ウルトラマンガイア単語

ウルトラマンガイア

5.5千文字の記事
掲示板をみる(444)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(10)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ウルトラマンガイアとは、1998年から1999年にかけてTBS系列で放映されたウルトラシリーズTV作品名、およびその主人公であるヒーロー名前である。

概要

いわゆる「平成ウルトラシリーズ3部作」の最後を飾る作品。

世界観を共有していた前2作『ウルトラマンティガ』『ウルトラマンダイナ』とは一切つながりのない、全く別の世界舞台とする全新作。また前2作は近未来の時代設定だったが、今作の時代設定は実際の放映時期と同じ1998年頃となっている。

作品の特徴

今作は全体的に過去作の色々なお約束を撤し、異色な設定や描写ががふんだんに盛り込まれた、ウルトラシリーズとしては大胆な新機軸の作品となっている。

本作に登場するヒーローは「地球出身のウルトラマン」という設定であり、劇中でもそのを表す言葉として終始「地球」という言葉が用いられている。
そのためシリーズお約束である変身タイムリミットは存在せず、「カラータイマー」も存在しない(胸についたランプは純エネルギーの消耗度合いを示すもので「ライフゲージ」と呼ばれる)。
ウルトラマン宇宙から来た存在であることが示唆されていた前2作にべ、「M78」とのつながりがより明確に断ち切られている。

放送当時が「世紀末」だったためか、敵勢もそれを徴するような「的破滅招来体」という実態のよく分からないものに設定されている。
その正体は製作途中の脚本家監督にもあえて明示されず、各話ごとに登場する敵は制作者それぞれの「破滅招来体」像で描かれたとのことで、宇宙怪獣、精寄生体、魔神悪魔天使といった幅広い着想の印深い敵を多数生み出すことになった。

その一方で、過去作が各話読み切りが基本(1つのストーリーが2話にまたがることなどはあった)だったのに対し、本作は全編の根底を流れる大きな本筋が用意されており、全編通して登場人物達の成長が描かれていくという、従来作にはない大長編的な要素も前面に押し出されている。

そうした中で登場した、全編通して向き合うシリーズ初のライバルウルトラマンウルトラマンアグル」の存在は本作最大の特徴と言える。
主人公にとって単純な「敵」とも「味方」とも言い切れない、共闘することも対立することもある新機軸のライバルウルトラマン大人気を博し、「当初アグルは途中で退場する予定だったが、方針変更して復活させ最終回まで登場させることになった」とされている。

また子供が楽しめるような話の明快さを保ちつつも、従来作にべかなり重厚なSF描写が行われているのも特徴である。超常現象やそれに対応する防衛組織の描き方は全編通して整合性、成人線でのリアリティに相当配慮されている。

たとえば防衛チームXIGeXpanded Interceptive Gardians)は従来作のお約束だった「全員で何でもできる少数精鋭部隊」ではなく、「各専門分野に特化した複数のチームが集まった機関」という独特な設定になっている。航空ライトニング」「ファルコン」「クロウ」、地上戦「ハーキュリーズ」、中戦マーリン」、レスキュー部隊「シーガル」、と細かな分業体制がとられ、「航空部隊の敏腕キャプテン銃撃戦になるとまるでダメ」といったある意味非常に現実的な描写も盛り込まれている。

また、総合的な防衛方針を管轄するさらなる上部組織G.U.A.R.DGeocentric Universal Alliance against the Radical Destruction)も存在するなど、従来のシリーズであまり明示されなかったような部分もしっかり描かれ、見方によってはミリタリー色も濃密になっていると言える。
ライドマシン六角柱の状態で待機できるようになっており、専用の輸送艦ピースキャリーで現場まで輸送し展開するなど、全編通して多くの特徴的な描写が盛り込まれ、SFファンにも好評を博した。

