単語記事: Doki Doki Literature Club!

編集  

This game is not suitable for children or those who are easily disturbed.

このゲームはお子様や精を乱されやすい方には向いておりません。

Doki Doki Literature Club!(DDLCどきどき文芸部)とは、Team Salvatoによる2017年9月22日配信のノベルゲームである。

概要

現在公式英語版のみだが、有志による非公式日本語パッチが配布されている。公式サイトWindowsMacLinux版が無料ダウンロード出来るほか(したいなら寄付も)10ドルで購入できるDDLC Fan Packもある。Fan Packではサウンドトラック高画質壁紙コンセプトアートブックと次のゲーム[1]への制作支援に対するチームからの感謝が得られる。

一般的なADVにはない独自性として一日の合間に単を選択してを書くパートが存在し、選ばれた単の傾向によって各ヒロインの好感度が高まり、イベントが発生する攻略システムがある。攻略できないヒロイン

ハイモニカです!

文芸部へようこそ!ここにはいつもわたしするものを通して特別な何かを作るという夢があります。今こうしてあなたが部活の一員となりました、このかわいいゲームの中で夢を形にするお手伝いをしましょう!

毎日がこんな可らしくてユニークな部員たちとの雑談やたのしい活動でいっぱい:

ヨリ、大事な人の幸せに何より価値を置く、若々しい日光の束。
ナツキキュート女の子の見たによらず、自己パンチを詰め合わせた子。
ユリ、内気でミステリアスな本の世界穏を見出す子。
・・・そしてもちろんモニカ文芸部のリーダー!それがわたし

わたしはあなたがみんなとお友達になって、文芸部を部員全員にとってより親密な場所にするお手伝いをすることにすっごくわくわくしてる。
でもわたしがもうあなたを人だと言えるなら━━もっとも多くの時間をわたしと過ごすと約束してくれる?♥

登場人物

関連動画

関連項目

外部リンク

余談

本作ではゲームの進行に応じてゲームディレクトリに様々なファイルが自動生成される。その為、一部のウイルス対策ソフトに引っかかってしまう事があるので注意。

ゲームディレクトリのchrデータの解析などにより、「Project Libitina」というTeam Salvato制作中の次回作と思われる別の作品の存在が明らかになった。monika.chrの画像(monika.png)を解析した文章によれば同作は2018年に発表される(または2018年を舞台とする?)と示唆されている。
また、natsuki.chrの画像(natsuki.jpg)を解析すると、作中に出てこない女性の画像になる。これは同作に登場する人物の画像ではないかと予想されている。

sayori.chrオーディオ化(sayori.ogg)して得られたQRコードからアクセスできるWebサイトprojectlibitina.comではLibitinaという少女に対する実験の報告書という体裁の文書が記載されておりそれによれば彼女は「Third Eye(サードアイ、第三の)」という何らかの特異性を持っており、その抑制、制御は困難を極めるようだ。この用は作中に出てくるや進行に応じて生成されるファイルの中にも登場している。

その内容からDDLC本編に登場するユリが読んでいる小説「Portrait of Markov(マルコフの肖像)」との関連性を摘するも少なくない。詳しくはDDLC Wiki (英語)などを参照。

なお、yuri.chrを解析することによって出てくる文章は2015年オンライン掲載された短編小説の一部で、後にダン・サルバト自身が執筆し、イースターエッグとして仕込んだことが本人のTwitter明らかになっている。これが「Project Libitina」に関するかどうかは不明である。

脚注

  1. *ゲームファイルの解析などにより判明している「Project Libitina」という名称がそれにあたるのではないかと推測されている。「余談」参照(ネタバレ)

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/doki%20doki%20literature%20club%21
ページ番号: 5510417 リビジョン番号: 2561016
読み:ドキドキリテラチャークラブ
初版作成日: 17/12/01 01:28 ◆ 最終更新日: 18/02/10 09:58
編集内容についての説明/コメント: 外部リンクに追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ



この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Doki Doki Literature Club!について語るスレ

395 : ななしのよっしん :2018/05/15(火) 13:13:09 ID: rPwUm92Bkt
モニカを最後まで信用できなかったにとってはクソゲーだわ
モニカ消してからの文芸部が好きだった発言とか命乞いにしか見えない
それに消したつもりだったのに、全には消えてなかったりね
結局最初から最後まで胡散臭いキャラってだけだったわ
396 : ななしのよっしん :2018/05/15(火) 15:16:24 ID: 2jws1XBjZE
>>384
アンダーテイルもまさにそれだしね。
どうしても『自分はこう訳したいんだ!』感が強くなるのかも。
397 : ななしのよっしん :2018/05/15(火) 19:07:48 ID: NHLosYgPMf
翻訳に必要な情報がもらえなくてくて訳しようがないパターンもある(解説ゼロで文章だけ飛んでくるから性別すら分からないとか)
原作者直々に意味やニュアンスを解説してもらったアンテとか特例中の特例よ
398 : ななしのよっしん :2018/05/16(水) 23:36:13 ID: gsf26JQebq
>>395
本編モニカ以外のヒロインに感情移入しちゃうととことん茶番だよね
399 : ななしのよっしん :2018/05/17(木) 20:45:39 ID: ZlRFFY1w8y
振り回されるユリが可哀想で可哀想でちょっと泣いてしまった
400 : ななしのよっしん :2018/05/18(金) 11:03:54 ID: 3+ToR+g8uy
まあモニカは他のキャラいつでも消せたのに方法がえげつなかったからな
そりゃサヨリに「消してくれてありがとう」なんて言われますわ
個人的には正気を保ったままユリが壊れていく姿を見せつけられていくナツキが可哀想だったなあ

でもは2週の狂った所も含めてユリが好きです(鋼の意思)
ヤンデレ顔じゃなくても2週はちょっと笑顔パターン増えてるのがいい
401 : ななしのよっしん :2018/05/18(金) 21:43:11 ID: VCT6oPOafL
モニカとの雑談を面いと思えるか否かでこのゲームに対する評価が別れてそう
Monika.chrすぐ消したは知らん
402 : ななしのよっしん :2018/05/19(土) 18:54:23 ID: mfLVlVR28N
Just Monikaだがこのゲームの全てがそれではない
他の部員が好きなモニカの敵にしたくなるだろうがだからこのゲームが面くなくなる訳ではない
そしてどんな作品にも言えるが人は「面くない」と感じた原因が自分にあるとはまず思わない

辛い描写があろうがかが文句を言おうがはこのゲームを自信を持って人に勧められるよ
403 : ななしのよっしん :2018/05/20(日) 02:23:23 ID: 6CypQVILg5
相を知るまではモニカが何かとんでもなく恐ろしいことを企んでるサイコ野郎に見えるけど
実は内容的には全然大したことしてなくて(スクリプト弄ったりデータ削除しただけ)
数々のビックリ演出も意図してプレイヤーに危を加えようとしてたとかじゃ全然なくて
何なら部の中では一番まともで普通女の子だったって所がDDLCミソだと思うんだよな

そしてモニカ遇を(女性として好みのタイプかは別として)同情的に見られるかどうかは
このゲームメタ構造をどの程度シリアスに受け止めているかに掛かってると思う
404 : ななしのよっしん :2018/05/22(火) 18:20:05 ID: qiNJU9x5i5
モニカ全に消えてなかったのは
メモリー領域のうんたらかんたらとかあるかもだし
どうなんだろうね

ヨリナツキユリ全に消えてなかったし
最終的に全部消してるけど自分も消してるし

モニカにしろサヨリにしろ
この世界ゲームであると認識するとこうなっちゃうんだろうな
ヨリナツキユリ消してあの間を呼び起こしてたし

4人とも好きだがキャラ々よりストーリーと演出と題材で
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829