F-22単語

エフニジュウニ
3.6千文字の記事
  • 12
  • 0pt
掲示板へ

F-22Lockheed Martin/Boeing F-22 Raptor)とは、アメリカロッキード・マーティン社が開発した戦闘機である。称はラプター(Raptor:猛禽類の意味)。マグドネルダグラス社(現ボーイング社)が開発したF-15戦闘機の後継機種。

概要

F-22は、1981年に開始されたアメリカの先進戦術戦闘機計画(Advanced Tactical Fighter:ATF)で生まれた戦闘機である。この計画は旧ソ連Su-27 フランカーに対抗するために計画されたもので、ステルス性、スーパークルーズアフターバーナーを使用せずに音速で巡航する)、STOL(短距離離着陸)性がめられた。最終的にはロッキードのYF-22(試験機には頭にY、実験機には頭にX(所謂Xナンバー)が付く)、ノースロップ(現:ノースロップ・グラマン)/マグドネルダグラスYF-23製作され、テストが行われた。

テストの結果、整備性と機動性などから、YF-22が選定された。当初は「ライトニングII」という称が付けられていたが、後に同社のF-35に与えられる事となり、F-22には代わりに猛禽類を意味する「ラプター」が与えられた。ラプターはタカやワシなどの様な捕食鳥類の総称の事をし、F-15称であるイーグルや、F-16ファイティングファルコンファルコンダッソー社のビジネスジェット商標であるため、ファイティングが付く)などのを総称することで、何者よりも強いと言ったニュアンスがある。

その後、1995年半ばまでにテスト機13機が製造され、1996年末よりF/A-22(F/A=FighterAttackerの意味)として議会に予算計上されたが、2005年の運用開始直前にAは消え、F-22に戻っている。

2009年に、当時のゲーツ防長官は高額の製造コストを理由に生産の中止を決断。当初749機を調達する予定だったが、生産は188機で打ち切られた。[1]

2011年に最終号機がロールアウトし、生産は了した。当初は複座も予定されていたが、開発されなかった。また、FB-22という本機ベースデルタ爆撃機の計画もあったが、これも結局実現しなかった。

機体の特徴

このF-22は現在でも世界で一級の戦闘を持つF-15駕する為に開発されただけに、様々な最新テクノロジーと最先端技術が使用されている。

一番の特徴はステルス性である。自機に照射されるレーダー波を別方向に逸らし、RCSレーダー断面積)を極減らすことによって敵のレーダーによる探知が困難になるように機体外形がデザインされている。

電波吸収剤(RAMRador-Absorbent Material)についてはボーイング製のものがEMD試験2号機で採用され、以降の機体はすべてこの塗装が行われている。[2]

コクピットディスプレイが多数並び、F-15Eのコクピット進化させた様なものとなっている。このF-22のシステムボーイング777旅客機にも採用されているプログラム言語Ada」によって記述され、220万行と言う膨大なプログラム数で記述されている。

エンジンP&W社のF119を採用し、上下に動く推偏向パドルを動かす事で機動性を高めている。スーパークルーズが可。ただしパイロットにかかるGも増大する事から、パイロットスーツも新しく開発された。

搭載装置[3]

  • AN/APG-77…機首に装備されたAESAレーダー。最大探知距離は非開だが、250km程と見られている。 
  • AN/ALR-94…機的にレーダー受信機(自機に照射された敵のレーダー波を検知して警報を出す)に近いものだが、F-22のそれはさらに高度化されており、機体各部に30個以上のアンテナを配置することで360度全周をカバー、尚且つあらゆるレーダー周波数帯に対応するものとみられている。恐らくこの装置によって、APG-77の探知距離圏外にいる敵をレーダーを使う事なく捕捉できる(+AIM-120の中間誘導にも使える)し、電子情報収集でも効果を発揮するだろう。
  • AN/AAR-56MLDMissile Launch Detector)と呼ばれる赤外線センサーAAMSAMの発射炎の赤外線を検知し、パイロットに飛来方向を警告する。
  • AN/ALE-52…チャフ/フレア射出装置
  • AN/APX-100(V)…敵味方識別装置
  • AN/ASQ-220…CNI(通信、航法、識別)を担当する装置。F-22では他のF-22との通信にIFDLIntra Flight Data Link)と呼ばれるデータリンクを使用している。これはF-22だけで使用されているもので、例えば自機で対処できない標がある場合、その情報を編隊内の他のF-22に送信しこれを攻撃させるといったことが可。それぞれのF-22がAWACSのように機するということであり、これによってF-22で構成された編隊はAWACSや地上レーダー支援が受けられない域でも戦闘を行える。

