クローズ(Go!プリンセスプリキュア)単語

クローズ

クローズとは、「Go!プリンセスプリキュア」に登場するキャラクターである。CV真殿光昭

俺の概要だぜ!

ディスダーク三銃士の1人。性格は粗暴で、パンクロッカーのような外見をしている。アニメージュexit_nicoichibaでのシリーズ構成担当の田中仁へのインタビューによると、シド・ヴィシャスをモチーフデザインしたとのこと。

ツボーグを召喚する時はの周りのアイラインり、「クローズ・ユア・ドリーム!(Close your dream!)」と叫ぶ。

プリンセスプリキュアの誕生を阻止するため、ドレスアップキーを持つロイヤルフェアリー妖精・パフとアロマを追跡中に、春野はるかと出くわす。しかし、そこへやって来たはるかの友人・七瀬ゆいをゼツボーグに変えたことが原因で、はるかプリンセスプリキュアキュアフローラ覚醒、これに敗れる。

以降、はるかしい敵愾心を抱くようになり、何度も襲いかかるが、連戦連敗の上に、キュアマーメイドキュアトゥインクルと次々にプリンセスプリキュアが誕生するなど、本来の的と逆の結果を誘発し続けるという失策を犯したため、上官であるディスダーク魔女・ディスピアから粛清めかされる。追い詰められたクローズは、二段階に渡って変身し、最後には巨大なカラスのような姿となってプリキュアを追い詰めるが、ゆい妖精たちがカナタ王子から託された新アイテムエレガントドレスアップキーパワーアップしたプリキュアに倒され消滅した。

俗に三幹部と呼ばれる、フレッシュプリキュア!以降の敵側のレギュラー幹部は、最初から終盤までほぼ通して登場し、最後はプリキュアと和解もしくは浄化されて元の姿に戻るのが定番だったが、クローズはそれ以前の所謂鷲プリ(初代~5GoGo!)の敵幹部以来となる、最後まで悪役を貫き通してプリキュアに倒され殉職するという結末になり、視聴者を驚かせた(なお、Go!プリンセスプリキュアは、初代~5GoGo!のプロデューサーである鷲尾天テレビシリーズに復帰している)。もっとも、1クールプリキュアと戦う敵幹部の出番は、ほとんどクローズ1人に偏っていたため、もしかして々に退場するのでは・・・と予想する人もいたらしい。

ゲスい悪党の演技に定評のある真殿光昭の名演もあいまって、悪役らしい極悪非っぷりを見せつつ、ゼツボーグに振り回されたり、プリキュアの意外な行動(みなみお化け嫌い)に驚くなどのコミカルな面も見せるようになるなど、三幹部の伝統でもあるどこか憎めないキャラ人気を集めた。そのため、「惜しい人を失くした」と彼のすぎる退場を残念がるも少なくない。

なお、本編で彼が退場した後も、前期OPの映像では変わらず登場しており(その際、「遺影」「在りし日のクローズさん」などと言われている)、上半期のプリキュアショーでは未だに健在である。さらに、後期OPでもキュアフローラと戦うシーン映像がそのまま使われている。ふたりはプリキュアSplashStarでは一度倒された敵幹部が復活したり、ハートキャッチプリキュア!では最終回で倒された敵幹部が元の姿に戻っているため、もしかしたら彼も再登場の機会があるかもしれない。

……そして。

復活の「C」

クローズ退場後、新たに登場したトワイライトは記憶を取り戻しキュアスカーレットとなり、ディスピアはダメージ回復のため一時的に退場、その後ディスダークを率いる形となったロック下克上を狙うが、新たなプリンセスパレスによって撃破されてしまう。そんなある日のこと。突如として数のカラスが学園のを飛び交い、パフが敵による悪寒を感じるその時だった。

帰ってきたのである、あの男が。カラスとなって機会をうかがい、ロックの最後の絶望を奪ってったのである。

基本的な姿は変わらないものの、元のメイクが変わり(眉毛がない感じになっている)、ピアスが6個に増え、南錠はベルトに付けられ、ズボンの上にはスカート状の布を巻いている。何より、表情が引き締まり、以前のようなへっぽこさが微も感じられない、むしろ冷酷な表情と感情で表れた。戦闘力も格段に上がり、攻撃を素くはねのけ、衝撃波を発射、後ろを取られた状態でも直ちにシールドを貼って防ぐなど、以前とは全く異なると言っていい。

だが、どうやら彼がディスピアに課せられた使命はプリキュア討伐だけではないようだ。人間界のあちこちにいた絶望の種、その発芽のために動くようである、人間たちの絶望を糧とするために。復活の功績でディスダークNo.2となったクローズは、自ら絶望の種から生み出した直属の手下ストップフリーズ、そしてかつての同僚シャットを従えて動き出す……。

余談だが、この再登場が明らかとなった第30話放送時の第31予告編時点でTwitter上では驚きと一部の歓喜で盛り上がる形となり、一時トレンド入りにまで至った。これについてはクローズ役の殿も「予告だけなのに!?exit」と驚きを隠せなかったようである。また、構成の田中仁氏によれば、当初は復活予定がなかったのが、殿迫真の演技に加え、スタッフキャストなど関係者からの人気や要望が高かったことから復活したとのこと。

俺が活躍する関連動画だぜ!

俺の勇姿が見られる関連静画だぜ!

俺の新たな姿なんだぜ

関連コミュニティもあるぜ!

関連項目を貼ってやるぜ!

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA%28go%21%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%82%A2%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

クローズ(Go!プリンセスプリキュア)

64 ななしのよっしん
2016/02/09(火) 22:57:34 ID: DTE3Q/91EY
決して相容れない存在なんだけど、
はるかのことを一番理解してるのってクローズじゃないだろうか。
なんというか、本当に対がうまいと思う。
11話では倒すことでしか解決できなかった(故に哀しい顔)が、
最後は互いに認め合って別れる(笑顔のごきげんよう)とかさ。
65 ななしのよっしん
2016/02/11(木) 16:57:29 ID: MOXVgo/pks
予定変更とは思えないぐらいよくできてるよなあ11話と最終話はるはるカット較すると本当にそう思う
66 ななしのよっしん
2016/03/04(金) 02:31:56 ID: 05ule/wYM4
絶望を頂くディスダークの一員でありながら、の遺志を継いで単身グランプリンセス達に立ち向かい、倒せないと悟ったフローラに対して「またな」とうそぶく姿のなんと晴れやかな事か。
お互い立場は違えど、どん底からラスボスまで這い上がったクローズもまた、はるはると同じく絶望と共にある希望を体現する存在だったんだな。

そして、この展開が物語中盤に差し掛かろうかって時期の路線変更の結果だという事実がまた驚き。
67 ななしのよっしん
2016/03/19(土) 14:41:03 ID: U2gkklJcbf
コンプリ買ってきたけど最初から最後までディスピアがラスボス
結果的にフローラVSクローズになっただけって書いてるな
ディスピアがラスボスの位置づけに変わりいって書いてるから
復活がかったら決着が少し伸びただけか
68 ななしのよっしん
2016/03/19(土) 17:10:48 ID: D/X6ArqzKQ
CV榊原良子ボスに絶対の忠を持っていて、最初はコミカルだったのが、
ガチで殺しにかかるシリアスキャラに変貌して再登場するという点では、
ガンダムZZマシュマーっぽいというもよくにしたけど、
捨て駒にしか認識されなかったマシュマーと違って、
一度倒されたときはその最期をディスピアから惜しまれ、ディスピアが敗れたときは後を託されるなど、
なにげにこの従関係は良好だったのが印的。
(前の2作は下克上とか洗脳して操っていたとか、信頼関係がかったし)
69 ななしのよっしん
2016/03/20(日) 11:55:12 ID: U2gkklJcbf
プロデューサーが復活出来ないかって打診したんだって
この提案がかったら復活しないまま終わってたな
70 ななしのよっしん
2016/04/18(月) 22:34:12 ID: YTUPTfkcul
「何度でも絶望」の徴とすることで復活を物語テーマと上手く絡められたのが大きかったな
単なる再生怪人以上の意味を持たせ、しかも最初の敵がそうなることで話全体に芯を通す結果にもなった
71 ななしのよっしん
2016/04/21(木) 20:26:10 ID: 8VJ/LNXsP9
「オレがプレゼントだぜ」のLINEスタンプの発案者が殿さんな辺り
本当に役者さんにされてるんだなあ
72 ななしのよっしん
2019/08/17(土) 09:59:56 ID: kZU1i1LHGr
見たキャラも変わりすぎて同一人物感ないわ
73 ななしのよっしん
2019/09/02(月) 05:17:07 ID: U7N4EnhPH+
性格変わったのは復活するまで妥当プリキュア(特にフローラ)のためにトレーニングしてたりしてメンタル強化された結果ちゃうかなと思ってる。
口調変わってもフローラに対する執着は一貫してたしな

急上昇ワード