HUNTER×HUNTER単語

ハンターハンター

タイトルロゴ

HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画作品。

概要

幾度なく読者から執筆再開を待ち望まれている。

打ち切りが多い『週刊少年ジャンプ』では、不定期連載中という一際く作品である。

休載

この漫画作者冨樫義博が連載すること自体が事件となるくらい休載期間が長く、休載理由も当初は「病気」「急病」だったが、本人が巻末コメント旅行に行ったりコミケに行ったりしていることを気で書いていたため、そのうち「病気」という理由が書かれなくなった。

連載が続いていた当時も休載率3割程と高かったが、2006年以降、1年単位での長期休載が発生しはじめ、再開してもすぐに(最短ではわずか2回等)休載に戻ってしまう。徐々に休載が長く連載が短くなり、2015年はついに一度も連載されなかった。現在では実質不定期連載化し、時は連載していないのが当たり前の状態になっているが、集英社的にはあくまで休載扱いで連載カウントされている。最初は怒ったり悲しんだりしていた熱心なファンも悟りの地に至っている。しかしそれでも、たまに単行本新刊が出るとジャンプ連載の中で売上トップを掻っ攫う。

ちなみに、休載が多いとは言っても、2015年以外は(例え一桁であっても)全に0回だった事は一度もない。

巷では本当に病気であるらしい情報がしばしば流れるが、公式な回答はく休載理由の正確な所は不明。ファンからの理由をめるに対しても尚も沈黙を決め込んでいる辺り、何らかの理由で明かさない方が得策と判断している物と思われる。

このため、ネット上では「『HUNTER×HUNTER』と言えば休載、休載と言えば『HUNTER×HUNTER』」というくらいにネタにされてしまっている。関連動画には「冨樫仕事しろ」のタグコメントがよく付けられている。

冨樫仕事しろ

あらすじ

主人公ゴン父親を捜すためにハンターになり、様々な冒険をするというストーリー

はじめこそ少年漫画らしくゴンの成長ストーリーをやっていたが、だんだん作者自身のダーク世界観(勧善懲悪ではない世界)が反映されるようになっていった。

主要キャラクター

名前 声優
日本アニメーション(旧) マッドハウス(新) パイロット
ゴン=フリークス 竹内順子 潘めぐみ 松本梨香
キルア=ゾルディック 三橋加奈子 伊瀬茉莉也
クラピカ 甲斐田ゆき 沢城みゆき 日高のり子
レオリオ=パラディナイト 郷田ほづみ 藤原啓治 林延年
ヒソカ=モロウ 高橋広樹 浪川大輔

アニメ情報

イベントパイロット版が放映されてから、『HUNTER×HUNTER』は今までに2度テレビアニメ化されている。

1度日本アニメーション制作によるもので、1999年10月16日から2001年3月31日までフジテレビ系ローカルで放送されていた。
放送は途中で終了したが、続編としてOVAシリーズヨークシン完結編、GI編、GIファイナル編)も発売された。
詳細はHUNTER×HUNTER(1999年のアニメ)を参照。

そして2011年8月1日、『HUNTER×HUNTER』の2度アニメ化が発表された。
2011年10月8日から2014年9月23日まで日本テレビ系で放送されていた。

放送局がフジテレビから日本テレビに代わり、制作日本アニメーションからマッドハウスに代わったことで、声優スタッフは一新され、話は最初からのリメイクである。

2014年6月5日より、ニコニコ動画でも一部配信が開始されている。
(第1話無料。それ以降は11話~13話のパック販売あり。)

詳細はHUNTER×HUNTER(2011年のアニメ)を参照。

ストーリー概要

ハンター試験編(コミック1~5巻)連載1998~1999年。

少年ゴン父親と同じハンターになって父親を見つけるため、故郷を出てハンターになるための試験に挑む。
少年漫画らしく明るい作ギャグシーンも多いが、弱者はシビアに惨殺されるため緊感がある。

主な登場キャラクター

試験生

試験官・ハンター協会関係者

ゾルディック家

天空闘技場編(コミック6~7巻)連載1999年。

ゴンキルア修行編。
物語に大きく関わってくる要素であるが登場。

主な登場キャラクター

ヨークシン編(幻影旅団編)(コミック8~13巻)連載2000~2001年。

ヨークシンティ舞台としたクラピカ復讐編。
HUNTER×HUNTER』の全盛期であったといわれることが多い。
ゴンに追いやられてしまい、クラピカ主人公のようになっている。
もっとも、このマンガにおいての主人公は、ゴンキルアレオリオクラピカの4人(そしてヒソカ)であると考えることもできる。
また、敵役として登場した幻影旅団も徐々に人気が上がっていき、その魅的なキャラクターたちで物語を大いに盛り上げた。

主な登場キャラクター

ノストラードファミリー

幻影旅団(蜘蛛)

グリードアイランド編(コミック14~18巻)連載2001~2003年。

よく「GI」や「G・I」、「G.I」、「G.I.」などと略される。
ゴンキルアジンの手掛かりを得るためにゲーム世界に入り、カードを集めながら念修行に励む。
シリアス幻影旅団編にべると初期の冒険ファンタジー路線に多少戻っている。

なお、フジテレビ日本アニメーション版のアニメでは最終的にここまでのアニメ化となった。

主な登場キャラクター

爆弾魔(ボマー)

ゲームマスター

キメラ=アント編(コミック18~30巻)連載2003~2011年。

編」、「編」とも呼ばれる。
ゴンキルアカイト突然変異種キメラアント討伐に乗り出す。
かなりグロテスクな描写が含まれているので注意。

また、今まで「よくも悪くも少年漫画主人公らしく」描かれていたゴンが、非常に生々しい人間味溢れる描かれ方をしている場面がある。
ゴンに対するマンガ的な描写が薄れたのは、連載始まって以来初めてかもしれない。

連載期間(休載期間含む)は約8年間で、これまでの章の中で最長。
長期休載が名物になったのもこの頃である。

キメラアント編以降は2013年4月から日本テレビ系列で初の映像化となっている。

主な登場キャラクター

蟻討伐軍

キメラ=アント側

王直属護衛軍

会長選挙・アルカ編(コミック30巻~32巻)連載2011~2012年。

十二支んおよびゾルディック家の第4子・アルカ=ゾルディックが登場。
アニメ放送に合わせ、懐かしい顔ぶれが続々と再登場。
この話で『HUNTER×HUNTER』の中のある1つの標に区切りがついている。

なお、日本テレビマッドハウス版のアニメではここまでのアニメ化となった。

主な登場キャラクター

十二支ん

ネテロ会長が実を認めた12人。
それぞれにコードネームが渡され、会長に心酔するメンバーのほとんどはその名に合わせて名したり、キャラ変するなど涙ぐましい努をしているが、例外(※)もいる

暗黒大陸編(コミック33巻~)連載2012年~。

近代大陸V5)の外側の「新世界」、いわゆる「暗黒大陸」への進出編。
V5からハンター協会に直々にある特命が下された。
一方、ネテロからもほかの特命が下された。

ゴンが念を使うことができなくなり、さらに現在ストーリーメインから外れ、ジン主人公のようになっている。
ジンパリストンが抜けた代わりとして、レオリオクラピカ十二支ん入りをする。

編集担当者く、「今後ハンタ史上TOP3に入る衝撃が起こります」とのこと。
2年2ヶぶりに連載を再開したものの、その後3~4ヶ作者痛のために休載してしまう。

週刊少年ジャンプ2016年16号にて、1年半ぶりに2016年4月18日発売予定の『週刊少年ジャンプ2016年20号より連載再開する予定であると発表され、実際に連載が再開されている。
特設サイトexitでも連載再開が告知された。

しかし、『週刊少年ジャンプ2016年31号までの連載をもって、再び期限休載に突入した。
ここまでわずか10週である。
なお、この連載期間中の巻末コメントはすべて冨樫の体調不良とそのリハビリに関するものだった。
冨樫養生しろ。

2017年30号から連載再開。しかし、10週掲載の後、再び期限休載に突入した。

2018年9号から連載を再開するも、またしてもと言うか予想通りというか、10週掲載ののち、19号から期限休載に突入した。

2018年43号から連載再開。

主な登場キャラクター

クラピカ追憶編(コミック0巻)読切掲載2012年。

劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影ファントムルージュ)』連動企画として、『週刊少年ジャンプ2013年1号および2号にて、前編後編としてクラピカ過去が描かれている。
なお、このストーリー劇場版の入場者先着100万名に「0巻」として配布されているものに収録されている。

「連載」ではなく「読切掲載」という位置づけである。

主な登場キャラクター

関連動画

関連商品

コミックス(1巻~最新33巻)・関連書籍

アニメDVD・Blu-ray

CD

グッズ・フィギュア・ゲーム

個別記事があるキャラクター・能力・用語

関連項目

冨樫義博連載作品
1989年 - 1990年 1990年 - 1994年 1995年 - 1997年 1998年 -
てんで性悪キューピッド 幽☆遊☆白書 レベルE HUNTER×HUNTER

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/hunter%C3%97hunter

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

HUNTER×HUNTER

6408 ななしのよっしん
2019/04/27(土) 18:19:48 ID: wdc0jEArbd
だったわw
淫獣ゴッチャになってた模様。
見直すとやっぱりクラピカインフレが凄いな。
試験編ではキルア>>>>>越えられない壁>>クラピカレオリオゴン
て感じだったのに今の時点ではクラピカがぶっ飛んで強い。
エンペラータイムあれば団に対しては無敵まである。
6409 ななしのよっしん
2019/04/30(火) 19:07:20 ID: hWTZHcya3M
念は明らかに後付設定だけど、導入された理由はゴンその他とキルアの実差を埋めるため(試験編での実差をゴン10:キルア100とするなら、どっちも念初心者にすればゴン1万10:キルア1万100になって差が埋まる)という考察は正しいと思う
6410 ななしのよっしん
2019/05/03(金) 23:19:05 ID: wdc0jEArbd
とりあえずアニメゴンさんまで見た。

>>6409
そうそう、念が出てからはその後出るキャラは敵も味方も
念使いなのが当たり前、過去に出会った人物も実は念使いでしたまでありそうだよね。
試験会場まで運んだ船長みたいな人も実は念使いで滅強くてキメラアント程度なら殺出来るまである。
そうでもないとヒソカ見たいなヤバい受験者がいたら対応できないだろうし。
サトツ、ブハラ、メンチ、解体屋ジョネスをけしかけた眼鏡の人も念使いでゲンスルーレベルならザコ扱いしてそう。
ゴンキルアでかなり強さに差があったけど、念については
お互い素人なので対等の立場て感じでキルアの方がはるか格上て印くなってたね。
そしていつの間にか影がくっそ薄くなって、いるのかどうなのかすら不明なズシが不憫でならない。
6411 ななしのよっしん
2019/05/04(土) 00:10:00 ID: YRrXAb97qy
会場までの案内人はともかく試験官(=プロハンター)は確定で全員者のはずよ
ビーンズとかリッポーとかどんな使うのかすげー気になるな
6412 ななしのよっしん
2019/05/05(日) 22:53:16 ID: wdc0jEArbd
アニメ全話視聴終了
メルエムあんなに強いのにであっさり死んだてのがな。
強すぎてバトルで倒すアイディアが浮かばなかったのかな。

>>6411
やっぱり試験管全員者だったかw
ビーンズ誰?て思ったけどあの豆か。
しかも記事があるので読んでみたら、自分を豆にする制約で得たにちょっと笑った。
サトツ=尋常じゃなく速く走れる(又は一切疲労しない
メンチ=料理の味を記憶できる
ブハラ=自分の体積以上に食べる事が出来る
リッポ―=優秀なを持つ犯罪者を探せる
こんな感じかな?
6413 ななしのよっしん
2019/05/05(日) 23:04:18 ID: nagTymlyQa
で倒したというより「悪意で倒した」という所だな
レベルEのマクバク族の話と本質的には同じ

「どんなに強く賢くても、弱者の本気の悪意には勝てない」
この対選挙編まで続いていて、そういう意味でも選挙編は編のエピローグなのだが、
「勝ち続けなければならない者は、負けなければ良い者には勝てない」
だからこそ。パリストンネテロっ当な理解者だったと言えるわけだ
6414 ななしのよっしん
2019/05/06(月) 23:54:16 ID: up+wapu0Ea
もしアニメの新シリーズが始まったらOPはサレサレ王子ラップ、EDはタイソン教徒のラブラブ体操がいいなぁ

もし本当に実現したらアニソン界が変わるぜ?
6415 ななしのよっしん
2019/05/07(火) 08:10:39 ID: RUi5y6VnHd
>>6414
に残念ながら、「OPで世界を変える」と宣言しておりましたサレサレ王子でしたが
体調不良のため急遽欠席となりました
6416 ななしのよっしん
2019/05/07(火) 08:24:33 ID: aGOfSr6OjJ
単行本者でつい最近30巻からやっと36巻とクラピカ追憶手に入れたんだが…
36から未掲載ってやく何話分あるの?

6417 ななしのよっしん
2019/05/20(月) 00:59:26 ID: PnVlSe9d7w
ワブル絶対継承戦のラスボスだよな。念だけ暴走しそう