Su-27単語

エスユーニジュウナナ

フランカー

Su-27とは、スホーイが開発した戦闘機である。
称及びNATOコードネームフランカーロシアでの称はジュラーリクуравлик)。 

概要

ソ連軍から、長大な航続距離ミサイル搭載を持つ機体を要され、試作機T-10Sを基に開発された。初飛行は1977年、運用開始は1985年

Su-27の最大の特徴は、西側戦闘機を大きく駕する高い機動性である。この機動性のため、コブラ(状態から高度を変えずに急に機首を上げる機動)などと言った、通常の戦闘機では不可能な機動を行うことができる。
さらに発展では、フック(旋回中に行うコブラ)やクルビット(高度を変えずに1回転する機動)などより高度な機動も可である。これらの機動はあくまで航空ショーで行うものであり実戦には不向きではあるものの、Su-27がどれほど高い機動性を持っているかを明している。

航続距離については、機内燃料のみで4000kmの飛行が可なため、追加燃料タンクを必要としない。

また、兵器搭載量にも優れており、短距離空対空ミサイルR-73を4発、中距離空対空ミサイルR-27またはR-77を8発で、計12発の空対空ミサイルを搭載できる。さらに、R-73とR-77はそれぞれ似たような性を持つ西側のAIM-9AIM-120較すると射程距離では大きく勝っており、空対空ミサイルの撃墜も可である。

Su-27に装備されているスロットバックレーダーは、西側のレーダーシステム較すると性能面で全体的に劣っていて、複数同時ロックオン不可能なため、アビオニクスの低さがSu-27の弱点となっている(発展では良)。しかし、Su-27のIRST(赤外線捜索追跡システム)は、レーダーでは捉えづらいステルス機を探知するを持っており、最大50kmの索敵範囲を持つため、この性は高いと言え(一般的なIRSTの範囲は15km)、また、このIRSTロシア戦闘機にしかない優れた特徴とも言われている。

Su-27は戦闘機の中でも豊富なバリエーションを持つ機体であり、数多くの発展が開発され、その多くが海外向けとなっている。バリエーションは下記参照。

バリエーション

さらに細かいについてはWikipedia参照。

Su-27
基本。最も多く製造された。直系のも存在する。
Su-30
タンデム複座のマルチロール。Su-27シリーズの中でも、カナードを追加したもの、アビオニクスを近代修化したもの、Su-37の機構を応用したものなど、が多岐に渡っており、そのほとんどが海外輸出用である。
Su-32/34
並列複座の戦闘爆撃機称はストライクフランカー(F-15に対するF-15Eと同じ理屈)及びプラティパス、NATOコードネームフルバック。
生存性向上のため、コックピット装甲はチタンで造られている。アビオニクスは他のSu-27シリーズとは異なっている。
並列複座のコックピット、前脚収容庫内のからの乗降、長時間飛行に備えてのトイレとキッチンがある(とされていたが実際には携帯な簡易トイレ携帯食料を加温できる保温ボトルだけであった。個別記事参照)など、戦闘機の中でも非常にユニークな機体。
Su-33
艦上戦闘機称はシーフランカーNATOコードネームフランカーD。カナードアレスティング・フックの追加、平尾が折畳み式、テールコーンが短くなっていること以外は基本的にSu-27と同じ。
Su-35(Su-27M)
輸出的の発展称はスーパーフランカー。カナードが追加され、アビオニクスを中心に大幅に性を向上させた。
Su-35BM
単座のマルチロール。カナードが取り去られている。2010~2011年をめどにデビュー予定。
Su-37(Su-27M2)
Su-35の発展称はターミネーター及びスーパーフランカー。推偏向エンジンを搭載。

ゲームなどの作品において

現役戦闘機最強と言われるF-15ライバル機のため、知名度が高く、フライトシミュレーションフライトシューティングで頻繁に登場する。またこの時、よく敵側の戦闘機として登場することが多い。

エースコンバットシリーズでは、全ての作品で、Su-27/32/33/35/37のいずれかが登場しており、Su-35はエースコンバット2では役機となった。
また、エースコンバット6では、アイドルマスター星井美希が描かれた痛戦闘機のSu-33が登場。
Su-37については当該記事を参照。

関連動画

ゲーム作品におけるフランカーシリーズ(エースコンバット

MikuMikuDanceにおいてもフランカーモデルが絶賛活躍中

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/su-27

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Su-27

100 ななしのよっしん
2018/04/22(日) 07:49:32 ID: FAy9Gvo1hu
このThe:機という佇まいよ

あとアレだな、キットはここ10年くらいの海外製のが出来が良くてちょっと悔しい
101 ななしのよっしん
2018/04/22(日) 07:56:49 ID: 0c/oEzitIZ
カナード付のゴテゴテしさもいいけど、Su-35(オヴニルが乗ってない方)の抜けた感じも好き。
Su-27とほとんど同じシルエットのまま中身別物とか、足し算で進化しがちな軍事兵器にはしいスマートさ。例えるならを脱ぎ捨てたフリーザ第三形態。
102 ななしのよっしん
2018/05/04(金) 01:29:46 ID: 7g1GKPC99u
>>99
宇宙開発史を読むと多分幸せになれる

台風はあれだ、失敗要因の宝庫として有り難いサンプル
103 ななしのよっしん
2019/02/10(日) 12:30:47 ID: KSHefHte2x
実戦データってないの?
mig29とやりあったぐらいしかないけど。
104 ななしのよっしん
2019/02/16(土) 15:06:18 ID: vJv3hioJP2
>>101
フリーザ第三形態わかるわ
F-15の方は別方向に進化しそうな気配もあるけどSu-35は究極の第4+世代の姿の一つなんだろうな
105 ななしのよっしん
2019/02/27(水) 21:31:09 ID: nSwcGJD7QL
レナフランカーに乗れていいよな
106 ななしのよっしん
2019/03/01(金) 19:25:22 ID: /Epl5tXiUJ
エスコン7は妙にSu-27生多いしミハイ筆頭にソル隊がSu-30だし優遇されてるね
107 ななしのよっしん
2019/03/01(金) 19:48:05 ID: 0c/oEzitIZ
スペア2が品再生のSu-33に乗ってたけど、味方側のフランカーはAHのロシア正規軍以来だったりする

これまでは添え物程度の扱いだったSu-30系列がスポットされて嬉しい、ちゃんと複座機である必要性も設定されてたし
108 ななしのよっしん
2019/04/17(水) 20:54:15 ID: FAy9Gvo1hu
Su-301/72は現状MKKだけ(ズベズダのヤツ?知らない子ですね)か…

中華もいいがな、そろそろ「カレー」が食いたいねん
109 ななしのよっしん
2019/05/09(木) 10:13:58 ID: SQPE86e8Xs
この「称はジュラーヴリク」っていうの、日本ではよく言われてるんだけど
肝心のロシアではほぼ使われてない称らしい
で、どうも調べて見るとロシア人がこの機体をすのによく使ってる称は
スーシュカ」「スハイ」などのスホーイをもじった名前らしい
スホーイ機全般の称だがSu-27系列によく使われる、新Su-57にも使われる事がある)
参考までに

戦闘機 ジュラーヴリク(истребитель журавлик)」と入した時の検索結果がこれ
https://i.imgur.com/y1I8UUO.jpgexit

戦闘機 スーシュカ(истребитель Сушка)」と入した時の検索結果がこれ
https://i.imgur.com/HFqQRSq.jpgexit

急上昇ワード

2019/08/20(火)22時更新