ユーロファイター・タイフーン単語

ユーロファイタータイフーン
1.9千文字の記事
  • 12
  • 0pt
掲示板へ

ユーロファイター・タイフーンとは、イギリスイタリアスペインドイツがEF2000(EFA)計画によって共同開発した多戦闘機(マルチロール機)である。

概要

ヨーロッパ4か共同の開発計画は1988年スタート1992年にはユーロファイター2000ネーミングされた。その後2002年にはユーロファイター・タイフーンとリネームされ、2003年イギリスドイツイタリアスペインの4かで配備が開始された。[1]

JAS39と同様にカナードとデルタを組み合わせたクロースカップルデルタの形状を取っており、端を除いて13ヶ所ものハードポイントがあるのが大きな特徴。またアフターバーナーなしでのスーパークルーズに対応しており、全備重量でもマッハ1.3を発揮できる。前面のRCS(レーダ断面積)はF-22に及ばないものの電波吸収材の多用によりF/A-18E/Fラファールよりは小さいとされている。

段階的開発・量産を踏んでおり、トランシェ1~トランシェ3まで順次生産されている。本格的なマルチロール機となるトランシェ3はさらに3A3Bに別れ、3A2013年に初号機がロールアウトした。

イギリス防衛評価研究所の試算をもとに、Su-27(Su-35相当)と撃墜/被撃墜で較するとEF-2000は3~4.5となる。(F-22Aは9~10、F-15Cは0.76、F-16ブロック40は0.26となる)

航空自衛隊F-4の後継機を選定するF-X補にも挙げられていたが、[2]この時は最終的にF-35が選定されている。

厳しい現実

3番発注バッチである「トランシェ3」では新開発のアクティブ電子走査アレイAESAレーダーの導入が予定されている。現行のユーロファイターが搭載しているユーロレーダー社の「CAPTOR」(メカニカルスキャン方式)のアンテナ部分をAESAにしたもので「CAPTOR-E」(別名「CAESAR」)と呼ばれているが、このレーダーの実用化は遅延しており、各の予算不足からかさっぱり進展してない。

メカニカルスキャンでは、電波の発信から受信までアンテナ部を動かす必要があるので、レーダー幅などに制約を受ける。AESAの場合、アンテナを構成する発信・受信機が電子的に位相を変えつつ送受信を行うので、レーダー探知距離などの性メカニカルスキャンよりも優れる、とされている。ユーロファイター以外の戦闘機ではすでに実装が進んでおり、航空自衛隊F-2が搭載しているJ/APG-1、F/A-18E/FBlock2が搭載するAN/APG-79などがある。

現状、2007年から開発していて2015年実用化という予定はいくらなんでも時間がかかりすぎかもしれない。その間、J/APG-1がAAM-4を運用するためなど各種のアップデートを行い探知距離を延ばしたJ/APG-2になるほか、AN/APG-79は限定的な電子戦まで備えるなどにべるとその動きは低調と言えるだろう。

この間、インドでの126機導入の輸出チャンスがあったといわれるがこのレーダー部分がネックとなり、ダッソー・ラファールの採用が決まった(ラファールはパッシブ電子走査アンテナ(PESA)レーダーを搭載)。

2013年6月海外向けの輸出拡大が低調であることを受けて製造元のEADSでは、レーダーAESAへしないと導入に有利に働かないと、開発諸(イギリスドイツスペインイタリア)に予算承認をめている。2011年に基本合意に達したものので、まだ正式調印ではなく、今後の推移はまだ不透明であるといえるだろう。

2015年7月23日イギリス空軍インド空軍で行われた演習インドラダヌーシュ」では、「3~4.5で有利」と言われていたはずのフランカー(正確にはSu-30MKI)相手に0対12で敗するという失態を犯した。さらに、その対戦の中には2機のタイフーンで1機のフランカーと戦うも返り討ちにされる場面も存在したと言われている。

関連動画

MMD-OMF モデル部門 No.027 『ユーロファイター・タイフーン(三機セット)』 (モデラー:シナモソ)

関連商品

関連項目

脚注

  1. *「ユーロファイター・タイフーンの全貌」今泉 航空情報2005年10月
  2. *http://www.clearing.mod.go.jp/hakusho_data/2012/2012/html/n2352000.html

【スポンサーリンク】

  • 12
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%B3
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ユーロファイター・タイフーン

614 ななしのよっしん
2022/03/02(水) 23:47:21 ID: WP3Vr2J27T
米国一辺倒は良くないってのは正論

しかしタイフーンを選ぶのは正論じゃねえな・・・
615 ななしのよっしん
2022/03/31(木) 15:51:31 ID: XSOt5rWGm4
今からでも通用するようにするなら
機首部分を大にしてレーダーを高出なものを積めるように修して飛行距離を伸ばす為に機体を一回り大化する必要があるよな

何でこんな拡性のないものが生まれたのか……
616 ななしのよっしん
2022/04/09(土) 13:21:54 ID: /mlBH04th/
ドイツ防に大投資する方針になってどうなるかな
ライバルに後れを取ってるアビオ二クスの善に全注げばだいぶましになるはず
617 ななしのよっしん
2022/04/12(火) 17:58:29 ID: H5GJI275ES
双発機の割にレドーム区画が小さくなる機体構造の問題もあるから、ましになるだけで発展性は低いだろう
618 ななしのよっしん
2022/04/22(金) 23:32:35 ID: upxSWDGXqJ
DVIシステムだっけ?200個近く単登録してSiriみたいに命できるシステムがあるそうだけど、F-35Aでも結構反応しなくて苦労してるのに果たして要るのだろうか
619 ななしのよっしん
2022/05/13(金) 21:01:08 ID: beNoOiczuE
どいつもこいつも学習しねえな。
L85がどれだけ手直してもポンコツだったのをお忘れのようだ。G36新しく買える。他のアサルトライフルでもいい。
今までつぎ込んだと手間が惜しい、は破滅するギャンブラーの理屈だよ。
620 ななしのよっしん
2022/05/27(金) 17:27:55 ID: fZTguyDq37
L85ポンコツ呼ばわりは
今ではマトモになったって散々言われてるやろ
兵器産業の保護と育成という観点もすっかり抜け落ちてるし学んでないのはお前やぞ
621 ななしのよっしん
2022/05/27(金) 17:32:31 ID: 8zc1CTv2Un
コイツよりロートルのフランカーでさえ、機首区画を空気抵抗と重量増加覚悟で一回り太くする位はやってるのに。大元の英独が向上計画に関心がいのだろう

>>619マヌケは見付かったようだな
622 ななしのよっしん
2022/07/23(土) 18:39:44 ID: MBfscZzSe3
L85A3は魔改造過ぎて誰だおまえ状態
もはや死に体のタイフーンくんは魔改造するにも費用がかかりすぎるんだ、悔しいだろうが仕方ないんだ
623 ななしのよっしん
2022/07/23(土) 22:03:24 ID: fK0KLgK0L8
ラファールと何故これだけ差がついたのか……