ゴジラ:アウェイクニング<覚醒>単語

ゴジラアウェイクニングカクセイ

そして私は見た。

人間の野蛮さが呼んだ怪物を…

ゴジラ:アウェイクニング<覚醒>Godzilla:Awakening)とは、映画GODZILLA ゴジラ」の前日譚となるスピンオフコミックである。

概要

映画制作会社レジェンダリー・ピクチャーズコミック部門レジェンダリー・コミックスより2014年5月7日出版された。邦訳はヴィレッジブックスより発売。

映画本編脚本家の一人であるマックスボレスタインがライターとして参加している。

これまでにゴジラ漫画化したアメリカン・コミックスマーベル・コミックス1977年1979年)、ダークホースコミックス1987年1999年)、そして2011年から始まったIDWパブリシングによるシリーズなど、様々な出版社と世界観によって描かれてきたが、今作は秘密研究機関モナークを軸とした「モンスターバース」の中の一作である。

あらすじ

1980年四郎の年老いた(以後沢)は彼を東京の自宅に呼びつけ、世界から隠された自身の活動についてり始める。

1945年8月6日8時15分、原子爆弾投下により地獄と化した広島中で、沢が生まれたばかりの四郎を探し救い出した時、を飛ぶ不吉な影を撃するのだった。

1年後、ダグラス・マッカーサー率いる秘密機関モナークの日混成部隊に配属された彼は、世界各地での飛ぶ怪物の言を何年か追い続ける、そして最終的に「ゴジラ」という名のもう一匹の怪物の存在に行き当たった。[Chapter 1]

1953年モナーク部隊部で息子と共に過ごす沢だが、そこへ会議出頭するようショウから通達される。特殊な分野の権威であるザマレク博士死の群れゴジラに関する互いの研究成果を披露しあい議論を深める。そして沢は死の群れの脅威に対しゴジラを発見し戦わせるという結論に達するのだった。

その少し後、標本化されていた死の群れの断片が脱走し一気に成長しへ向かう。沢は独断でその後を追いゴジラを見つけることを決意。息子に別れを告げボートに乗り込む。[Chapter 2]

1954年、南太平洋のモーンスタで現地住民から2匹の怪獣が現れたとの報告を受ける沢。彼は民を避難させながら、ゴジラ死の群れの戦いを初めて間近で撃するのだった。

後日、に残った死の群れの残骸を確認するモナークたち。死の群れは生き残っており、ゴジラに彼らを倒させるべきとする沢だったが、モナーク部はビキニ環礁をゴジラの核による迎撃を決定する。
マッカーサーに直訴する沢に、彼はこう言い返した「守るんだ、どんな手を使っても」

かくしてゴジラを葬るための水爆による攻撃が実行される。[Chapter 3]

以下はビキニ環礁住民を避難させるため説得する沢の言葉。

私が話しましょう。

が来るんだよ。
これまでのどんなよりも恐ろしいがね。

でも、このを起こすのは人間だ。

何もかも吹き飛ばしてしまうだけじゃない。
この先もずっとこの地に消えないを残すんだ。

わかってくれないか、
世界の終わりが来るんだ…

登場人物・怪獣

四郎
本編渡辺謙が演じる人物。1945年生まれ。物語を聞き、その意志を継ぐ。
沢の
本作の主人公原爆の事もあり一時はアメリカへの敵愾心は拭えなかった。しかし死の群れとの遭遇をきっかけにモナークに参加しゴジラを研究・追跡するようになる。そして世界のためにゴジラ死の群れと戦わせることを決意する。Ch.3の舞台モーンスタの住民からは「怪獣男(モンスターマン)」と呼ばれていた。1981年没。
ダグラス・マッカーサー
実在の人物。本作ではモナーク揮を執り、1954年ビキニ環礁での「水爆実験」にも関わる。
ショウ
モナークの一員であるアメリカ人。船が死の群れに襲われたところを沢のに助けられ、彼をモナークへ勧誘する。後に彼の友人となり、四郎とも親交があった。
ザマレク博士
「未詳化石生物学」の研究者。死の群れに詳しいが、ゴジラの存在には懐疑的。
死の群れ(Shinomura)
放射線を糧とする寄生生物集合して一個の群体となる、昆虫のような姿の巨大飛行生物放射線濃度が現代の10倍あった古代ペルム紀にゴジラに寄生する外敵として活動していた。その後隕石衝突により生物が大量絶滅し、放射線減した。地上を追われ地中へ潜っていたが、原爆投下によりふたたび地上に現れ放射性物質を貪るようになる。個別記事「Shinomura」も参照。
ゴジラ
古代ペルム紀に生態系の頂点として君臨した爬虫類巨大生物隕石衝突をきっかけに海底で休眠状態にあったが、核の時代が訪れ宿敵である死の群れが呼び起こされたことで、それを追うように地上での活動を再開する。

関連動画

IDW版

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

ゴジラシリーズ
ゴジラシリーズ 昭和 ゴジラ(1954年) | ゴジラの逆襲 | キングコング対ゴジラ | モスラ対ゴジラ | 三大怪獣 地球最大の決戦 | 怪獣大戦争 | ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘 | 怪獣島の決戦 ゴジラの息子 | 怪獣総進撃 | ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃 | ゴジラ対ヘドラ | 地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン | ゴジラ対メガロ | ゴジラ対メカゴジラ | メカゴジラの逆襲
平成 ゴジラ(1984年) | ゴジラvsビオランテ | ゴジラvsキングギドラ | ゴジラvsモスラ | ゴジラvsメカゴジラ | ゴジラvsスペースゴジラ | ゴジラvsデストロイア
ミレニアム ゴジラ2000 ミレニアム | ゴジラ×メガギラス G消滅作戦 | ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃 | ゴジラ×メカゴジラ | ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS | ゴジラ FINAL WARS
2010年代 シン・ゴジラ | GODZILLA -怪獣惑星-
海外作品 GODZILLA(1998) | GODZILLA(2014) | Godzilla: King of Monsters | Godzilla vs. Kong
ゲーム漫画 怪獣王ゴジラ(ゲームボーイ) | ゴジラ怪獣大決戦 | ゴジラ列島震撼 | ゴジラ-GODZILLA- | ゴジラ-GODZILLA- VS | 『シン・ゴジラ』スペシャルデモコンテンツ for PlayStation®VR | 怪獣王ゴジラ(漫画) | ゴジラ:アウェイクニング<覚醒>
関連作品 宇宙大戦争 | フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ | モスラ(1961年) | モスラ(1996年) | モスラ2 海底の大決戦 | モスラ3 キングギドラ来襲 | キングコング:髑髏島の巨神
企画ファンメイド ゴジラ対エヴァンゲリオン | しんのすけ対シン・ゴジラだゾ | ゴジラvsガメラ | ゴジラ対若大将 | ゴジこれ | しんごじくん | シンゴジ実況
グッズ シン・ゴジラ音楽集 | ジ・アート・オブ シン・ゴジラ
怪獣 ゴジラ | アンギラス | キングコング | モスラ | ラドン | キングギドラ | エビラ | ミニラ | カマキラス | クモンガ | ゴロザウル | バラゴン | バラン | マンダ | ガバ | ヘドラ | ガイガン | メガロ | ジェットジャガー | メカゴジラ | キングシーサー | チタノザウルス | ビオランテ | ゴジラザウルス | バトラ | MOGERA | スペースゴジラ | デストロイア | ゴジラジュニア | オルガ | メガギラス | MUTO | Shinomura | ジャイアント芹沢博士
兵器・技術 放射火炎 | 大戸島 | オキシジェン・デストロイヤー | 轟天号 | メーサー | ゴジラ塔 | スーパーX | タバ作戦 | ヤシオリ作戦 | 無人在来線爆弾
登場人物・組織 小美人 | X星人 | 黒木特佐 | 三枝未希 | 矢口蘭堂 | 赤坂秀樹 | 泉修一 | 尾頭ヒロミ | 牧悟郎 | Gフォース | 巨災対 | MONARCH
楽曲・効果音 モスラの歌 | 怪獣大戦争マーチ | かえせ!太陽を | Persecution of the masses | 11174_rhythm+melody_demo | EM20 | Black Angels | Fob_01 | Who will know | Under a Burning Sky | 東宝特撮の爆発音
台詞キャッチコピー 薬は注射より飲むのに限るぜ、ゴジラさん! | やっぱりマグロ食ってるようなのはダメだな | We call him…ゴジラ | 私は好きにした、君らも好きにしろ
俗語 ゴジラ岩 | やっぱりマグロ食ってるやつは違うな | やっぱり放射能食ってるやつは違うな | 蒲田くん | やっぱり霞を食ってるようなのはヤバいな | 内閣総辞職ビーム | ニン・ゴジラ
ニコニコ関連 MMDゴジラ | ゴジラゲームリンク | シンゴジラ感想リンク | ゴジラシリーズのお絵カキコ
制作・配給会社 東宝 | ワーナー・ブラザーズ
スタッフ 監督 大森一樹 | 金子修介 | 庵野秀明 | 静野孔文 | ローランド・エメリッヒ | ギャレス・エドワーズ
特技 円谷英二 | 川北紘一
脚本 虚淵玄 | デヴィッド・S・ゴイヤー
音楽 伊福部昭 | 宮内國郎 | すぎやまこういち | 服部隆之 | 大谷幸 | 大島ミチル | 鷺巣詩郎
演技 中島春雄 | 野村萬斎
効果 白組 | スタジオカラー
その他 特撮 | 特撮作品一覧 | 映画 | 映画史 | 映画の一覧 | 怪獣 | ゴジラシリーズ | モンスターバース | ゴジラシリーズの関連項目一覧

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B4%E3%82%B8%E3%83%A9%3A%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%3C%E8%A6%9A%E9%86%92%3E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ゴジラ:アウェイクニング<覚醒>

1 ななしのよっしん
2017/03/29(水) 07:12:49 ID: ArA1db76Ip
記事作成乙
この前日本語版を買ってきてやっと読んだ
シノムラかっこいい
2 ななしのよっしん
2017/03/30(木) 09:54:57 ID: VSXwUxRTBx
広島に落とされた原爆ゴジラMUTOめさせた要因になってたり、沢の父親の件といい、「GODZILLA」の作品中ではそこまで感じられなかった反核のメッセージ沢のが遺した時計が一応あったけど)がこの漫画でははっきりと感じられたな。
モンスターバース興味ある人間ならぜひ読んでほしいぞ。
3 ななしのよっしん
2017/03/30(木) 21:20:47 ID: VSXwUxRTBx
>>2追記
MUTOというよりはShinomuraだな。
4 ななしのよっしん
2017/09/25(月) 04:02:58 ID: fUcwCrcXFx
四郎は1945年生まれか。という事は本編じゃ70手前ぐらいになるけど、役者のせいかどう見ても50代半ば辺りにしか見えなかったな・・・。