猿払村単語

サルフツムラ
1.9千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

猿払村(さるふつむら)とは、北海道宗谷地方にある村(地方公共団体)である。宗谷に属する。

概要

猿払村(2021年4月1日時点)
面積 約589.99km2
人口 2,612人
村の コケモモ
村の木 ナナカマド
隣接
市町村
宗谷総合振興局
稚内市
天塩延町、豊富町
枝幸頓別町

稚内市の南に隣接するオホーツク沿いの村で、北方領土を除く日本の村の中では最も北に位置する。
村名はアイヌ語の「サプッ(ヨシ原の河口の意)」が由来。これは元々現在払地区の特徴を表すであったものが、付近一帯の地名に変わったものである。

漁業と酪農がな産業で、特にホタテの漁獲量は全一である。
かつて濫獲が祟ってホタテが獲れなくなった時期があり、その後しばらくは採炭と業で細々と繋いでいたものの、炭鉱は閉山、業も衰退し村の経済全に停滞してしまった。この時期の村の困窮ぶりは「貧乏たけり払へ行きな」と言われるほどだったという。
そんな中、猿払村漁業協同組合ホタテ漁の再起を賭けて稚の放流事業に乗り出したところ、これが軌に乗り漁獲量は回復。その後も計画的な資管理により安定した漁獲量を実現し、貧しかった猿払村は今や東京23区芦屋市軽井沢町といった錚々たる面子に交じって住民均所得全トップ10入りするほどのリッチな村へと変貌を遂げた[1]

村内の主な地名

志別(おにしべつ)
村役場がある猿払村の中心スーパー(Qマート)や病院、小中学校の他、知来別地区にある陸上自衛隊演習場の管理所と宿営地がある。ただしコンビニはない。
かつては国鉄JR北海道天北線志別があった。現在その跡地はバスターミナルに転用されている。
地名はアイヌ語の「オニウペッ(川尻に・木が・群生している・、の意)」または「オヌウペッ(川口・豊漁・ある・、の意)」が由来とされる。
志別(はまおにしべつ)
その名の通り、志別地区から見て側にある地区。猿払村漁業協同組合事務所や、村内一のコンビニセイコーマート)、道の駅などがある。
払(さるふつ)
位置的には村の中央やや寄りにある。村名と同名でいかにも村の中心っぽい名前の地区だがそんなことはなく、小規模の集落とポロ沼と呼ばれる沼があるくらいである。かつては国鉄JR北海道天北線があった。
払(はまさるふつ)
その名の通り、払地区から見て側にある地区。港の周辺に集落が形成されており、この周辺からツーリングの定番として有名な村エサヌカ線が走っている。
知来別(ちらいべつ)
猿払村の最北部に位置する地区。沿いに漁港と集落があるほか、内陸部に陸上自衛隊志別演習場がある。地名の由来はアイヌ語の「チライペッ(イトウの・、の意)」とされる。
茅野(あさじの)
位置的には村の南方にある。小さな集落やカムイト沼があり、かつて国鉄JR北海道天北線の浅茅野もあった。集落の近くに株式会社王子が社有を持っているが、遊歩などが整備されていて一般人の入もできる(要事前連絡)。

交通

道路

国道

道の駅

その他

エサヌカ線

払地区からオホーツク沿いを通って頓別町に至る村エサヌカ線は、原野と牧地を突っ切る人工物のほとんどない直線道路ということで観光客に人気があり、稚内市から天塩町までを日本海沿いに走る北海道道106号稚内天塩線と共に「西のオロロン東のエサヌカ」と称されている。

志別地区から知来別地区にかけて何もない緩やかな丘陵地帯をショートカットする道路とかも北海道らしくてオススメ。

鉄道

2021年現在鉄道は通っていない。かつて国鉄天北線が通っていて、小石 - 志別 - - - 浅茅野 - 飛行場前が置かれていたが、民営化後の1989年にすべて止された。以南の廃線跡はサイクリングロードに転用されたが、あまり手入れはされていないようで荒れ果てている箇所が多い。

関連動画

関連商品

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *ただし、その均所得の高さは漁業従事者のによるもので、加工業従事者の収入は逆に非常に低く、村内での格差が問題になっている。財政数も令和元年度時点で0.26とそれほど高くない。

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

猿払村

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 猿払村についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!