今注目のニュース
果肉が黒い「謎のスイカバー」なのに味はいつも通り? 夏っぽくない見た目に困惑
ついに高齢者の「事故多発」原因が判明!?その理由は...
声優・小野友樹が優れた運動神経を披露も、足つぼマットの激痛には“瞬殺”

ティアマト彗星単語

ティアマトスイセイ

掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ティアマト彗星とは、映画君の名は。』に登場する架彗星である。

まさに概要で読劇できているということは大変な幸運と言うべきでしょう

映画後半のストーリーの肝となる彗星

地球への転周期は1200年で、長周期彗星にあたる。
先に地球近辺に訪れたのは9世紀であり、日本ではまだ小野小町が活躍していたくらいの時代から既に観測されていたことが劇中でも明らかになっている。

発見者については、特に設定は表されていないが、名前のティアマトというのはメソポタミア神話において淡アプスーと交わりさらに若き々を生み出したのことをしている。

※以下、大体の資料、ネタバレ注意! スクロールの基本でしょう!?

物語の中盤において、の住む世界では3年前の10月4日地球へと最接近、その際にこの彗星の核の一部が地球の引により崩壊し、それが流星となって内に降り注ぎ、一部が三葉の住む糸守地区に落下、巨大クレーターを作り町を壊滅させ、500人以上の死傷者が出る大惨事が起きたことが新聞において大きく報じられている。
観測時点でこの現は全く予期できていなかった様子で、当時の天文学者と思しき人物のインタビューでも、「大半の欠片は大気圏で燃え尽き日本被害いだろう」といったことをっていた。(それどころか、その流星の降り注ぐ彗星の尾を幻想的とすら報じていた)
しかし、大気圏で燃え尽きなかったばかりか、欠片だけで巨大な跡を残すほどであったことから、地球上からの観測データに致命的な誤りがあった模様である。

これを知ったは、実は三葉が「3年前に死んだ女性」であること、「現代には既に存在しない人間」であることを理解し、一度もった事のい想い人を救うために単身運命に挑む決心をする。
この映画の宣伝では、あまりこの彗星に関する部分は強調されておらず、事前情報しで映画館に入った者が「入れ替わりものの青春映画だと思ったら、実は時えた宇宙SFモノだった」という驚きもあった。

なお、糸守地区は、このティアマト彗星衝突以前にも隕石落下によって形成されたクレーターが現存しており、その部分は3年前時点で既に大きなとなっている(一見カルデラのようにも見えるが、火山ガスやそれらを含む噴出物や慰留物、温泉といった噴火活動の跡が見られないこと、そして終盤のシーンにおける画などから隕石落下によるクレーターであると考えるのが自然と思われる。)
が訪れた時点での糸守はこの旧クレーター部分から、さらに巨大クレーターが連なった達磨状のとなっている。

1200年前にも同様に地球に最接近したと考えられるが、同一箇所に全く同じような跡を残す隕石が同一体から発せられた物質由来で降ってくる確率地球転周期やそのものの位置関係が全に同一であるという必要性や隕石となる彗星本体の核の大きさがある程度1200年前から変化しないでいたという非常に厄介な問題があることから、非常に低いと考えられるので、糸守を最初に形成した体は、おそらく別の彗星隕石であろう。(但し、新監督はこのあたりの文知識に疎いらしく、「自分の中ではティアマト由来の隕石1200年前に落下したと考えている」とっている。あくまで空想科学で“映画的な”と割り切ろう。)

ちなみに、一部識者からは、この彗星の描く軌を解説したシーン太陽の周りを回っていない軌になっている、という突っ込みが入っているほか、あれほどの巨大クレーターを遺すような隕石であれば、日本国内や地球の気に影するのではないのか?といったもある。史実では1908年にロシア東京都とほぼ同一面積を吹っ飛ばしたツングースカ大爆発という巨大な体衝突と考えられる事があり、周囲一体を廃墟にしたが、元々地だったためこれで死者は出なかった。105年後の2013年には同じくロシアのチェラビンスクに隕石が落下し、こちらは甚大な被害をもたらしたが、幸い死者は出ていないほか、視でこの映画彗星のように一部が崩落していく様子が確認できるほどだったので、は壊滅にまでは至らなかった(ガラス割れたり建物にヒビが入ったりといった被害はあった)。

2016年現在隕石落下を直接的な原因としたの壊滅という事態は人類史上未だ起こっていない災害なので、ティアマト彗星が崩壊状態でこれほどの破壊を誇るということは、この彗星が如何に恐ろしい存在で、如何に甚大な被害をもたらす災いで、それを救う主人公たちが「時間」と「隕石」というとてつもなく強大な『敵』と戦ったか、がよくわかるだろう。

関連商品

関連イラスト

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/19(水) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/19(水) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP