今注目のニュース
「憧れの人生だとは思いません」50歳専業主婦に厳しい声相次ぐ 中1の娘に「なんで働かないの?」と言われたエピソードが話題に
好景気でもボーナスが少ない人の嘆き「新入社員はワンコイン」「5万円など寸志程度じゃ誰も向上心を持たない」
九州の名物アイス「ブラックモンブラン」首都圏限定で全部ハズレが発売

どうぶつの森+単語

ドウブツノモリプラス

掲示板をみる(7)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
ぷらすになって いろいろぷらす

どうぶつの森+とは、2001年12月14日から任天堂より発売されたゲームキューブソフトである。

概要

前作ニンテンドウ64で発売された「どうぶつの森」の発売からわずか丁度8か後という異例のさで発売された今作。おまけデータ入りのメモリーカード59が付いてきた。

ゲームの内容(ベース)は前作から変わらないが、タイトルに「+」が付くだけあり、具や捕まえられる、村でのイベント、施設、村に引っ越してくるキャラクター(住民)など多くが追加され、前作より楽しいライフを送ることができる。

どうぶつの森ゲームシステムについては「どうぶつの森」の記事を参照。

今作は当時の任天堂携帯ゲーム機ゲームボーイアドバンス」と「どうぶつの森+」を別売りのGBAケーブルで繋げらるのが特徴である。この機を使った特徴の1つとして、今作では村だけではなく南のに行くことができる。ゲームボーイアドバンスGBAケーブルで繋げると村のが出現し、船着き場にいる船乗りカッペイに頼べばに連れて行ってもらえる。内だけはゲームボーイアドバンスだけでも操作が可で、の住民と遊ぶこともできる(遊ぶことによって限定の具が貰えたりする)。また、ゲームボーイアドバンス同士を繋いでの交換をすることもできる。
その他にも「どうぶつの森+ カードe」のカードを別売りの「カードeリーダー」に通すことでカードに描かれている住民からプレゼント手紙を貰うなどの遊びができる。

主な追加要素

これらの他にも細かな追加要素はいっぱいあるよ!

前作からの引っ越しサービス

前作のどうぶつの森からセーブデータを一部引き継ぐ「データお引越しサービス」が行われたことがあり、サービス利用者にはファミコン具の「アイスクライマー」がプレゼントされた。

現在はこのサービスは終了している。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

掲示板

  • 5ななしのよっしん

    2015/04/13(月) 01:23:55 ID: V5aChZGojc

    >>sm26016271exit_nicovideo


    懐かしくも切ないオープニング。今でも聞くと思い出がよみがえる。

  • 6ななしのよっしん

    2018/05/31(木) 10:49:54 ID: 54luD3St9p

    オヤシロさまの雰囲気が好きだったから、e+以降くなっちゃったのが残念

  • 7ななしのよっしん

    2019/03/04(月) 12:25:38 ID: VUbi0mWOI4

    小さい頃家族みんなでやってて、先に像を建てられて悔しかった思い出

急上昇ワード

最終更新:2019/07/22(月) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/22(月) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP