F-15E単語

エフジュウゴイー

4.9千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

F-15Eとは、マクドネル・ダグラス社(現:ボーイング社)が開発した第4.5世代の戦闘爆撃機である。

概要

1980年初めの空軍は、F-111が老朽化していく一方、F-117はまだ第一線に顔を見せ始めたばかりという状況で、手もちの全対地攻撃機が不足していた。これを補う中継ぎ役の対地攻撃機としてF-15Eは計画された。[1]

F-15ベースに開発され、試作機の飛行は1986年末で、運用は1989年から行われている。称はストライクイーグルStrike Eagle)で、米軍でもこの名称が使われている。

近接航空支援航空阻止攻撃などに加え、元々制戦闘機ベースだった事からF-15Cと共にCAPCombat Air Patrol:戦闘)にも使用されており、多様な任務をこなすことが可

開発

雑多な戦闘機を統一するために開発されたF-111は、戦闘爆撃機として設計されたが、対戦闘は著しく低く、汎用性に欠けており、な任務とされていた、敵側が航空優勢を確立している地域への阻止攻撃を行なう際は、友軍機による護衛を必要としていた。

また、70年代中期から、順次F-15F-16更新されているとは言え、相当数を保有していたF-4は、機体こそ戦闘と対地攻撃の双方に対応していたが、部隊ごとに戦闘か対地攻撃のどちらかを専門としている状態であった。

その一方、ヨーロッパNATOと対峙するワルシャワ条約機構軍は、従来の質より量を重視した航空から、MiG-29MiG-31Su-27等を筆頭とする新世代の航空機を導入や近接航空支援攻撃ヘリに分担させる等して、航空の量の優位を維持したまま、質の向上を図ろうとしてた。

1981年に縦深阻止攻撃の効率化(同一ミッションに置ける、投入機数削減)を的とした、ETFEnhanced Tactical Fighter/強化戦術戦闘機プログラムを発表し、マクドネル・ダグラスベンチャープロジェクトとして開発し、1980年のファーンボローで開した、F-15B試作機をベースとした、ストライクイーグルが提案され、GD社が自費開発していた、F-16 SCAMP (Supersonic Cruise and Maneuver Prototype/音速巡航改造機)を転用する形で提案された、F-16XLとの較を行なった結果、開発コストでは同レベルであったが、機体性と任務適合性が優れて居た事、F-16は低価格であるが故に空軍論、海外への輸出も順調であるが、当時の予定では、84年度会計で、在来F-15の生産が終了し、マクドネル・ダグラス空軍大口の取引がくなる事も考慮された結果、マクドネル・ダグラス案がF-15Eとして採用されたが、この年に大統領に就任した、ロナルド・レーガン政権下での軍拡により、在来F-15の生産もしばらく継続される事になった。

この機体の原機は、F-15の複座試作機である71-0291(2機の訓練試作機の略称であるT2もしくは、試作の通しナンバーで12号機と呼ばれる事もある)をベースに、コンフォーマルタンク(後述)の装備とMER-200を介して爆装を施し、コクピットのグラスコクピット化やレーダーの機等と言った、装備品を変更し、原機の機体構造には手を加えない物であった。

また、採用決定時の計画では、F-4を装備する部隊をF-15Eへと機種転換し、F-15Eの転換作業の終わる90年代中期から、F-111ATA(発達戦術機)で採用されたA-12に転換すると言う計画を立てていたが、冷戦終結による軍縮と開発費高騰でA-12の開発が放棄されたため、なし崩し的にF-111の後継機となった。

機体

外見はF-15Dに似ているが、構造は約60%が再設計されている。疲労寿命16000時間に延長され、9Gの機動に耐えられる他、バードストライクを想定して、ガラスも特別に強化された。最大離陸重量は30845kgから36741kgに増大し、最大11100kgの武器を搭載する。乗員は前席のパイロットと後席のWSO(兵装システム士官。「ウィッゾー」と発音する)で、WSOはパイロットの訓練は受けていないが、兵装の正確な投下と機体を守る各種防御手段(電子妨・チャフ・フレア)に専念するので、パイロットは機体を飛ばすことに集中できる。[2]

コクピットや計器類も一新されており、ブラウン管ディスプレイ3つと、中央に航空機で言うCDU(コントロールディスプレイユニット:入装置)を装備し、後部座席には4つのモニターが配置される等、アナログ計器が多かった従来よりデジタル化された。

アップデートの容易性も健在であり、米軍所属機はAESAレーダーアクティブ電子走査アレイ)に換装される予定。赤外線画像に取る識別と間でもレーザーによる標が行えるLANTIRNスナイパーXRも搭載可レーダーもCまでのAN/APG-63レーダーの発展で、合成開口モードも使用できるAN/APG-70レーダー(後にAN/APG-63(V)1に変更)を装備しており、全での極めて高い精密攻撃を有する(のちにC/Dの一部やA/B型MSIP I修機も同一のレーダーに換装、接続した計器パネルによりC/DMSIP I修機のレーダーかEレーダーとして作動するかを選択する)。

また、F-15EはF-15とは違い、爆撃任務に投入される故にドロップタンクより燃料を搭載できるコンフォーマルタンクを標準装備している(外すこと自体は可。またCおよびDも装備可)。その為、従来と違いサイドが丸くなっている。このタンクには武装を搭載できるハードポイントもある為、武装搭載可数も19箇所と多い。

F100とF110の双方に対応可な、F-16C/Dと共通のエンジンベイを持つが、初期生産は、F-15Cと同じF100-PW220エンジンを装備し、間もなく推強化F100-PW229エンジンに換装された。イスラエルサウジアラビア空軍形に準じる形で、F100を搭載するが、KSGF110-GE129を装備する。なお、現在アメリカ戦闘機地中貫通爆弾であるGBU-28ディープスロート(5000ポンド(=2,273kg)爆弾)を搭載できる戦闘機はこのF-15Eのみである。

バリエーション

F-15SE

F-15Eをベースステルス性を向上させる修を施したもので、「F-15サイレントイーグル」として2009年ボーイング社から発表された。

ロッキード・マーティン社のF-35米国内だけでなく海外からも受注を増やしていることに危機感を覚えたボーイング社が独自に試作したもので、レーダー反射のな原因である外部搭載兵器はコンフォーマルタンク内に設けたウェポンベイに移動し、電波発振となるレーダーを使わずに済むパッシブ式の赤外線センサーを追加、機体の前面部レーダー吸収剤をコーティングした。ボーイングは当初、この機体の前面RCSF-35と同程度になった、としていた。[5]

さらにF/A-18E/Fのように、二枚の垂直尾翼を15°傾けることでステルス性向上を図ったとされる。他にはAESAレーダー米軍のF-15Eで搭載中のと同等)、TEWS、デジタルフライバイワイヤを採用した。

なマーケットはアメリカ以外のF-15運用で、特に韓国に売り込んでいた。日本F-Xにも売り込んだが、日本F/A-18Eの方に興味があったらしく、選考の結果、最終補はF-35F/A-18EEF-2000の三機種に絞られ、補機から外れた。

実戦

1991年湾岸戦争初陣航空阻止任務を行っていたが、F-16にかわる形で、タンクプリンキング戦術やスカッド狩りにも投入された。

これは、A-10F-16と言った戦術機も、演習場ごとの気条件を始めとする、ノウハウを蓄積しているアメリカ本土での演習データを基準に、高高度から投下された誘導爆弾でも効果的な攻撃が可と判断し、地対兵器による損をさけるためのROE(Rules of Engagemen/交戦規定)が定められたが、90年の終わりから91年の戦争終結までを通じて、ペルシャ湾湾地域は、数十年に一度のレベルでの悪とそれに伴う強に阻まれる形で、CASClose Air Support/近接航空支援)やBAIBattlefield Air Interdiction/戦場航空阻止)は困難を極めていた。

戦術機として鈍足の部類で、高度な電子機器を搭載していなかったA-10は、高い稼働率やイラク前線部隊の対火器が貧弱であった事から、CASでは活躍できたが、イラク側の対兵器較的充実しているBAIでは、被弾による損傷や被撃墜の多さによって、この分野の任務から外される事となった。

一方F-16は、A-10がBAIから抜けた分を分担する事となったが、湾岸戦争当時のF-16の多くは、単独でレーザー誘導爆弾を使用した爆撃を行なう事が出来きず、一部の機体がLANTIRNを使用したレーザー誘導爆弾の自運用を保有していたが、AN/AAQ-14が生産の遅れから、F-15Eに優先的に供給されていた為、通常の爆弾を使用する事になり、爆撃の成果は芳しい物ではなかった。

この為、F-111と共に戦線後方の重要施設に加え、BAIにも投入さたが、間に赤外線画像を使用した標識別が容易な事が発見された為、間に集中投入され、レーザー誘導爆弾を使用した爆撃で、大きな戦果をあげた。

変わりどころではホバリング中のヘリコプター2機を低からレーザー誘導爆弾を投下することによって「撃墜」というしい事件もおこった。

一方被撃墜は2機。1機はAAA対空砲火)の餌食になり、もう1機はSA-2ガイドライン地対空ミサイルによって撃ち落とされた。両機のパイロットとWSOはベイルアウトして事であったが、SA-2に撃墜された方の2人は捕虜となった(停戦後解放された)。

2003年イラク戦争にも投入され、対地攻撃で活躍したがここでも1機AAAによって撃墜されている。

関連動画

ニコニコでは、特にエースコンバット6主人公であるタリズマンの機としてパッケージ機体となっている事から知名度は高い(なお、パッケージに同じような機体が描かれている「エースコンバットZERO」はF-15C)。 また、アイドルマスター如月千早痛戦闘機がこの機種であるため、こちらも名が通っている(通称「ストライくっイーグル」)。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *トムクランシー戦闘航空解剖トムクランシー 平賀秀明:訳 新潮社 1997 p.173
  2. *トムクランシー戦闘航空解剖pp.176-178
  3. *サウジアラビア向けのF-15SA 最終号機が納入完了exit 2020.12.14
  4. *F-15EX「イーグルII」命名 最大144機調達exit 2021.4.8
  5. *Just How Stealthy Is The U.S. Air Force’s New F-15?exit 2021.6.14
この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/12/09(土) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2023/12/09(土) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP