魁!!男塾単語

サキガケオトコジュク
1.9千文字の記事
  • 11
  • 0pt
掲示板へ

魁!!男塾とは、週刊少年ジャンプ民明書房集英社)にて1985年より1991年まで連載されていた、宮下あきらの漫画である。アニメ実写映画にもなっている。

概要

男塾という旧日本軍的な私学を舞台にしたギャグ漫画から、拳法の使い手たちがトーナメント的に戦うジャンプらしいバトル漫画になった作品。バトル漫画になりシリアスさが増した後でも、支離滅裂な展開や後述の「民明書房」による怪しい解説を中心としたギャグ要素はくならず、それが大きな魅となっている。

怪しげな拳法の設定など、トンデモな説をいかにもそれらしいコラムで補足するので有名(「民明書房」参照)。

以下のトーナメントが行われるが、強敵と戦って死んでいく仲間→(王大人による死亡確認)→復活(実際は死んでいなかった、という設定)→敵が味方になって次のトーナメントでさらなる闘が…、という流れになっている。

作品の連載当時は、かつての敵は味方になると新しい敵のかませ犬となるパターン普通だったが(新しい敵の強さを表現する演出)、そのパターンを打破した作品でもある。

1988年テレビアニメ化され、大威震八連制覇編まで放映された。また、実写映画も作られている。なおアニメ版では次回予告で「視聴者ハガキ桃太郎が読んでそれに答えるだけで、次回の内容については全く触れない」というシュールギャグを盛り込んでいたことがある。

正式な続編や外伝息子、獅子丸の戦いを描いた「曉!!男塾 青年よ、大死を抱け」(スーパージャンプ2001年-2010年)や幼少時から終戦後までの江田島平八を描く「無双 江田島平八」(オースーパージャンプ2003年-2010年)がある。
2013年には週刊漫画ゴラクで「極!!男塾」が連載される予定であったが、作者く「気合が入りすぎた」為に連載は延期。その後「私立極高校2011」(2011年-2012年)の連載終了から1年4ヶ後となる2014年4月に前述作の設定を持ち越し、男塾OBを交えたオールスター形式となって、ついに同誌で連載が開始された。
当初は男塾と極高校の面々が面を飾っていたが、9話より「ボギー THE GREAT」よりボギーが、18話より「世紀末サガ」よりサガゲスト出演。前者2作以外の連載からの人物が出演した事により、宮下作品全体を巻き込む作品へと昇されつつある。

また、宮下あきら作品の「より高く」(週刊プレイボーイ1995年-2002年)や前述の「私立極高校2011」(週刊漫画ゴラク2011年-2012年)では男塾生のその後が描かれている。

ゲーム

いくつかゲームが作られており、ニコニコ動画にはプレイ動画投稿されている。

主な登場人物

赤字大百科に記事のあるキャラクター
1988年アニメ版のものであり、直近のゲームとはキャストが異なる。羅刹のみセリフしの為CVし。

男塾塾長 江田島平八 - 郷里大輔
男塾教官
王大人 -沢木郁也
男塾一号
桃太郎 - 堀秀行
文武に秀でた主人公一号生筆頭。が多い。
富樫- 山口健
虎丸- 屋良有作
J - 銀河万丈
男塾二号生
赤石剛次 - 森功至
二号生筆頭。
関東学連
伊達臣人 - 鈴置洋孝
飛燕 - 難波圭一
雷電 - 飯塚昭三
月光 - 堀之紀
男塾三号生
院邪 - 田中秀幸
三号生筆頭、男塾総代。初登場時は人間離れした大きさだったがいつの間にか他の塾生並みの身長に縮んでしまった。
影慶 - 小杉十郎太
羅刹
センクウ - :村
卍丸 - 千葉繁
男爵ディーノ - キートン山田
- 戸谷公次
独眼鉄 - 佐藤正治

主な楽曲

汚れちまった悲しみに - アニメオープニング
歌:一世風靡SEPIA / 作詞: SEPIA / 作曲編曲: 芳野藤丸
幾時代ありまして - アニメエンディング
歌:一世風靡SEPIA / 作詞: SEPIA / 作曲編曲: 芳野藤丸
- 映画主題歌
歌:THE BACK HORN

関連動画

OP・楽曲

ゲーム

その他

関連静画

関連お絵カキコ

わしが男塾 塾長 江田島平八である!! 王大人「萌え死確認」 明石剛次 鐘家蛇彊拳に驚く雷電 知っているのか雷電!? 独眼鉄 鎮守直廊三人衆 羅刹「キラッ☆」

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 11
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%AD%81%21%21%E7%94%B7%E5%A1%BE

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

魁!!男塾

222 ななしのよっしん
2021/03/23(火) 00:35:38 ID: mgPhq8J7VW
時代劇みたいなテンプレのおかげで
あの破天荒さがカバーされてる感は確かにあったかもだ
223 ななしのよっしん
2021/04/17(土) 18:01:47 ID: 12JSfAVbVm
>>220
その代表的なのが月光盲目だったな。
影慶の透明ブーメランに血を吹きかけて見えるようにするなどに頼る描写あったじゃんとかはこの際いいとして、
伊達すら気づかなかった盲目に何故蝙は気づいてたのか?ても残ったままだな。
暗闇を得意とするある意味に頼らない拳法の使い手だからこそて所だったんだろうか?

五輪情報ヒゲとかは線で拾ってたようだけど、
一般放送されてたのかあれ?
いっきり殺し合いしてるんですが。
まあ堂の権でもみ消してるで説明出来るけど。
男塾内でも殺し合いしてるけど警察は気づいてかったのだろうか?
赤石編で学芸会だと偽って誤魔化してた辺り、流石の塾長も国家抑えるいだろうし。
まあ達の世代では結果的に死人は0だったが。
224 ななしのよっしん
2021/05/05(水) 00:46:38 ID: 12JSfAVbVm
かなり昔の漫画なのに近年まで続編がやってて、
スピンオフがかなり出てる辺り根強い人気がうかがえるな。
まあ今は直撃世代以外には名に近いかもしれないが。
今の子供男塾知ってたら「う~んその歳で知ってるとは男塾だねぇ。文句なくお前は合格だ!」て言ってやりたいw
225 ななしのよっしん
2021/06/12(土) 04:12:05 ID: GsFMlQbKWn
掲示板からの持ち込み

580
ななしのよっしん
2021/06/03(木) 02:24:13 ID: diOMeYvjZO
>>577
これに限らず、アンチの方が具体的に言ってる!と言う書き込みはしばしば見るが、具体的に言ってるから正しいって訳じゃないしな

男塾という作品は、矛盾が多い駄作です
透明ブーメランを避けるために血をつけてまで認識できるようにしたキャラが、後の巻で「この月光、生来が見えん」とか言い出しました
他にも巨大だったボスキャラが、後で小さくなっていました
オーラで大きく見えていただけ」というもっともらしい説明がありましたが、登場当初はビール瓶やグラスも大きかったです。ビール瓶やグラスにもオーラがまとわれていたって言うんですかね・・・?
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
226 ななしのよっしん
2021/06/12(土) 04:14:48 ID: GsFMlQbKWn
で、それに対してのツッコミ
そのへんの支離滅裂さも男塾がウケた要因の一つだから、例えとしてもあまり上手くないな
227 ななしのよっしん
2021/06/13(日) 19:24:42 ID: 12JSfAVbVm
近年でもドラゴンボールとかで例えると、
ドドリアレベルセル辺りなら互で戦えるピッコロがかなりボコられたり53万フリーザ悟飯ワンパンされたりとか
あるからジャンプ作品は矛盾あってなんぼ。
鬼滅の刃や呪術回線にだってあるんじゃないの?
は続編で本当に巨大化出来るがあったけど、
飯代がいくらあっても足りないからやめたて後付けはされてる。
確実に死んだはずのキャラが生き返ってるのも
作画は違うが男塾で明かされてる。
もはやファンタジー世界だが。
228 ななしのよっしん
2021/06/24(木) 21:22:24 ID: 9m2EjHVwiI
その後の作品群に与えた影と言い、まさに!! と冠するに値する事になったよな……
229 ななしのよっしん
2021/07/05(月) 20:01:08 ID: h73LqgLy8W
>>227
ストーリーとかテーマ性とかについて一貫性のあることを表現したいのであれば矛盾がないに越したことはない。それはジャンプ漫画だからとかじゃなくて、その作品世界で何を守るべきなのかって話になる。
その点で男塾矛盾がないことで作品にプラスになることって特になくて、とにかくその場その場で何が一番破天荒なのかということに明らか眼があるし、矛盾視するというのもむしろ破天荒さの燃料にできるわけで。
細かく見ると矛盾しててもそれを感じさせない作品というのは結構多いんだけど、男塾はそういうのともちょっと違って「だってこれはほら話なんだぜ」というデタラメさを明らかに意識してやってる。ミュンヒハウゼン出版の名前なんてもうパロディとか通り越してそういう表現なんだという表明だよね。
230 ななしのよっしん
2021/07/10(土) 14:50:26 ID: CPwXClSH0N
このタコ野郎をジス イズ ア オクトパスと訳す田沢の頭本当に好き
231 ななしのよっしん
2021/09/09(木) 23:47:33 ID: mgPhq8J7VW
初期のギャグ展開はマジで面かったし
その後も八連ぐらいまではほぼほぼかったが
挑でダレた感は否めない
くはあったが長すぎたし、人数も16人は多すぎた