F-14単語

エフジュウヨン

F-14

F-14とは、アメリカグラマン社(現ノースロップ・グラマン)が開発した艦上戦闘機である。

概要

称は「トムキャット(オス)」。(グラマンは基本的に艦上戦闘機にはネコ科の名前を付ける。ウィキペディアには可変ネコに見えるからトムキャットとなった、とあるがソース不明)

それまでアメリカ海軍だったマグドネルダグラス社(現ボーイング)製のF-4ファントムを置き換える的で開発された。眼はソ連の長距離爆撃機とそこから放たれる大量の対艦ミサイルによる飽和攻撃からの防衛が的であり、1950年代から軍で計画されるたびに頓挫しつづけたミサイル・キャリアーとしての艦載機の側面が多分に強い。

F-14はヒューズ製のAWG-9レーダーによって標を距離315kmで探知することができる。さらに24の標を同時に追尾しつつ、そのうち6標に対してミサイルを発射、誘導するを持っている。AIM-54フェニックスミサイルは4発をパレットに取り付けて胴体下面に装備し、さらに下のパイロンにも1発ずつ装備可[1]ウィキペディアではAIM-54を6発搭載すると着艦重量をえるため2発を投棄しないと着艦できない、とあるがこれもソース不明である)。

その他の武装としてはセミアクティブレーダー誘導式中距離空対空ミサイルAIM-7スパロー、赤外線誘導式短距離空対空ミサイルAIM-9サイドワインダー、接近戦用にM61 20ミリバルカン砲を1門装備する。

泣き所は繊細すぎるP&WTF30エンジンで推不足・サージング(エンジン内失速)に悩まされ、当初予定のB型GE・F401エンジンを搭載する予定が技術的・予算の問題で流れ、しばらくしてのちF110が選ばれるまで扱いづらさが強調されてしまった。

1973年の運用開始から数々の戦争に投入されて活躍して来たが、可変故に整備コストが嵩む事等が災いし、性が劣るとは言えマグドネルダグラス社のF/A-18ホーネットが導入されたのと、その発展であるE/Fスーパーホーネットと入れ替わる形で2006年9月に勇退した。ほかの理由としてはAIM-54フェニックスによる艦隊防イージス艦+スタンダードミサイルによる方法で代替が成立してしまったというのもある。

因みにかつて日本航空自衛隊にも売り込みを掛けていた事があり、航空ショーではF-14、F-15パフォーマンスを見せ付けることまであったという。結果的に滑走路の補強が必要ということもあり結局現在F-15Cを原としたF-15Jが採用された経緯がある。

開発

当時からソ連空母艦隊攻撃に使用する大対艦ミサイルには核弾頭が付いていた。ソ連艦隊攻撃プランは、ミサイルをできるだけ空母の全周から弾着が同時になるように調整して発射、ミサイル空母から1/4浬に達したところで中に突入して核爆発を起こし、空母と随伴艦の線下を小中破させることで艦隊の機を奪う、というものだった。[2]したがって、新しく開発する艦上戦闘機は飛来する巡航ミサイルをすべて撃墜できなければならなかった。撃ち漏らしは許されなかったのである。

F6D・TFX[3]

まず1958年より、XAAM-N-10 イーグルと呼ばれる長射程AAMの開発が始まった。核弾頭を搭載し、最大速度マッハ3.4以上を出す2段AAMで、射程160km以上、前半は発射機の線誘導、後半はアクティブレーダーホーミングで誘導する。次にこれを搭載する戦闘機として、ダグラス社の設計がF6Dミサイリアーの名で採用された。機体はF3Dに似た直線の亜音速機で、イーグルAAMを最大8発搭載し、APQ-81レーダーで16標を追跡しつつ8標の攻撃が可というプランだった。しかし攻撃部隊の援護や対地・対艦攻撃のできない防専門の単機を、搭載機数に限りがある空母で運用するのは費用対効果が悪いなどの理由で1961年F6Dの開発はキャンセルされ、イーグルAAMの開発も中止された。ただ、多標追跡・攻撃可レーダーと長射程AAMを組み合わせるという思想はそのまま次の計画に生かされた。

F6Dはキャンセルされたが、艦隊防戦闘機が不要になったわけではなく、米海軍は新たにFADF(Fleet Air Defence Fighter)の計画を立てた。一方軍はF-105の後継機としてTFX(Tactical Fighter Experimental)を計画していたが、当時の防長官マクナマラの命で両者は統合されることとなった。TFXはF-111A、TFXをF-111Bとして開発が始まったが、F-111Bは重量増加の問題を解決できず、1968年に開発が中止された。この時開発されたVG技術、TF30ターボファンエンジン、AN/AW-9レーダ、AIM-54フェニックスがF-14に流用された。

VFX[4]

F-111Bの量産計画が1968年8月キャンセルされた後、米海軍は新しいVFX空母搭載戦闘機コンセプトを推進することにした。この時の要ではTF30エンジン双発で複座、AWG-9/AIM-54メイン武器、AIM-7やAIM-9の運用も可フェニックスは6発搭載すること、20mm機関の搭載、艦隊防では艦隊から100200nm進出して2時間以上滞できることなどがめられた。

VFXの提案要には5社が応じ、1968年10月に提案が行われ、12月グラマンとマクダネルダグラスの提案を選択、翌1969年1月にはグラマンに開発契約を与えることが、制式名称F-14とともに発表された。グラマンはVG(可変)を高に配置、垂直尾は1枚、エンジンポッド式のモデルG.303-60ベースに7種類のコンフィギュレーション(形態)を作り較検討を行い、最終的にVG高、双尾ポッドエンジンコンセプトを採用、1号機は1970年12月に初飛行した。

最初の飛行隊(VF-1/VF-2)の訓練は1973年6月了、CVN-65エンタープライズに搭載され、1974年-75年に最初の海外展開を行っている。

バリエーション

F-14には3つのが存在する。なおCが飛ばされているのは、計画上は全偵察付で作られていたもののボツになったからである。

80年代末期にF-14全機をB型修するか、一部の機体だけをDB型修するプランがあったが、さまざまな観点から検討された結果、後者が選択された。

TARPS(戦術航空偵察ポッド・システム)

RA-5CやRF-8Gなどの艦載戦術偵察機の退役を補うためにF-14Aに搭載された。正式名称はLA-610で、フレームカメラ、低中高度用パノラミック・カメラ赤外線カメラなどを内蔵する。[5]

イランのトムキャット

アメリカ以外でF-14を導入したのはイランだけである。

1960年代から1970年代にかけて、イランのパフラヴィー王王パーレビはオイルマネーによって軍事を強化しつつあったが、ソ連MiG-25Rの領侵犯への対処が出来ずにいた。1972年リチャード・ニクソ大統領イランを訪問した際パーレビはF-14かF-15いずれかの購入を申し入れ、側は承諾、1973年にパーレビがアメリカを訪問してデモフライトを見た上でF-14に決定、1974年に合計80機の購入契約を結んだ。最終的に79機がイランに送られ、AIM-54Aフェニックスも売却された。しかしイラン革命が起こり、王は1979年外に脱出、新しくできたイラン・イスラム共和国はパーレビ時代の兵器注文をキャンセルしたため、フェニックスは最終的に700発発注されたうちの284発が引き渡された。[6]

2016年に刊行された「イラン軍のF-14トムキャット飛行隊」で、にならなかったイラン軍でのF-14導入からイランイラク戦争までの戦いの様子が(イラン軍側から)描かれている。

これによると、当初からイランの現状を踏まえて強レーダーを搭載しているF-14導入をイラン軍が考えていたこと、「シャーのパイロット」と呼ばれたF-14パイロット達はアメリカ内で充実した訓練を受けた全な米国仕込みではあった。このパイロット達の幾人かは革命後亡命したものの、大多数は残留した。が、彼ら(パイロットおよび整備員たち)は革命後の投拷問死刑判決など少なからぬ過酷な扱いをされたものの、イラクとの戦争勃発により前線へ復帰することになる。

開戦劈頭からAIM-54Aフェニックスを用いてイラク戦闘機爆撃機などに対しての要撃任務についた。ペルシャ湾にあるハール石油備蓄・積出港は開戦当初よりイラク軍による重要な攻撃対とされていたが、イラン軍F-14飛行隊はこのCAP(戦闘)任務を行い、多数のイラク軍機(中には非公式エジプト軍から参戦したと言われるミラージュ5SDEまで!)を撃墜した。これらの記録はF-14パイロットたちの言によると撃墜確実130機・未確実23機といわれるが、イラン軍の公式?的な発表では撃墜確実16機・未確実14機の30機とされている。F-14パイロット(特に部隊設立時からの歴戦者)達の状況を考えると低い見積もりをされているのかもしれない。これらの数値はイラク軍側の公式発表と照らし合わせないと正確なところはでないだろう。

いずれにしてもイラン軍F-14のパイロット、および整備員達は、その優秀さを発揮して過酷な状況の中でも戦い続けたという。F-14AのTF30は導入以来の泣き所で、革命騒ぎによるエンジン換装案も流れ、そのパワー不足と不安定さに悩まされつつもAN/AWG-9レーダーなどのアヴィオニクスによる簡易AWACS任務をこなすだけでなく、AIM-54フェニックスミサイルAIM-7スパロー、AIM-9サイドワインダーなどのミサイルを使ってイラク軍機を戦争全域にわたって圧倒した。この中にはソ連軍事顧問団パイロットが操るMig25もあった。

もっとも稼働率は低調を極めたようで、1986年あたりには稼働率は20機を大きく割り込んだようだ。イランはあの手この手でブラックマーケットでの部品調達を行うだけでなく、イスラエル米国からの秘密支援を受けてF-14の稼働率を維持し続ける努を行ったらしい(合わせてAIM-54の部品も調達が行われたという)。イラン軍内の「自給自足ハード」隊、イランの各大学支援を受け、F-14のタイヤブレーキディスクなどの再生産から始まり、現在はかなりの整備が向上しておりF-14Aのリビルドファクトリーもあるようだ。上記の本では長らく西側軍事関係者が伝えていた「F-14に対するソ連(ロシア)製エンジン、電子機器の換装」はまったくの事実根であり、「MIM-23ホーク良搭載」は開発が行われたものの実用化にはならなかったことが述べられている。またAIM-54の自国生産も少なからず行われており、AIM-54C相当の向上が行われているとされている。

彼らイラン軍のパイロット達はF-14を(米海軍よりも厳しい状況下で)操ってのために戦い続けたのは確かである。イラン=イラク戦争中のF-14喪失機は16機。内訳は事故による喪失7機、戦闘・その他の理由による喪失が9機とされている。また、戦争中、アメリカ(CIA)の手引きによりF-14のパイロットが機体毎亡命したとされているが、これも偽のほどは明らかになっていない(が、確実視されている)。

そして2010年代においてもなおイラン軍のF-14はイラン内の支援を受け電子機器のアップデートを行い、かの軍の中核として運用されているのだという。

実戦での運用

F-14は1973年より米国軍での運用を開始した。そのためベトナム戦争には参加していない(75年のサイゴン撤退時の支援任務で参加している)。80年代にはリビアシドラ湾で二度、リビア軍の航空機を二機ずつ撃墜しているほかは偵察任務、上支援任務がつづいた。

1991年湾岸戦争ではあまり活躍らしい活躍は行えなかった。運用エリアペルシャ湾上に限られてしまったことが一因だったが、その理由は航空機の電子機器やセンサー系の問題…画像・映像の送受信などできず…運用が限られてしまったことだった。

A-6イントルーダー期運用停止に伴い浮いた予算でF-14Dへの修案が始まり、F-14は皮にも当初考えられていた艦隊防任務ではなく、RIOもいる複座であること、データリンク、燃料搭載量が多いことなどから、航空機偵察、前線における前線航空管制(FAC)任務につくことになり、もっぱらLGB(レーザー誘導爆弾)を使った地上攻撃任務などへと重が大きくなった。

アフガニスタン航空支援作戦などを皮切りにイラク南部の飛行任務などF-14を擁する航空隊の任務はその有様を大きく変えていくことになる一方、懸案だった自誘導爆弾であるJDAMの運用も突貫作業で可になり、アフガン、イラク戦争で前線部隊への航空支援作戦において欠かせない機体となっていった。
地上部隊のFACと連携をとり、FAC(A)と呼ばれる機上航空管制を行うだけではなく、JADMLGBによる爆撃任務を行っていた(場合により、20mmバルカンでの地上掃射も行ったという言がある)。

映画やゲームへの出演

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *イラストレイテッドガイド1 現代の戦闘機」ビル・ガンスト1988
  2. *日本の防衛再考」兵頭二十八 銀河出版 1995 p.29
  3. *エアモノグラフ ノースロップ/グラマン F-14トムキャット坂本良一 エアワールド1996年7月
  4. *トムキャット開発史」石川潤一 世界の傑作機別冊 F-14トムキャット 2004
  5. *兵器最先端3 大洋艦隊」読売新聞社 1986 p.37
  6. *「パーレビのトムキャット配備から現状まで」松崎豊一 航空ファン2006年12月

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/f-14

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

F-14

116 ななしのよっしん
2017/09/18(月) 17:32:41 ID: sKDYiNunbW
>>114
アレは戦闘爆撃機とは名ばかりの攻撃機だからなぁ。F-14べると耐Gの要はるかに低いんだろう。
117 ななしのよっしん
2017/09/30(土) 14:12:00 ID: D9LG8JA5XV
そう言えばF-15同期なわけだから戦闘機の年齢としてはそこまで古くないし、
どっかでまだ使っててもおかしくはないか…
118 ななしのよっしん
2017/11/02(木) 21:56:53 ID: e0egUQ9cdH
IT STILL FLYS Iran Military F-14 still flying over the Skys of Iran https://youtu.be/W6L-kAm-Nawexit
119 ななしのよっしん
2017/12/24(日) 15:04:30 ID: L61Hdpt77m
今更ながら例のイラン軍の本を読んだ。
イラク戦争時の活躍ぶりはトップガンエリア88と言っていいレベル
パイロット達の言なんてまさにACE0みたい。
「撃墜記録が100機以上」「1度の戦闘において実質単機で4機のMiG-23撃墜」「1発のAIM-54で3機のMiG-23撃墜」「AWG-9の前にはどんなジャミングも効(11機のイラク軍機が一斉に行ってきても)」等々、驚愕の逸話が盛り沢山だった。
120 削除しました
削除しました ID: Gbqo4VGuQK
削除しました
121 ななしのよっしん
2019/01/04(金) 01:13:57 ID: Rx0EPPMOSn
http://flitetime.net/dogfight%20of%20the%20decade.htmlexit
F14パイロットJohn Chesire氏) が例のF15に勝利した模擬戦を回顧
要約すると
軍は相手の機体特性などを学び対策を練り込んで挑んだ
F15は大部分の性F14に勝る
・自分はこの模擬戦で2回~3回ほどF15を射程に捉えたが撃墜判定されず
・最後の模擬戦ではエンジントラブルのため満足に戦えず
・機体性で劣り、トラブルに見舞われるなど不利な状況だったが想像以上の成績を収めた
・某F15がF14に負けたと言う不正確な記事が書かれ混乱を招いた
122 ななしのよっしん
2019/03/27(水) 22:09:37 ID: L2E0wS2sgO
機体性の優劣とか以前に、あの模擬戦は格闘戦もある程度できるけど基本的に強レーダーと長射程空対空ミサイルを使った距離戦闘を想定して設計された重量級のF-14と、はなから格闘戦を重視して低面荷重、高推重量に設計されたバリバリの制戦闘機F-15を有視界戦闘という同じ土俵で勝負させている時点で不等且つナンセンスなんだよなぁ
そんなF-15が勝って当然の状況設定でいくらかハンデがあったとはいえF-14F-15相手に撃墜判定出せただけでもよくやったと評価に値すると思う
これが逆にF-14の得意分野の距離戦闘だったら多分F-15に勝ちないで。F-15が搭載出来ないフェニックスは有効射程がスパローやアムラームをかに上回るし、デカすぎて爆撃機にしか当たらないとかよく言われるフェニックスだってイラン真実とするなら戦闘機相手でも問題なく追尾、撃墜できるみたいだから彼の機数が同じならF-14ワンサイドゲームに終わるんじゃないかな
格闘戦性だけを見てF-14F-15より弱いとか言わないでもらいたいね、人も兵器適材適所だよ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
123 ななしのよっしん
2019/04/01(月) 18:34:55 ID: kNZOWZPupr
戦闘は大体不等なものだろ
わざわざ敵が得意分野に合わせてくれることを期待する方がナンセンス

イラン真実とするならって時点でなぁ
いくら効果と言ったって、F-15一方的に落とせるレベルならF-14は今でも空母艦上で現役でしょう
124 ななしのよっしん
2019/04/14(日) 09:44:04 ID: ag4tpsJdrw
F-15は管制誘導されて標へ向かい格闘する制機。
F-14は艦隊システムの中で防任務を行う要撃機。
一概にどちらが優れているということはい。
それに合衆軍は”最強の艦上戦闘機”ではなく”コスパに優れた戦闘攻撃機”を欲した。
だから””を退役させて””を迎えた。それだけの事。

それより良いニュースだ!DCSが出たぞ!
DCSを好ころうぜ!不死鳥ぶっ放すターキーでようぜ!
イラン軍スキンが欲しいんだが作り方はこれから調べるんだぜ!

>>sm34965876exit_nicovideo


>>sm34965813exit_nicovideo
125 ななしのよっしん
2019/05/24(金) 22:14:57 ID: To7DlnnfsT
が二年後の映画監督だったら、大河ドラマという名シドラ湾とハール中戦を再現するね。ハワード・ヒューズの地天使達よろしく実機まで飛ばすのは、アメリカイランの仲が悪い内は理そうだけど

急上昇ワード