今注目のニュース
夏休みに入る前に 海水浴場での「フロート事故」に注意
働く母親に「遠足のお弁当を作って」と言えず…… ある家庭の事情を描く漫画が涙なしに読めない
投票所入場券に「性別」載せる必要はある? 自治体でバラバラ...「削除」署名も

象印クイズ ヒントでピント単語

ゾウジルシクイズヒントデピント

掲示板をみる(12)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

「直感と連想に挑戦する象印クイズヒントでピント。テレビの前の皆さんもご一緒にどうぞ」

象印クイズ ヒントでピントとは、1979年1994年テレビ朝日系で放送されたクイズ番組である。

まずは頭の体操、どんな概要でしょうか、どーぞー

番組タイトルからわかるとおり、象印マホービン一社提供

男性軍と女性軍に分かれ、いくつか出されるヒントから答えを導き出すクイズ番組。

この番組の中にモザイク処理された映像から何をしている映像なのか答えるクイズがあり、その際に現在ではプライバシー保護やアダルトビデオの修正などで用いられるモザイク処理をNECと共同開発して初めて実用化させた。

1980年代後半頃は、裏番組に「クイズ面白ゼミナール」(NHK総合)、「すばらしい世界旅行」(日本テレビ)、「テレビ探偵団」(TBSテレビ)、「世界名作劇場」(フジテレビ)と強番組が並ぶ大戦区であったが、会の土居まさるが出演者をあだ名で呼ぶなどアットホームな雰囲気を基調にしたおかげで固定ファンを獲得し、長期にわたって人気番組となった。
なお、偶然にも同時間帯の民放各局の裏番組も日立(すばらしい世界旅行)、三菱電機テレビ探偵団)、ハウス食品(世界名作劇場)と一社提供番組である。

はいおっかさん、基本ルールですよ

まずはモザイクに隠れた有名人の顔を当てるオープニングクイズ。正解すると得点は入らないがPART5で使えるボーナス人形を獲得1980年10月から)

分割と称される基本クイズ分割された画面から一定間隔で出るヒントの単イラストを元に答えを導く連想クイズである。正解すると残ったパネル+1点の得点を獲得。

1980年10月~1992年9月

PART1は全員参加の2分割。6問出題。
PART2は1対1の4分割である。ただし1戦のみファンファーレが鳴るとラッキークイズとなり、ノーヒントの代わりに獲得した得点が3倍になった。
PART3は全員参加のテクニカル問題。モザイクに隠れた映像で何をしているかを当てる。モザイクはどんどん細かくなり得点が下がる。満点は10点。
PART4は男女別のテクニカル問題。画像加工された物体を当てる。満点は10点。
PART5は3問限定の16分割チームで3回不正解をするとその問題の解答権がくなる。ボーナス人形があるチームは3問のうち1問でボーナス権利を行使できる。ボーナスを行使した問題で正解すると得点2倍(最高32点)。

1992年10月~番組終了

PART1が1対1の4分割で、ラッキークイズ止。
PART2は全員参加の8分割。あるテーマを元に2問出題。
PART3はテクニカルで、まずモザイク処理された映像から何をしているかを当てるクイズが1問、静止画でばらばらになった状態からものなどを当てるクイズが1問。どちらも全員参加。満点は10点。
PART4は16分割で、4問出題。その他のルールは同じ。 

得点が高いチーム勝利60点をえると象印賞として品獲得。80点以上だと海外旅行獲得となった。年間通しての勝利数がカウントされ、年内最後の放送では勝利数の多いチーム賞品が進呈された。なおゲストには勝敗にかかわらず炊飯器やポットといった象印製品がプレゼントされた。

パート3はテクニカル、隠れた主な解答者を当てて下さい

男性軍

女性軍

はい純ちゃん、そうだよ関連動画だよ

番組の雰囲気を知ってもらうには最も最適と思われるドリP制作アイマスMAD



その他象印クラスのおすすめ動画一覧

本日ご出演頂きましたゲストの方にはこちらの関連商品をお持ち帰り頂きます

毎週ゲストへの参加賞や視聴者へのプレゼントクイズには象印製品がお約束であった。

はい浅井さん!そうです!関連項目でーす、男性軍倍になって28点~!!

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/18(木) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/18(木) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP