ブレスオブファイアⅣ単語

ブレスオブファイアフォー



逃げては、いけない


ブレスオブファイアIV うつろわざるものとは、2000年カプコンから発売されたプレイステーションRPGで、ブレスオブファイアシリーズの4作にあたる。
2003年にはPC版が発売され、2011年にはプレイステーション版がゲームアーカイブスにて配信された。

また、2007年には村仁氏によるコミカライズ版も連載されていた。

概要

本作の主人公は「リュウ」と「フォウル」の二人からなり、ニーナエリーナを探すをしているリュウ一行と、追われ孤独な逃避行を描くフォウル二つの物語が展開される。
時に明るく時に暗く重いストーリーが特徴のブレスオブファイアシリーズだが、本作のストーリーシリーズの中でも群を抜いて重い。残酷な運命を待ち受けながらもそれでも仲間達と共に進んでいくリュウ編に対し、救いがくとにかく追い込まれ、信じる“ヒト”がいなくなり、失望して“ヒト”は愚かな存在だと見下してしまうフォウル編と、それぞれ対照的に描かれている。

戦闘システムは、魔法や技を組み合わせて連続攻撃・合体魔法を繰り出せる“コンボ攻撃”や、防御して敵の魔法・技を覚える“ラーニング”、前線に3人出て残りのメンバーは控え・後衛として参加する“スリック・ローテーション”等の要素が搭載され、戦略性が深まっている。

IIIで好評だったシリーズ恒例の“釣り”が更に進化。深く作りこまれたその内容に、本編そっちのけでハマった人も多数。「ブレス4は釣りゲー」とまで言われる事も。しかもアスキーの周辺機器「つりコン」にも対応している。

とにかく色々詰め込み過ぎた為、容量が足りなくなり泣く泣くカットされたイベントが“一部”ある。
(その一部が非常に重要な部分)

キャラクター紹介

メインキャラクター

リュウ (声:山口勝平)

シリーズ染みの主人公
記憶を失っており自分が何者なのか分からず、心配したニーナと一緒に付いて行く事になる。
この世界で奇相とされる「眼」を持っており、変身召喚を使いこなす。

フォウル (声:千葉一伸)

もう一人の主人公
フォウ帝国の初代皇王で「皇」とも呼ばれている。長年の封印から覚めた所からフォウル編が始まる。

詳しくは個別記事にて (※ネタバレ注意)

ニーナ (声:氷上恭子)

シリーズ染みのヒロインウィンディアの第2王女エリーナの
エリーナを探すためにクレイと共にをしている。
故障した砂船を修理する為、の代わりにパーツを探しに行った所、中で全裸リュウと出会う。
良い所育ちの為、世間知らずで天然な所が多い。記憶がリュウの事を“迷子”と勘違いしていた。

クレイ (声:千葉一伸)

フーレン族の族長。
エリーナ・ニーナとは幼なじみで、ニーナからは「クレイさま」と呼ばれている。
行方不明になったエリーナを探すためにニーナと共にをしている。

マスター (声:犬山犬子)

チャンバので出会うを身にったの人物。
喋る時「マスターが~」と言う為、自分自身の事をマスターと呼んでいるのだと思うが…
(※ネタバレ注意につき以下反転)
その正体はディースが封印されていたで、ディースが影し自らの意思で動くようになる。
マスターというのはそのに封印されていたディースの事を言い、元々自身には名前がかった。
後にディースから正式にマスターという名前が与えられる。

サイアス (声:石塚運昇)

戦時中東側に雇われていた傭兵
元々リュウニーナの監視役としてルディアに雇われていたが、契約を破棄しリュウ達と行動を共にする。
口数が少なくのんびりとしており、自己する事はどないマイペースな性格。
リュウ達の監視も「見はれ」と言われて見てはいたが、「止めろ」とは言われなかった為勝手な行動しても止めなかった。

アースラ (声:渡辺久美子)

フォウ帝国の中隊長を務める女性民出身だが魔法を買われ帝国軍に入隊。
リュウ達の捕虜的な扱いでの一行に加わる。
レイとは当初対立していたが、次第に仲間として信頼し合うようになっていく。

サブキャラクター

エリーナ

ウィンディアの第1王女ニーナ
見舞いに訪れていたセネスタで行方不明となっており、彼女を探す事がニーナ・クレイ達の的となっている。
しかし…

マミ

ソン村で農業をしている女性戦争孤児。
傷ついたフォウルの手当てをし、フォウルの事を匿ってくれるが…

ヨム

フォウ帝国将軍の一人。小柄な姿をした老人。
フォウル殺の任を受け、フォウルを追っている。

ラッソ

アースラと同じくフォウ帝国の中隊長。オネエ口調で話すナルシスト
気に入らない者や抵抗の者にも手を上げる攻撃的な性格をしている。

ユンナ

フォウ帝国科学者で呪いの研究をしている。全ての元凶にして究極のトラウマ製造者。
彼の非の数々はユン死ね」「殺させろ」「絶対に許さないと、多くのプレイヤーからレス4のアイドルとして人気を博した恨まれている。

漫画版では一発だけだが、クレイユンナに鉄拳制裁を食らわしている。

(※ネタバレ注意につき以下反転)
普通ならしかるべき制裁を受けて死んで当然のような人物だが、しかし彼はエンディング後も問題なく最後まで生存している概要で述べた“カットされた一部のイベント”がユン死亡イベントで、容量と製作期間の都合で最終的にそのイベントカットされ、生存という形となった。
あれだけ卑劣な行為をやっておいて、しかも懲りてないときているため余計タチが悪い。
(但しスタッフく「あれはあれで人類の希望(科学的な意味で?)」との事)

多数のプレイヤーから「死ね」など散々言われているユンナだが、
彼がいる(生存している)からこそ「ブレス4の魅かもしれない」というもある。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%A2iv

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ブレスオブファイアⅣ

38 ななしのよっしん
2017/08/04(金) 20:45:29 ID: uGVn+3q5E7
むしろユンナの考えはをもっと使いやすくしよう
いろんなことに使えるようにしようって方向に突っ走ってない?
39 ななしのよっしん
2017/08/25(金) 16:59:42 ID: yerzVWFhIn
マスターの中身って3の世界から4の世界に飛ばされてきたとか?
40 ななしのよっしん
2018/12/13(木) 08:02:33 ID: tWnhYnPkyB
ユンナの生死以前に話が胸過ぎて、もうこのシリーズプレイすることは二度とないと決意した。
それ以前から妙に女性キャラに対して嗜虐的なイベントが垣間見えるタイトルだったが
昔ならいざしらず、2000年も過ぎてコンシューマで王道RPGっぽいシリーズタイトル手にとってこんな話見せられる方の気持ちにもなって欲しい。
41 ななしのよっしん
2019/01/22(火) 00:17:14 ID: N+IjH1K5QE
ユンナはただ自分の欲求を満たしたいだけで、帝国はそれを利用していただけで
人を人とも思わないに人を人とも思わないが集まっていただけなんだよなあ

シリアルキラーが、時間が立つと崇める人間が出てくるようなもんかね
42 ななしのよっしん
2019/02/20(水) 14:46:07 ID: Yr/GNA+3Xh
ユンナには生きてても良いから、生き地獄を味あわせて欲しかったな。
43 ななしのよっしん
2019/02/20(水) 14:57:56 ID: Yr/GNA+3Xh
ユンナをボコボコに殴って半殺しにして許す展開もありなんじゃない?。
44 ななしのよっしん
2019/02/20(水) 15:11:02 ID: W44D56sUZB
フォウルエンドユンナに直接手を下すシーンがあれば
テーマ的にもバランス良かったと思う
45 ななしのよっしん
2019/02/20(水) 15:35:46 ID: Yr/GNA+3Xh
あるいはリュウエンドで、ユンナを中死させるもしくは、リュウが拳でぶん殴って制裁するのも有りかも。
46 ななしのよっしん
2019/02/27(水) 21:59:46 ID: Eh0rjlKb9a
実験大好き人間なら実験をできない環境でひたすら生かさず殺さず生殺しで寿命を迎えさせるのが案外一番効果的なのかもしれない。
殺すのはできるだろうけど死ぬこともやりたいこともできないのが一番苦痛だと思う
47 ななしのよっしん
2019/03/11(月) 19:00:02 ID: Yr/GNA+3Xh
カーズ戸愚呂のように永遠に動けず何もできない生き地獄も良いかも。