立谷秀清単語

タチヤヒデキヨ

立谷秀清とは、福島県相馬市話の長い市長である。

概要

1951年6月相馬中村町(当時)原釜の味噌屋の次男として生まれる。1978年福島県立医科大卒業後、医師となり相馬病院に勤務。3年ほどして独立し、1983年に立内科医院設立。新しく出来たばかりだったので往診も積極的に行っていたそうな。そうして程なく規模は拡大し立病院となった自らの病院の院長ならびに理事長となる。ちなみに医でありこちらも相馬市内にて開業している。

平成に入り政治家へのを歩む。1995年福島県会議員を1期4年間務め、2001年30年近く現職だった当時の今野繁を破り市長当選2002年1月に第13代相馬市長に就任。以後も14代・15代の選挙戦をぎ、3期に突入。前市長の放漫財政で疲弊していた相馬市経済を工場誘致や経費削減によりなんとか立て直した。さすが商売人の息子

市長就任した年のより毎週金曜日メルマガを発行している → 市長メールマガジンexit
バックナンバーはこちら → 市長エッセー集exit

東日本大震災

人件費削減の一環として大公園の管理を解雇されたと言う人の言いがかり抗議に遭ったり、役所の庫に入れていた大を盗まれるといったハプニングはあったものの、おおむね穏に市長を務めていた立てんてーであったが、2011年3月11日東日本大震災発生。原釜・岩子・磯辺地区壊滅。実家も流されるという今までの不幸穏であったかのような大惨事が起こる。行方不明者の捜索と並行して生存者の支援が必要と判断。コンビニスーパーは軒並み店を閉め、断が続き停電する場所もあったが、役所職員の不眠不休の活動により避難民なんとか餓えずに済んだ。

3月12日福島第一原子力発電所事故発生。すぐさま放射線量を測定した病院相馬病院からの報告を聞き、この値(毎時2.0マイクロシーベルト前後)ならすぐさま退避の必要はいと判断。かと言って自避難の為に外へと脱出する市民を引き止めるようなことはせず、が退避命を出すまで残った市民のために「ろう城exit」することを決める。「最低味噌梅干しがあれば、生きてはいける」との発言は流された実家味噌屋だから上手いこと言ったつもりか。

それからというもの、大津波で親を亡くした子供たちの学業・生活義援金exitを募ったり、仮設住宅の建設を進めて被災者を入居させ2011年6月17日には福島県内で一番く避難所を全て閉鎖したり、他にもいろいろ休みも取らず奔走した結果、多少白髪が増えたりしたのだった。

現在も復に向けてやっぱりいろいろと奔走しているのであった。

関連動画

関連商品

立谷秀清グッズは作られておりません。残念。

関連コミュニティ

立谷秀清に関するニコニコミュニティを作った物好きがいるなら紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%AB%8B%E8%B0%B7%E7%A7%80%E6%B8%85

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

立谷秀清

1 ななしのよっしん
2011/09/02(金) 19:58:36 ID: eio9xpVGvr
立谷秀清相馬市長の問題発言が発覚
http://blogs.yahoo.co.jp/neverland20050918/26311125.htmlexit

https://twitter.com/#!/punksnotdead110/status/108380128928727040exit
2 ななしのよっしん
2012/03/13(火) 22:58:11 ID: paVy1kT41T
>>1
軽率な台詞かもしれない。
しかし、居住者でもない人間が、全体も個人も把握せずに
一方的に攻め立てている内容に価値がないと思うが。
3 kazu
2013/07/16(火) 18:10:29 ID: dgjw0tT9Qt
ソースツイッター、しかも一人だけでは信頼性に欠ける。
その人が市長を貶めようとしただけの可性もあるし。
ほかの人の言とか、ニュース記事はないんですか?
今の情報量ではデマとしか思えない。

急上昇ワード