シン・仮面ライダー単語

シンカメンライダー

2.2千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
わるモノ。
わらないモノ

そして、
えたくないモノ。

シン・仮面ライダーとは、2023年3月17日18時より全最速開、18日より全開中の映画である。

概要

これまで『シン・ゴジラ』『シン・ウルトラマン』などを手掛けてきた庵野秀明監督・脚本を担当する映画作品。子どもの頃に仮面ライダーを好きだった人も、今も好きな人も、仮面ライダーを見たことがない人も楽しめる作品をして制作されている。2021年4月3日、『仮面ライダー』第1話が放映されてから50周年となる節に発表され、同日中前田真宏描きおろしのティザービジュアル開された。

6年前から企画が進んでおり、本来は50周年中の開をしていたようだが、コロナ禍で後ろ倒しになり、2023年3月開予定となった。

2021年9月30日には「シン・仮面ライダー対庵野秀明展」合同記者会見にて本郷猛役を池松壮亮が、緑川ルリ子役浜辺美波が務めることが発表された。また、『仮面ライダー』第1話のオープニングを基にしたプロモーション映像開された。当時の映像を現代の技術で再現しつつも、CGだけに頼らないなつかしさを感じるものに仕上がっている。同映像では怪人蜘蛛男も新しくなった造形でアクロバティックな動きを見せてくれている。

2021年10月10日には一文字隼人誕生日であったことにちなみ、仮面ライダー2号ティザービジュアル開され、第2号もシン・仮面ライダーに登場することが示唆された。

2022年5月13日開された特報映像ではティザービジュアルで描かれたコートを着たライダーが実際に動く姿を見ることができる。

コメント

小野寺章(株式会社石森プロ 代表取締役社長)

ライダー歴史革新歴史でもあります。
「どんな仮面ライダーがあってもいい」と石ノ森章太郎は常々っていました。人類の自由のために戦いを続けてきたたくさんのライダーたちの歴史はついに50年を迎えました。
一方では「」「Black」など仮面ライダーの原点の再生にも常に熱いを向けていました。

監督の「シン・仮面ライダー」は最新でありながら同時にこの原点でもあるという作品です。この2つが50年と言う節の年にもう一度混ざり合う。
それは論、にとっても非常に嬉しいことだろうと思います。監督の挑戦に期待しております。

庵野秀明(脚本・監督)

50年前、当時の小学生男子のほとんどが仮面ライダーという等身大ヒーローに憧れ熱中しました。
自分もその一人でした。
50年前にテレビ番組から受けた多大な恩恵を、50年後に映画作品という形で少しでも恩返しをしたいという想いから本企画を始めました。

企画は、
子供の頃から続いている大人える作品を、
大人になっても心に遺る子供を描く作品を、
石ノ森章太郎先生東映生田スタジオが描いていたエポックメイキング仮面世界を現代に置き換えた作品を、
そして、オリジナル映像を知らなくても楽しめるエンターテインメント作品を、
し、頑ります。

コロナ禍による制作スケジュールの変更から開はほぼ2年先となりましたが、
何卒よろしくお待ち願います。

スタッフ

キャスト

3月23日に公開されたキャスト

余談

関連動画

関連静画

関連商品

関連チャンネル

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/06/06(火) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2023/06/06(火) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP