群像劇単語

グンゾウゲキ
  • 19
  • 0pt
掲示板へ

群像劇とは、映画演劇小説などで使われるストーリー手法のひとつ。グランドホテル方式、アンサンブル・プレイ、群集劇とも呼ばれる。

概要

群像劇には以下の二つのパターンがある。

  1. 同一の世界観や舞台において、それぞれ別の人物による全に独立した短編がいくつも同時進行しているもの。例えばひとつの学校内の複数の人物を別個に描くものがこれに当たる。
  2. 1と同じく、同一の世界観や舞台でそれぞれ別の人物による独立した複数の物語がつむがれるが、一見バラバラエピソードに見える複数の人物のストーリーが、全体を通して知ることで一つにまとまり本当の姿を現す手法のこと。

1の場合であれば、いわゆる複数の主人公が存在する作品といえる。それぞれのエピソードはそれ単一で完結し、別のエピソードとの対などをさせることはあっても、それぞれのつながりの必要性は薄い。また、映画舞台などではエピソードは同時進行することが多い。

一方、2の場合であれば、ひとつの出来事に対して複数の人物の視点を借りることにより多的な面から検証でき、取り扱う「事件」や「事」が主人公となるストーリーといえる。また、エピソードは一つ一つられ、完結してから次のエピソードに進む場合もある。その場合、本来起承転結をたどるべきである物語が、いきなりクライマックス部分を持ってくることもあり、何故このような状況になったのか、登場人物らは何故このような状況に巻き込まれたのか…そういったことが別の人物のストーリーから徐々に明かされていくパズルのような謎解き要素もある。

もちろん、これらを折衷させた作品も多い。複数のエピソード主人公たちが集まり最終的解決を図る作品や、複数の登場人物たちが絡み合うのを視点を移動しながら追っていくストーリーなども群像劇であるといえる。

共通していえることは、群像劇の全体像を認識することができるのは「視点」を持つ作者読者/視聴者のみであり、登場人物たちには全体像が把握できていないことである。逆に言えば、全体像を認識できているキャラクター、いわゆるトリックスター狂言回しなどはすなわち「視点」を持つということであり、裏で全てのエピソードを引き起こしている黒幕であったりするなど、物語にとって重要なキーパーソンとなることが多い。

ニコニコ動画では

ニコニコ動画で有名な群像劇作品は『バッカーノ!』や『デュラララ!!』などこの手の手法が大好きである成田良悟原作の作品が多い。映画ではガイ・リッチークエンティン・タランティーノなどが群像劇を得意としており、成田氏が影を受けた作品もある。

主な作品(五十音順)

漫画・小説・ライトノベル

映画・ドラマ

ゲーム

群像劇を好むクリエーター

他にも「この作品も含まれる」ってがあれば追加してください

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 19
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%BE%A4%E5%83%8F%E5%8A%87

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

群像劇

175 ななしのよっしん
2021/03/20(土) 18:25:36 ID: PWSk3/MlhX
逆に特殊でも何でもないのに
主人公至上義者のがでかすぎて特殊扱いされてる感
176 ななしのよっしん
2021/03/21(日) 06:59:16 ID: 3vIK/3hXz0
>>175
逆張りしか考えてなさそう
群像劇は特殊でもなんでもない!」とか群像劇好きにとっても意味不明だろ
177 ななしのよっしん
2021/03/21(日) 11:09:35 ID: PWSk3/MlhX
特殊だと感じるのは
特定主人公を置いてそれ中心にするのが「普通」だと思ってるからだろ?
その前提がまず横暴ってもんだ
178 ななしのよっしん
2021/03/21(日) 23:02:51 ID: 3vIK/3hXz0
>>177
「とにかく主人公を優遇するのは許さない!」って逆張りに凝り固まってるようにしか見えない
主人公と言うか視点人物を一人定めて物語を展開する方が分かりやすいのは当たり前だろう

と言うか群像劇作品見て「これ主人公1人の作品と同じくらいの手間しかかかってないわー」と思うなら
群像劇作品や作者に対する侮辱だわ
179 ななしのよっしん
2021/03/22(月) 09:02:08 ID: PWSk3/MlhX
どんな形式だろうと結局物凄い手間はかかるもんだし
物語を冒涜してるのはお前だろよ
そりゃ主人公だの感情移入だの振りかざす連中の弾圧に耐え抜くクオリティにする大変さはあっても
それは物語の形式に起因するものじゃない
180 ななしのよっしん
2021/03/22(月) 09:21:02 ID: PWSk3/MlhX
結局主人公視点に固定しても裏では登場人数分の物語が動いててるんだから
描写するかしないかの違いでしかいんだけどね
181 ななしのよっしん
2021/03/22(月) 10:00:43 ID: A5m+Nw+FaV
コマンドーとか主人公メイトリクス以外のキャラ物語なんか刺身のツマみたいなもんだが

にマッスルアクションを楽しむ作品だから下手に群像劇にして余計な設定や演出挟まれてもつまらなくなるけど

一応断っとくが群像劇主人公固定視点物語に優劣があるという話ではない
主人公以外の物語を描写するかしないの違いしかないてのは違うという話
182 ななしのよっしん
2021/04/01(木) 00:00:48 ID: 3vIK/3hXz0
>>179-180
「描写するかしないか」の違いが大きいんだよ、「描写しなくて良い」と言ってもいい
と言うかそもそも主人公々なんてのはどうでも良い、重要なのは「視点があちこちに移る」点だ、だからダブル主人公とかも同じ

例えば2人のキャラAとBが戦う作品があったとする
通常の作品なら、Aを主人公にして1本のシナリオを作り、敵Bは見える範囲の行動だけ描いて物語の都合の良い所で登場させれば良い
群像劇だと、AのシナリオとBのシナリオの2本をどちらもガッチリ作って、2人がぶつかりあうシーンに向けて両方を同時に展開しなくちゃいけない

逆に読む側も、Bを読んでる間にもAは今何しててBとはどういう関係が、とか考える必要がある
2人ぐらいならさほど問題ないけど、これが10人の群像劇とかだとそれなりに負担になる
作者はそれを踏まえた上で、読者に負担をかけないようにする必要がある
183 削除しました
2021/04/04(日) 17:05:55 ID: UcSnQ7/Edc
余程わくわくする話じゃないと飽きる
184 ななしのよっしん
2021/04/08(木) 17:31:01 ID: SAuj9Luo2H
アルペジオはこの分野における傑作の一つ

おすすめトレンド