今注目のニュース
「猫が猫と遊んであげる図」が面白かわいい 猫同士の猫じゃらし遊びが目撃される
劣悪!ブラック企業のリアル「GPSで社員を監視。サボったら休日出勤」「毎日1時間以上のパワハラタイム」
来春施行の"同一労働同一賃金"、企業の実態は?「正社員以上に働いても報酬に差」「年功序列が色濃い」という声

F-117単語

エフヒャクジュウナナ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(67)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

 F-117とはアメリカロッキード・マーティン社が開発した世界初の実用ステルス軍用機である。称はナイトホーク(Nighthawk)。ただし、パイロットたちからはコックローチ(ゴキブリ)とよばれている。また、タミヤなどのプラモデルだと「ステルス」と表記される。

概要

任務記号戦闘機を示す「F」だが、その実態は誘導兵器による精密爆撃眼とした軽爆撃機攻撃機)である。

117というコードについても付与された理由ははっきりしていない。一説にはF-111以降の番号、112から116までは、アメリカで行われたというソ連戦闘機(入手先はイスラエルなど?)のテスト機体に使われており、117がその続きだったためという話もあれば、単にロッキード社から出た過去の開発番号の引用だったとか、いやいややはり軍内部の正規コードF-19で、F-117は政治的な理由…RS-71SR-71になったような…ものだという説まで諸説紛々である。

初飛行は1981年で翌1982年には正式配備が行われているが、存在が表されたのは1988年になってからで、しかもこの時は非常に断片的な情報としての表であった。それほどこの機体に関しては重大な秘密として扱われていた。

開発[1]

1974年DARPA軍と共に、後にXSTExperimental Stealth Technology)あるいは「ハブブルー」と呼ばれることになる低RCS軍用機の原機を開発する計画を開始した。ロッキード(現ロッキード・マーティン)は途中から計画に参加、スカンクワークスでは傾斜した面の組み合わせだけで機体を構成する方法を提案した。1976年の選考でロッキードの設計案が採用され、2機のハブブルーが試作された。2機ともテスト中の事故で喪失したが、"シニア・トレンド"(Senior trend)の計画名で実用機F-117の開発が決定、試作1号機は1981年完成して初飛行、試作機が5機、量産型のF-117Aが59機生産された。

PTD

ロッキードは「エコー1」と呼ばれる、与えられた形状のRCSを計算するコンピュータプログラムを利用してXSTの設計を行っていた。このプログラムでは面のRCSは計算できるが、面と面の界(エッジ)の処理精度は不十分だった。ロッキードのスタッフソ連の電子工学者ピョートル・Y・ウフィムツェフが1950年代後半に編み出した「物理学的回析理論(Physical Theory of Diffraction:PTD)」でエッジの問題を解決できることを見出し、これによってRCSの正確な計算ができるようになった。PTDを適用したエコー1が完成したのはXSTの基礎形が決まった後で、F-117の設計から新バージョンエコー1が利用された(ソ連はPTDの重要性に気が付かず、論文を機密定にしていなかったのを軍が1971年に英訳して紹介していた)。

機体

ステルスを可にするためのレーダー波反射を最優先に考えられた機体形状は航空機としては特異的な楔状となっており、安定性は非常に悪く、4重のフライ・バイ・ワイヤシステムによって姿勢制御を行っている。

エンジンF/A-18でも採用されたGE社のF404ターボファンエンジンだが、ノズルはべったい形になっており、赤外線放射を極限まで抑えることにより赤外線シグネチャによる探知を困難にしている。もちろん大量の熱を出すことになるアフターバーナーは搭載していない。

またレーダーを搭載しておらず基本的には事前に設定された標を攻撃する形での運用であり、航法及び爆弾誘導のために赤外線レーダーを搭載している。また機体内部の材料は極金属の使用率を落としている(一の撃墜例から判明したことだが、一部に木材を使用しているらしい)。さらに機体表面はレーダー波を吸収する特殊な塗料がを基調とした下地の上に塗られており、運用されるのも間のみ(これにより眼に対するステルス効果を狙っている。なお間の運用を的とした灰色を基調とした迷彩塗装実験も行われたらしい)。そして運用時にはほぼ単機(編隊と言えないほど間をけて複数機で行動することはある)で黙々と任務を遂行する(出発後は線交信も行わない)。

そんなどこまでも相手に見つからない事を重視して運用されたF-117であるが、戦闘の伴わない基地間移動時には民間機等との衝突を防ぐために外付けでレーダー反射を取り付けて移動していた。

機体底面のウェポンベイに爆弾を積むのが一般的であるが、ミサイルを積むことも可ではある。なお機関は搭載していない。なお開発中当時だったGBU-10ペイブウェイ2000ポンレーザー誘導爆弾が入るように設計を行ったものの、同時期に開発中だったGBU-24ペイブウェイ2000ポンレーザー誘導爆弾完成、このことを忘れていてなんとGBU-24がウェポンベイに入らないというお粗末な問題が発生した。このため急きょを切り詰めて許容サイズ内に収めたGBU-27が開発された。

その他

F-117の一の被撃墜はコソボ紛争において発生した。1999年3月24日よりNATOによる爆撃作戦が開始されたが、作戦4日、1機のF-117がSA-3地対空ミサイルの連射と思われる攻撃によって撃墜されている。脱出したパイロットは数時間後に救出された。[2]

公式には2008年に全機が退役したことになっているが、今でも情報が相次いでおり、[3]米軍は今でもF-117を維持していると思われる。

フィクションでの登場

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *ステルスの発達とF-117の開発」浜田一穂 世界傑作Special Edition2 ロッキードF-117ナイトホーク 2004
  2. *実戦に見る現代空軍力➖湾岸戦争とコソヴォ紛争➖exit
  3. *【緊急】退役したはずの伝説的ステルス戦闘機「F-117」が極秘裏に復活か!? すでに実戦“再投入”も… 米軍のヤバすぎる思惑とは?exit 2019.3.7

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/12/08(日) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/08(日) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP