編集  

HUNTER×HUNTER単語

ハンターハンター

タイトルロゴ

HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画作品。

概要

幾度なく読者から執筆再開を待ち望まれている。

打ち切りが多い『週刊少年ジャンプ』では、不定期連載中という一際く作品である。

休載

この漫画作者冨樫義博が連載すること自体が事件となるくらい休載期間が長く、休載理由も当初は「病気」「急病」だったが、本人が巻末コメント旅行に行ったりコミケに行ったりしていることを気で書いていたため、そのうち「病気」という理由が書かれなくなった。

連載が続いていた当時も休載率3割程と高かったが、2006年以降、1年単位での長期休載が発生しはじめ、再開しても長く持たずすぐに休載に戻ってしまう。徐々に休載が長く連載が短くなり、2015年以降は長期休載が3年にも及んだ。現在では実質不定期連載化し、時は連載していないのが当たり前の状態になっているが、集英社的にはあくまで休載扱いで連載にカウントされている。最初は怒ったり悲しんだりしていた熱心なファンも悟りの地に至っている。しかしそれでも、たまに単行本新刊が出るとジャンプ連載の中で売上トップを掻っ攫う。

巷では本当に病気であるらしい情報がしばしば流れるが、公式な回答はく休載理由の正確な所は不明。ファンからの理由をめるに対しても尚も沈黙を決め込んでいる辺り、何らかの理由で明かさない方が得策と判断している物と思われる。

このため、ネット上では「『HUNTER×HUNTER』と言えば休載、休載と言えば『HUNTER×HUNTER』」というくらいにネタにされてしまっている。関連動画には「冨樫仕事しろ」のタグコメントがよく付けられている。

冨樫仕事しろ

あらすじ

主人公ゴン父親を捜すためにハンターになり、様々な冒険をするというストーリー

はじめこそ少年漫画らしくゴンの成長ストーリーをやっていたが、だんだん作者自身のダーク世界観(勧善懲悪ではない世界)が反映されるようになっていった。

主要キャラクター

名前 声優
日本アニメーション(旧) マッドハウス(新) パイロット
ゴン=フリークス 竹内順子 潘めぐみ 松本梨香
キルア=ゾルディック 三橋加奈子 伊瀬茉莉也
クラピカ 甲斐田ゆき 沢城みゆき 日高のり子
レオリオ=パラディナイト 郷田ほづみ 藤原啓治 林延年
ヒソカ=モロウ 高橋広樹 浪川大輔

アニメ情報

イベントパイロット版が放映されてから、『HUNTER×HUNTER』は今までに2度テレビアニメ化されている。

1度日本アニメーション制作によるもので、1999年10月16日から2001年3月31日までフジテレビ系ローカルで放送されていた。
放送は途中で終了したが、続編としてOVAシリーズヨークシン完結編、GI編、GIファイナル編)も発売された。
詳細はHUNTER×HUNTER(1999年のアニメ)を参照。

そして2011年8月1日、『HUNTER×HUNTER』の2度アニメ化が発表された。
2011年10月8日から2014年9月23日まで日本テレビ系で放送されていた。

放送局がフジテレビから日本テレビに代わり、制作日本アニメーションからマッドハウスに代わったことで、声優スタッフは一新され、話は最初からのリメイクである。

2014年6月5日より、ニコニコ動画でも一部配信が開始されている。
(第1話無料。それ以降は11話~13話のパック販売あり。)

詳細はHUNTER×HUNTER(2011年のアニメ)を参照。

ストーリー概要

ハンター試験編(コミック1~5巻)連載1998~1999年。

少年ゴン父親と同じハンターになって父親を見つけるため、故郷を出てハンターになるための試験に挑む。
少年漫画らしく明るい作ギャグシーンも多いが、弱者はシビアに惨殺されるため緊感がある。

主な登場キャラクター

試験生

試験官・ハンター協会関係者

ゾルディック家

天空闘技場編(コミック6~7巻)連載1999年。

ゴンキルアの修行編。
物語に大きく関わってくる要素であるが登場。

主な登場キャラクター

ヨークシン編(幻影旅団編)(コミック8~13巻)連載2000~2001年。

ヨークシンティを舞台としたクラピカの復讐編。
HUNTER×HUNTER』の全盛期であったといわれることが多い。
ゴンは脇に追いやられてしまい、クラピカ主人公のようになっている。
もっとも、このマンガにおいての主人公は、ゴンキルアレオリオクラピカの4人(そしてヒソカ)であると考えることもできる。
また、敵役として登場した幻影旅団も徐々に人気が上がっていき、その魅的なキャラクターたちで物語を大いに盛り上げた。

主な登場キャラクター

ノストラードファミリー

幻影旅団(蜘蛛)

グリードアイランド編(コミック14~18巻)連載2001~2003年。

よく「GI」や「G・I」、「G.I」、「G.I.」などと略される。
ゴンキルアジンの手掛かりを得るためにゲーム世界に入り、カードを集めながら念の修行に励む。
シリアス幻影旅団編にべると初期の冒険ファンタジー路線に多少戻っている。

なお、フジテレビ日本アニメーション版のアニメでは最終的にここまでのアニメ化となった。

主な登場キャラクター

爆弾魔(ボマー)

ゲームマスター

キメラ=アント編(コミック18~30巻)連載2003~2011年。

編」、「編」とも呼ばれる。
ゴンキルアカイト突然変異種キメラアント討伐に乗り出す。
かなりグロテスクな描写が含まれているので注意。

また、今まで「よくも悪くも少年漫画主人公らしく」描かれていたゴンが、非常に生々しい人間味溢れる描かれ方をしている場面がある。
ゴンに対するマンガ的な描写が薄れたのは、連載始まって以来初めてかもしれない。

連載期間(休載期間含む)は約8年間で、これまでの章の中で最長。
長期休載が名物になったのもこの頃である。

キメラアント編以降は2013年4月から日本テレビ系列で初の映像化となっている。

主な登場キャラクター

蟻討伐軍

キメラ=アント側

王直属護衛軍

会長選挙・アルカ編(コミック30巻~32巻)連載2011~2012年。

十二支んおよびゾルディック家の第4子・アルカ=ゾルディックが登場。
アニメ放送に合わせ、懐かしい顔ぶれが続々と再登場。
この話で『HUNTER×HUNTER』の中のある1つの標に区切りがついている。

なお、日本テレビマッドハウス版のアニメではここまでのアニメ化となった。

主な登場キャラクター

十二支ん

テロ会長が実を認めた12人。
それぞれにコードネームが渡され、会長に心酔するメンバーのほとんどはその名に合わせて名したり、キャラ変するなど涙ぐましい努をしているが、例外(※)もいる

暗黒大陸編(コミック33巻~)連載2012年~。

近代五大陸V5)の外側の「新世界」、いわゆる「暗大陸」への進出編。
V5からハンター協会に直々にある特命が下された。
一方、ネテロからもほかの特命が下された。

ゴンが念を使うことができなくなり、さらに現在ストーリーメインから外れ、ジン主人公のようになっている。
ジンパリストンが抜けた代わりとして、レオリオクラピカ十二支ん入りをする。

編集担当者く、「今後ハンタ史上TOP3に入る衝撃が起こります」とのこと。
2年2ヶぶりに連載を再開したものの、その後3~4ヶ作者痛のために休載してしまう。

週刊少年ジャンプ2016年16号にて、1年半ぶりに2016年4月18日発売予定の『週刊少年ジャンプ2016年20号より連載再開する予定であると発表され、実際に連載が再開されている。
特設サイトでも連載再開が告知された。

しかし、『週刊少年ジャンプ2016年31号までの連載をもって、再び期限休載に突入した。
ここまでわずか10週である。
なお、この連載期間中の巻末コメントはすべて冨樫の体調不良とそのリハビリに関するものだった。
冨樫養生しろ。

2017年30号から連載再開。しかし、10週掲載の後、再び期限休載に突入した。

2018年9号から連載を再開するも、またしてもと言うか予想通りというか、10週掲載ののち、19号から期限休載に突入した。

2018年43号から連載再開。

主な登場キャラクター

クラピカ追憶編(コミック0巻)読切掲載2012年。

劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影ファントムルージュ)』連動企画として、『週刊少年ジャンプ2013年1号および2号にて、前編後編としてクラピカ過去が描かれている。
なお、このストーリー劇場版の入場者先着100万名に「0巻」として配布されているものに収録されている。

「連載」ではなく「読切掲載」という位置づけである。

主な登場キャラクター

関連動画

関連商品

コミックス(1巻~最新33巻)・関連書籍

アニメDVD・Blu-ray

CD

グッズ・フィギュア・ゲーム

個別記事があるキャラクター・能力・用語

関連項目

冨樫義博連載作品
1989年 - 1990年 1990年 - 1994年 1995年 - 1997年 1998年 -
てんで性悪キューピッド 幽☆遊☆白書 レベルE HUNTER×HUNTER

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/hunter%C3%97hunter
ページ番号: 421353 リビジョン番号: 2630302
読み:ハンターハンター
初版作成日: 08/08/01 23:35 ◆ 最終更新日: 18/10/04 00:06
編集内容についての説明/コメント: トップロゴの横幅をスマホ版に対応
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


キリコ

おヒマ?

ビーンズ

ピトー

何コレ・・・

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

HUNTER×HUNTERについて語るスレ

6077 : ななしのよっしん :2018/10/11(木) 00:03:38 ID: bDBbovzXG0
男子三日会わざればなんとかって言うから多少はね?

というかびっくりするぐらいツェリの出番が抑えられてるな、久々に顔見たと思ったらセンリツの演奏食らってたでござる
6078 : ななしのよっしん :2018/10/11(木) 01:25:51 ID: rtrvL7OkBR
レナの念の恋のエチュードってさ
レナオリジナルとは限らないよな
シァウアプフ材料になった人間のだったりしてな
6079 : ななしのよっしん :2018/10/13(土) 22:45:17 ID: offs0xhVRI
第四王子の念FF6ケフカ烈火の炎堂地アークザラッドガルアーノ辺りを思い出すな
そのうちグロイ化け物が次々生み出されて船の中をしそうだな
強大すぎてモモ王子みたく念の容量切れが起きそうだが、死者の念があるからむしろ死んでからが本番かもしれない
第四王子は部下といい、モレナといい人望ないね(最も念情報シュウエイシャのヤクザ達は上の王子には伝えてない)
テータのやろうとしている事はメモリ駄使いによる邪念封じと絶による念獣の制御とエネルギー切れ対策位で暗殺は企んでいないだろう(死ぬだけですむのだろうか)
絶は一応陰や硬などを覚えるのに使えるから一応はいっていないが王子に必要かどうかは不明だな
ヒソカパワーアップは死者の念ゴム人間ルフィ化の他にモレナキスやツェリの改造とかがあるかもしれん
6080 : ななしのよっしん :2018/10/14(日) 00:28:19 ID: 91z1OAhXPn
>>6076
ハルくん王子は守護霊獣のを扱えるようになっただけで念を習得したわけじゃないから
6081 : ななしのよっしん :2018/10/14(日) 17:03:54 ID: neEwIYSEUG
>>6080
守護霊獣って自分の意思では自由に扱えないから王の器が問われる代物で利用こそしていても全て守護霊獣のでやっているようには思えん。ある程度の操作は出来るかもしれんが霊獣だけとは思えないんだよな

何というか撃つハルケンも矢になった部下もを使うことに慣れてるっていうの?反応がそうなのかな。部下の体を犠牲にするとは言っても命を失うとは言ってないから部下の命と引き換えって感じでもないし他作品で例えればNARUTOの心転身を部下の意識で飛ばしている感じがするんだよな
命使い捨ては覚悟は決まって威は上がるが自分の私設兵にするくらいに信頼できる部下を使い捨ててまで使用する効果じゃないのは確か。霊獣ので威を底上げできてるならば猶更ね

だからハルケンも複雑な事情はあるだろうが単純に念使えないのとは違う気がするな。ツェリードニヒも同じようにただ念を使えないのとは違う気がする。なんでと言われたら困るけど
6082 : ななしのよっしん :2018/10/14(日) 21:16:49 ID: cI5pSG4t86
カーちん……
6083 : ななしのよっしん :2018/10/15(月) 06:19:50 ID: wMe5K8dYT+
>>6079
今週のジャンプ月曜日発売。
フラゲネタバレマナー違反ですよ
6084 : ななしのよっしん :2018/10/15(月) 06:39:08 ID: RoKS5pcfZB
ケツ持ちだからと言っても信頼関係が一切なさそうだなモレナとツェ王子
6085 : ななしのよっしん :2018/10/15(月) 22:45:00 ID: t/Yc+0f51d
そういや絶の修行ってどこにも描写がかったな
ハンターになるようなだと隠密のついでに習得してるイメージだったから
テータは内心で正規の修行の内って言ってるけど実際どうなんだろう
6086 : ななしのよっしん :2018/10/16(火) 06:46:45 ID: f5Z9uJBTDo
テータの死亡フラグはいつ回収されるんだろ
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス