今注目のニュース
ファミマがファイナルファンタジーとコラボ、モーグリの顔みたいな「モーグリまん」登場
「ぼく勉!」第2話は“最強ヒロイン”真冬先生の魅力が満載 可愛いドジっ子ぷりに視聴者「ギャップ萌え」
ローソン「悪魔のおにぎり」発売1年で5600万個突破、甘い「悪魔のおはぎり」と「大きな悪魔のおにぎり」が新登場

Raspberry Pi単語

ラズベリーパイ

掲示板をみる(54)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

Raspberry Piとは、低コストかつ小シングルボードコンピュータである。

PCの側面を持ちながらも、ディジタルIOやPWM、SPI通信などを基上のコネクタから出できるため、センサやモータなどのハードウェアと、PCOSが持つ豊富なアプリケーション(特にネットワーク関係)を組み合わたデバイス較的手軽に作り上げることができる。

概要

元は英国ラズベリーパイ財団が初等教育向けに開発したものである。…が、名刺サイズパソコンの機一通り備えている本機は当初からギークの注を浴び、発売当初は世界中からの注文により品薄状態が相次いだ。

OSは基本的にはLinux系を想定しているが、マイクロソフトから第二〜三世代向けにWindows 10 IoTが無償提供されているexitラズベリーパイ財団のホームページからはDebian系のRaspbianが提供されているが、こちらの方は数式処理ソフトMathmatica(PC版は10万近くする)が付属している。また有志の中にはUbuntuAndroidインストールした例もあるので興味のある方は挑戦してみるのもいい。

なお、よく誤解されることだが、Raspberry Piは専用のカスタムチップセットを使用しているので、Arduinoと違いオープンソースハードウェアではない。

ニコニコ動画ではLチカポケットミクの自動化、偵察機等を作っている動画が存在する。

ラインナップ

Raspberry Piはこれまでにスペックサイズなどが異なる製品をリリースしている。
以下にそのラインナップをまとめている。

表の太字は前の世代から追加・変更された部分を示す。

Raspberry Pi 1 Model A / Model B (第一世代)

概要 備考
CPU ARMv6 シングルコア 700MHz
メモリ Model A:256MB
Model B:512MB
USB Model A:1ポート
Model B:2ポート
いずれも全てUSB2.0
ストレージ SDカード
Ethernet Model A:なし
Model B:10/100Mbps ×1ポート


初代Raspberry Pi。シングルコア700MHzと性的には控えめで、線も標準搭載していなかった。
使用するストレージがシリーズ中ではフルサイズSDカードで、その大きさ故に使用時はカードの半分がはみ出してしまう。
さらに、GPIOのピン数や配置が第二世代以降と異なるため、回路を移植する際は要注意。
現在では後継のA+,B+へ移行し販売終了。

Raspberry Pi 1 Model A+ / Model B+ (第一世代)

概要 備考
CPU ARMv6 シングルコア 700MHz
メモリ Model A:256MB
Model B:512MB
USB Model A:1ポート
Model B:4ポート
いずれも全てUSB2.0
ストレージ microSDカード
Ethernet Model A:なし
Model B:10/100Mbps ×1ポート


初代のマイナーチェンジモデル
基本スペック無印版と変わらないが、GPIOが26ピンから40ピン仕様になっていることや、使用するストレージがmicroSDになっている点が異なる。
二世代以降もGPIO仕様は共通であるため、回路はそのままにRaspberry Pi本体だけを交換して使用することも可

Raspberry Pi 2 Model B (第二世代)

概要 備考
CPU 初期:ARM Cortex-A7 32bit クアッドコア 900MHz
Rev1.2~:ARM Cortex-A53 64bit クアッドコア 900MHz
メモリ 1GB
USB 4ポート 全てUSB2.0
ストレージ microSDカード
Ethernet 10/100Mbps ×1ポート


初代から大幅なスペックアップを遂げた第二世モデルModel Aは省略されModel Bのみの販売。
2016年10月以降のVer1.2リビジョン以降、CPU64ビットのものに変更されている。

Raspberry Pi 3 Model B (第三世代)

概要 備考
CPU ARM Cortex-A53 64bit クアッドコア 1.2GHz
メモリ 1GB
USB 4ポート 全てUSB2.0
ストレージ microSDカード
Ethernet 10/100Mbps ×1ポート
Wi-Fi IEEE802.11 b/g/n 2.4GHz
Bluetooth 4.1, BLE


二世代からCPUスペックアップし、クロック数が1GHzを突破した。
さらに、ユーザー待望であったモジュールを標準搭載。Bluetoothも標準で使えるようになった。
その代償として消費電流が2.5Aえるので、大容量のUSBが必須に。
また、CPUの発熱も凄まじいのでヒートシンクを使用することが推奨される。
コネクタ周辺の配置に変更がなかったため、第二世代とケースを共用することができる。

Raspberry Pi 3 Model B+ (第三世代)

概要 備考
CPU ARM Cortex-A53 64bit クアッドコア 1.4GHz
メモリ 1GB
USB 4ポート 全てUSB2.0
ストレージ microSDカード
Ethernet 10/100/1000Mbps ×1ポート over USB2.0,PoE対応
Wi-Fi IEEE802.11 b/g/n/ac 2.4GHz/5GHz
Bluetooth 4.2, BLE


第三世代のマイナーチェンジモデル
基本スペックはほぼ変化がないが、線が5GHz帯に対応したことで電子レンジなどからの電波干渉を抑えることができるようになった。
また、Power over Ethernet(PoE)に対応し、イーサネットケーブルからの電供給が可になった(ただし、追加で専用のボードが必要)。

Raspberry Pi 4 Model B (第四世代)

概要 備考
CPU ARM Cortex-A72 64bit クアッドコア 1.5GHz
メモリ $35モデル1GB
$45モデル:2GB
$55モデル4GB
USB 4ポート USB2.0 ×2ポート
USB3.0 ×2ポート
ストレージ microSDカード
Ethernet 10/100/1000Mbps ×1ポート PoE対応
Wi-Fi IEEE802.11 b/g/n/ac 2.4GHz/5GHz 技適未取得(2019/8現在)
Bluetooth 5, BLE 技適未取得(2019/8現在)


に通信周りの高速化が図られた第四世代のRaspberry Pi。
メモリ1GB/2GB/4GBからの選択式となった。容量で価格が変わるため、使用的にあわせた最適な選択ができる。
USB3.0に対応し、高速なデータ通信を可とした。
また、イーサネットギガビット通信が可となり(3B+はover USB2.0での対応だったため480Mbpsが上限だった)、こちらも高速通信が可となった。
映像4K60fpsに対応。1080pえる大画面ディスプレイでも快適に使用できるようになった。ただし、その影で標準サイズHDMIポートが止されmicro HDMIポート×2に置き換えられたため、第三世代以前からの乗り換え時は要注意。ケースも流用できない。
消費電流が3Aと第三世代をさらに上回ったため電コネクタはUSB Type-Cになった。なおUSBの規格に全に沿っていないType-Cケーブルは電に使用出来ない場合があるので確認してから使用すること。


2019年8月現在技適を取得していないため内における線使用は厳禁。

Raspberry Pi Zero

概要 備考
CPU ARMv6 シングルコア 1GHz
メモリ 512MB
USB 1ポート USB2.0,microUSB
ストレージ microSDカード


5ドルという破格の価格で登場したミニサイズのRaspberry Pi。
価格もさることながらサイズも通常のRaspberry Piの約半分の大きさと、非常に小さい。
その分性は初代並み、機も基本的なもののみが搭載されている。
また、USBポートはmicroUSBのみであるため変換ケーブルorコネクタとハブは必須。
画面出mini HDMIという少々特殊なポートであることにも注意。
専用カメラインターフェースが搭載されたVer1.3も存在する。

Raspberry Pi Zero W

概要 備考
CPU ARMv6 シングルコア 1GHz
メモリ 512MB
USB 1ポート USB2.0,microUSB
ストレージ microSDカード
Wi-Fi IEEE802.11 b/g/n 2.4GHz
Bluetooth 4.1, BLE


Raspberry Pi Zero線機を搭載したマイナーチェンジモデル
線を搭載した分、価格は少し高くなったがそれでも10ドルと通常のRaspberry Piより安い。
線に対応したことで、電以外のケーブルを全て外してネットワーク越しに操作、といったことも可となった。
ピンヘッダが実装済みのRaspberry Pi Zero WHも存在する(ただし、その分少し高くなる)。

Compute Module (産業用)

関連動画

 

関連商品

 

 

関連コミュニティ

Raspberry Piに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

関連リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/16(水) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/16(水) 01:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP