マンガでわかる異世界冒険の書単語

マンガデワカルイセカイボウケンノショ

マンガでわかる異世界冒険の書とは、とりからPの描くオリジナル漫画である。

概要

異世界」とタイトルにあるが転生ものではなく、ごく普通ファンタジーギャグ漫画である。

その世界では、冒険者が記師(シーラー)が冒険者たちの行動を書き記しげることによって「経験イイネ)」を得て強くなっていくという構造となっている。そのため多くのシーラーたちが冒険者たちと行動を共にし、冒険の書げてイイネを獲得することに必死になっている。

物語主人公である「マニュ・ホワイト」はシーラーとしてげる冒険の書を書くことにするのだが、今までは文章だけでしか書かれたことのかった冒険の書に、「絵」を使って書くという発想を取り入れることにした。

当初は漫画のことを全く知らないためイラストを書きるだけだったが、少しずつ漫画の技巧を学び成長していく。

この物語は、「漫画」の世界で活躍する一人のシーラーの、冒険の書には記されない孤軍奮闘の物語である。

登場人物

マニュ・ホワイト

主人公可愛い顔しているけれど。だがそれが良いという読者が大半。

子供の頃、怪物に襲われたところを通りすがりの冒険者に助けられ(書6)、見えない活躍を記録に残そうとシーラーす。

神官タムトゥ

教会にいる、冒険の書げる役割を持つ人。マニュくんからしてみれば担当編集者冒険の書に対するダメ出しのプロ

リーダー

マニュくんが行動を共にする冒険者のリーダー。顔は点と三で表現できる。

ヒーラー

マニュくんが行動を共にする冒険者のヒーラー可愛い(見たに反して重(ry

アーマー

マニュくんが行動を共にする冒険者の戦士。常に兜で食事の方法が気になる。

グリム・メンソン

マニュくんより少し前に記師となったヒト1000イイネを簡単に叩き出す天才。彼が書けば冒険者が他人のに入ってを壊したり箪を漁ったりしても、とんでもない濃厚なストーリーとなるらしい。

マニュくんを見下していたが、彼の冒険の書を読んで「マニュさん」と呼ぶようになりファンとなる。

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%81%A7%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8B%E7%95%B0%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%86%92%E9%99%BA%E3%81%AE%E6%9B%B8

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マンガでわかる異世界冒険の書

1 ななしのよっしん
2019/03/29(金) 16:44:41 ID: FmZ1wdyRtj
おお!とうとう記事が!記事作成おつ!

この漫画をはじめ、とりからさんの描く漫画はおもしろい
暇な時にまとめてとりからさんの漫画を何話も見返すのが好き
2 ななしのよっしん
2019/07/07(日) 09:41:17 ID: lCEdnA8Y77
先生とマニュ君のおねショタ薄い本見たい……見たくない?

急上昇ワード

2019/08/19(月)23時更新