ゾーフィ単語

ゾーフィ

2.3千文字の記事
掲示板をみる(125)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ゾーフィとは、特撮テレビ番組「ウルトラマン」に登場する宇宙人である。
見たゾフィーに酷似している。

概要

ウルトラマン放送当時に発売された書籍が初出であり、以下はその解説である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当の概要

ゾーフィとは、ウルトラマン放送当時に発売された書籍に掲載されていた、「ゾフィー」の誤った説明文である。

放送前、各種メディアにはゼットン写真と、ゾフィという宇宙人の存在、そして「ゼットン宇宙人に操られている」という情報のみが与えられており、詳細は全く不明だった。そのためいち情報を載せたいがために「ゼットンを操っている宇宙人ゾフィー」という情報を雑誌や書籍(初出は「週刊朝日昭和42年1967年4月7日号とされる)に掲載してしまったのだそうだ。

劇中描写ではゼットンを操るのはゼットン星人(ただしこの名前は後付けで、1968年地方局向けパンレットが初出とされる)であり、ゾーフィゾフィー宇宙警備隊の隊長として命を失ったウルトラマンを助けに来る役であった。つまりゾフィーの姿+ゼットン星人情報、そしていち情報を載せたい気持ちがウルトラフュージョンした結果宇宙人ゾーフィが誕生してしまった、ということである。

なお、「ゼットンを操る宇宙人ゾーフィ」という記載は、講談社ぼくら1967年8月号および11月付録小学館小学二年生」1967年6月付録および小学館の記事をまとめた大伴著「怪獣ウルトラ図鑑」(秋田書店1968年5月)など、3つほどあることが確認されている。

一方、ノーベル出版から1967年に出た2冊の書籍は円谷プロ監修であったため正しい記載であった。その後、多くの雑誌や書籍におけるゾフィーの説明は正確なものに戻ったものの、1971年の「原色怪獣怪人大百科」(ケイブンシャ、1971年12月)に写真提供されるまではスターマークウルトラブレスターの位置がおかしなイラストが掲載され続けた。

上記の調は「ウルトラマン画報」(講談社2015年)より引用

シン・ウルトラマン

ウルトラマン、そんなに人間が好きになったのか。」

2022年開の映画シン・ウルトラマン』において、なんとゾーフィとして劇中に登場する。山寺宏一が担当。
本作のウルトラマンと姿はの位置などを除いてほぼ同一だが、身体の色は「銀色」を基調としたウルトラマンと対照的な「色に」なのが特徴。

ベーターボックスを与えて地球人類を兵器転用しようともくろむメフィラスウルトラマンの戦いの最中に現れる。ウルトラマンの背後に立つゾーフィに気づいたメフィラスは一見た間に戦うことをやめ、逃げるように地球から立ち去ってしまった。

その後地球人『神永新二』と融合したウルトラマン=リピアと会話を交わすゾーフィは、なぜ地球人と融合をしたのかを尋ねる。リピアは永が自分よりも弱い子供を救うのに自分の死を厭わずに行動した様子を見て、そのような行動を取った理由を知りたいと思ったからと答えるが、その行い自体のせいで地球人類が外人から兵器転用できる価値があるとマルチバースを通じて全宇宙に知れ渡たらせてしまったのだとを告げ、の掟に従い地球を破壊させるために体制圧用最終兵器ゼットン』を起動する。ゼットンの発射する1兆度の火球が放たれれば地球はおろか太陽系そのものが消滅してしまう。地球の破壊を防ぐためウルトラマンゼットンに立ち向かうが、膚なきまでに打ちのめさ敗北地球墜落するウルトラマンにゾーフィはあきらめるようにをかけるが、ウルトラマン地球人類の可性に望みを託していた。

その後地球人類との協の末にゼットンを破壊したウルトラマンだったが、引き換えに異次元間に引き込まれてしまう。救命信号を受けて駆け付けたゾーフィは再びウルトラマンと対話する。ベータシステム理論を解析してゼットンを倒す方法を見つけた人類と、永と同様に弱い地球人類を救うために命を懸けてゼットンに立ち向かった姿を見届けたゾーフィは、人類とウルトラマンに感銘を受け地球を静観することを約束する。それでもウルトラマンは掟を破った罪を償う必要があるために連れ帰ろうとするが、ウルトラマンはそれを拒否し地球に残って彼らを見守りたいという。だがゾーフィは認めず、妥協案として永にウルトラマンの命を与えて2人を分離し、人類自らの地球を護れるように見守ることとする。そして、地球に帰還した永がを開いたところで物語は幕を閉じる。

初代ウルトラマンゾフィーと異なり、ウルトラマン死亡していないため「命を二つ持ってきた」という台詞はないが、「そんなに地球人が好きになったのか」という台詞は「そんなに人間が好きになったのか」として受け継がれている。

…要するにゼットンを操る宇宙人ゾーフィ」というガセネタが半世紀以上の時を経て公式のものとなったわけである。
なお、などのカラーリングなどは成田亨1990年デザインした「ウルトラマン変」とも言われるが、実際には1996年リデザインした新ヒーローネクスト」を元にしたものと『デザインワークス』に記載されている。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 123ななしのよっしん

    2022/07/02(土) 19:06:04 ID: 9jgJNpnOqV

    メフィラスは「君(リピア)を殺してまで(地球を)手に入れる価値はどうやらなくなった」って言ってるからね
    ゾーフィ地球の価値を滅却してしまう、とメフィラスが一で判断したこと自体は理由はどうあれ間違いないかと思う

  • 124ななしのよっしん

    2022/07/03(日) 00:45:44 ID: 7Y/Zbddgpp

    >>121
    ゼットン倒したからって数十億単位生物兵器になりかねない地球人の残置を勝手に決めちゃうあたり、の住人は情に流されやすい傾向にあるんだろうね
    その甘さのせいで昔ヤベエことになったからあれだけ無慈悲なくらい規則に忠実になったみたいな経緯があるのかも

  • 125ななしのよっしん

    2022/07/03(日) 04:43:17 ID: OD2AigSpmp

    今更だけど、配色的に某キカイオーのダークルシオンを思い出した

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/07/06(水) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2022/07/06(水) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP