東仙要単語

トウセンカナメ

東仙要(とうせん かなめ)とは、漫画BLEACH」の登場人物である。

CV森川智之 / 演:倉貫匡弘

概要

護廷十三隊九番隊の隊長。しかし後に離反し藍染惣右介の下につく。

レッドヘアとゴーグルをつけた色で細身の男。
生来の盲目であるが術でも隊長格としての高い技量を見せる。

正義であることに強いこだわりを持っており、自らの進むこそがもっとも血に染まないであると言い切っている。
しかし彼はかつて慕っていた女性が夫である死神に酔った末にり殺されさらにその夫が放免されたことで死神そのものに強い憎しみを抱いていた。護廷隊への入隊も死神達への復讐を果たすためであり、染の下でその正義と呼ぶ復讐をなそうとする過程で彼を慕う部下も友も全て捨てた挙句関係なものにまで大きすぎる犠牲を強いようとしていた。
まさに坊主憎けりゃまで憎い、手段と的の入れ替わりである。

精霊邸通信という精霊邸内で死神に配布される本の編集長を務めていたが、彼の離反後は檜佐木修兵が引き継いだ。檜佐木いわく東仙は他人にものを頼まない人物で実際に代行した檜佐木にとっては想像以上に大変な作業であるとのこと。単に他人を信用していなかったとか独善的な編集作業をしていただけの可性もあるが。

かつては九番隊で六車拳西の下についていたがその頃から染と通じていた=死神への復讐のために暗躍していた。

斬魄刀

名は清すずむし)、解号は"鳴け"。音波を発して攻撃することができる。
卍解卍解という単語記事に彼のものも詳しく書かれているのでそちらを参照のこと。
後に虚化と帰を可としていたことが判明。帰名は狂枷蟋蟀(グリジャル・グリージョ)、解号は"清百式"。の化け物となりやはり音波を発して攻撃する。
状態ではが見えるようになる。初めてものが見えるようになったと思しき描写であったがその割には物の認識がやけに高い上に美的感覚まで働いていた。やっぱり事前に試していたんだろうか。

ただ、死神と虚(破面)の持つ斬魄刀はその成り立ちが根本的に違うはずなのだが、どういう理屈で通常の解放と帰の両方が行えるのかは特に説明されていない。

作中での活躍

尸魂界篇

暴走を始めた十一番隊を止めるため狛村、射場、檜佐木と共に出し自身は更木剣八の相手を請け負う。しかし卍解までを使うも彼の尋常ならざる戦闘力の前に敗れる。その後、染と共に一連の事件を仕組んだ裏切り者であることが判明。本性を現し離反者としての活動を開始する。

破面篇

染の部下として現世での決戦に出
狛村と檜佐木との対決に敗北するがその戦いを経て二人と互いを分かり合うことができた。
しかしその直後に血しぶきをあげて亡くなっている。先の戦いで致命傷を負っていたからではなく染の何らかの手によって始末されたようだ。憶測であるのは何が起きたのかがはっきりと描かれていない特殊な演出であるためで、何かを飛ばされたのかもしれないし何かを仕掛けられていたからかもしれないがその辺がはっきりしないのである。

千年血戦篇

過去の描写で再登場。約20年前に黒崎一護の運命を決定付ける出来事に間接的に関与していたことが判明。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

東仙要に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9D%B1%E4%BB%99%E8%A6%81

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

東仙要

9 ななしのよっしん
2018/04/07(土) 00:30:27 ID: pVY9FB0fUx
そういえば結局、あの染のどこに正義を見出していたのかだな
こいつの動機だけは「自分にとっての正義のため」と散々連呼していて欲望のためとかアホだったからとかに転換できない
死神に大切な女性を殺されたことと八みたいなの存在で死神に悪を感じた、だから別のめて破面化する、そこまではまあわかるけど
染のあの一連の行動を一体なぜ「最も血に染まぬ」であると考えたのか
10 ななしのよっしん
2018/06/14(木) 00:51:25 ID: 8U+pM0dMXY
>>9
なんか染って霊王になりたがってたじゃん?
それ関係じゃね?
11 ななしのよっしん
2018/07/02(月) 07:29:36 ID: NL0ORm6Ydi
も逆らえないぐらい絶対的に強いが頂点に立って世の中を支配すれば、争いもくなって平和になる」
とでも思ってたのかな?
12 ななしのよっしん
2018/08/13(月) 22:21:08 ID: +BJh2sG3fW
いろいろ世を変えようとしてただろうが虚化とかいろいろしてたのは復讐のためだと思うぞ する女の元夫ピンピンしてるから 素のがたぶん隊長クラスかそれ以上の化け物っぽいし 小説版で身内皆殺しにして四大貴族筆頭の頭になっていろいろ暗躍中
13 ななしのよっしん
2018/09/19(水) 19:18:57 ID: xby0cowLfY
檜佐木にも言われてるように虚化と帰を得たことで盲目時に備えてた鋭い霊圧知覚が失われて全に弱体化してるな
14 ななしのよっしん
2018/10/27(土) 06:02:58 ID: MmNPFN2EMq
>>12
だよな。正直東仙の行動は根っから復讐の為なんだけど、その悪意を自認して事を為せるほどメンタル強くなかったから、その復讐正義と思い込もうとしたのだと思う。
彼にとっての正義ってのは、自身のやってることを「正義と思い込むため」の建前だから、表面上は正義であることに傾倒するけど、染のやることに一々疑問を持ったりしないし、染の意や的も自分に都合よく解釈する


だからこそ、本人の復讐が絡まない場面では、極めて「正義」として振舞える。それが更に、自身の自己暗示を肯定し、自身に対する思い込みを強くする。

テログループとか侵略国家は、導者も構成員も、その催眠に傾倒しなきゃやってけない所あるから、現実でも然と爆弾抱えての特攻とか出来る訳で。
サリン事件の頃のオウムとかも、この東仙の心理状態に近いものがあったと思う。もう、理屈で善悪を考えてないんだな。自分が正しいって思い込み自体が、自分が崩れないための心の拠り所になっちゃってるから。
15 ななしのよっしん
2018/12/05(水) 20:13:16 ID: WOIud+soPL
状態でもパワーじゃわんこ隊長のから割りでダウンしちゃうからな
虚化で面出した状態で卍解するのが一番強かっただろうな
16 ななしのよっしん
2018/12/05(水) 23:12:12 ID: 9uWmdL/pgd
染との従関係が思いのほかピュアだった。
志半ばで果てようと染がに立とうとあの結末は自ら願っていたものだったとは。
本編の最後は東仙にとって最良ともいえる結末だったのかもな。
17 ななしのよっしん
2019/02/07(木) 00:53:07 ID: TgTzQ6r52h
原作だとただ自己正義盲目的になった独善的なだと思ったけど、成田先生小説読んだら、そりゃあんなゲスな旦那の前で最の友人を侮辱されたら、死神世界全員恨んでもしゃーないな、って思う。
18 ななしのよっしん
2019/03/22(金) 00:09:47 ID: U+fyIuzqvm
でも心変わりしたらってくださいは初志貫しまくってるとは言え悲しすぎる
だからあれは成田流の解釈だと思う事にしている
例え久保先生が認めていようとも