ちまりまわるつ単語

チマリマワルツ

ちまりまわるつ ]とは、竹本泉漫画作品である。
この記事では本編に加えて続編、関連作品についても解説する。

概要

うわわわ~~ん、魔法が上手になりたいよ~~
魔法少女ちまりちゃんとBF太郎クンのマジカルラブストーリー

([ちまりまわるつ]単行本の惹句より)

主人公少女、きいちごちまり の周りで起きるさまざまな出来事を描く漫画シリーズジャンルとしては魔法少女ものに属しており、作者竹本泉の同ジャンルを代表する一編となっている。全体は短編連作の形式からなり、本編は3作(5話)で約110ページ。ほかに事実上の続編3話、番外編、関連作品などが存在する。

作品の特徴としては、ちまりら、キャラクターたちのとりわけ生き生きとした描写が挙げられる。竹本泉作品のキャラクターたちは自然体をもとする性格であることが多く、その様子はしばしば、作者本人から「ぼんより」と言い表されるほどである。しかしこの作品の登場人物たちは、べて行動的、積極的との言葉が似合う言動をとることが多く、その良い意味でキャラクターアクションの多さが、作品に大きく生気を吹き込んでいる。

また作者の他の作品とべ、かなり細かな書き込みがされていること。科学文明と魔法の両立した秀逸な世界観。そしてシリーズお約束であり、お楽しみでもある「仕込み」が毎回あることなど、一見しただけでは気付ききれないほどのさまざまな魅を、読み手に向かって発揮している。

あらすじ

魔法も昔からあるけれど、ごく当たり前に科学が発達した世の中。きいちご魔法店の一人いちごちまりは、魔法店を営むのような人並み優れた魔法使いになりたいと願い、日々に練習を重ねていた。

けれど世の中はもうとっくに、手軽に魔法が買える時代。どの自動販売機にも普通に売ってるような魔法を、長い時間と練習を重ねて一から覚えようとするなんて! そんな時代遅れなイメージの中、周囲のを恥ずかしがったり、ドジな自分に落ち込んだりしながら、少しずつ魔法使いとしての腕を磨いてゆくような、けれどそうでもないような? そんな日常を、ちまりとその友人たちは今日も過ごして行くのだった。

単行本、および各話タイトル

ちまりま わるつ
本編 3/4くるく ちまりま わるつ アップルミステリー 1992年7月
ちまちまじっく 第1話 なかよしデラックス 1989年の号
第2話 なかよしデラックス 1989年の号
第3話 なかよしデラックス 1989年の号
いちご魔法店へようこそ アップルミステリー 1992年3月
ばばろあえほん
番外編 ちまちまじっく クリスマスNight アップルミステリー 1993年1月
世の中なまほ
続編 魔法使いなきっかけ アップルミステリー 1995年11月
魔法使いはねぼけてる アップルミステリー 1996年9月
魔法少女ウインク アップルミステリー 1998年3月
たちこめるバラのかおり(よみきりものの…)
関連作品 みみだったり みみだったり コミックビーム 2009年5月

本編番外編などの種別名は、記事中において分かり易く説明できるよう付けた仮の名前です。公式にそう呼ばれている訳ではありません。
※上記の単行本には、それぞれ[ちまりまわるつ]以外の作品も収録されています。

登場人物

本編、番外編

続編

  • 深太(かりがねそう しんた)
    • 続編第1作、第2作の主人公。別にこれといったことも毎日を過ごしていた、普通中学生。それまで特に魔法への興味かったものの、端で拾ったに偶然「使い魔」の素養があったことから、何となく魔法を習い始めた。クラスメートたちには『今どき魔法なんて』と冷やかされそうで隠しているものの、あおばさんやちまりに惹かれる形で少しずつ、きいちご魔法店に入り浸るうち、次第に「本職の魔法使いに成れたら良いな」と思うようになって行く。その一方、朴念仁な性格が災いして、ひばりのことはまだ友人としか思っていない様子である。
      続編の第1作から登場する。
  • 茗荷ひばり(みょうがだに ひばり)
    • 続編第3作の主人公ショートカットが似合う深太のクラスメートで、ぶっきらぼうなところはあるけれど、よく気の付く性格。けれど深太が魔法を習い始めたり、きいちご魔法店に通う理由をすぐに見抜いたりしたのは、実は深太に対して淡い気持ちがあるからだったりする。今のままなら『3回輪廻しても~』などと友人にからかわれながら、何とか自分の方に深太の気持ちを向けさせようとするのだが…?
      続編の第1作から登場する。
  • シャルペロー
    • 深太が端で偶然ひろった子供黒猫540匹に1匹の割合でしか存在しない、重な使い魔の素養を持っているらしいのだけど、そんなことより、まだまだ子猫らしい好奇心の方が勝っている様子だったりする。深太のことも飼いとして分かっているのかいないのか、言うことも聞かずによく飛び回っている。
      続編の第1作から登場する。

関連作品

  • 知子(おうがみ はちこ
    • 関連作品[みみだったり みみだったり]の主人公。新学期になって、風邪を引いたからと編み帽子をかぶって登校してくるも、すぐその理由が知られてしまうことに。でもそのお陰で、ちょっとだけウソのモテ期を体感するなど意外にまんざらでもない様子。
      なお[みみだったり みみだったり]は、続編で深太たちが通っていたのと同じ学校の話(なので制服が同じ)では有るものの、引き継いだのは世界設定の部分のみとなっている。なので前作までと物語などは繋がっておらず、登場人物たちも全て入れ替わった状態となっている。
  • 近衛太郎(このえ たろう)
    • 知子クラスメート。割と優れた観察眼の持ちなのか、言ってることには説得のあるものが多い。意外と背が高く、少し清潔好き。
  • 峰未保(みね みほ)
    • 知子クラスメート。幼馴染ではあるけれど、その体質については知らなかったらしい。面がりな性格なのか、葉知子が嫌に思わない程度にこのちょっとした騒ぎを楽しんでいる。

世界設定について

本作は、作者の「魔法世界もの」ライン中の一作であり、同じラインに属する別作品『太郎アンジェリケ・シリーズ』とは互いに世界設定を共有している。そのため両作品にはガジェットや設定の細部において、さまざまな共通点を見出すことが出来る。
ただし、あくまで日常舞台とする本作と、擬似ミステリー仕立てと言うべき太郎シリーズとは作品として大きな性格の違いが有り、また物語や人物などの繋がりについても、今のところは存在していない。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%A1%E3%81%BE%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%82%8F%E3%82%8B%E3%81%A4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ちまりまわるつ

1 ななしのよっしん
2015/08/13(木) 22:20:14 ID: PJNraODa7r
魔法の設定が新で面かった
魔法ものってアニメ映え良いと思うしアニメ化してほしかったな

急上昇ワード