主な登場人物

高山我夢/ウルトラマンガイア(演:吉岡毅志)
主人公。詳しくは個別記事も参照。
1980年代世界中で同時多発的に誕生した天才学者が結成した集団『アルケミースターズ』に所属し、量子物理学研究を行っている青年地球怪獣(コッヴ)が初めて襲来した際、地球から「ウルトラマンガイア」のを授かり、それを機にXIGへアナライザー(異常や怪生物の分析担当)として入隊する。
XIGの活動拠点であるエリアルベース戦闘機XIGファイターに搭載されている反陽子浮揚メカニズム「リパルサーリフト」のような技術を開発するなど、ウルトラシリーズ随一の頭主人公。そのためか当初は体面が今ひとつで、戦闘面では序盤は苦戦することが多かったが、トレーニングや独自の戦法(投げ技等)を編み出すなどして次第に強くなっていった。
ちなみに前2作のダイゴティガ)やアスカダイナ)と違い、戦闘機XIGファイターEX)で出撃した際の被弾率は極めて少ななく、一度も撃墜されていない。これも我夢の開発したAIPALによる操縦のなせる業。
下記の宮とは互いの意見の相違から2度にわたって突することとなるが、最終的には人類と地球のために共闘することとなる。
宮博也/ウルトラマンアグル(演:高野八誠
本作のもう一人の主人公でありライバル。詳細はウルトラマンアグルの項を参照。
石室章雄(演:渡辺裕之)
XIGの官であり、隊員からは「コマンダー(または石室コマンダー)」と呼ばれている。
基本的にはエリアルベースから官として隊員たちに示を出しているが、意外と行動な部分があったり熱血的な部分もあったりする。
部下・隊員からの信頼は厚い。我夢ガイアということにくから気付いていたようだが…?
一郎(演:宇梶剛士
XIG実働部隊のチーフコマンダーの示に基づき、現場レベルでの作戦揮をとる。
優れた戦略で、部下とは顔を合わせることを非常に大切にしており、彼も部下からの信頼は厚い。

ウルトラマンガイア

大地のを宿した巨人我夢が量子加速器での実験中に初めて遭遇し、その後の怪獣襲来時にを授かったことで変身を得た。我夢自ら開発した変身アイテムエスレンダー」でを解放し変身できる。

前述の通り、地球上における変身タイムリミットは存在しない。ただし変身者の身体がそのまま反映されるらしく、序盤は打たれ弱い面も多かった。

ガイア」の由来は、ギリシャ神話に登場する大地の女神ガイア、およびそれを基に地球を生命と見立てる「ガイア理論」に由来する。劇中では我夢自身が命名しており、どの由来として後者られている。

なお、ウルトラマンガイアのも全て高山我夢役の吉岡毅志が演じている。

「着地と同時に土煙を上げる」という手なエフェクトが頻用され、大地のウルトラマンらしさを印付ける演出となっているダイナときどきやってたけど)

ウルトラマンガイア(V1
基本カラー
最強線技「フォトンエッジ」は従来のウルトラマンにない独特のモーションで、当時の視聴者衝撃を与えた。
ウルトラマンガイア V2
宮から託されたアグルパワーアップしたガイアV2バージョン2(Version 2)の意味。
見たは基本的にV1と同じだが、胸のプロクターガイアブレスター)のラインくなっているのが特徴。また変身の際には2色のが現れる。
V1の技も強化されているうえ、アグルV1の技も全て使用可。またガイアとアグルを最大限解放すると最強形態「スプリーム・ヴァージョンへ」と強化変身することができる。
ウルトラマンガイア スプリーム・ヴァージョン (SV)
ガイアV2がさらにパワーアップした姿。スプリームは「最高の」を意味する(SVはSUPREME VERSIONの略)。
身体カラー手なだけでなく、V2までにべかなりマッチョになっており、肉弾戦において圧倒的なパワーを誇る。(実質的な)初回戦闘では敵(ミーモス)をなんと9回も投げ、それ以外もほとんどの敵との戦闘で投げ技を披露しており、本編での合計投げ回数は40回以上。別名「投げの」。
必殺技フォトンストリーム」もまさに「必殺」で、本編でこのフォームはである。チートといわれることもあるが、「奇跡的な」「超能力」などでチート扱いされるような他のウルトラマンとは違ってほぼ純パワーで敵を圧倒しており、シンプルに「強い」と表現するのが正しいのだろう。
活動可時間については明確に設定されていないが、公式によると「消耗がしく戦闘時間は短い」となっている。また初戦闘以降の戦闘時間は約1分程度になっている。
基本はV2からのフォームチェンジによるが、最終回のみ我夢から直接この形態に変身している。

主な必殺技

フォトンエッジ
「頭部にエネルギーを溜めた後、額を突き出す」という異色のモーションで放たれ、のようにしなり敵を包み込む
ガイアV1では最強の技で、アグルの「フォトンクラッシャー」と同等の威があるが、V2時にはさらに威を増している。また中盤からは足がガクガク震えるモーションが入るようになり、よりを込めるような描写になっている。
クァンタムストリーム
「腕をL字に組んで発射する」という、スペシウム光線の系譜を継ぐウルトラマンらしいモーションの線技。ただしこれまた「右腕は縦に曲げ、左腕をにし左手首を右肘の中に収める」というやや独特のポーズになっている(まれにウルトラセブンワイドショットと同じフォームで撃つ)。
ガイア第二の必殺技で、アグルの「リキデイター」と対をなすが、初使用時に敵(アパテー)を倒せないというウルトラ的なお約束破りをしていたり、敵の妨我夢自身のためらいにより発射を幾度となく中断していたりと、フィニッシュ技としてはパッとしない。ただし溜めポーズをしなくても撃てるなど機動性はある。
また回を重ねるごとに威が増していくような描写があり、この技の威の上がり方が我夢の成長を表しているとも言える。
フォトンストリーム
ガイアSVでのみ使用可な、ガイア単独での最強技。
「両腕を回してエネルギーを溜めた後、体の前で合わせたの片方を下にずらす」という、フォトンエッジに劣らず独特なモーションで放たれる。本編でこれを喰らった敵は例外なく爆散しているという文字通りの「必殺技」で、これを放つためだけにSVになることも多かった。
シャイニングブレード
SV第二の必殺技
両手からブーメランと飛ばす技で、使用回数は少ないが威は高い。
フォトンクラッシャー
V2の技。本来アグルの技だが、を受け継いだことによって使用できるようになった。
発射時のポーズがアグルとは若干違い、「簡易版」のような簡素なモーションになっている。
また、宇宙空間ではこの技を使うことが多い(「フォトンエッジフォトンストリームは地面に足がついていないと使えない」という設定があるという説も。同様の理由か不明だが、中ではクァンタムストリームシャイニングブレードの使用率が高い)。
リキデイター
V2の技。こちらもアグルの技で、フォトンクラッシャー同様にを受け継いだことで使用できるようになった。
初使用のミーモス戦ではアグル同様い球体だったが、クインメザード戦ではい球体になっている。
グルブレード
V2の技。アグルを受け継ぎだことによって使用できるようになった技。
 腕から光の剣を発生させる(ただし手元はアグルと異なりっている)。
バーストストリーム/ストリーム・エクスブロージョンガイアSV・アグルV2合体技)
ガイアSVのフォトンストリームとアグルV2のアグルストリーム合体させ、威を大幅に高める大技。
最終回のみ使用された。互いに必殺技ポーズが通常時とわずかに異なる。
なお、コッヴ&ズズ戦で使用されたのは「ダブルストリームクラッシャー」と呼ばれる同時発射の合体技である。

ウルトラマンアグル

ウルトラマンアグル」の項を参照。

関連動画

そして15年後・・・

2013年、「ウルトラマン列伝」にて15周年を記念し、新年に劇場版の4分割放送、そして5月にウルトラマンガイアを振り返る(紹介する)特集が2週連続で放送された。

劇場版の放送時は、我夢本人が当時を振り返るという形でウルトラマンゼロの代わりにナビゲーターを行い、パラレルワールドについての解説や、自身に起きた不思議な出来事をった。
そして同年5月ガイア特集では、我夢に加えて宮もナビゲーターとして参加。劇場版放送では登場しないアグルの活躍、そして今に至る経緯を振り返りつつ視聴者に説明してくれた。

本放送の我夢宮は「大決戦!超ウルトラ8兄弟」のような別世界の同一人物ではなく、「ウルトラマンガイア」本編の2人(公式ブログでは「イマ我夢・イマ宮」と呼ばれている)である。またガイア特集の最後には二人の変身シーンを新撮映像付きで観ることができる。特に宮(高野氏)の変身はOVを除けば実に15年ぶり。

関連商品

ホビー

DVD

書籍

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 442ななしのよっしん

    2021/07/29(木) 20:21:48 ID: SxnuCLSkyO

    ウルサマ見てきたよ
    グルSVがいつ来るかいつ来るかと思って見ざるを得なかったけど、いざ来たらやっぱり泣いた
    これ事前情報なしで見られた人たち羨ましいなぁ

  • 443ななしのよっしん

    2021/09/06(月) 01:31:21 ID: ooq4mNO+4b

    ちょっと聞きたいのですがSVの活動時間の設定って公式がどこかに発表してますかね?元々記事全体を編集する際にネットにあった情報を記載したのですが、最近気になってネットで調べてもそれらしいものがなかったので・・・

  • 444ななしのよっしん

    2021/09/20(月) 17:23:32 ID: LJkSO7YR1J

    ほぼ毎回人形爆破やってたイメージあるけど、ウルフファイヤーシンリョクブリッツブロッツなどといった爆破用人形使わずに後ろに倒れ込んで爆発の中に消える形で倒れた敵もちょくちょくいたな

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/11/30(火) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2021/11/30(火) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP