枯れた技術の水平思考単語

カレタギジュツノスイヘイシコウ

2.1千文字の記事
掲示板をみる(258)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(42)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

枯れた技術の水平思考とは、横井軍平哲学である。

概要

ゲーム&ウオッチは、5年く出そうと思ったら10万円の機械になっていた。
量産効果でどんどん安くなって、3800円になった。それでヒットしたわけです。

これを、私は"枯れた技術の水平思考"と呼んでいます。

技術者というのは自分の技術をひけらかしたいものだから、最先端技術を使うということをに描いてしまい、売れない商品、高い商品ができてしまう。

値段が下がるまで、待つ。つまり、その技術が枯れるのを待つ。枯れた技術をに考えていく。
垂直に考えたら、電卓電卓のまま終わってしまう。そこをに考えたら何ができるか。
そういう利用方法を考えれば、いろいろアイディアというものが出てくるのではないか。

横井軍平・著 『横井軍平ゲーム館』 (アスキー 1997年

「枯れた技術」とは"最先端ではないが、すでに広く使われて、ノウハウも固まり不具合も出し尽くして安定して使える技術"のこと。「思考」とは"今までかった使いを考える"ことである。良い例に「電卓(枯れた技術)」から「ゲーム&ウォッチの案(思考)」を出したのがその1つである。

ちなみこの哲学横井軍平が設立した「株式会社コト」のホームページの上部にも記されている。

2ch携帯ゲームソフトデフォ名無しが「枯れた名無し思考」なのだがこれが元ネタである。

「古い技術のみに頼る」という意味ではない

たまこの言葉が独り歩きして、「役を終えた古い技術のみに頼る、保守的な思考・哲学」という間違った解釈をされる場合があるが、この言葉は本来は「既にある何かを別の使い方や組み合わせをしてみよう」という意味合いの方が近い。
今の時点で安定しているならば、古いものだけでなく最新の技術や製品だって遠慮なく使うというのがこの哲学髄とも言える。

そもそも、本当に「役を終えた」技術だけで何かをするというある種の"縛りプレイ"をするとなると、
場合によってはその古い技術を再度研究するための費用や、製造段階ではラインを再開・再構築するなどで、却って手間やコストがかかってしまう可性だってある。
最近の例としては、ガンダム一番くじで「こんなもの賞」として(アムロが作ったパーツモチーフとした)USB1.1規格のUSBハブがあったが、これの企画メーカーに持ち込んだところ「今更USB1.1規格の製品を作れ、ということですか?」「1.1規格のチップなんてもうほとんどいからチップメーカーに頼んで新しく作り直す必要がありますよ、それだけコストも余計にかかるけどいいですか?」(意訳)と聞かれた、という逸話が、このことを表すものの一つと言えるかも知れない(もこの場合は"ガンダム世界再現するための一種のこだわり、いはジョークグッズの一種"であるため、べるのは難しいかも知れないが)

また、古いものより新しいもののほうが洗練されていて使いやすいし安価にできる、というのもよくあること。だったら「洗練された」「安くて使いやすい」ものを使って同じことをやるほうがいいじゃないか、という話になる。

枯れた技術の水平思考の例

ラブテスター

ファミコン以前に任天堂が発売したおもちゃの一つ。そしてヨコイズムの原点の一つ。
要するにウソ発見器おもちゃへの転用。
「感情の変化でが出て電気抵抗が変化する」を「男女密さを測るおもちゃ」に転用したものである。
最近はメイドインワリオなんかにも収録されているが、これで知った現代っ子も少なくないはず。

ゲームボーイ

ゲームギアATARI Lynxなどの他社の携帯機が表現差別化を図るためにカラー液晶を採用する中、あえて燃費重視でモノクロ液晶を採用。
それ故競合製品とは桁が一つ違うスタミナを実現して他社を突き放した序に爆撃にも耐える耐久性まで手に入れた

ニンテンドーDS・Wii

ニンテンドーDSATMPDAなどで既に採用されていたタッチスクリーン操作を、Wii携帯電話で広く普及していた加速度センサーゲーム操作に取り入れることで新感覚のゲーム体験を実現。

逆転裁判シリーズ

一枚絵選択肢で構成される」という、80年代スタイルアドベンチャーゲーム現代では常識となったボイスなどの様々なエフェクトを追加することで、迫スピード感のあるゲーム性を実現している。

魚群探知機

軍用で使われていたソナーの漁業への応用。
潜水艦だけじゃなくてもソナーで探知できるんじゃね?」という代物だが、これによりや季節に左右されずに安定した漁が実現できた。

東海道新幹線・0系新幹線電車

世界初の本格的な高速鉄道/列車」として知られるが、実はこいつも「枯れた技術の水平思考」的な思想で作られている。
そもそも0系の開発コンセプトの一つには、「新技術開発ではなく既にある技術だけを組み合わせる」という物があった。
電動機は在来線で使われていたものの拡大発展版、駆動装置のWN継ぎ手やいは台車の構造などは既に私鉄で多数実績のあるもの…と。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 256ななしのよっしん

    2021/11/16(火) 01:34:14 ID: JYEH3y5iTL

    トゥーンレンダリングもこれか?

  • 257ななしのよっしん

    2021/11/16(火) 13:57:29 ID: flEY/V6f0p

    >>255 この用自体が経営戦略概念だからそう思えるけど、おっしゃる通り主婦日常のいろんな工夫はそうだと思います。有り体に言えば、フライパンあれば出来るラーメンとか炊飯器で煮込み料理とかを格好良く言ってもんだからね。今ならさしずめライフハック系だけど、「さすがにそれは専用機材安いし使おうよ」って思う事もある。

  • 258ななしのよっしん

    2021/12/10(金) 00:20:26 ID: 0Cl/c8RCZh

    ゲームボーイモノクロ液晶を選んだけど山内組長が試作品見て液晶が見えづらいって横井さんが怒った話もある。
    燃費重視でセレクトしたけど遊びを提供するにあたって妥協してはいけない部分はしっかりと作り込むべきであるということだね。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/01/20(木) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2022/01/20(木) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP