式政府であることを自認する幕府にとっては甚だ障りな存在で、幕府側の代表と見なされた慶喜にとっても雄、特に薩摩の動きは警すべき対となっており、幕閣に同調した慶喜は参預会議を潰しにかかる。

2月15日会議で議題に上った横浜港の鎖港の是非について、久嶽・宗は反対を唱えたが、慶喜は幕府の意向に沿う形で鎖港を。翌16日、親王の屋敷に嶽・宗・久の3人を伴って訪れた慶喜は、に酔った勢いで3人を罵倒し、更に親王に対しては薩摩から財政援助を受けているのだろうと非難した。これが決定打となり、3月上旬には全ての参預が辞任して参預会議は解体した。これまでの合体運動の努の結晶がに帰した大久保日記で「大事は去った」と書き残した。

そして、参預会議解体に導いた本人である徳川慶喜に対して、これまでの評価をめて警すべき奸物と見なすようになった。

西郷の帰還

合体運動に行き詰まりを感じ始めた薩摩は、新たな方針を打ち出す必要に迫られていた。これに対応できる人材として再び西郷隆盛の待望論が内で浮上し、久も嫌々ながら承諾せざるを得なかった。

この時大久保西郷の帰還を望んでいたかどうかは不明であり、久光へ西郷帰還を上申した人々の中には含まれていない。戻ればまた久と対立するのではないかと恐れた為と思われるが、帰還後、久との対立も表面上特に見られなかった為、安心したと手紙に書き残している。

帰還後の元治元年(1864年)3月京都に入ってすぐ御軍賦役に任命された西郷は、まず用と判断した会津との連携を破棄し、情報収集や軍の教練に努めた。

6月池田屋事件、7月に禁門の変と慌しく情勢が変化していく中、大久保鹿児島長州への処罰に関する朝廷への建言書を書き上げたり、京都西郷と書簡で連絡を取り合うなど留守役にしている。

第1次長州征伐後、権回復をす幕府が、文久の革で緩和されたはずの参勤交代の復活や、西郷の采配で既に罪済みだった長州に対し、子と三条実美らを江戸に呼びつけるなど、薩摩の路線にあからさまな反撃を始めた。元治2年(1865年)1月25日大久保は幕府の動きを牽制する為京都に向かった。

幕府・慶喜との暗闘

2月7日京都に入った大久保は、親王・近衛忠熙・関白二条斉敬らの屋敷を訪問して、幕府の行動を勅命によって阻止して頂きたいと入説していたが、丁度同じ頃、江戸から阿部正外・本荘宗秀の2老中が3000の兵を率いて京都に現れた。

京都で活動中の徳川慶喜容保・定敬を罷免して江戸に連れ戻し、諸京都から排除して朝廷を幕府の統制下に置こうという計画で、これを知った大久保は「井大老の頃まで時勢を戻そうと言う暴論であり、実に大変の次第」と二条に入れ知恵して、22日に参内した2老中へ「京都入りした理由は何か、何故大兵を率いて来たのか」と詰問させた。要領を得ない返答しかできない2老中のうち、阿部将軍の督促を強要されて江戸に帰り、本荘は沿警備という理由で大阪厄介払いされた。

3月2日朝廷から京都代の定敬に対し、以下の御沙汰書が出された。

一、長州子、江戸表へ召し呼ばれ赴きなれども、この頃内も不穏の由へば、しばらくその儘に差し置き申すべく
一、実美らも同断なれども、また同様その儘差し置き申すべく
一、諸大名参勤、古格に引き戻し様、去達しこれあり由にへども、諸ともこの時勢につき内輪迷惑の様子も相聞え。よりて、やはり文久2年革の通りに致すべき旨に事。
(北原長『七年史』下巻 P31)

この内容は大久保案をほぼ引き写したものと言われており、大久保朝廷での発言は急速に高まった。

この一件に加え、水戸天狗党の乱の処罰として、捕縛されたもののうち352人が斬首されたという情報が入り、大久保の幕府に対する感情は最悪なものとなった。

「実に聞くに堪えざる次第なり、是を以って幕滅亡のしるしと察せられ
(『大久保利通日記』上巻 P242)

3月29日、幕府は長州再征のための将軍再上を布告、全に従うよう命じ、慶応元年(1865年)5月16日茂は江戸を出発した。一旦鹿児島に戻っていた大久保は、大義の長州再征を阻止する為5月21日再び京都に向かう。京都に入ると、西郷と共に長州再征反対の入説を朝廷・諸に対して行っている。

5月22日京都に入り、すぐに大阪城に移った茂だったが、どの諸は財政難や厭戦気分に陥っており、再征伐に消極的だった。

この頃大久保7月8日に一旦帰し、翌8月25日再度出発、9月13日大阪到着と慌しい動きを見せている。

大阪到着後すぐに京都入りし、長州問題と外交問題は諸侯による会議で解決すべしと朝廷で働きかけたが、20日から21日にかけて長州再征が内定されてしまった。情報を得た大久保は妨すべく、21親王を訪れ、「長州再征は大義のい暴挙であり、も従いはしない。にも拘らずこれを朝廷が認めるのは非義の勅命である。非義の勅命は勅命ではない」とまくし立てた。親王の屋敷を後にするとその足で今度は二条斉敬の屋敷を尋ねて同じ内容で重ねて非難した。このため二条の参内が遅れ、同じ日に参内していた茂が長時間待たされる羽になった。

二十一日、大(茂)参内、長州再征の勅許を得んとせらる当、大久保一蔵方(親王)の許に来たり、長州再征の事は、元来名義不分明の暴挙なるを以って、尾、越、の如き一人たりとも出兵せざるべし、今日、大の奏請は断然御拒絶然るべし々。尚、関白殿下(二条斉敬)の許に至り、同じ趣意を述べ、時は言論殊に切に渉り、大久保一蔵の議なることを何方へなりとも仰せ出されよとまで申立て、容易く退出せざりし由。

斯くて殿下の参内殊の外遅々に及ばれけるが、大殿下の参内を待ち合わされし事故、会某等両人を殿下の屋敷に遣わしたるに、彼大久保が、頻りに申立て居る最中なりしを以って、両人を隔てその議を側聞せし由。其後、殿下参内、進軍は然るべからずと仰出されければ、一(慶喜)大に激怒して、一匹夫の言を聞き、軽々しく議を動かさるる如きは、下の至変とうべし、斯くの如くんば、大初め一同職を辞するの外あるべからずと申放しければ、殿下殊の外迷惑せられ、遂に奏請を容れられることに決せり。
(中根江『秘記抄』)

大久保の妨工作は失敗に終わり、翌22日、親王の屋敷を訪れて「朝廷是限り」と言い放った。

10月3日茂は条約勅許を二条め、4日から議が開かれた。大久保はまたしても諸侯会議によって決めるべきであると近衛忠煕を通じて働きかけ、諸侯が集まるまでの間、薩摩が諸外との条約引き延ばし交渉を引き受けるとし、一旦決まりかけたものの、慶喜の猛反撃にあって中止となり、幕府導の条約勅許が通る事となった。

またしても慶喜にしてやられた大久保は、「一は譎詐(けっさ)限」と、慶喜への警心を高めた。

幕藩相克

幕府との間で妥協点を見出すことに限界を見た薩摩は、次なる一手として反幕府の急先鋒たる長州との連携を模索し始めた。

慶応2年(1866年)1月21日坂本龍馬の仲介によって薩摩長州は秘密同盟を結ぶが、大久保はこの件についてどの程度関与したのか不明であり、前日20日には西郷小松帯刀らに任せて帰している。

4月、幕府から薩摩長州再征に応じて出兵せよとの沙汰が出たので、これを拒否する役を大久保が買って出た。相手は例の老中・板倉勝静である。板倉と面会した大久保はこの時たまたまの病にっており、何を言ってるのか聞こえないと答えた。近くに寄れと言われ、近づいて話を聞くと「長州征伐」を「薩摩征伐」と聞き違え、「なんと幕府は薩摩を征伐なさるおつもりか」と驚く。板倉も驚いて話を繰り返すとようやく聞こえたが、大義のい戦には一兵も出すことは出来ないと、前年朝廷で披露した自説を繰り返して立ち去った。

その後としての公式文書でも出兵拒否を提出した。板倉が却下すると再び提出、また却下されまた提出と繰り返し、最終的には再度板倉と会って出兵拒否の理由を延々と延べ立てて、断固として参戦を拒絶した。

ところで、さっきの病と言ったな。あれはだ。

武力討幕への傾斜

7月20日、第2次長州征伐の最中、14代将軍・徳茂が薨去した。後継者は徳川慶喜の他にいないとされていたが、慶喜は自ら将軍職を望んでいるようなそぶりを見せず、周囲に要請された上での就任を演出すると言う持ち前の謀略ぶりを発揮する。8月21日には休戦を宣言。戦いは実質長州側の勝利に終わった。

慶喜が将軍職就任を渋っている間、大久保は次の一手を打つ。将軍位にかこつけて諸侯会議を開き、将軍職を止し、政治を諸侯会議に移してしまおうという思い切った謀略であるが、この策は慶喜の活動と、慶喜を支持する孝明天皇の意思により失敗に終わる。

12月5日、慶喜は徳幕府第15代将軍に就任した。そのわずか20日後には孝明天皇が悪性の疱瘡により崩御。ここに、徳川慶喜薩摩最後の戦いが始まった。

慶応3年(1867年)、大久保西郷小松薩摩の3幹部は、懸案の長州問題と兵庫開港問題を雄連合政権の試石として、3年前の参預会議を構成した諸侯、即ち嶽・山内容堂・伊達島津の4人を京都に集め、諸侯会議の開催を計画した。西郷小松は各諸侯への周旋を、大久保朝廷への周旋をそれぞれ担当した。

5月、4人が京都に集まると慶喜との会議が始まった。総論は基本的に一致を見たものの、各論になると長州問題で反すべきは幕府なのか長州なのか、あるいは長州問題と兵庫の開港問題はどちらを先に処理すべきかなどでまらず、そのうちに容堂がやる気くして帰嶽は軟化して幕府と薩摩の折衷案というgdgdな展開となった。

スキありと見た慶喜は23から24日の午後にかけて丸1日近く卿達との会議を行い、単独で兵庫開港の勅許を取得した。

さすがの諸侯会議マニア大久保も、もはや話し合いの時節は過ぎ去ったと判断。武討幕に向けて動き始めた。

討幕の密勅

討幕への覚悟を決めた西郷大久保小松の3人はその準備に向けて動き始める。

5月21日、土佐の討幕である退助・中岡慎太郎らから協を取り付けた。続いて6月22日、土佐参政・後藤象二郎と会談し、土盟約を締結するが、9月7日になって後藤が言論、つまり大政奉還を是にしたと宣言。路線が異なる為破棄された。

8月14日大久保は芸州重臣の将曹と会談し、武討幕への参加をめて賛同を得た。続いて9月17日長州山口に着いた大久保木戸孝允・広沢臣と会談。19日には長州子に謁見し、・長・芸3による出兵の協定を結んだ。

9月27日後藤が大政奉還建まで挙兵を延期するようめると、西郷小松拒否する大久保は容認する意思を見せたので2人も容認した。大政奉還が拒否された時こそ武討幕の大義が成り立つと考えていたのではないかとされる。

そして慶応2年末頃から、一連の活動と同時並行で大久保は頻繁にある人物と接触している。即ち岩倉具視である。

岩倉を介して朝廷への足がかりを得た大久保は、朝廷内部で岩倉と意思を通じている中御門経之中山忠能正親町三条実愛、そして岩倉の側近である学者の玉松操と共謀し、「討幕の密勅」を作成させる。

この密勅が作成されたのは10月8日から13日の間とされ、13日には薩摩子に、14日には長州子に下された。

何故この密勅が必要だったかについは諸説あり、武討幕の大義を得るためとも、薩摩内部の反対勢を抑えるためとも、または武討幕という陰謀に加担することによる共犯意識を醸成させるためとも言われる。

ちょうど同じ頃、慶喜は大政奉還という思い切った行動に出る。政治朝廷に返上して、これまでの専横の詫びを演出し、一見武討幕の大義は消失したかに見えたが、既に大久保らにとってはどうでも良い事だった。

17日、大久保西郷小松の3人はって帰し、武討幕に論を一本化すべく説得を重ね、茂久と3000人を京都派遣することを決定した。朝廷を兵をもって統制下に置いたうえで幕府側の勢を排除するのが狙いであり、文久3年の政変のやり方を踏襲した策である。

11月23日に茂久が率兵上、29日には長州兵が兵庫に到着した。

12月に入ると、大久保西郷岩倉らによって決起の期日が5日に決まるが、土佐後藤が8日に延期をめてきた。8日になると、更に延期をめてきた為、9日に延期、これ以上は引き伸ばせないと最終決定された。

8日、岩倉は上してきた薩摩・土佐・尾・芸州・越前5の重臣を集めて、明日の計画を伝えた。当日の朝廷での議は深夜に及び、長州の赦免と、岩倉三条卿の赦免を決定。9日議が終わり二条斉敬・親王ら佐幕卿が御所を出た。

王政復古・小御所会議

12月9日午前、前日に赦免された岩倉王政復古の文案を携えて参内し、西郷率いる薩摩軍をはじめ、在の兵によって御所九門が閉鎖された。岩倉の奏上後、明治天皇卿と諸侯の前で王政復古を宣言。朝廷と幕府の役職を含めた旧体制を全し、総裁・議定・参予の三職を置いた新政府発足を宣言し、慶喜・二条親王らの参内を禁じた。

夕方から小御所で始まった会議では、山内容堂・後藤象二郎嶽ら、慶喜を含めた議会の設立をする政体と、大久保岩倉ら武討幕との間で舌戦となった。大久保は、「慶喜が政権返上したが、本当に反したか疑わしい。本当に反しているのなら辞官納地(官位と領地の返上)すべきである」と。一方容堂は、「大政奉還の功労者である慶喜がここに居ないのはおかしい、今すぐ呼べ」と。更に酔った勢いで「幼少の天子を擁して権威を私物化しようとしている」と口走った為、逆に岩倉が、「幼少の天子とは何事か」と反撃。深夜に及ぶ論となった。

結果的に岩倉が暗殺をめかすと、身の危険を感じた容堂が口を噤み、慶喜への辞官納地の要が決定された。

近代の黎明 -鳥羽・伏見の戦い-

12日、辞官納地を受けた慶喜は、会津・桑名その他の兵を率いて二条から大阪城に退いた。同日、大久保代表として西郷と共に参与に任命される。

嶽・容堂・後藤らは巻き返しを図るため方々で周旋を繰り返した。卿や諸侯からは政変に対する批判が続出し、在からも批判の意見書が提出された。この状況に岩倉が弱になり、16日には辞官納地も強要的な内容から慶喜が受け入れ易い文言に刷り返られた。17日、慶喜は大阪城に外使節を招いて、外交の責任は引き続き自分にあると宣言。

大久保は対抗して、外使らに対して天皇の名の下に自分たちこそが公式日本政府であるとの詔書を出した。

朕は大日本天皇にして同盟列たり、誥を承くべき諸外帝王と其臣民とに対し祝辞を宣ぶ。朕将軍の権を朕に帰さんことを許可し、列会議し、に告ぐること左の如し。第一、朕政を委任せる将軍職をするなり。第二、大日本の総政治は内外の事、共に同盟列会議を経て後、有の奏する所を以て朕之を決すべし。第三、条約は大君の名を以て結ぶといへども以降朕が名に換ふべし。是が為に朕が有に命じ、外の有と応接せしめん。其未定の間は旧の条約に従ふべし。

だがこれに嶽と容堂が署名を拒否したため、20日に三職会議で否決され竜尾となる。

23日に開かれた三職会議では、嶽と容堂の意向によって士出身の参与の出席が出来なくなり、大久保も締め出される。辞官納地に関する議案を提出したが、これも嶽と容堂によって「返上」の文字が削られて阻まれる。24日には慶喜の上が認められ、28日には慶喜の上後の議定就任が内定してしまった。

大久保ら武討幕絶体絶命危機に立たされた。

同日、慶喜の居る大阪城に、江戸では既に旧幕府と薩摩が交戦を始めたという情報が飛び込んできた。

これを聞いた会津・桑名他幕臣達が薩摩討伐をし、あまりの幕に慶喜も容認した。だが和戦どちらにしろ依然として自分のほうが優位であるというこの甘い判断が命取りとなった。

年が明け慶応4年1月2日、「討の表」を掲げた会津・桑名両をはじめとする旧幕府軍1万5千が京都に向けて進軍を開始した。1月3日大久保岩倉に対して次のように述べた。

去る九日、朝廷大御変革御発表の形体を熟考するに、既に二大事を失はれて、皇の事十に七八は成るべからずと息涕泣いた折柄、将に三大事を失せられんとす。三大事共に失はれへば、皇の事て瓦解土崩、大御変革も尽く画餅と相成るべきは顕然明著といふべし。
(『岩倉実記』 中巻 P220)

三大事とは、第一に辞官納地の形骸化・第二に大政奉還後も外交権をして大阪に兵を集めている慶喜の欺瞞・第三にまさに今行われようとしている慶喜の上である。

是三大事を失せられんとするの危急なり。右に就て、是を救ひ返すには、勤王二の決然干を期し、戮合体、非常の尽に及ばざればはずと存ぜられ。今在列侯士、因循苟且の徒、就中、議定職の御方、下参与職の者、具眼の士一人も之れし、事を好んで、諛言を以て雷同論になし、周旋尽するの次第、実に憤慨に堪ふべからず。これに依り愚考するに、干を期する決定に至り得ば、然明朝廷に尽し奉らずんば、万成すべからず。
(『岩倉実記』中巻 P222)

議定、参与は事なかれ義で、具眼の士は一人も居ない。今の状況を逆転するには武をもって非常の尽に及ばねばならないと、大久保岩倉に対して開戦を促した。

同日、街道伏見街道を進軍中の旧幕府軍は、その途上で薩摩長州を中心とする新政府軍と遭遇し、退く退かぬの押し問答が夕方まで続いたが、旧幕府軍が前進を強行しようとした時、薩摩軍が一斉射撃を開始。開戦の口火を切った。

兵数・装備共に旧幕府軍が勝っていたが、戦略・戦術に劣り連敗を喫していたところに、4日、仁和寺宮嘉親王が征討大将軍に任じられ、錦旗と節を賜って進発。5日には前線に錦旗が現れ始めた。

錦旗が掲げられたことにより、長と幕府の私闘は官軍と賊軍との戦いとなった。

6日夕方、慶喜は将兵を集めて「よし是よりすぐに出せん、皆々用意せよ」と言った為、連敗続きの将兵らの士気は持ち直したが、その、慶喜は側近や容保らを連れて船に乗って江戸に逃亡してしまった。

政府内部の政体は一気に勢を縮小し、ここに、大久保西郷らの政治勝利がほぼ決した。

明治時代

大阪遷都論

伏見の戦いに勝利した大久保は、1月17日から18日にかけて仁和寺宮熾仁親王に対し、明治天皇大阪に動座させ、大阪を都とするべきであると建言し、23日正式に大阪遷都政府に提議した。

「開闢以来かつてない変動があり、今や官軍の勝利となって巨賊も逃亡したが、鎮定には至らず諸外との交際も永続の法が立たず列は離反し人心恟々、事紛紜、復古の鴻業は未だその半ばにも至っていない。然らば朝廷において一時の勝利永久に安泰と思われては、すなわち北条の後に足利が生じたように前姦去って後姦来るの覆轍を踏むのは必然である」

「よって世界の大勢を洞察し、数年来の因循の腐臭を一新し、官武の別を放棄し、一(天皇)と申し奉るものはかくまで有り難いもの、人民とはかくまでに頼もしいものと上下一貫下万民感動啼泣するほどの内同心合体今日最も急務である」

「これまで通り上が玉簾(たまだれ)の内におわしてわずかに限られた卿方以外拝し奉る事ができないようでは民のたる御職とは大いに食い違う訳なれば、この御職が定まって初めて内事務も起つというものである」

上のおわす所を上と言い、卿方を上人と言い、顔は拝し難きものと思い、余りに崇め尊び過ぎて分外に尊大高なもののように思し召され、ついに上下隔絶して今日の弊習となった。敬上下は論なきことだが過ぎれば君・臣を失わしむるがある。外においても帝王が従者1,2人率いて中を歩き、万民を撫育するのは実に君を行うものである」

 「遷都を一新の機会として大弊を抜き去り、下慄動する大基礎を立てなければ、皇威を海外かし万に御対立することはわない」

遷都の地は浪(大阪)にすべきである。外交際の、富強兵の術、攻守の大権、陸軍を起こすにおいて適当な地形である」

大阪は地形的に政治に適しているためそこに遷都し、それによって天皇朝廷の因循から解放され、今までの弊習も打破できるとしたが、この案は卿や諸侯からの反発を招いて実現しなかった。

東京奠都

4月11日江戸城無血開城後、旧幕軍の脱走や佐幕諸の新政府への反発があり、東日本は不穏の度を増していた。4月1日、東征大総督府軍監・江藤と徴士・大木喬任は新政府の威信を人民に示すため江戸東京め、天皇を迎えるべきだと岩倉具視に建言した。大久保も同様の意見を岩倉に伝え、自ら江戸に赴いて関東の諸問題を解決したいと訴えた。これが聞き届けられ、5月23日政府大久保江戸行きを示した。

6月18日大久保は船で江戸に向かい、21日着。江藤大木の他、木戸孝允大村益次郎らと協議し、7月17日に東日本統治のため鎮将府という暫定政府の他、江戸を治める東京府東北地方定するための総督府を新たに設置した。鎮将府の参与は大久保ただ1人であったため実質的な全責任を負うことになり、が覚めてから眠るまで休む間もない務だと日記に残している。

大久保天皇東京行幸を待ち望んでいたが、京都卿、諸侯は危険な関東天皇を行かせるべきでないと慎重だった。8月19日榎本武揚艦隊8隻の脱走事件を契機に大久保天皇東京に迎える事の必要性をめて強く感じ、埒があかない京都の守旧を説得するため9月9日東京を出発。13日に京都に着き、反対する卿や諸侯を抑え込んで天皇の行幸が決定された。

9月20日明治天皇京都を出発し、10月13日東京着。大久保はこの行幸を「天威堂々」「千載一時の盛典、歓喜言うべからず」と日記に書いた。大久保にとってこの行幸は東北に睨みを利かす親征であり、京都の守旧から天皇を引き離すための政略でもあった。

一旦京都に還幸した明治天皇は翌明治2年(1869年)3月28日に再度東京に入り、この年に官庁も東京に移され、事実上の東京奠都が実施された。

版籍奉還

明治2年(1869年)1月14日大久保、広沢臣、板垣退助京都会議を開き、全から天皇へ土地人民を返上させる版籍奉還を進めることで合意した。前年1月には既に大久保の他木戸孝允も版籍奉還についての建政府に対して建議しており、の世襲制やそのものの止まではこの時点では考えていなかった大久保と、それらも視野に入れた木戸との間で対立点があったものの、成立したばかりで脆弱な政府の基盤を確立し、日本を名実ともに統一国家にするための措置として避けて通れないという点では一致していた。

1月20日薩摩長州、土佐の他、大久保が大重信、副種臣を説得して引き込んだ肥前佐賀を含めた四による連署で、政府に対し版籍奉還の建が実施された。

土肥連署し版籍奉還の表を上(たてまつ)る、臣某等頓首再拝
謹て案ずるに、朝廷一日も失る可らざる者は大体なり。一日も仮す可らざる者は大権なり。祖肇(はじめ)てを開き基を建玉ひしより、皇統一系万世窮普率土、其の有に非ざるはなく、其臣に非ざるはなし。是れ大体とす。且つ与へ且つ奪ひ、爵以て下を維持し、尺土も私に有することはず、一民も私に攘(ぬす)むこと はず。是れ大権とす。方今大政新に復し、万機之を親(みずか)らす、実に千歳の一機、其名あつて其実なかる可らす、其実を挙るは大義を明にし名分を正すより先なるはなし。嚮に徳氏に起こる、古旧族下に半す、依てすもの多し、して其土地人民、之を朝廷に受ると否とを問はす、因襲の久しき以て今日に至る。世は謂らく、是祖先鋒鏑の経始する所と、吁何そ兵を擁して官庫に入り、其貨を奪ひ、是死を犯して獲所のものに異ならんや、庫に入るものは人其賊たるを知る、土地人民を攘医奪するに至っては、下これを怪します甚哉名義の紊攘する事。今也新の治をむ、宜しく大体の在る所、大権の繋る所、毫も仮すへからす。抑(そもそも)臣等居る所は、即ち天子の土、臣等牧(ぼく)する所は、即ち天子の民なり。安(いずく)んぞ私有すへけにや。今謹みて其版籍を収めて之を上(たてまつ)る。願くは朝廷其宜に処し、其与ふ可きは之を与へ、其奪ふべきはこれを奪ひ、(およそ)列の封土、更に宜しく詔命を下し、これをめ定むへし。して制度典、軍の政より(じゅうふく)器機の制に至るまて、悉く朝廷より出て、下の事、大小となく皆一に帰せしむへし。然后(しかるのち)に名実相得、始めて海外と並立へし。

(『太政官日誌』)

1月24日政府がこの建を受理すると、鳥取・佐土原福井熊本大垣などがこぞって自的に版籍奉還を上表しはじめ、6月までには200以上のが版籍奉還の自的な上表を実施した。

6月12日大久保、広沢、岩倉具視らの会議により版籍奉還後のの扱いに関しては知事という地位を世襲制で与える事に決定したが、木戸伊藤博文が「知事世襲制は現状と何ら変わらない単なる名称の変更に過ぎない」として世襲制に強硬に反対したため、非世襲制にめられた。

6月17日から各の版籍奉還上表に許可が下り、翌明治3年(1870年)8月までに274が知事に任命された。

内政の混乱

版籍奉還建が行われてから間もない明治2年(1869年)2月13日島津・忠義子から帰を命じられていた大久保は故郷の鹿児島に着いた。戊辰戦争の論功行賞で下士層からの突き上げに苦慮していた上層部から対応をめられた形で、大久保自身も政府革を実行するため久を必要としていた。久を説得し上約束を取り付け、政についても島津とを分離させ、温泉に引き篭もっていた西郷隆盛伊地知正治などを参政に就任させた。

とりあえず的を遂げて3月11日鹿児島を発ったが、政府の前途は多難を極めていた。1月には参与の横井小楠が暗殺され、横井を嫌っていた政府関係者達は采する有様だった。戊辰戦争の戦費調達のために乱発した太政官札と呼ばれた不換紙幣のために貨幣価値が混乱し、経済・貿易に悪影を及ぼした。諸外使達は政府抗議し、弊政革や条約履行を要した。経済的な混乱に伴い一も頻発し、明治2年だけでも110件の一が全各地で起こった。政府の人事・政務もれ合いと怠慢が蔓延り如何ともしがたい状況であった。

4月24日東京に戻った大久保岩倉具視に人事の刷新を提案。政府内部で投票による人事を行い、地位本位のれ合い人事を一新する事で政府の引き締めを図った。

5月13日と14日にかけて高官選という名で三等官以上による選挙が実施され、相1名、議定3名、参与6名、官庁長官6名を定員として選出。大久保の他木戸孝允後藤象二郎、副種臣、板垣退助らが参与に選ばれ、冗員となっていた大名や公家出身者は大幅に削られる事になった。

島津久光との対立

7月8日、官制革の一環として職員が実施された。これにより政府の職制が一新され、官・太政官が新たに設置された。太政官の下には相・議定・参与の代わりに左大臣・右大臣・大納言・参議が新たに設けられ、その下に民部・大蔵・兵部・刑部宮内外務省大学校・弾正台などが設置された。

参議に就任した大久保は、政府の一層の強化を図るため長両政府への協が必要だと認識し、再び島津の協を得るために明治3年(1870年)1月19日鹿児島に着いた。翌日久に謁見し政府への協めたが、久政府の欧化政策、とりわけ封建制解体をしていた事に強く反発し、24日にはついに大久保と久の間で論が起こった。長い間久の元で働いてきた大久保にとって久から拒絶された事は愕然とする出来事だったらしく、を飲んで気を紛らわした事を日記に残している。この時の帰郷では成果を得られないまま去るしかなく、3月12日東京に帰着。東京に戻った大久保には更なる政府内部の問題が待ち受けていた。

政府内紛

前年に発足した民部・大蔵の両はその後まもなく合併し、内政全般を統括する巨大なになった。導権は民部大輔・大重信や大蔵少伊藤博文、大蔵大井上らが握り、木戸孝允の支持を得て急進的な欧化政策を推進した。一刻も近代化をした大らによる政策のしわ寄せは重税という形で現れ、地方行政の現場からは中央への批判が高まった。

事態を憂慮した岩倉具視は、鹿児島出張中の大久保手紙を送り、民部と大蔵の件で物議があることを知らせた。東京に戻った大久保は、岩倉や他の参議と民部・大蔵両分割など対応策を協議していたところ、大大久保の元を訪れ、自身の政策の誤りを認めて反した。

の反があり急進論がめられる方向に向かうかと思われたが、太政官と大蔵の間で朝敵への処遇で対立が起こり、更に6月木戸山口から東京に戻ると7日に参議に就任。大も参議にして急進策を続行させるよう要し、大久保ら漸進義を取る参議達と対立した。

6月22日大久保の他広沢臣・副種臣・佐佐木高行ら木戸の政策に批判的な参議がって辞表を提出する事態になったが、結果的に大久保の意見が通り、7月10日に民部・大蔵両分割され、民部大久保岩倉が御用掛に就任して権限を握した。

藩と政府

9月10日政府は「制」を布した。財政のうち10%を知事のとし、9%軍事費にあて、その9%の半分は政府に上納せよという内容で、政への介入統制を強めるものだった。全、とりわけ鹿児島は強硬に反対し、集議院での審議中に議員であった伊地知正治はボイコットして布前の7月鹿児島へ帰ってしまった。

布のあった9月には鹿児島から提供されていた常備兵1000人も鹿児島に帰ってしまい、巷では鹿児島が反乱を起こすのではないかという噂が飛び交った。噂話に動揺した岩倉具視大久保に相談したが、大久保は「そのような説に惑わされてはならない」と強く忠告した。

大久保自身「制」の推進者の一人であり政府の対立を招いたが、、特に長両を使い政府をより強化しなければならないという考えは捨てておらず、岩倉木戸孝允にも働きかけた。木戸から薩摩による政府乗っ取りではないかと疑われたが、大久保は「たとい旧の論といえども、不条理の筋あれば敢えて顧みるに足らず」と強い決意をった。木戸も納得し、自身も山口に赴いての協を取り付けることを約束した。11月には岩倉自身が勅使になって鹿児島に向かう事を決め、大久保もこれに随伴する事になった。11月29日大久保木戸と共に東京を発ち、木戸山口に、大久保鹿児島に向かった。

12月18日岩倉勅使一行は鹿児島に着き、子に政府への協めた。22日には大久保の説得を受け入れた西郷隆盛が協約束し、25日には島津岩倉の元を訪れて病気療養中の自身に代わり西郷を上させる事を約束した。

西郷を加えた一行は年末に鹿児島を離れ、明治4年(1871年)1月7日山口着。毛利敬親からも協を取り付けると今度は高知に向かい、板垣退助や知事の山内豊範からも政府への協に同意させることに成功した。大久保木戸西郷の思惑は長土三の提携による政府強化であり、これによって中央集権化実現の下地を整える事だった。

なお、大久保が故郷に帰ったのはこれが最後となる。

廃藩置県

明治4年(1871年)2月2日大久保木戸西郷板垣らを連れて東京に戻った。13日、政府から長土三に対し新兵差出しの命が下り、集められた総数8000人の兵が政府直轄軍となった。

続いて政府の制度革が検討されたが、ここでまたもや大久保木戸の意見対立が始まった。大久保は参議を止して各の卿が左大臣・右大臣の元で行政導していく事で政府内部の連携を密にして政府の一体性を保持するという案を提示したが、木戸は「諸の権強く、政府立つまじ」と反対し、逆に従来の大納言と参議を増員して権限を強化し、立法官として各の権を抑制する事をした。

対立の最中の6月1日西郷大久保を訪れ、参議を木戸一人のみとして他の者たちは彼に協させる事で政治根本を一つにすべきであると説いた。大久保は賛成し、板垣井上・山県有らも同意したが、木戸は自分ひとりのみ参議に就任する事を拒否した。大久保は代替案として西郷も参議に就任させる事で妥協を図った。大重信の説得もあり、ようやく木戸が渋々参議就任を受け入れ、25日に木戸西郷が参議に就任。同時に他の参議は罷免された。

参議に就任した木戸は人事に手を付け始めたが、大久保の思惑とまるで合わない人事異動を内定したり、大久保の念願だった中務の設置が案になったため今度は大久保が不満を表し始めた。また木戸は制度の審議が不十分であるとして制度取調会議を開催した。会議7月5日から木戸西郷を議長として始まったが、空転に次ぐ空転で制度革は遅々として進まなかった。こうした状況に大久保も気が萎え、岩倉具視に「奮発する気を失ってしまった」と弱音を吐く有様だった。

7月初め、山口出身の野村靖と尾小弥太の2人は山県有邸にて、政府着状態を打破するためにを行うべきであると話し合い、同意した山県は西郷へ、野村尾は井上を通して木戸孝允に話を持ちかけた。井上木戸ともに異論はく、西郷も山県の回顧によると即座に同意したという。山県と西郷の対談のあった6日午後、西郷大久保を訪れての建議を話し、大久保も同意した。

篤と熟考、今日のままにして瓦解せんよりは、寧ろ大英断に出て瓦解いたしたらん

(『大久保利通日記』)

大久保自身はどちらかといえばには慎重であったが、このまま政府内部の対立による政治空白状態が長引くよりは、政府の方針が一致しつつある今、という思い切った政策を実現させ、一気に中央集権への筋をつけたほうがよいと判断した。

9日、木戸邸に大久保西郷の他西郷の実である西郷大山、そして木戸井上、山県が集まり、についての秘密会議が行われた。10日、大久保木戸西郷会議にて実行日は14日に決まり、12日には岩倉三条実美にもそれぞれ知らせた。岩倉は「何分意外の大変革を急に告げられ狽した」と大久保手紙で伝えたところ、大久保は「このまま政治の停滞が続けば計り知れない事態になる。は容易ならざる事件だが断然決行せねばならず、王政復古の時と同じ心持ちで臨まなくてはならない」と岩倉を励ました。

14日午前、皇居にて一部の知事達にが伝えられた後、午後に呼び出された54人の在事達の前に明治天皇と右大臣・三条実美が現れた。そして三条が「置県」を宣言し、知事達はすべて罷免されて東京に移り住む事を命じられた。これにより全261止されて3府302県となり、幕体制が名実共に終焉した。

大久保政府は士族による反乱を恐れ、西郷や山県は「反乱が起きた場合は自分達で鎮圧する」とまで言っていたが、意外な事に士族による反乱は一切起きなかった。これは版籍奉還によって土地や人民を既に天皇に返上した以上、に反対する理論的根拠がい事や、政府軍の威圧など様々な要因があったためとされる。

たる全の知事達からも特に何も反対意見は出てこなかったが、ただ一人、島津だけは怒りのあまり屋敷で花火を打ち上げて憤をらした。西郷東京に行く前久は「に同意してはならない」と釘を刺していたため、全に裏切られた形であった。政府は久を慰撫するため、5万石をとし、位階を従三位から従二位に上げた。

このように、王政復古に続く第二のクーデターたる置県はさしたる暴動も起こらず粛々と行われ、大久保の念願だった中央集権化は一気に進んだ。

29日、懸案だった制度革が実施され、正院・左院・右院からなる太政官制が発足し、以後明治18年(1885年)の内閣制発足までこの体制が続く事になる。こうしてようやく明治政府及び近代日本の大まかな形が整った。太政官制の発足に伴い、民部止され大蔵に統合された。大久保は大蔵卿に就任し、産業・財政・地方行政握する強大な権限を得るに至った。

岩倉使節団

明治4年8月下旬、参議・大重信から、条約正予備交渉の為の使節派遣の建議があった。各元首への書奉呈や海外視察も盛り込まれ、9月初旬には岩倉具視を特命全権大使とする事に決まった。岩倉大久保木戸孝允の同行を希望し、大久保海外視察への同行を望んでいた。使節団の要な人員は大使岩倉、副使の大久保木戸伊藤博文山口尚芳以下、従者・留学生含め総勢107名に及んだ。

11月4日明治天皇岩倉に対し、訪問する諸の元首に書を奉呈する事、条約正の予備交渉を進める事、西洋文明を調する事を認めた書を授けた。12日、岩倉使節団一行は横浜を出港し、最初の訪問であるアメリカに向かった。

12月6日、一行はアメリカサンフランシスコに到着し、盛大な歓迎を受けた。14日には伊藤博文が歓迎会で英語による演説を行った。製鉄工場・学校・議院・政庁・新聞社などの施設を見学した後、ソルトレーク、オマハシカゴを経て翌年の明治5年1月21日ワシントンに到着。25日にホワイトハウスを訪れ、第18代大統領ユリシーズ・グラントと会見した。当時アメリカに駐在していた有礼や伊藤博文から条約正交渉の提案があり、歓迎の雰囲気から交渉が可であると考えた一行は2月3日務長官のフィッシュに交渉をめたが、全権委任状を持っていないという理由で断られた。協議の末大久保伊藤が急遽帰して委任状を持ってくる事になった。大久保伊藤は12日にワシントンを離れ、翌3月24日東京に到着。外務省に委任状を要したが、出発前の方針と異なるため反対された。二人は外務省を説得して委任状を受け取ると5月17日横浜から発ち、1ヶ後の6月17日ワシントンに戻った。だが、丁度この日をもって交渉は打ち切りとなっていた。結局、洋行の予定期間だった10ヶ余りのうち4ヶ間を駄に費やす失態を演じる事になり、岩倉三条実美に宛てた手紙で「面皮でのになる」と愚痴をこぼす始末だった。

英仏独周遊

6月19日、一行はワシントンを発ち、フィラルフィア、ニューヨークボストンを経て、7月3日に次の的地であるイギリスに向かった。

7月14日イギリスロンドンに到着。ヴィクトリア女王に謁見して書を奉呈する予定だったが、女王が避暑中だったため、代わりに帰していた駐日使ハリーパークスの案内で各地を見学した。大久保イギリスが工業と貿易、汽車によるものだと考え、大山宛ての手紙の中に「どれほど駆けまわって見学しても形容を撫で回すのみで隔靴掻痒の思い」であると書いた。また、同行していた久米邦武に対して大久保は「私のような年取ったものはれから先の事はとても駄じゃ、もう時勢に応じられんから引くばかりじゃ」とっており、彼差に自信を失くしていた。

11月5日ロンドンのウインザーでヴィクトリア女王と謁見。16日にイギリスを離れ、当日の夕方にフランスパリに到着した。フランスでは大統領ルイ・アドルフティエールと会談し、パリコミューンを鎮圧したティエールを「傑」と賞賛した。

明治6年(1873年)、フランスの調、見学を終えた一行は2月17日パリを離れ、3月9日ドイツベルリンに到着した。11日に皇帝に謁見し、翌12日に兼ねてから大久保が関心を持っていたオットー・フォン・ビスマルクモルトケとの会見を行い、15日にビスマルクの招宴に参加した。この時ビスマルクは後発であるドイツの苦闘や課題についてり、「万国公法(国際法)なるものは自に利益がある場合のみ守られるものであって、国際政治の内実は弱肉強食である」と話した。大久保西郷隆盛吉井友実に宛てた手紙の中でビスマルクを「大先生」と呼ぶ程に感銘を受け、ドイツ情に深い親近感を持った。

帰国

使節団一行がドイツに滞在中の明治6年(1873年)3月19日、太政大臣・三条実美から帰を命じる連絡があった。一行が留守中の内では学制、徴兵、地租正などの大革が相次いで行われ、予算編成を巡って大蔵と各が対立し、対外政策ではロシアとの北方領土問題や台湾出兵問題など諸問題が山積していたが、政府内では革を先導していた大蔵大輔井上、工部大輔の山尾庸三、法卿の江藤らが政府への不満からって職務を放棄し、参議の西郷隆盛板垣退助は辞職を望むなど混迷を極めていた。

に応じた大久保3月28日ベルリンを発ち、4月13日マルセイユから出港。5月26日横浜に帰港した。帰後、紛糾する政府大久保一人では手のつけようがなく、岩倉木戸が帰するまでの間休暇を取って事態を静観していたが、この頃朝鮮に対して外交使節を派遣するか否かという問題がに浮上し、政府を二分する大問題となっていく。

明治六年の政変

大久保が静養中の8月17日、閣議で西郷隆盛朝鮮への使節派遣が内定した。西郷自身の強い要望で、明治に入ってから日本も欧と同じ洋夷であるとして度々交を拒否し続けてきた朝鮮に対し、士族からの反発が高まっており、この世論に答える形での使節派遣であった。参議の板垣退助は即時兵をしていたが、それでは大義が立たないとしてまず西郷朝鮮に赴いて交渉してくるという事になった。ただ、西郷自身並の覚悟ではなく、場合によっては不測の事態を起こす事もあるとしていた。太政大臣・三条実美は明治天皇に裁可を伺ったが、岩倉具視が戻るまで保留し、岩倉の帰後更に熟議した上で奏上するよう命じた。

9月13日、ようやく岩倉が帰した。帰した岩倉西郷朝鮮への使節派遣の閣議を期開催するよう迫った。三条岩倉に対し、閣議で使節派遣の是非を糺して派遣延期に持ち込む事を提案し、賛同した岩倉大久保に参議就任を要請した。しかし大久保西郷派遣には反対であり、閣議に出れば立場上西郷との対決が避けられないため、これを辞退した。だが西郷の意見が非常に強硬で、岩倉に先だって帰していた木戸孝允病気で休養中、使節派遣に消極的な三条岩倉にも西郷を押し留める事は出来そうになく、大久保自らが出せざるを得ない状況となった。10月8日参議就任を承諾し、西郷との対決を控えた大久保アメリカ留学中の子息たちに遺書を送って決死の覚悟を伝えた。

全体度は深慮これ有り、いづくまで辞退の決心に得ども、今形勢内外言うべからざるの困難、皇危急存亡に関係するのと察せらる。然るに難を逃げ様の訳に相当りても本懐にあらず。

断然当職拝命熟慮に及び、難に斃れて以て量の恩に報答奉らんと一決いたし

拝命前熟慮に及び、難小子にあらざれば外に其任なく、残念ながら決心いたしことに。さり乍ら小子恩を負戴ことは、実に容易ならざる次第、殊に明世の時に遭遇し、身後の面何事か之に如かんや。小子一身上にては、一点の思残すことなく

小子が変を聞きて外に有るは可驚へ共、小子が膝下に居ても、姑息を以て歓とする事なし。

10月12日大久保は参議に正式に就任。その間も西郷三条岩倉く閣議を開くよう強硬に働きかけており、視できなくなった両者は10月14日に閣議を開くことに決めた。

当日の閣議には大久保三条岩倉西郷の他、板垣退助後藤象二郎、大重信江藤、副種臣、大木喬任の10人が出席した(木戸は病欠)。三条岩倉は、朝鮮との問題よりもロシアとの問題の解決を優先すべきであり、開戦の準備も全くしていないため、使節派遣は延期すべきであるとした。大久保は、内の政情不安定によって反乱や一を誘発する事、戦費による財政負担が重すぎる事、戦争によって殖産業が頓挫する事、貿易不均衡が続いており、戦争どころではない事、朝鮮戦争になればロシアの南下を誘発する事、イギリスの内政干渉を招きかねない事、各との不等条約正のほうが先決である事、朝鮮を占領したとしても費用も人員も大なものになる事などを挙げ、使節派遣と開戦に反対した。

出席者は皆延期論に同意したが、西郷だけは同意せず、即時派遣めた。翌15日の閣議に西郷は「言いたいことは言った」として出席しなかったが、西郷の強硬な態度に付和雷同した大久保以外の参議は西郷派遣に同意し閣議決定された。辞職を決意した大久保17三条に辞表を提出し、岩倉木戸も辞職を伝えた。困惑した三条は18日に心労のため高熱を発して倒れてしまい、正院職制章程に基づき岩倉が急遽太政大臣代理に就任した。19日、大久保は「一の秘策」として明治天皇への密奏を図り、黒田清隆の他、当時宮内に出仕していた吉井友実宮内卿の徳大寺実則の協を得、20日~21日のうちに徳大寺から明治天皇に密奏が行われた。内容は即時派遣派遣延期のどちらかを明治天皇に判断させるというものであった。22日、徳大寺から明治天皇が延期論を支持したという連絡を受けた岩倉の屋敷に西郷板垣江藤、副の4人が押しかけ、即時派遣を閣議決定した事を速やかに奏上するよう訴えた。岩倉は即時派遣派遣延期の両論を奏上するつもりであると伝え、翌23日に両論を奏上。この日西郷は辞表を提出して鹿児島に帰った。24日、明治天皇は正式に使節派遣の延期を裁可し、朝鮮への西郷派遣事実上取りやめとなった。25日、西郷の後を追う形で板垣後藤江藤、副の4人も辞表を提出して下野野利篠原幹といった西郷を支持する薩摩出身の軍人や、大久保と洋行した村田新八など数人の政府関係者が明治天皇の慰留の親諭を視して続々と辞職していった。

内務卿

ookubo1-1ookubo1-2
ookubo1-3ookubo1-4
ookubo1-5ookubo1-6

10月22日西郷下野後の政府再編を見越した大久保岩倉に対し、諸卿と参議の兼任制を提議し、25日から兼任が開始された。人員は伊藤博文(工部卿)、大重信(大蔵卿)、勝舟(軍卿)、大木喬任(法卿)で、28日には寺島宗則(外務卿)が参議に加わった。大久保自身は以前から構想していた内務11月10日に設立し、29日参議のまま内務卿に就任した。

内務は大蔵地方行政権と警察権を分割統合するため元々留守政府で設立が検討されていたものであった。大久保はこれに勧業行政を組み込む形にし、政の中枢機関にしたいと考えていた。組織としては、大蔵から移転した殖産業をる勧業寮、から移転した行政警察る警保寮の二寮を中心に、戸籍寮、逓寮、土木寮、地理寮の四寮(大蔵から移転)と測量(工部から移転)の計六寮一で構成されていた。 大久保はこの内務の長官として農業、工業、商業を奨励する殖産業を推進していく。

明治7年(1874年)1月10日、組織や職制に関する情報布され、内務行政機関として始動した。

佐賀の乱

内務の政務が始まったばかりの1月14日岩倉具視東京紀尾井町の赤坂喰違で不士族9人に襲われた。岩倉の命に別状はなかったが、心理的な不調から2月まで政務から離れた。

17日、参議を辞職した板垣退助後藤象二郎、副種臣、江藤らが『民撰議院設立建書』を政府に提出し、大久保岩倉木戸らを「有専制」と批判して民選議院の期開設を要した。

この建書に署名した江藤佐賀に戻っていたが、そこで不士族と連携して反乱を起こした。2月3日大久保は反乱の知らせを受けるとすぐさま出兵と自身の九州出張を決め、軍事揮権や警察権の委任を受けた上で19日に博多に到着。23日に反乱軍は鎮圧された。江藤は単身脱出し、鹿児島西郷隆盛を頼ったが拒絶され、3月28日に逃亡先の四国逮捕された。

江藤逮捕を受けて大久保4月8日、9日、13日に行われた裁判を傍聴した。この時の感想は日記られており、以下のように非常に辛辣なものであることで知られる。

江藤陳述曖昧、実に笑止千万」(九日)

「今江藤(義勇)以下十二人断刑につき罰文申し聞かせを聞く。江藤醜態笑止なり。朝倉香月山中らは賊中の男子と見えたり」(十三日)

(『大久保利通日記』)

13日には江藤の死罪が宣告され即日実施された。

台湾問題

4月24日東京に戻った大久保佐賀の乱に続く難問に遭遇した。

当時台湾に漂着した琉球人を台湾人が殺した事件への対応を巡り、士族の間から出兵論が起こっており、征論よりも危険性が低く大義もあると判断した大久保2月6日に大重信と共に閣議で台湾出兵をし、合意が取れた。大久保が当初想定していたのはあくまでも琉球人を殺したことへの報復としての出兵であり、清国への対応も折込済みで、植民地化といった大規模な標は立てておらず、木戸孝允2月の時点ではこの出兵に異を唱えていなかった。

大久保佐賀の乱鎮圧のため出張していた頃、政府の外交顧問を務めていたアメリカ人のチャールズ・ルジャンドルが台湾植民地化の強硬論をすると、これに大西郷が賛同し、岩倉具視も賛意を示した。木戸は強硬策への転換に反対したが、4月2日台湾植民地化が閣議決定されたため、木戸抗議のため参議を辞任した。

出兵の用意を整えていた4月13日イギリス使のハリーパークスから、次いで18日にアメリカ使のジョン・ビンガムから出兵に対する抗議があり、ビンガムアメリカ籍の船と人員の参加を拒否した。アメリカの船やルジャンドルの同行が不可になったため、19日の閣議で一旦出兵中止が決まった。

東京に戻った大久保は事の経緯を聞くと29日に長崎に向けて出発。5月3日に到着したが、既に西郷は集めた兵を台湾に送ってしまった後だった。大久保止むを得ない事として西郷や大と協議し、安易な戦闘は避けるように西郷を説諭した上で台湾に送り、清国に対しては交渉のため柳原を特命全権使として直ちに送る事に決め、15日に東京に帰還した。

久光問題

同時期、島津政府の掲げる開化政策を否定する建言を行なっていた。三条実美と岩倉具視は、不士族の衆望を集めていた久を宥めるため4月27日に左大臣に就任させた。5月23日、久は礼の洋装化、地租正、徴兵制を旧に復し、大久保が従わなければ免職とし、大も免職、副種臣や西郷隆盛を復職させよという建言を提出した。25日、大久保がこれに抗議する形で辞表を提出すると三条は前年の政変に続いて弱気を見せたが、岩倉が久と対決姿勢を鮮明にし、久の要を拒否した。建言を却下された久鹿児島に戻っていった。

清国問題

6月4日清国政府外務省に対し、台湾出兵は権侵ありすぐに撤兵するようにとの抗議書を送った。閣議でも台湾問題が重要な議題となり議論は撤兵か開戦かに分かれたが、7月8日の閣議で平和的な交渉による解決を基本としつつ、止むを得ない場合は開戦も辞さない事を前提とする姿勢を確定した。大久保は閣議決定後の13日に自ら清国に赴いて交渉役を務めたい旨を三条実美に伝え、8月1日、全権弁理大臣として清国への派遣が決まった。6日、横浜から出航し、上海を経由。9月10日的地の北京に到着した。大久保は強硬の大重信や特命全権使として先に到着していた柳原から速やかな開戦をめられていたがこれを拒否。14日から交渉を始めた。

交渉の中で大久保台湾への出兵について、「台湾原住民居住地は清国権の及ぶ所ではないため、万国公法に従えば出兵は合法である。台湾を自領とするのであれば万国公法に基づいた根拠を示すべし」としたが、清国側は「万国公法ヨーロッパのみで通用する国際法であり、には適用されない」と突っぱねた。交渉は行線を辿り、10月5日にはこれ以上の交渉は駄であると見切りをつけ帰を決定した。この時駐清イギリス使のトーマス・ウェードが仲裁を持ちかけた。イギリスとしては貿易の都合上日清戦争を望んでおらず、大久保からも台湾に対する領土的野心はいとウェードに説明していた。この仲裁により10月31日清国から50万両の賠償支払い・台湾出兵を義挙である事を認める・琉球人が日本国属民であることを認める・台湾からの撤兵等を合意した日清間互換条款が調印された。随員の中には賠償が予定より少ないという異論もあったが、開戦を望まない大久保が自己の責任として調印を決断した。

11月1日大久保北京を離れた。途中台湾西郷と会い、撤兵について打合せした後、27日に横浜着。帰した大久保伊藤博文黒田清隆といった政府関係者の他、横浜市民からも盛大な出迎えを受け、「に意外の有様」と日記った。岩倉具視木戸孝允からも交渉の結果を絶賛する内容の手紙を送られており、政府首班としての大久保の評価は急速に高まった。佐賀の乱から始まった明治7年の諸問題を片付け、ようやく大久保を中心とする政権が本格的に動き出した。

大久保政権

明治7年末、帰した大久保政府立て直しのために木戸孝允を呼び戻そうと、伊藤博文を遣わして木戸との会談の場を設けた。明治8年1月8日、次いで29日に大久保木戸と会談し、木戸の提示した政府革案(元老院と大審院の設立、地方会議開設、参議と各長官の分離)を受け入れ、木戸政府への復帰を約束した。この時征論政変で下野した板垣退助政府への復帰に向けて動いており、木戸板垣と共に憲法制定、議会設立、立政体立を推進しようとしていた。2月9日木戸大久保に自身の方針をった。大久保自身は木戸の意見や板垣の復帰に乗り気でなかったが、木戸を政権に呼び戻すため同意した。

政府内部にはなお対立の再燃が残っており、実際立政体に反対した岩倉具視4月から半年近くボイコットを続け、板垣は同年10月に再び下野することになる。しかし一昨年からの修羅場をくぐり抜けてきた大久保はもはや事に頓着しないという決意のもと内務卿として本格的に政務を始めた。

5月24日大久保は「本事業の的を定むるの議」と称した建議を行った。農産業や輸出業の振(勧業行政)、地方警察行政の発足などを提議しており、まず警察制度の整備から実施された。警部、巡査などの役職の整備、警察区域と警察署の設置が行われ、警察制度の土台が整えられた。

勧業行政については岩崎弥太郎三菱汽船外の保護政策から始め、船舶の償払い下げや助成金の給付によって三菱は外の汽船会社を退けることが出来た。次いで輸出業の梃入れとして貿易商を支援してや漆器の輸出に着手し、輸入過状態の解消を図った。

続いて地方行政機構の整備に取り掛かる。府と県で一致していなかった職制を統一するため府県職制を制定し、庶務・勧業・租税・警保・学務・出納の六課からなる専門部課を設置し、地方行政を円滑化させた。封建体制に固執して中央政府の意のままにならない県については止を強行し、政府-地方の上位下達を底させるよう促した。

この他3月には地租正のための機関として地租事務局を設立。翌年末までの了を的としたが、農民の大規模な一が勃発したため鎮 圧を示。予想以上に抵抗がしかったため税率を下げ、明治10年(1877年)1月には政府職員の給料を減らすなどのリストラ策で示しを付けた。

9月、江事件が起こると大久保は使者として黒田清隆井上名し、交正常化の交渉を任じた。大久保は交渉が失敗に終わった場合は開戦も示唆していたが、黒田から受けた軍の増援要請は断り、可な限り平和裏のうちに立するようめた。そして明治9年(1877年)2月26日、日修好条規が締結された。

朝鮮との交正常化によって征論の大義名分を奪った大久保は、士族への処分を開始していく。

士族との対決

明治9年(1876年)3月28日、陸軍卿・山県有が進めていたが施行された。翌29日には大蔵卿・大重信によって秩処分の案がめられた。族・士族に与えられていたを全し、代わりにわずかな額の債を支給するという案で、木戸孝允は過酷すぎると批判したが、政府内部で木戸に同調するものはおらず、8月5日政府債発行条例を交付した。

と秩処分によって武士としての特権を奪われた士族は憤し、10月から西日本各地で反乱が相次いで起こった。10月24日熊本で敬党(連)と称した集団約190人が武装起し、熊本鎮台を攻撃。県などを殺した。27日、福岡で敬党に呼応した約200人が決起。28日には山口で元参議の前原が率いた士族約500人が反乱を起こした。これらの反乱はいずれも短期間のうちに鎮圧され、残る不穏の地は西郷隆盛の居る鹿児島のみとなった。各地の反乱に応じて西郷も決起するのではないかという噂が流れたが、大久保名の軽挙はやらないだろうと楽観視していた。

西南戦争

処分による止の影が全の士族に及ぶ中、鹿児島県のみは債の特例的な優遇を認められていた。

明治10年(1877年)1月18日、予てより政府の命に従わない鹿児島県に業を煮やした木戸孝允大久保と会談し、大久保が故郷である鹿児島を怖れ、不正な措置を取っていると批判した。大久保は前年から鹿児島県大山綱良東京に呼び、県政革を示していたが、大山は頑として聞き入れず、鹿児島県独立のごとき様相を呈していた。明治7年6月に不士族のために設立された私学校では、政府の施策に不満を持つ士族が各地で頻発する反乱を横に蹶起の隙を伺っていたが、西郷隆盛野利らはまだその時ではないと慰撫していた。

学校を危険視した政府は、鹿児島県内の武器弾薬を秘密裏に移設しようとしたが、1月29日、私学校党が倉庫から武器弾薬奪する事件が発生し、30日から2月2日にかけて軍の火庫や造船所を襲撃、占領した。2月3日~7日の間には政府の密偵が捕縛され、拷問の末に西郷暗殺計画を自供した。これらの事件をきっかけに私学校党は蹶起し、西郷暗殺計画に対する問を大義名分とする西南戦争を引き起こした。

2月7日大久保伊藤博文宛て書簡の中で「反乱は野らの導によるもので西郷はこのような名の軽挙を起こすはずはない」「もし起したなら大義も名分もない反乱であり、政府としても堂々と討滅できるので心中密かに笑いを生じる」「もし西郷が加わっていれば残念千万だがそれまでの事と断念するしかい」と記した。

9日、鹿児島県からの使者の知らせを受けた大久保は、西郷は蹶起に同意せず隠れしたと聞き、「西郷がいなければ蜘蛛の子を散らすが如きもの」と安堵したが、14日、鹿児島から各府県に、政府への「尋問の筋これあり」とする通知が発送され、17日に西郷が軍を率いて鹿児島を出立した。

16日、京都に到着した大久保三条実美と面会し、西郷の心事を知るのは自分のみであり、西郷と会って説得すれば抑えられるだろうとった。閣議でも「自ら帰県して親しく西郷と面晤し、意思の疎通を計り、鎮撫の従事すべく」としたが、他の閣僚から制止された。19日に征討が出され、25日には西郷の官位を剥奪し、西郷朝敵認定された。

9月24日鹿児島山で西郷が自し、西南戦争は終結した。この日、大久保西郷戦死の電報を受け取ると、伊藤博文黒田清隆に回覧した。

廿四日午前四時大進撃 西郷野村田外六拾名程打取降伏人五名あり 西郷一人の首なし探索中なり 委細は後より

右到来に付き高覧に共し

九月廿四日                    利通

紀尾井坂の変

最後にして最大の士族の反乱である西南戦争勝利した事で類なき権威を得た大久保は、更なる変革をす。

明治11年(1878年)3月、士族への救済策として開墾事業の推進、府県への資本貸与、港湾・河川道路などの運用業に対する債募集を提議し、5月初めての国債が設けられた。

5月14日福島県の山吉盛典が大久保の屋敷を訪ね、帰県の挨拶のついでに債に関する議論をした。その中で大久保は、債は士族救済のための止むを得ない措置であると説いた。議論が終わり山吉が帰ろうとすると大久保が引き止め、次のように告げた。

維新を貫するためには30年かかる。初めの10年は創業、次の20年が最も肝要な殖産業の時期であり、自分がこれに尽くす事を決めている。最後の10年は後進に任せたい。」

午前8時に自宅からで出立し、赤坂の仮御所に向かう途中の紀尾井町清水を通りがかった時、石川県士族の島田一良ら6人の士族の襲撃を受け、殺された。享年48(満47歳)。

逸話

大久保の内務卿の時代には、内務卿の室はなものと見做されていた。いつ行ってもシーンとしたもので、大久保さんの所へ行って何か一と議論しようなどと言って押しかけて行くものがあっても、内務卿の室へ這入ると議論どころか縮み上がって還って来るというであった。卿の室は粛然としてがなかった。仕事の上のことでも黙って聞いておられた。自分でも議論はされず、書面だけでは分からぬ伺い書があると、呼びつけて聞いて「ヨシ」と言ってポツンと印形を押して黙って還してよこす。」(河瀬秀治談)

「紀尾井町の変のあった三、四日前の晩、何であったか、相談することがあって、大久保の屋敷へ行った。一緒に晩餐を食べていたら、「前島さん私は昨変な夢を見た。なんでも西郷と言い争って、終いには格闘したが、私は西郷に追われて高い崖から落ちた。をひどく石に打ちつけてが砕けてしまった。自分のが砕けてビクビク動いているのがアリアリと見えたが、不思議な夢ではありませんか」というような話で、生夢のことなどは、一切話されぬ人であったから、不思議に思っていたが、偶然かどうか、二、三日にして紀尾井町の変が起こった。その日は太政官に緊急な相談事件があって、皆がく出かけた。皆が出っても大将一人見えない。大変に遅いがどうしたのだろうと言っていたら、使いが来て、今大久保が紀尾井町で刺客の手に倒れたと報して来た。私はすぐに駆けつけ。はまだ路上に倒れたままでおられたが、は血だらけで、が砕けて、まだピクピクと動いていた。二、三日前に親しく聞いた悪夢を憶い出して慄然とした」(前島密談)

大久保が二十年の事、私事に関する大苦労は新しき日本を作るだけのがあったほど、それほど大久保は大した苦労をした人である。この大苦労がやっと脱けて、これから大いに積極的発展をやろうという時に、西郷の暴動が起こった。あの財政上、兵上およびその他の言うにびぬ大苦労には、さすがの大久保も参ったろう。が輩の知っている大久保は、いつも沈んだ考え深いような人でもあった。しかるに、これが苦労のためにそうであったと知ったのは、十年の戦争が済むと、二十年の苦労がようやく晴れたという面持ちになり、急に打って変わって言うこともハキハキしてきた。かつて伊藤(博文)とおれとを呼んで、今まではが輩はいろいろの関係いn掣肘されて、思うようなことができなかった。君らもさぞ頑迷な因循な政事だとおもったろうが、これからは大いにやる。おれは元来進歩義なのじゃ。大いに君らと一緒にやろう。一つ積極的にやろうじゃないか、と言ったの話で、盛んな元気であった。しかるにだ、この満々たる元気をもって政治に当たり、ようやく実も権も大いに振るおうという時になって、あの暗殺だ。大久保が初めて愁を開いて、志を得た間はわずかに八ヶ、二十年の大辛苦になんら酬いられるところなく、ただ八ヶのみ安らかな思いをして死んだのだ」(大重信談)

(佐々木編『大久保利通』)

関連動画

関連商品

関連項目

薩摩藩

その他・諸藩

関連リンク

脚注

  1. *もっとも、この時られたイギリス人も、植民地政策で稼いだ成り上がりがヒャッハーしたようなタイプだったため、外交上はともかく個人としてはあんまり同情されなかったようだ。現代に言えば、わざわざ渡航警告が出ている危険地帯に忠告視して造作に踏み込んだアホといえば分かるだろうか。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%A7%E4%B9%85%E4%BF%9D%E5%88%A9%E9%80%9A

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

大久保利通

144 ななしのよっしん
2018/06/06(水) 22:37:32 ID: 16Tecq7pms
143
というよりも、大久保は裁判長の河野の上で、佐賀に下向して裁判にも関わってる以上、「部下が勝手にやった」なんて言い訳は通んない訳よ。
賄賂というのは、当時の人々が大久保を最大限侮辱しようとして悪徳政治家大久保イメージを作り上げようとした、ともいえるんじゃないかな。それによって河野も侮辱する事が出来るしね。
145 ななしのよっしん
2018/06/22(金) 16:00:46 ID: xWEV3JuTH5
何十日かかけて丁寧に裁判やっても死刑になるんちゃう?
結果は変わらんのになんでみんな拘っとるん?
146 ななしのよっしん
2018/06/22(金) 16:34:42 ID: cJv6zwH/z2
>>145
時代背景も考慮すると、し首も牽制という側面があったのかもね、西郷というか、西郷の取り巻きに対する

ま、結局は西南戦争を防げなかったから意味な行為になってしまったがね
147 ななしのよっしん
2018/07/03(火) 18:07:09 ID: cm9eHUZUGP
変な人湧いてるなあこの記事、自分は大久保には悪い感情は抱いてないな、何だかんだで日本近代化の礎を築いた一人だもの
148 ななしのよっしん
2018/09/17(月) 18:40:01 ID: a96XxiYbjC
まあ、西郷にも言えるけど、「業績」やら「功績」やらの「法上はクソどうでもいいもの」で罪に対する擁護はできない
罪は罪であって、いいことをたくさんしたからといって帳消しにできるものではない
149 ななしのよっしん
2018/10/22(月) 10:04:14 ID: UQ0aqhnlyN
一生一人で必死大久保は罪人!偉人じゃない!って叫んでなw
150 ななしのよっしん
2018/11/06(火) 00:06:16 ID: if1iQDmUrH
台湾の問題を逆手にとって日清どちらの帰属で揉めてた
琉球日本領化を確定させた外交は見事だな
151 ななしのよっしん
2018/11/30(金) 07:41:44 ID: 5E7dhFUuKO

 功績は功績で罪は罪というだけの話なのに、全くの悪人か全くの善人かという極端な結論しか許さない人がここには居る。その人は問題児批判する心算で自分自身の愚かさを曝け出した。
152 ななしのよっしん
2018/12/19(水) 12:02:12 ID: 0sG+pSknWc
まず大久保が関与したと言う拠がないのに大久保の罪と言われても・・・
裁判の内容が罪と言うなら、普通日本法がまだ未熟だったとしか
153 ななしのよっしん
2019/02/22(金) 23:55:05 ID: OKZ1jlZP2V
賄賂があったかなかったかでいえば大久保の性格上それは考えにくい。
一方東京で正式な裁判をやらずに現地で臨時裁判所を作ったのはどう考えても大久保の意向なので、期に江藤を処断したがっていたのは間違いないだろうし、弁の立つ江藤に余計なことを言わせるつもりもなかったというふうに取らざるを得ない。まあ明治天皇に特赦を出されたりしたら困るだろうしね。
ただ私だったかというのもまた別で。大久保江藤正論において並ぶものがないことは認めているが、一方で時節を全く読めず理想ばかりいう江藤を危険視もしていた。というか大久保に限らず維新関係者の江藤評は大体これなんだけど。
だから正義でなかろうと今江藤を生かしておくのはにとってすぎて危険だというのが大久保の判断で、これを現実的で正しいと見るか手段を選ばぬ汚いやり方と見るかはもう見る側の立場の問題としか言えないと思われ。