兵装・機外搭載

F-22は胴体側面に2つ、胴体下面に2つのウエポンベイを持っており、ミサイル爆弾はここに搭載される。武装はベイのカバーを開いてから発射/射出される。また固定武装として胴体右側にM61A2 20mmバルカン砲を搭載しているが、これも発射口はカバーがされており、発射時のみ開く。

また、には機外搭載ステーションが4つあり、最大4本の増槽を搭載可

実戦への参加[4]

創作作品におけるF-22

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *https://www.cnn.co.jp/usa/35082044.htmlexit
  2. *最強戦闘機F-22ラプター ジェイミラー/石川潤一訳 2007
  3. *F-22 Raptor―スーパーファイター (イカロスMOOK)ビル・スウィートマン 1999
  4. *http://www.defensenews.com/article/20140923/DEFREG04/309230034/Analysis-Long-Road-F-22-s-First-Combat-Missionexit

【スポンサーリンク】

  • 12
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/f-22

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

F-22

370 ななしのよっしん
2021/07/24(土) 01:18:51 ID: xZyZx2n9v1
しかもオバマ政権が調達を打ち切ったのももう10年も前の話というね。

の点で見ても、第4.5世代ジェット戦闘機が装備しているのうな、示用の前方赤外線ポッドのような装備も持っていないし、レーダーでも赤外線でも全周囲センサーは警ミサイル探知用に過ぎないという限界もある。
データリンクも、通常のJTIDSの他には、事実F-22同士でしか相互運用性を持たないシステムに限られている。この点では、より高性F-35MADLを搭載する計画が実際に中止されている。

つまるところ、ミッションシステムの点で、冷戦後のニーズに応じておらず、作戦使用の範囲も限られている。それらの性向上・機追加プログラムは限定的にのみ予定されている(まだ実装されていない)
371 ななしのよっしん
2021/08/07(土) 20:47:01 ID: Aq+bzhRe1v
>>368
それにぴったりじゃね?w
372 ななしのよっしん
2021/08/15(日) 19:24:05 ID: rij5gvQv2O
F-15系  → EEXが今後も需要がある
F-16系  → まだまだ現役、たぶんこれからもが出る
F/A-18系 → まだまだ現役、が出る予定
F-22   → F-35に役割を代替される予定

ラプターだけ将来が暗いな、冷戦が終わった時点で決定的だったとはいえ悲しい
373 ななしのよっしん
2021/09/24(金) 17:02:47 ID: /yiZJIJ52h
デザイン的にはF-22が一番好きだ
活躍している作品が思いつかないけれど
374 ななしのよっしん
2021/10/01(金) 22:31:10 ID: vruHp9sCTs
>>372
F-14みたいなポジションだったのかも
375 ななしのよっしん
2021/10/22(金) 11:57:47 ID: gLAAjUG7gh
もう本じゃとっくに過去の話なオスプレイ欠陥説と同じで日本でだけ更新されてないだけ。

一昨年くらいにドヤ顔日本が採用とか騒いでたけど
結局一部の先走った記者評論家が騒いでただけというオチ
376 ななしのよっしん
2021/10/22(金) 12:08:09 ID: IgC3t0Lujn
単純に日本が買えなかったF-22日本が買う予定のF-35と言う構図だったから、条件で前者をマンセーして後者を下げてただけじゃないかな
377 ななしのよっしん
2021/10/22(金) 23:02:54 ID: gLAAjUG7gh
当時から疑問視されてたユーロファイター魔改造()とか言うあアレも多かったわけで。
378 ななしのよっしん
2021/11/14(日) 16:53:23 ID: 4++ooN1EM5
十年前のタイフーン魔改造論者は、FSXに潰された論者の生き残りだろ。「ステルス塗料は日本にしか造れない!」とか周回遅れのデマを信じてるやつ
379 ななしのよっしん
2021/11/14(日) 16:56:21 ID: RziJhDeIow
タイフーン採用論者は本気でタイフーンが最適解と信じてそう

一方グリペン採用論者は絶対にグリペンなんぞ採用されるわけがないと踏んだうえで「グリペンいいぞ」と言ってそう

急上昇ワード改