クエンティン・タランティーノ単語

クエンティンタランティーノ
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

クエンティン・タランティーノ (Quentin Tarantino) とは、B級映画するケツアゴ映画監督である。

概要

撮る映画もさることながら、タランティーノ個人の強な個性と名前のファンキーさで、嫌が応にも頭に焼きつく男。映画オタクがそのまま映画監督になったという点は、ティム・バートンサム・ライミなどのに通じるものがある。日本では、メディア取材や宣伝でも口でベラベラ喋る姿などの手なキャラクターで、ちょっと映画知っている人ならば名前は知っているだろうと思われる有名人映画監督。『スパイキッズ』や『デスペラード』で知られるロバートロドリゲス監督と仲が良く、共同で製作された作品も多い。

レンタルビデオ屋でバイトしつつ映画漬けの日々を送るうち、B級映画愛して止まないオタクへ成長。さらに生活習慣の善もないまま過ごすうち、オタクが高じて映画を作るようになっていった。
現在の彼の作品にも、彼がする映画へのオマージュがいたるところに仕込まれており、作品に隠された名作・迷作・作へのこれらのオマージュも、ファンをひきつける要素の一つになっている。

情報量が多く時間軸を自在にえる独創的なストーリー構成や、曲者いのキャラクター妥協のない圧倒的な暴力描写などで見る者を圧倒する。また「どうでも良い話なのに、聞いていて面い」というとても絶妙な“駄話”の演出に定評がある
劇中音楽の選曲センスにも優れており、『パルプ・フィクション』のオープニング曲に起用された1960年代のヒット曲「ミザルー(Misirlou)」を、映画開とともに再ブームさせた。『キル・ビル vol.1』は日本舞台ということもあり、日本アーティストを積極的に起用した。中でも布袋寅泰の『Battle Without Honor Or Humanity』は、劇中曲及び予告編にて大々的に起用され、日本で大きく話題になった。

B級映画全般から、エド・ウッドなどに代表されるクソ映画まで幅広くする、まさにすべき映画オタクである。ジャパニメーションにも造詣が深く、『キル・ビル vol.1』ではアニメパート日本アニメプロダクションProduction I.G.」に依頼し、悪役の紹介に効果的に使用した。

日本映画にも造詣が深く、デビュー作『レザボア・ドッグス』のラスト日本ヤクザ映画を彷彿とさせる、究極の“仁義”を表現したシーンであると本人が映画コメンタリーにてっている。『キル・ビル』2部作では日本刀物語の重要なアイテムとなっている。特に、黒澤明深作欣二の大ファンであり、『キル・ビル』製作時には深作との共作を熱望していた。残念ながら深作の急逝により参加はかなわなかった。彼が亡くなった時にはかなりショックをうけたという。

前述した『Battle Without Honor Or Humanity』も、曲名の通り、本来は布袋が出演した『新・仁義なき戦い』のテーマだったのを、タランティーノがいたく気に入ってそのまま使ったものである。その際、布袋の方から「さすがにそのまま使わなくても、似たような感じで新しく作曲する」と申し出たが、彼は「このままがいい」と断固流用にこだわったという。そのおかげで、現在では、この曲が『新・仁義なき戦い』のテーマでもあるという事実があまり知られていない有様である。

作品

監督作品

その他、関連作品

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%8E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

クエンティン・タランティーノ

63 ななしのよっしん
2017/10/21(土) 00:07:41 ID: f38t4pprIp
なんていうかガッカリしたよ本当
そりゃ作品自体に罪はいよ
でもガッカリだよ
64 ななしのよっしん
2017/11/19(日) 12:38:31 ID: oHK/b7MCY3
次作はチャールズマンソンを題材にした映画らしいね
トム・クルーズブラッド・ピットレオナルド・ディカプリオの内2人が演とのこと
65 ななしのよっしん
2018/03/08(木) 20:51:44 ID: xdG3+GqPMm
ワインスタインの件で心底軽蔑した
人間のクズが。どんな気持ちで映画撮ってたんだ?
66 ななしのよっしん
2018/03/10(土) 10:03:12 ID: iIvumQjKYZ
>>63といい>>65といい何があったかちゃんと書けよ
ただ悪口言ってるようにしか見えんぞ
67 ななしのよっしん
2018/03/30(金) 22:37:56 ID: 6j5Xah5HAM
この話だな。ハリウッドセクハラ問題の中心がタランティーノの盟友で知ってたけど黙ってたという話。
https://miyearnzzlabo.com/archives/45540exit
68 ななしのよっしん
2018/10/03(水) 20:13:06 ID: 8kC/JzGmG6
デスプルーフにおけるカートラッセルのクレイジーっぷりほんとすき
69 かいちひろ
2019/08/25(日) 12:02:19 ID: gRn5II4ER5
https://twitter.com/llllm_qexit
それよりこの映画の皮かぶったビッチをどうにかして~
男のフォロワーとオフパコしまくってる
さらに裏で相手のテクニックランク付け
70 ななしのよっしん
2019/08/31(土) 09:26:09 ID: vcdZi8AL+D
ワンス・アポン・ア・タイムインハリウッド、ディカプリオの演技とブラピアウトローなかっこよさ、そこに当時の音楽からセットひとつひとつに至るまで再現しててよかった。ああ、マルガリータを飲みながらみたい
71 ななしのよっしん
2019/09/07(土) 01:28:34 ID: F9BUTc5DSW
ワインスタインどころか更にヤバい存在を黙認してた可性が出てきたな
72 ななしのよっしん
2019/10/30(水) 07:56:26 ID: e8BMsdbk19
低迷していたジョントラボルタを復活させ、イングロリアス・バスターズからは被害者による逆襲を撮り続け、そして今回は惨劇の被害者としてしかられてこなかったシャロン・テートのキャリアめてスポットライトを当てる。
単にオタクなだけじゃなくて裏舞台の人たちへの情が凄い深い人なんだな。
今作で引退するかもなんて言われてるけど、めて人柄に惚れたわ。