幻想水滸伝単語

ゲンソウスイコデン
  • 15
  • 0pt
掲示板へ

幻想水滸伝とは、コナミから発売されているRPG作品シリーズである。

1995年に発売されたシリーズ第1作から始まり、現在までに第5作が発売されている。

中国四大奇書の「水滸伝」をモチーフにしており、総勢108人のキャラクター仲間にすることができる。

シリーズファンからは「幻水」(公式略称は「幻想」)の略称で親しまれており、ニコニコ動画においては通常のプレイ動画縛りプレイ動画実況動画など、さまざまな盛り上がりを見せている。

作品シリーズ

ナンバリング作品

幻想水滸伝(初代)
記念すべき第1作。PSソフトとして、1995年12月5日に発売。シリーズ舞台となる赤月帝国27の真の紋章ソウルイーター」を巡る物語
キャッチコピーは「プレイステーションよ、これがRPGだ!」
幻想水滸伝II
1998年12月17日に発売。また、第1作と共にPSPソフトとしてリメイクされている。第1作より3年後の世界27の真の紋章「始まりの紋章」に選ばれた主人公とその親友ジョウイの物語
キャッチコピーは「その強さがあれば、全てを守れると思った」
幻想水滸伝III』
ラットフォームをPS2に移したシリーズ第3作。2002年7月11日発売。「幻想水滸伝II」から15年後の世界舞台。3人の主人公の紋章に導かれ、炎の英雄戦争の陰謀へと迫る。主人公それぞれの視点からストーリーを追う形式を採用した意欲作。また、この作品よりゲームグラフィック3D化する。
キャッチコピーは「信じるならば進むのでしょう。それは、人の性なのですから」
『幻想水滸伝IV
2004年8月19日発売。第1作「幻想水滸伝」の150年前の世界舞台。償いと許しをの紋章「罰の紋章」を宿した主人公と、その主人公が所属する群の解放戦争を描く。シリーズシナリオとディレクションを務めていた村山が「III製作途中でコナミを退社したため、作品舞台が第1作以前の時代に設定されたという経緯がある。
キャッチコピーは「108人の待つへ。それは冒険か、出会いか」
『幻想水滸伝V』
2006年2月23日発売。シリーズ10周年記念作品である。第1作「幻想水滸伝」の約8年前の世界舞台27の真の紋章太陽の紋章」により守られてきたファレナ女王と、その元老貴族との確執を描く。主人公であるファレナ女王王子は「太陽の紋章」の属である「明の紋章」を宿し、奪われた紋章とを取り戻すために戦う。
キャッチコピーは「すべてを、奪還する」

外伝作品

幻想外伝Vol.1 ハルニア士』
2000年9月21日発売。「幻想水滸伝II」と同じ時代に始まったもう1つの戦いを描くアドベンチャーゲーム
キャッチコピーは「それは、られなかった、もう一つの物語
幻想外伝Vol.2 クリスタルバレー決闘
2001年3月22日発売。これらの外伝作品にはあまりゲーム性はく、小説読み進めるような感覚でプレイできる。
『幻想水滸伝カードストーリーズ』
2001年より発売されたトレーディングカードゲームと、2001年9月13日に発売されたGBAソフトがある。2004年3月より『幻想水滸伝カードストーリーズ~第II章~ REMAKE BOOSTER 約束の地へ』にリニューアルされており、現在までにシリーズ第4作までのキャラクターが登場している。
Rhapsodia
2005年9月22日発売。「幻想水滸伝IV」の世界観によって描かれるシミュレーションRPG本編中ではられることのなかったエピソードなどが含まれ、「IV」のストーリーを補している。

新章

『幻想水滸伝ティアクライス』
2008年12月18日発売。ニンテンドーDSソフトシリーズ本編世界観から離れ、世界という所謂パラレルワールド本編世界もまた世界の一つとされている)を舞台としたRPG本編でいうところの「紋章」が「の印」という別システムに変わっているが、それ以外はシリーズ本編とほぼ変わらないシステムとなっている。世界を脅かす存在である「一なる王」や「一なる王」を信奉する「一つのの協会」と、それに抵抗する者達との戦いを描く。
キャッチコピーは「と組むか、信じるか。」
『幻想水滸伝 紡がれし年の時』
2013年2月7日発売。PSPソフト。前作「ティアクライス」とはまた別の世界舞台としている。100年ごとに大挙出現する正体不明の怪物と、それをめぐってさまざまな思惑をめぐらす人々をえがく。「時代」という不思議な木のによって主人公たちが過去世界に渡り、かつて怪物と戦って退けた経験をもつ先達から戦いの技を教えてもらう「技伝承システム」が玉。
キャッチコピーは「めるのは、秩序か、自由か。」

上記の作品はいずれも、その他ノベライズコミカライズなど、多数のメディアミックス展開を果たしている。

シリーズプレイ動画

お絵カキコ

クライブ悟空ちゃうわ!坊ちゃんナナミミリーとボナパルトネクロードタルロディログ

関連コミュニティ

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 15
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B9%BB%E6%83%B3%E6%B0%B4%E6%BB%B8%E4%BC%9D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

幻想水滸伝

523 ななしのよっしん
2019/11/08(金) 23:03:01 ID: OUfEiVLCYv
4と5も一つの戦記物として見れば言われるほど駄な作品じゃないけど、
やっぱりシリーズとしてはどうしても見劣りしてしまうよなぁ
524 ななしのよっしん
2019/11/25(月) 20:51:47 ID: relDNHvDRq
コナミの他の作品が何らかの形で活発になってるし、幻想水滸伝も何らかの形で復活できればなぁ
いい印は持たれてないけど、108仲間がいる、戦争が特徴のシリーズだからソシャゲ向きではある
残されてるを解き明かすならこれで何とかできなくもないけど…

>>523
いい部分もあるっちゃあるけど、同じくらいに悪い部分も立ってるからなそこらへんは
なまじ1や2が良すぎたってのもある(特に2はRPGでもトップに入るって言われてるくらいには完成度高いって言われてるし)
525 ななしのよっしん
2019/12/16(月) 13:41:25 ID: ZUBUuve9hG
1から3までは自分が体験したストーリーが後にを残してたのが
4になってなくなってしまったのが見劣りしたりした感じはあったわ
アップルやらが成長したと感じたり演劇やら会話やらで自分のプレイした闘いやその後を見れるのはどんな形に進んだにせよ思うところが出てくるし
526 ななしのよっしん
2019/12/18(水) 19:05:00 ID: dTGRI3vkIC
>>525
アップルって空気にしか感じなかったけどな
あ、ちなみにアップルは好きだよ

演劇バルバロッサの方はミルイヒがキャラ崩壊してるし
ネクロードの方はカーンがいないせいでふざけんなとしか感じなかった
527 ななしのよっしん
2019/12/20(金) 00:59:48 ID: 00O05kBrv+
>>525
3のアップルは私も好きだ。
1のころはツンツンしていたし、2では未熟で余裕がない感じだったけれど、3では落ち着いてすごくいい女になっていた。

1の芝居について。
>>526は見落としているようだが、あの脚本はミルイヒが書いたものだ。
だからミルイヒが美化されているのはむしろ当然。
客観的かつ写実的に描かれていたら、そのほうがよっぽどビックリする。

2の芝居はカーンがいなくて、なぜか代わりにフリックがいるのよね。
リックを出した方が客の受けがいいという、行上の理由だろう、たぶんw

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
528 ななしのよっしん
2019/12/21(土) 17:37:48 ID: dTGRI3vkIC
>>527
うん、だから「スタッフの中では」ミルイヒは
あんな脚本を作るようなキャラってことでしょ?

Ⅰのミルイヒって戦後バルバロッサとウインディの墓を守ってる忠心の高い人物だし、
最後中庭園から飛び降りたところは悲しい出来事のはずなのに、
あんなバルバロッサをかませキャラにして俺TUEEEするような人物じゃないから。
これをキャラ崩壊と言わずになんと言うのかと。
529 ななしのよっしん
2019/12/21(土) 17:42:08 ID: dTGRI3vkIC
あ、ウインディじゃなくウィンディだったわ
そこだけ訂正
530 ななしのよっしん
2019/12/25(水) 23:35:56 ID: 00O05kBrv+
>>528
ミルイヒ作だとわかった上での発言だったか。失礼した。

もっとも、ミルイヒが自分を持ち上げたからといって、バルバロッサをおとしめたということにはならないと思う。
釣瓶ではないのだから、一方を上げれば他方が下がるというわけではない。

それに、ミルイヒは自分が立つためなら君何するものぞというところがある。
王宮のそばに奇な屋敷を建てたり、奇抜な衣装で王宮に出入りしたり。
一辺倒の人物ではない。
531 ななしのよっしん
2020/03/24(火) 22:27:00 ID: fE+6i8GRkv
ティアクラと紡がれし~ってどういうゲームなの?
これまでの全キャラオールスター見たい?
どうか詳しく
532 ななしのよっしん
2020/06/04(木) 23:52:25 ID: OXEhLaYLHw
>>531
全然別の世界の話
5までにちらほら話題になってた世界のうちの一つが舞台
ティアクラは話は凄く評判いいけど、システムダル
紡がれし~は幻想水滸伝シリーズ初見さんには難なRPGという評価だけど、歴代ファンには不評だね
個人的には嫌いじゃないけど