今注目のニュース
職場を壊す「昭和おじさん」4タイプの扱い方
人生を劇的に変えてしまう「アファメーション」の本当の意味とその効果とは
クレイジージャーニー放送打ち切りでネットに斜め上の意見があふれ返る!

E3系新幹線電車単語

イーサンケイシンカンセンデンシャ

  • 4
  • 0
掲示板をみる(13)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

E3系新幹線電車とは、東日本旅客鉄道JR東日本)に在籍する新在直通(ミニ新幹線)用新幹線車両である。

概要

JR東日本 E3系新幹線電車 秋田新幹線「こまち」
E3系新幹線電車

本系列は、山形新幹線400系新幹線電車に次ぐ新在直通車両としてJR東日本により開発され、秋田新幹線(R編成)が開業した1997年に投入された。当初は5両編成だったが、着席サービス向上のため6両に増やされている。

その後、山形新幹線新庄延伸に伴い7両編成の1000番台(L51-53編成)が1999年に投入され、2008年からは400系の老朽化による置き換え及び東北新幹線E2系新幹線電車及びE5系新幹線電車による高速化に対応する的で2000番台(L61-72編成)が製造・投入されている。

標準軌に軌した在来線区間を走行可なことから、JR東日本新幹線総合試験にも本車両ベースE926形(East-i)JR東日本の全新幹線区間と軌した山形新幹線秋田新幹線区間で運用されている。なおR編成は、2014年3月15日ダイヤ正で秋田新幹線から全撤退した。

最高速度は、新幹線区間で275km/h、在来線区間では130km/h、全列車DS-ATC(新幹線区間)・ATS-P(在来線区間)搭載。

配置状況は以下の通り(2015年4月1日時点)

車両 所属編成
秋田車両センター R19~R22
山形車両センター L53~L55、L61L72、R18(とれいゆ)
R1R17、L51、L52
R25(一部)、R26(一部)
改造 R23、R26

番台

R編成

1995年に量産先行、以後1997年秋田新幹線開業までに15本の5両編成16本が落成。翌1998年に既存全編成に1両増結するとともに1編成を増備して、6両編成17本となる。その後、「こまち」だけでなく「やまびこ」「なすの」などにも増結として使用されるようになったため、2002年から再度増備を開始、2005年了し最終的に6両編成26本となった。営業運転では200系E2系及びE5系と併結。
開業時の80両は、山形新幹線開業時の400系と同様に3セク秋田新幹線車両保有(株)が所有しリースする形をとった。リース期間満了後は全車両JR東日本に有償譲渡されている。
量産先行R1のみ一つである。R1編成は2013年7月20日の上り「こまち36号 東京行き」及び下り「やまびこ215仙台行」をもってラストランとなった。

 

秋田新幹線では、2013年よりE6系が導入され置き換えられているが、その際に初期に投入されたE3系は、解体されている。後に投入した後期IGBTのVVVFインバータR18編成以降)のうちR23~R26については改造の上、L51・L52編成置き換え用として山形新幹線用として配備される(山形新幹線が7両編成の為、秋田新幹線用2編成を種として5+2で組成しなおし1編成に改造する)。なお、一部編成(R19~22)はE6系への置き換え後も「やまびこ」「なすの」に使用されることになっている。
なお、2013年11月下旬時点で残存していた9編成には「ありがとうステッカーが貼られている。

今後、上越新幹線の「現美新幹線」向けに一部編成が改造される。

1000番台

山形新幹線新庄延伸対応。L51,L52は1999年新庄延伸時に、L53は2005年に繁忙期の慢性的な混雑の解消を的として、L54は2014年L51,L52編成の置き換えを的として増備された。7両編成3本が運用中。
L51~53編成は400系に合わせること及びE4系併結時に対応する形で最高速度は240km/hに抑えられていたが、E4系東北新幹線撤退を契機に、2000番台と同一の275km/hになった。なおL54編成は当初より275km/hで運転している。
なお、L51・L52の2本は齢がL51・L52よりも若いL54・L55編成(←R23~26編成)にて置き換えられた。

2000番台

400系置き換え用。1編成落成ごとに400系の1編成を置き換える形で営業運転に入り、2010年に置き換えが了した。2010年末時点で7両編成12本が運用中。外観は、ランプの形状、方向幕がフルLED普通車側・最前・最後部及びグリーン車全席にコンセント、アクティブサスペンション(端部フル、中間セミ)が装備されているなど、1000番台と大きく仕様が異なる。同番台空気浄化システムには、SHARPプラズマクラスターが採用されている。

山形新幹線に新たな魅力が誕生します!exit

デザイン変更

2014年4月下旬より、新デザインおよび新「つばさロゴに塗り替えられる予定。デザイナー山形県出身、「KEN OKUYAMA DESIGN」代表の奥山清行氏。全編成の塗り替えは2016年度末を予定している。

「とれいゆ」

新幹線初のジョイフルトレイン。名前の由来は「トレイン」とフランス語太陽を意味する「ソレイユ」。温泉のような列車イメージ2014年7月19日山形新幹線で営業を開始した。こちらもデザイナー奥山清行氏。土休日を中心に年間120日程度運行する臨時列車として営業する。また、内に足湯を導入するとてもしい試みをしている。種は元「こまち」のR18編成で、改造時に700番台化された。

新潟エリアを楽しむ新しい観光列車がデビューしますexit

デザイン変更

2015年3月3日に、上越新幹線越後湯沢新潟間において”とれいゆつばさ”に次ぐジョイフルトレイン新幹線第2弾として”GENBI SHINKANSEN 現美新幹線”投入を発表exit。同年10月4日において、詳細が明らかとなったexit。外装担当は、写真蜷川実花氏。運行開始日は2016年を予定している。

「GENBI SHINKANSEN」

画像

田沢湖駅に入線するE3系
E6系と並ぶE3系

お絵カキコ

こまっちゃん

関連動画

関連商品

関連項目

東北北海道上越北陸新幹線及び山形秋田新幹線車両
200系 - 400系 - E1系 - E2系 - E3系 - E4系 - E5系/H5系 - E6系 - E7系/W7系
東北北海道上越北陸新幹線及び山形秋田新幹線列車
東北北海道はやぶさ - はやて - やまびこ - なすの - あおば
上越とき - たにがわ - あさひ
北陸かがやき - はくたか - つるぎ - あさま
山形秋田つばさ - こまち    ※下線付きは現在不使用

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/22(火) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/22(火) 05:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP