サイアス単語

サイアス
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

曖昧さ回避

サイアスとは以下のものをす。

  1. サイアス(ファイアーエムブレム) - ゲームファイアーエムブレム トラキア776』に登場するキャラクター。この記事で記述。
  2. サイアス(ブレスオブファイア) - ゲームブレスオブファイアⅣ』の登場キャラクター
  3. サイアス(イース7) - ゲームイース7』の登場キャラクター
  4. サイアス - 食玩神羅万象チョコ』のキャラクターの一人。

サイアスとは、『ファイアーエムブレム トラキア776』に登場するキャラクターである。
CV:中谷一博(ヒーローズ)

概要

伝説戦士ファラの直系であり、宮廷祭でもある天才軍師。

マリータ関連のイベントでちょくちょく登場しているが、砦ルートで初めて敵ユニットとして登場し、レベル10という桁外れの値でプレイヤーの度肝を抜いた。なお、通常はの数でレベルを表すが、さすがに10個もを書く余裕がないため「10」と書かれている。

ユニット性能

トラキア776

クラスハイプリーストで、反帝国組織「マギ団」を率いるセティとの二択となる。

立つのは何といってもレベルの高さ。レベル1個につきマップ上の味方全員の命中回避+3する。敵として登場するサイアスはなんと10、つまりそこにいるだけで全員の命中回避+30というトンデモ補正となる。さらに彼はストーリー序盤のエーヴェル同様無敵ユニットとして設定されており、絶対に倒せないうえにでのステータス異常なども効かない。

しかし、上記のように敵として登場する時は10というチートスペックで立ちはだかるが、味方入りすると揮が3まで低下してしまう。なんでやと思うプレイヤーも多々いるが、リーフ軍はそもそも軍人や民兵も混ざった多籍混成軍故に仕方ない所はある(それでも3は全味方中最高値だが)。

他にも再行動3(15)だったり、敵の全スキルを封じる見切りを持っていたり、魔法武器レベルは両方Aだったりする。が強な今作においてを使えるユニットはいくらいても困らない。

しかし、サイアスの加入は同じく戦士の末裔であるセティとの二択になる。サイアスとセティどちらを仲間にするかと聞かれると、空気を読まず伝説器フォルセティを持ってくるセティに軍配が上がってしまうのは仕方がないといえる(せめてサイアスが受け継ぐべきファラフレイムを持ってきていたら...)。

ヒーローズ

ファイアーエムブレムヒーローズにも主人公リーフ実装と同時期に大英雄戦に登場。ステータスとしては青魔法アルヴィスといったステータス傾向もほぼ同等。習得スキルは「氷」「離脱の行路」「速さの謀策」。
アルヴィスファラフレイム同様、専用武器「軍の書」は十字方向にいる自分より魔防が1以上低い敵の攻撃・魔防を-4させる効果を持ち、「速さの謀策」で速さも下げることが可。さらに印で「守備の謀策」を装備すれば守備も下げられるため、一人で敵の全を低下させる事が可という悪なポテンシャルを持つ。
2020年10月アルヴィスシグルドと共に専用武器への錬成が実装
錬成することで、効果がターン開始時、自分を中心とした縦横3列の敵の攻撃・魔防-5パワーアップ。さらに特殊効果付与の錬成をすることで、マシューやウルスラ同様、敵のデバフの合計値を攻撃に加算する効果が追加される。

アルヴィスと異なり自己回復手段がないため継戦にはやや劣る(一応「獅子奮」と「回復3」を継承させれば獅子奮アルヴィスぽいこともできなくはないが…)。いているAスキルには魔防+あたりを継承させて謀策を刺しやすくするのが難か。

キャラクターとしてのサイアス

皇帝察官として各地を巡る祭でありながら、軍とも呼ばれる稀代の軍師であるという二つの顔を持つ。さらに、実は世界に覇を唱えるグランベル帝国皇帝アルヴィスの隠し子であるという第3の顔も持つ。

母親は前作『聖戦の系譜』にてアルヴィスの右腕として登場した女将軍アイーダ。22章で登場するコーエンで、サイアスはコーエンの孫にあたる。異である前作ラスボスユリウスもサイアスのことを慕っており、その婚約者イシュタルからの信頼も厚い。

前作『聖戦の系譜』ではファラの血族の直系はも生き残らせることができないため、器の継承も耐えたかと思われていたが、今作にて正当な継承者が現れた。今作エンディング後にはヴェルトマーに戻ったと書かれているが、正式にファラフレイムを受け継いだかは不明。

ゲーム前半では少女剣士マリータを救うために暗躍しているのを見てプレイヤーにいいやつだと思わせておいて、後半で敵として登場した時にはそのレベルの高さでプレイヤー絶望させ、味方になったと思ったらレベル減でプレイヤーをがっかりさせるという、こんなところでもいくつもの顔を持つ存在である。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サイアス

9 ななしのよっしん
2018/05/06(日) 17:15:45 ID: LrCtImRoaK
ランスシリーズサイアスクラウン追加希望です。
10 ななしのよっしん
2018/11/06(火) 15:29:38 ID: LhPTUpOS9D
認知されてないんだよな
それでもロプト教団に存在知られて大変だったようだが
11 ななしのよっしん
2019/02/02(土) 00:03:36 ID: g6Orcr1NuN
揮3でも全体カリスマと考えるとかなり強な部類なんだけど、それとフォルセティ釣り合うかと言われると全く釣り合わんよな…
ていうか、セティ揮1だから、実質的には揮2とフォルセティ秤に掛けられてるわけで。

オルエンorイリオスの二択といい、なんでこうも釣り合わない選択肢用意するんかね。イリオスサイアスもかなり強い部類なのにあまり使われないのは悲しすぎるわ。
12 ななしのよっしん
2019/05/10(金) 14:36:46 ID: ESj7OPy/uo
一応こちらを選ぶ人もそこそこいるけどその理由の大半はセティ仲間にしようとしたら会話で1ターン余分にかかるからという理由なのが悲しい
13 ななしのよっしん
2019/08/01(木) 14:30:55 ID: u0k6IC0mxT
終盤で揮ガン積みしたかったからサイアス選んだな。一人のキャラより全体の底上げを重視したかった。
終章で揮合計9になって敵の揮補正を全に打ち消せたのはかなり楽だったし。
戦士系が余るくらい育ってるしAならいいやって事で戦の見劣りも気にならなかった。
14 ななしのよっしん
2019/12/14(土) 14:41:38 ID: rW/HmHNl9h
大沢戦だとバーハラ戦でシグルドアイーダ討っちゃってるからバルド直系が親のに…
15 ななしのよっしん
2020/03/01(日) 22:58:58 ID: 06a3LXJrwk
20年前の作品だから既に言われてるかもしれないが。
サイアスが出てきたことで戦時点のアルヴィスの「周囲には女性の影はなかった(アゼルを除く)」という設定がひっくり返ってしまった。
サイアスが生まれたのは戦以前で、当時のアルヴィスが何を考えてアイーダませたのか。
皇帝になってから、ユリウスが覚醒して絶望してから、なら戦のアルヴィス像で理解できるが、
もっと若い頃となるとヴィクトルの悪いところが似たのかなと。そうなるともっと他にも隠し子いるんじゃね?とか思う。

コーエン伯爵アイーダ柄を考えれば公爵の正室でもおかしくないと思うが、アルヴィスアイーダませたが結婚するでもなく、捨てるでもなく、将軍として側においている。
正史ではバーハラの悲劇では死なず、ロプト教団が実権を握ってから殺されたと思う。
アルヴィスとしてはバーハラの悲劇でどさくさ紛れに殺して口封じの意図はなく、以後も優秀な部下として重用していたと思われる。
そもそも、コーエンはいつから伯爵なのか。明示されていないので最初から伯爵だったかもしれないし、アルヴィス皇帝になってから叙爵の可性もある。
伯爵嬢でありながら隠し子を生んで軍務に身を奉げたのか、才女がの七りで伯爵に押し上げたのか。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
16 ななしのよっしん
2020/05/18(月) 12:15:02 ID: urUVGjQHOK
>>15
ズィーベンファラの血を持ってる
じゃないとビショップでボルガノンが使えない
17 ななしのよっしん
2020/10/15(木) 17:52:22 ID: LhPTUpOS9D
傍系なら戦士の血筋はチラホラいるんよな
それこそ占いで血統がわかっちゃう世界なら意図的に薄いもの同士くっつけてある程度濃くできる世界なんで結構怖い
18  
2020/10/23(金) 15:18:42 ID: TflB+ea3dQ
>>17
占いとか戦士の系譜はシステム的なもので、実際はでも現れない限り々分からないんじゃないかな。傍系+傍系=直系に関しても実例が少な過ぎ+血の濃さによって起こらない場合もある、とかではっきりとは分かっていないとか。
原作にしてもラクチェスカサハが出てるかも不明ですがだし。

サイアスに関して、最も設定的に分からない(というか褄が合わない)のは、コーエンの失脚とアイーダの死なんだよなあ。
まだ、ユリウス覚醒前の時点で1番の側近を自由せるレベルで暗教団が実質的な権を持ってるのは明らかにおかしいし、そこまでがあるなら皇帝に気に入られてマンロイにも手が出せないというのもおかしい。
というか、そもそもアイーダは気に入られてないんかい、という。