今注目のニュース
「金曜ロードSHOW!」アニメ映画5週連続放送 「聲の形」「打ち上げ花火」、ジブリ作品も続々
被災地のがれきや土砂の撤去で奮闘 「自衛隊の資材運搬車」の秘密 キャタピラはダテじゃない!
大分で1人死亡、5人不明 川に流された家族の捜索続く

生命科学研究所単語

セイメイカガクケンキュウジョ

  • 5
  • 0
掲示板をみる(42)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

生命科学研究所とは、文字通り生命について科学する研究所である。

現実でも研究所が「生命科学」を冠することは多いが(例:三菱化学~、東京大学~)、
ここではゲームサガフロンティア」中に現れる施設について説明する。

概要

サガフロンティア」にて、あまたあるリージョン世界とか地域みたいなもの)の一つ「シュライク」の一にそびえる研究施設である。余談だがシュライクは大阪府堺市モデルになっており、マップで見れる古墳デザインからもそれが伺える。
この研究所で起こるイベントが没になったため、ゲームでここに必ずしも訪れる必要はない。

だが、ここに現れる敵は通常よりも強であり、かつゲーム中に1匹しか存在しないレアモンスター「地」が存在するため、自己の強化やモンスターを吸収するためにここに通う者は少なくないとか。

解説すると、本作には敵レベルという隠しパラメータがあり、戦闘の度に抽選でレベルの上昇判定が行われている。この生命科学研究所は、現在の敵レベルより2段階上の敵が出現する設定になっているため苦戦を強いられる代わりに戦闘後にパラメータが上昇しやすい上技もひらめきやすく、序盤にある程度装備を整えた後はここでキャラクターを鍛えることが定石となっている。余談だが、敵レベルラスボスの強化基準にもなっており、敵レベル最大の状態で挑むと基本パラメータから大幅に強化を施された強敵となる。それを防ぐため、ここである程度鍛えたら敵レベル上昇判定が行われない時妖魔のリージョンに強化の場を移されることが多い。

これらの事前情報なしにここに入り、訳も分からないままタイトルメニューに戻されたプレイヤーは少なくないだろう。

満ちる狂気

この研究所の最大の特徴は、その所員が悲惨な人体実験により精神崩壊寸前の状態になっているところだろう。

そのためか、プレイヤーが接触すると救いをめながら体が変貌し、魔物と化して襲いかかってくる。
中には研究熱に逃避しているようなセリフもあるが、過去を惜しむキャラの病的なセリフふるっている。
特に「に帰りたい」という言葉からは、この研究所からにじみ出る狂気が垣間見える。

  • 私はただ、真実が知りたかったのだ。
  • もう元に戻れないのだ。
    ・・・殺してくれ!
  • い血の流れる体が欲しいよう。
  • せめて、私に理性があるうちに・・・
    頼む!
  • そんなで見ないでくれ!
  • 何故こんな事に・・・、は間違っていたのか?
  • に帰りたい・・・母さん会いたいよぅ。

alone

またこの研究所のBGMalone」は、静かで穏やか、自然と生命の驚異を感じさせつつ
ここを経験した者にとっては忘れがたいトラウマを植えつけるような狂気性を兼ね備えており、
作中でも屈名曲と評されることもある。

曲自体は清廉な曲のため、ゲームをやったことがない人からは異なる評価を受けることが多い。

作曲編曲伊藤賢治

ボツイベント

本来は、ここもゲーム中のシナリオに絡む施設の一つだった。

元々ここは主任研究員ナシーラ率いる「長命長寿」の研究所であったが、ゲーム中に現れる魔物、特に妖魔と
人間の血をかけあわせる事で延命効果が得られるというデータが取れた事から悲劇が始まる。
所員は次々と妖魔や植物、液体金属などと掛け合わされた結果、発狂寸前で来訪者を襲うようになる。
更にはナシーラさえも狂気の虜となり、「妖魔の血を吸ったバラを咲かせる」という妄執に捕らわれてしまう。

セルス編のイベントにて、彼女の血に混ざった「上級妖魔」としての性質がナシーラに止まり、
実際に実験と称してバラに妖魔の血を吸わせ、バラが変色することを確認するイベントがあった。
また妖魔と人間の関係、アセルスの「半妖」の性質など、設定を解説・補強するイベントでもあったようだ。

だが、ディスク内ににテキストデータまであるこのイベントは、製品版では一切発生しなくなった。
おそらくナシーラに衣着せぬ非人的なセリフが何かに引っかかったのだろう。
かくして、アセルスの強に合わせた魔物がうごめく奇怪な研究所を装ったダンジョンのみが
データとして残され、現在に至っている。

サガシリーズでは毎度のことではあるが、没イベントや作りこみすぎて結局お蔵入りとなってしまったデータソフト上に残っており、有志によって解析がされている。本イベントもそうやって発見されたもののひとつである。

関連動画

研究所内のプレイ動画

関連没イベント「ナシーラの研究」。

同地のBGM、「Alone」。

 

同曲の耳コピ演奏してみた等。

 

関連商品

 

  

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 40ななしのよっしん

    2019/10/20(日) 10:14:45 ID: jV+z3PxxJI

    外見と内聞の落差は同ゲームの「地獄」に通じる物がある。

  • 41ななしのよっしん

    2019/11/16(土) 21:02:42 ID: THai2ke4Fo

    地獄インパクトあったなぁ
    できそこないの天国

  • 42ななしのよっしん

    2020/05/02(土) 23:10:56 ID: t6Rf08w4+c

    関連動画られてるプレイ動画、研究所と全く関係ない。
    リンク間違えたか?

急上昇ワード

最終更新:2020/07/11(土) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2020/07/11(土) 20:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP