ジャングルはいつもハレのちグゥ単語

ジャングルハイツモハレノチグゥ

ハレとグゥ

ジャングルはいつもハレのちグゥ』とは、『月刊少年ガンガン』に掲載されていた漫画、およびアニメである。

作者金田一蓮十郎女性)。2003年に『ハレグゥ』と題し、2009年10月で連載終了。

概要

ハレとグゥジャングルに住む少年・ハレと正体不明の少女・グゥの日常を描いたギャグ漫画。そのほか、学校の友人や先生、村の長老など多くの人物が登場する。物語の中盤では都会に出かける話があるが、そこは「コンクリートジャングル」とされている。

登場人物の多くが暗い過去を持っており、に話すと重苦しい展開となるものを明るい雰囲気で展開し、ギャグと勢いでそれを解決する。ギャグシリアスの独特なバランスが特徴的な漫画である。

OVAのEDは音楽に合わせてハレとグゥが踊るというものだったが、それがアニメ監督山本寛に影を与え『涼宮ハルヒの憂鬱』にてハルヒダンスを生むきっかけとなったと言われている。

登場人物

ハレ (CV愛河里花子
ハレ
ジャングルに住む10歳の少年ハレグゥ開始時は14歳
常に相手に対する気遣いを忘れない優しい少年。だが、それゆえに面倒ごとをすべて引き受けることが多い苦労人。では事をしない母親の代わりに料理洗濯など事全般を行っているため、ときどき母親料理などを作り始めると「母さんがまるで母さんみたいだ」と涙ぐむ。そんな生活から、性格が子供らしくないと言われることも多い。作中一のツッコミ役で、物語の半分は大で叫んでいる。後にができた。
グゥ (CV渡辺菜生子
グゥ
ウェダが連れてきた正体不明の女の子? 見た少女のようだが、身体に関節はなく、も存在しない。巨大化したり、大人女性変身することもできる。あらゆる物をを飲み込むことができ、飲み込まれたものは彼女の身体の中の世界生存していたりするという奇妙な身体をしている。
普段は無表情でぼーっとしていることが多いが、ハレが困っている姿を見せるとニヤリと笑うことがある。ハレをいじるのが好きで、理難題や荒唐稽なことを言ってはハレを困惑させている。
ウェダ (CV茂呂田かおる
ハレの母親運動神経はよく、狩りが得意。しかし、狩りを行うことはめったになく、事は全てハレに任せている。お酒を飲むのが好きで、物語中酔っ払っていることも多い。酔うとおしゃべりになり、ハレの前では子供のように甘える。では下着姿でうろついていることが多いが、これはハレがせめて何か着てくれと頼んだからであり、本人は楽な裸姿でいたいと思っている。後に2人の子を妊娠してできちゃった婚をする。実は良お嬢様で若い頃にハレを妊娠した為、父親に勘当されていた(後に一度実家に戻り、母親とは和解している)。
ボーア (CV玄田哲章
村の長老。もじゃもじゃのアフロのような胸毛が特徴。むしられてもすぐに再生する特殊を持つ。しかし、グゥにむしられすぎて生えなくなったことがあり、そのときは偽胸毛をつけてごまかしていた。
ダマ (CV神代知衣/弥永和子/小山茉美
隣町に住む散屋の老婆。初登場時は少し危ない老婆ぐらいだったが、回を増すごとに人間から遠ざかっていき、遂にはモンスターのようになった。白髪男性を亡き夫と重ね合わせて襲ってくるという設定も最初だけで、途中からはからかまわず襲ってきた。銀行強盗の男との戦闘以後は何か達観した(ぶった)以前よりは通常な老婆になった(ただしいちいちウザい)。同じ容姿で肌のい「タマ」というが居る。
ユミ (CV皆川純子
ハレのクラスの担任レジィが風邪を引いて寝込んだため、その代理としてやってきた女性教師。惚れっぽい性格で、レジィに始まり、ハレ、トポステと好きになった。妄想しく、落ち込んだり元気になったりと気分の変化がしい。怒らせると暴力的になり、そこら中の物を破壊するほど怪力
マリィ (CV松岡由貴
ハレに想いを寄せる女の子色恋沙汰が好きで、恋愛妄想をいつも繰り広げている。手先が器用で、自作したりしている。両親がおらず、幼いころはレジィとウェダに育てられていたため、ウェダを母親のように思っている。
ポクテ
正式名称は「のんでポクテ」。ジャングルに住んでいるウサギの一種。食用として登場することが多いが、あまりおいしくはないらしい。

関連動画

アニメOP・ED

ドラマCD・MAD

OP・EDパロディ

関連静画


お絵カキコ

ニヤリだーくさいどぐー不思議な出会いポクピヨ

関連商品

関連コミュニティ

ジャングルはいつもハレのちグゥに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%82%82%E3%83%8F%E3%83%AC%E3%81%AE%E3%81%A1%E3%82%B0%E3%82%A5

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジャングルはいつもハレのちグゥ

61 ななしのよっしん
2016/08/26(金) 15:05:21 ID: gzt84G+CNw
アニメ監督水島努だったのか・・・
62 ななしのよっしん
2016/08/30(火) 10:31:07 ID: jLUp67/voi
常識人ポジのハレが酷いにあったり、名実共にド腐れ医師が最後に2人作ったりと、悪党がいい思いして良識人が酷いにあうという意味では、サイキックフォーステンテンくんみたいな後味の悪さが残る漫画だった
63 ななしのよっしん
2016/09/14(水) 13:58:28 ID: KJH24BymgC
ウェダの性格がイケイケカーチャンな性格からコロコロ変わって都会に行って
料理もまともにできないただの酒乱になったりいい女(?)化したり
ギャグ漫画から女性作者特有の女性強い系の恋愛マンガになったり方向性が分からない

最初はおもしろかったけど>>62の言うとおり良識人が酷いにあうだけで後味が悪くて
ずっと持ち直すのを期待していたけどハレグゥ6巻でやっと買うのやめた
64 ななしのよっしん
2016/09/17(土) 23:49:47 ID: 6DSkVjBg7Q
アニメ版のスキスおじいさんデラックスはギャグアニメ史に残る神回
65 ななしのよっしん
2016/09/18(日) 13:11:22 ID: qNspbjmhOB
ウェダを未成年レイプした挙句、ジャングルで再会したらできちゃった婚しちゃう保険医ってヤバイよな
これを女性作家少年マンガ誌で連載できる凄さ
66 ななしのよっしん
2016/09/29(木) 23:00:56 ID: 7lfFJvrNYY
酷いにあうだけで終わるパターンってあんまりなかったと思うから後味はそんなに悪くなかった気がする
基本的にはギャグオチつけたり締めたりしてたし
テンションギャグ漫画じゃなくて女性作家ドラマものとして読んだら・・・確かにそんな感想になるかもしれん
ギャグに振り切ってたアニメ版とおんなじ感じで読めればいいかも
67 ななしのよっしん
2016/10/03(月) 22:45:59 ID: 4dxcLJpSh4
ハレのちグゥが面すぎたな。
少なくとも最初の数巻で作者が女だって
わからないくらい、ギャグと勢いが良かった。
68 ななしのよっしん
2018/05/04(金) 21:15:07 ID: 6DSkVjBg7Q
アニメのOP曲が三曲ともかなりの良作
聴くと元気が出てくる曲
デラックスが一番好き
69 ななしのよっしん
2019/01/18(金) 23:34:53 ID: KJH24BymgC
アプリ無料連載されてたから十数年ぶりに読んだけどマジ漫画の描き方上手いなー
16歳プロデビューして今は恋愛モノメインで描いているから転換期と考えて割り切って読んだら違うのかもな
カードキャプターさくらといい今読むとアウトの塊なマンガだけど時代だから許されたのかもしれない
あと今調べてびっくりしたんだけどまだアニメCD売ってるんだ amazonでは入荷予定ありになってるし

>>60
メンヘラとは、2ちゃんねるメンタルヘルスにいるような人間のことをす言葉(大百科引用
女性専用てあなたシャアじゃないんだから
70 ななしのよっしん
2019/04/28(日) 11:03:04 ID: j3hDHfXYFo
は単純にグゥはハレの未来から来た子供だと思ってたから、機械生命体とか死神とか幽霊とかいう発想はかった

急上昇ワード